▼中山金杯
05年クラフトワーク 108
06年ヴィータローザ 106
07年シャドウゲイト 106
08年アドマイヤフジ 111
09年アドマイヤフジ 112
10年アクシオン 110
11年コスモファントム 110
12年フェデラリスト 108
13年タッチミーノット 111
14年オーシャンブルー 112
15年ラブリーデイ 112
16年ヤマカツエース 111
17年ツクバアズマオー 110
18年セダブリランテス 109
19年トリオンフ 113★

今年は過去15年で最高レベル。トリオンフは2番手からメンバー10位タイの35.6秒で抜け出して1分59秒5で優勝。トップハンデ58キロを背負って正攻法のレースで能力の違いを見せつけた。

▼京都金杯
05年ハットトリック 104
06年ビッグプラネット 103
07年マイネルスケルツィ 113
08年エイシンデピュティ 109
09年タマモサポート 111
10年ライブコンサート 110
11年シルポート 110
12年マイネルラクリマ 109
13年ダノンシャーク 111
14年エキストラエンド 107
15年ウインフルブルーム 109
16年ウインプリメーラ 106
17年エアスピネル 114★
18年ブラックムーン 110
19年サウンドキアラ 106
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より低いレベル。サウンドキアラは4番手からメンバー4位の34.6秒で抜け出して1分34秒0で優勝。京都マイル巧者が内を通って前につけた馬が有利な展開&馬場を味方に重賞初制覇を飾った。

▼ホープフルS
14年シャイニングレイ 112
15年ハートレー 114
16年レイデオロ 114
17年タイムフライヤー 113
18年サートゥルナーリア 115★
19年コントレイル 115★

今年は過去6年で最高レベル。コントレイルは4番手からメンバー最速タイの35.8秒で抜け出して2分1秒4で優勝。直線で鞭を入れず大楽勝。東スポ杯2歳Sをレコードで圧勝した馬が1番人気で貫録勝ち。

レーティングはJRA発表