有料版競馬道場で公開した調教診断と相馬眼予想を事後公開します。

調教診断は5頭取り上げています。

5頭の中に1〜3着馬が入ることが多いです。

■平安S調教診断

★テーオーケインズ 1着(1位評価)
栗坂で馬なり調教。バネの利いたしなやかなフットワークで最後まで余力十分。1週前に栗CWで長めから追われてラスト2F11秒台。乗り込んで上々の仕上がり。

★メイショウハリオ 3着(2位評価)
栗坂で2頭併せで強めに追われて先着。活気があり、いつも通り動いている。1週前に栗坂で一杯に追い、日曜に栗CWで長めから追っている。前走のデキをキープ。

★ケイアイパープル 2着(4位評価)7人気
栗CWで軽く仕掛けられた。前向きさがあり、重心の低いフットワークで最後までしっかり伸びた。馬体がボリュームアップして崩れなくなった。一連のデキをキープ。

馬連1,720円
3連複3,350円
3連単11,340円

■平安S相馬眼予想(該当部分の抜粋)

中京は小雨、芝ダートとも良。雨で少し脚抜きが良くなる可能性がある。先週は道悪で脚抜きが良く前残り傾向が強かったが、流れたレースでは外から差す馬もいた。中京ダ1900mは流れが緩んで前に行った馬が残りやすい。有力馬が早めに動いて勝ちに行って上がりが掛かると差し馬の突っ込みもありえる。

過去5年の前半5F(推定)と連対馬の脚質は、59.2秒(中団捲り−追込)、62.7秒(稍重)(逃げ−差し)、62.0秒(追込−追込)、61.8秒(差し−先行)、59.0秒(重)(先行−逃げ)。中京で行われた昨年はオーヴェルニュが3番手から抜け出して1分54秒7(重)のレコードで6馬身差で圧勝。

過去5年の勝ち馬は道中9、1、11、6、7番手、上がりは5、5、3、1、3位。2着馬は道中16、6、15、3、1番手、上がりは1、2、1、3、13位。連対馬10頭のうち9頭が上がり5位以内。昨年は重馬場で逃げたアメリカンシードが13位の上がりで2着に粘った。差し追い込み馬は1、2位の上がりが必要。

今年はG1馬テーオーケインズが出走。中央重賞3勝のスワーヴアラミス、2勝のオーヴェルニュ、メイショウハリオが出走して例年よりメンバーレベルが高い。4月のアンタレスSではオメガパヒューム(2人気)が勝ち、4連勝中の上がり馬グロリアムンディ(1人気)が2着、3着に13番人気のニューモニュメント。

ダートは芝より紛れが少なく人気馬が活躍する傾向があるが、タフなレースで有力馬がガチンコ勝負をすると直線一杯になって人気薄が突っ込むことがある。今年は流れは平均から緩くなりそうだが、ケイアイパープル、オーヴェルニュが早めに動いて勝ちに行き、テーオーケインズも前を捕まえるために早めに動きそうだ。

小雨が降っているが、朝の時点では良発表で重いタフな馬場。雨量によってはそれほど脚抜きが良くならない可能性がある。脚抜きが良くなると前に行った馬が止まりにくいが、タフな馬場で上がりが掛かると差し追い込み馬の突っ込みがありえる。テーオーケインズが強いレースをすると3着あたりに突っ込みがありそうだ。

チャンピオンズCを6馬身差で圧勝したテーオーケインズを狙う。2着チュウワウィザードは川崎記念を勝ち、ドバイWCで3着に入った。レーティング119はJCダート時代を含めて最高レベル。前走サウジC8着は馬群で揉まれてまともに走っていない。海外遠征明けになるが、乗り込んで仕上げは進んでいる。

次に帝王賞があるため目一杯ではないが、このレベルの馬になると普通に仕上がれば力を発揮する。馬場は問わないタイプで脚抜きが良くなっても問題ない。オメガパヒュームがアンタレスSを59キロで勝ったように一流馬は斤量をこなす。松山騎手に少し不安があるが、好位につけて流れに乗れればあっさりもある。

メイショウハリオはOP入りして[2−2−0−1]でみやこS、マーチSを優勝。2走前のチャンピオンズCは7着に終わったが、後方から大外を回って早めに動いたもの。中京巧者で6着オーヴェルニュとは頭差だった。前走マーチSは大外から捲って最速の36.5秒で差し切って1分50秒2(重)で優勝。

3コーナーから追い通しで並の馬なら直線で一杯になって止まるが、直線でギアチェンジして差し切るかなり強い内容だった。心肺機能が高く、タフなレースになると末脚が爆発するタイプ。メイショウの馬はダートで激走が多い。中京は前が残りやすいが、テーオーケインズが前を一掃するようなレースになると突っ込みがある。

穴はケイアイパープル。昨年の阿蘇Sから[3−2−0−2]で5着以内を確保。佐賀記念を5馬身差で圧勝し、名古屋大賞典では早め先頭からクリンチャーに頭差の2着に粘った。クリンチャーは昨年帝王賞で0.7秒差の3着、東京大賞典で0.1秒差の2着。長い距離をこなすようになり、かなり地力が強化されている。

前走アンタレスSは3番手から早めに先頭に立って0.5秒差の5着。1、3、4、6、7着に11番手以下から追い込んだ馬が入る展開だった。今回はサンライズホープが単騎逃げで流れはそれほど速くならない。前4走は3、4番手から4コーナーで先頭。メイショウハリオと同じパイロ産駒。強気なレースで激走がある。

中京11R 平安S
◎テーオーケインズ 1着
○メイショウハリオ 3着
穴△ケイアイパープル 2着(7人気)
馬単2,150円本線的中!
馬連1,720円本線的中!
ワイド660円本線的中!
ワイド330円本線的中!
3連複3,350円的中!
3連単11,340円的中!

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM