▼東京新聞杯
06年フジサイレンス 104
07年スズカフェニックス 106
08年ローレルゲレイロ 109
09年アブソリュート 107
10年レッドスパーダ 109
11年スマイルジャック 112
12年ガルボ 109
13年クラレント 109
14年ホエールキャプチャ 111
15年ヴァンセンヌ 109
16年スマートレイアー 113
17年ブラックスピネル 111
18年リスグラシュー 115★
19年インディチャンプ 112
20年プリモシーン 115★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去最高レベル。プリモシーンは6番手からメンバー5位タイの33.6秒で差し切り1分33秒0で優勝。これでマイルのG3では[3−1−1−1]。56キロを背負っていたためレーティングが高い。

▼きさらぎ賞
05年コンゴウリキシオー 102
06年ドリームパスポート 103
07年アサクサキングス 105
08年レインボーペガサス 105
09年リーチザクラウン 108
10年ネオヴァンドーム 106
11年トーセンラー 108
12年ワールドエース 109
13年タマモベストプレイ 106
14年トーセンスターダム 109
15年ルージュバック 107
16年サトノダイヤモンド 113★
17年アメリカズカップ 110
18年サトノフェイバー 109
19年ダノンチェイサー 110
20年コルテジア 109

今年は例年レベル。コルテジアは3番手からメンバー2位タイの33.9秒で抜け出し1分48秒3で優勝。前半5F62.0秒のスローペースで上がりをまとめて押し切った。近年はメンバーが揃わす、レースレベルが低い。

レーティングはJRA発表