過去10年で1番人気は[2−3−2−3]で5連対。単勝1倍台は[2−2−0−1]、2倍台は[0−1−0−1]、3倍台は[0−0−2−1]。皐月賞馬は[3−2−1−1]で単勝1.6倍のサートゥルナーリアは4着に終わった。2番人気は[1−3−1−5]で4連対、3番人気は[3−2−1−3]で5連対。連対馬19頭が5番人気以内、残る1頭は12番人気で勝ったロジャーバローズ。6番人気以下は[1−0−6−121]で3着が多い。過去5年の馬連は112倍、2倍、10倍、7倍、6倍で過去4年は堅く収まっている。

連対馬16頭が前走3着以内。前走4着以下から連対した4頭は前走皐月賞4、5、6、7着だった。過去5年の連対馬は全て前走3着以内。前走G2で3着以下は[0−0−1−8]。前走G3以下は[1−0−1−16]で1連対のみ。連対馬20頭のうち17頭が前走皐月賞に出走していた。前走皐月賞4〜7着から連対した4頭は2走前にホープフルS1着、共同通信杯1着、弥生賞2、2着で連対を確保していた。皐月賞はトリッキーな中山芝2000mで紛れがある。前走皐月賞で負け、2走前に重賞で連対した馬の巻き返しに注意。

過去10年でノーザンF生産馬は[7−6−6−64]で1、2、3、3、4、4、5番人気が勝ち、1、2、2、2、3、5番人気が2着、1、2、3、9、10、16番人気が3着。アーバンシック、サンライズアース、シックスペンス、ジャスティンミラノ、ダノンエアズロック、ビザンチンドリーム、ミスタージーティー、レガレイラが該当する。社台F生産馬は[0−1−1−17]で1番人気が2着、7番人気が3着。ショウナンラプンタ、ダノンデサイルが該当する。社台白老F生産馬は[0−1−0−3]で1番人気が2着。ゴンバデカーブースが該当する。

ジャスティンミラノは新馬、共同通信杯、皐月賞を3連勝。共同通信杯は前半5F62.7秒で2番手から2位タイの32.6秒で抜け出して1分48秒0で優勝。皐月賞は前半5F57.5秒で5番手から6位タイの34.7秒で差し切ってム1分57秒1のレコードで優勝。右回りのスローペースしか経験していない馬が、初の右回りで前2走とは全く違う速い流れを克服。無敗の皐月賞馬が誕生した。新馬戦、共同通信杯の上がりは2位の33.4秒、32.6秒。スローペースにも速い流れにも対応できるタイプでほとんど死角がない。

戸崎騎手は東京芝2400m重賞[0−6−2−33]、東京芝2400mのG1[0−6−0−25]で未勝利。1番人気はオークスのルージュバック2着、ステレンボッシュ2着。ダービーは[0−2−0−7]でエポカドーロ、ダノンキングリーで2着。オークスは[0−4−0−8]で2着4回。先週のステレンボッシュは1986年以降のオークスで1番人気にテン乗り騎手が騎乗するのは初めてだった。今回は共同通信杯、皐月賞で騎乗しておりテン乗りではない。今年の東京芝G1は1番人気がマークされて内を突くレースが続いている。

レガレイラは[2−0−1−1]で上がりは全て最速。ホープフルSは出遅れて14番手から勝負どころで押し上げると最速の35.0秒で差し切って2分00秒2で優勝。ラスト3Fは12.4−12.0−11.5秒で尻上がりだった。2着シンエンペラーは弥生賞2着、皐月賞5着。前走皐月賞は出遅れて15番手から最速タイの33.9秒で上がって0.5秒差の6着。向こう正面から勝負どころまで外からウォーターリヒトにマークされたことで上がって行けず、4コーナーから直線で馬群を捌きながら大外に持ち出すロスがあった。

