有料版競馬道場とレジまぐで公開した予想を事後公開します。

屈腱炎明けで1年4ヶ月ぶりの◎ヴェルトライゼンデが勝ちました。

中京11R 鳴尾記念
◎ヴェルトライゼンデ 1着
△ジェラルディーナ 2着
注サンレイポケット 3着
馬単2,770円本線的中!
馬連1,590円本線的中!
ワイド690円本線的中!
3連複2,490円的中!
3連単12,620円的中!

■鳴尾記念 相馬眼予想(事後公開)該当部分抜粋

中京は晴れ、芝ダートとも良馬場。今週からA→Bコースに変更された。昨年はBコース2週目に行われ、ユニコーンライオンが逃げ切った。先週日曜の安土城Sが1分19秒4の高速決着。馬場が乾いた日曜の10、11、12Rは逃げ馬が勝っている。中京芝2000mは前が残りやすい。前残りに注意したい。

次に展開だが、逃げるのはキングオブドラゴン。好位にショウナンバルディ、ギベオン、ヴェルトライゼンデ、中団にアドマイヤジャスタ、カイザーバローズ、ジェラルディーナ、後方からサンレイポケット、ヤシャマル、パトリックといった展開。キングオブドラゴンが単騎逃げで後続が控えれば流れは落ち着きそうだ。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、61.6秒(逃げ−差し)、58.2秒(差し−差し)、60.4秒(差し−逃げ)、60.0秒(差し−好位)、62.9秒(逃げ−2番手)。中京で行われた昨年はスローペースで逃げたユニコーンライオンが勝ち、2番手から粘ったショウナンバルディが2着。前残りになった。

過去5年の勝ち馬は道中1、5、7、9、1番手、上がりは5、1、1、3、2位。2着馬は道中5、5、1、6、2番手、上がりは1、1、6、3、6位。過去5年の出走頭数は10、11、9、16、13頭。中団より前につけて速い上がりを繰り出した馬が好走している。逃げ馬は[2−1−0−2]で3連対。

今年は10頭立てで重賞勝ちがある馬はギベオン(18年中日新聞杯、21年金鯱賞)、アドマイヤジャスタ(20年函館記念)、サンレイポケット(21年新潟大賞典)、ショウナンバルディ(21年中日新聞杯)の4頭。今年重賞を勝った馬はおらず、2着はカイザーバローズ(新潟大賞典)、OP特別を勝った馬はいない。

芝1800m以上のG1で2着があるのは、アドマイヤジャスタ(18年ホープフルS)、ヴェルトライゼンデ(19年ホープフルS)。同様にG2で勝ち星があるのはギベオン(21年金鯱賞)、2着はヴェルトライゼンデ(20年スプリングS、神戸新聞杯、21年AJCC)。実績的にはヴェルトライゼンデが上位になる。

過去10年で関東馬は[0−0−2−11]でブラストワンピース(5人気)マイネルフロスト(7人気)が3着止まり。今年の関東馬はヤシャマル。昨年以降の中京芝2000mG3は6R行われ、1番人気は[0−0−1−5]で3着が1回あるのみ。2番人気は[2−1−0−3]、3番人気は[1−2−0−3]で各3連対。1番人気より2、3番人気の方が成績がいい。

1番人気は川田騎手のカイザーバローズ。前述した1番人気[0−0−1−5]で連対がないデータを破れるか。今年の重賞で川田騎手は1番人気では[1−0−0−4]で1勝のみ。今年の重賞で中内田厩舎は[0−2−0−8]、中3週以内では[0−0−0−4]。中内田厩舎の管理馬は休み明けの方が走る傾向がある。

昨年のAJCC2着以来となるヴェルトライゼンデを狙う。G1[0−1−1−2]、G2は[0−3−0−0]の実績は最上位。芝2000m以下では[2−2−0−1]で皐月賞8着を除き連対を確保。屈腱炎で1年4ヶ月ぶりになるが、坂路で50秒台の好タイムを連発し、休養前より動き、気配が良くなっている。

20年の鳴尾記念は1年2ヶ月ぶりのパフォーマプロミス(56キロ、1枠1番、10人気)がラブズオンリーユーに勝っている。57キロ以上[1−0−2−6]、56キロ以下[6−2−1−0]だった。ヴェルトライゼンデは57キロ以上[0−0−1−2]、56キロ以下[2−4−0−0]。今回は56キロで2枠2番。

今年の重賞でレーン騎手は[0−1−0−6]。ヴェルトライゼンデは前6走池添騎手だったが、レーン騎手に乗り替わるのが匂う。過去10年の鳴尾記念で池江厩舎は4番人気以内なら[5−0−1−3]。池江厩舎は今年28勝でリーディングトップ。好位の内で進めて脚をタメれば、レーン騎手が一杯に追って持ってくる。


ジェラルディーナは前3走重賞でイレ込みや前残りの展開が影響して4、4、6着。今回は調教で併せ馬を解禁したように落ち着いて走れるようになっている。だいぶ精神面が成長してきたか。左回りでは3戦とも直線でフラフラしている点は気になるが、スローペースでも大外から最速上がりで突っ込む可能性がある。

サンレイポケットは昨年の天皇賞(秋)とジャパンCで4着に入った。昨年の鳴尾記念は6着、今年の金鯱賞は7着に終わったが、どちらも大外13番枠だった。今回は3枠3番。G3以下、左回り、芝2000m、良馬場なら[3−1−1−1]。スローなら鮫島駿騎手がひと工夫して中団につければ突っ込みがありえる。

◎ヴェルトライゼンデ 1着
△ジェラルディーナ 2着
注サンレイポケット 3着
馬単2,770円本線的中!
馬連1,590円本線的中!
ワイド690円本線的中!
3連複2,490円的中!
3連単12,620円的中!

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM