▼根岸S
05年メイショウボーラー 112
06年リミットレスビッド 107
07年ビッググラス 107
08年ワイルドワンダー 109
09年フェラーリピサ 107
10年グロリアスノア 108
11年セイクリムズン 111
12年シルクフォーチュン 111
13年メイショウマシュウ 109
14年ゴールスキー 109
15年エアハリファ 110
16年モーニン 110
17年カフジテイク 113★
18年ノンコノユメ 113★
19年コパノキッキング 112
20年モズアスコット 113★

今年は過去16年で最高レベル。モズアスコットは出遅れた後に中団に押し上げ、メンバー3位タイの34.7秒で差し切り1分22秒7で優勝。初ダート、58キロでダート適性、能力の違いを見せつけた。

▼シルクロードS
05年プレシャスカフェ 110
06年タマモホットプレイ 106
07年エムオーウイナー 106
08年ファイングレイン 107
09年アーバンストリート 103
10年アルティマトゥーレ 113★
11年ジョーカプチーノ 112
12年ロードカナロア 113★
13年ドリームバレンチノ 111
14年ストレイトガール 113
15年アンバルブライベン 111
16年ダンスディレクター 111
17年ダンスディレクター 112
18年ファインニードル 111
19年ダノンスマッシュ 113★
20年アウィルアウェイ 111
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。アウィルアウェイは後方からメンバー3位の33.7秒で差し切り1分9秒0で優勝。2、3着馬より前で進めたことが功を奏した。インディチャンプの半妹が重賞6戦目で初制覇。