ホープフルSは前半5F60.0秒で最速の35.0秒で差し切って2分00秒2。高速馬場の皐月賞は前半5F57.5秒で最速の33.9秒で上がって1分57秒6で走り6着。これまで経験のない速い流れで最速上がりを繰り出し、走破タイムを詰めている。位置取りは違うが、勝ったジャスティンミラノの上がりを0.8秒上回っている。今回は北村宏騎手からルメール騎手に乗り替わる。前走G1で乗り替わりで負け、ルメール騎手&木村厩舎は先週のチェルヴィニアと同じ。母ロカに似たようなタイプ。そこが少し気になるところ。

スプリングS勝ち馬シックスペンス、皐月賞2着馬コスモキュランダ、同4着馬アーバンシック、同5着馬シンエンペラー、プリンシパルS勝ち馬ダノンエアズロック、青葉賞勝ち馬シュガークン、同2着馬ショウナンラプンタ、毎日杯勝ち馬メイショウタバル、きさらぎ賞勝ち馬ビザンチンドリーム、京都新聞杯勝ち馬ジューンテイク、京成杯勝ち馬ダノンデサイル、NHKマイルC4着馬ゴンバデカーブースなど伏兵は多士済々。シックスペンスは新馬、ひいらぎ賞、スプリングSを3連勝。スプリングSは前半5F63.1秒、ラスト3F12.0−10.9−10.8秒で尻上がり。今年活躍が目立つキズナ産駒。国枝調教師はダービー初制覇なるか。

コスモキュランダは弥生賞を外から捲って勝ち、皐月賞は9番手から4位の34.2秒で上がってクビ差の2着。モレイラ騎手が中団の内で脚をタメ、勝負どころで外に出して持ってきた。父アルアインは皐月賞1着、ダービー5着。Mデムーロ騎手に乗り替わる。アーバンシックは京成杯で後方から最速の33.9秒で上がって0.1秒差の2着。皐月賞は13番手から3位の34.1秒で上がって0.4秒差の4着。元々スタートが遅いが、横山武騎手が促しても上がって行けなかった。東京では百日草特別を7番手から最速の33.2秒で差して1分59秒4で優勝。東京芝2400m重賞で横山武騎手は[0−2−1−9](2着は1番人気)で未勝利。

シンエンペラーは[2−2−0−1]で皐月賞は中団から伸び切れず0.4秒差の5着。凱旋門賞ソットサスの全弟。芝2400mでパフォーマンスがアップするか。坂井騎手が騎乗する。ダノンエアズロックは[3−0−0−1]で東京では3戦3勝。アイビーSでは2番手から最速の32.7秒で上がってレガレイラに勝っている。プリンシパルSは4番手から3位の33.4秒で抜け出して1分59秒6で優勝。モレイラ騎手が騎乗する。シュガークンは[3−1−0−0]で青葉賞を5番手から6位の33.9秒で差し切って2分24秒2で優勝。キタサンブラックの半弟。今年の芝G1で武豊騎手は[0−0−0−7](4頭が4番人気以内)。

<過去5年の日本ダービー予想結果>

東京11R 日本ダービー
高確信度勝負R
◎ソールオリエンス 2着
穴△ハーツコンチェルト 3着(6人気)
☆タスティエーラ 1着
馬連690円的中!
ワイド820円本線的中!

東京11R 日本ダービー
高確信度勝負R
◎イクイノックス 2着
穴△アスクビクターモア 3着(7人気)
注ドウデュース 1着
馬連730円的中!
ワイド1,390円本線的中!
3連複4,570円的中!

東京11R 日本ダービー
高確信度勝負R
○エフフォーリア 2着
△シャフリヤール 1着
注ステラヴェローチェ 3着
馬連1,010円的中!
3連複8,800円的中!

東京11R 日本ダービー
高確信度勝負R
○コントレイル 1着
▲サリオス 2着
穴△ヴェルトライゼンデ 3着(10人気)
馬連270円的中!
3連複2,480円的中!
3連単5,140円的中!

東京11R 日本ダービー
高確信度勝負R
◎ダノンキングリー 2着
▲ヴェロックス 3着
★ロジャーバローズ 1着(12人気)
馬連11,200円的中!
ワイド380円本線的中!
3連複12,050円的中!

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。
人気馬の調子、適性、死角などを含めた総合的な判断は、
有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。