過去10年で1番人気は[2−3−3−2]で5連対。前走G1は[1−3−2−0]だが、前走G2、G3は[1−0−1−2]。単勝1倍台は[1−3−1−0]で堅実。過去8年は[0−3−3−2]で未勝利。2番人気は[0−1−1−8]で1連対、3番人気は[1−3−1−5]で4連対。6〜9番人気は5連対、10番人気以下は1連対。過去5年の馬連は56倍、6倍、29倍、17倍、18倍で中穴決着が多い。

関東馬は[6−7−5−40]、関西馬は[4−3−5−85]。10番人気以下では関東馬[0−0−0−24]、関西馬は[0−1−2−40]。大穴で前走G2以上で負けた関西馬、特に関東騎手が騎乗した馬に注意。牡馬は[7−6−9−118]、牝馬は[3−4−1−12]。17年までは牡馬しか連対がなかったが、18年以降は牡馬5連対、牝馬7連対で牝馬が毎年連対中。5番人気以内の牝馬は[3−4−1−2]で堅実。

ソウルラッシュは芝1600m[6−2−1−4]で22年マイラーズC、23年京成杯AH、今年のマイラーズCを優勝。前走マイラーズCは中団から最速の34.6秒で差し切り1分32秒5(稍重)で優勝。得意の道悪だったが、能力の違いを見せつける強い勝ち方だった。マイルG1は[0−1−0−4]で昨年のマイルCSはナミュールにクビ差の2着。安田記念は22年は直線で前が壁になって13着、昨年は荒れた内を突いて9着。過去10年で前走マイラーズC勝ち馬は[0−0−2−7]で3着止まり。モレイラ騎手に乗り替わる。

セリフォスは芝1600m[5−3−0−4]で重賞4勝。前走マイラーズCは中団の内から2位の34.8秒で上がって0.3秒差の2着。休み明けで馬体12キロ増、勝ったソウルラッシュより1キロ重い58キロを背負っていた。マイルG1は[1−2−0−4]で22年マイルCSで大外一気を優勝。過去2年の安田記念は0.1秒差の4着、0.2秒差の2着。過去10年でマイラーズC2着馬は[0−0−0−7]。過去10年の安田記念で川田騎手は[3−0−0−7]でモーリス、サトノアラジン、ダノンキングリーで勝っている。

ナミュールは昨年のマイルCSを後方2番手から最速の33.0秒で差し切り1分32秒5で優勝。藤岡康太騎手が渾身の騎乗で持ってきた。前走ヴィクトリアマイルは出遅れて13番手からメンバー2位の33.8秒で上がって0.5秒差の8着。出遅れて位置取りが悪くなり、直線でも前が壁になってスムーズさを欠いていた。今年のG1で武豊騎手は[0−0−1−8]でほとんどが出遅れて終了。ナミュールは東京芝1600m[2−1−0−3]で富士Sを1分31秒4で勝っている。勝ち負けできる馬だが、武豊騎手の乗り方次第になる。

昨年の安田記念4着馬ガイアフォース、京王杯SC2着馬レッドモンレーヴ、同4着馬ダノンスコーピオン、昨年の毎日王冠勝ち馬エルトンバローズ、ダービー卿CT勝ち馬パラレルヴィジョン、ヴィクトリアマイル2着馬フィアスプライド、大阪杯4着馬ステラヴェローチェ、同5着馬ジオグリフ、東京新聞杯2着馬ウインカーネリアンなど伏兵は多士済々。外国馬はG1を4連勝中のロマンチックウォリアー、スチュワーズC勝ち馬ヴォイッジバブルが出走する。日本の人気馬が絶好調で完璧なレースをしないと香港馬にやられる可能性がある。

ガイアフォースは昨年の安田記念で9番手から3位タイの33.3秒で上がって0.2秒差の4着。2着セリフォスとは同タイムだった。昨年のマイラーズCはシュネルマイスターにクビ差の2着。芝1600mは2戦とも1分31秒台で走っている。長岡騎手がフェブラリーSに続き2戦連続で持ってくるか。レッドモンレーヴは前走京王杯SCで最後方から最速の32.2秒で追い込んでハナ差の2着。昨年の安田記念は0.6秒差の6着、富士Sは1分31秒6で走ってナミュールに0.2秒差の2着。展開と横山和騎手の決め打ちが嵌まれば。

<2014年以降の安田記念で激走した相馬眼予想の穴馬>

★2014年 穴グランプリボス 2着(16人気)
★2015年 穴クラレント 3着(12人気)
★2016年 穴フィエロ 3着(6人気)
★2017年 穴サトノアラジン 1着(7人気)単勝1240円
★2018年 穴モズアスコット 1着(9人気)単勝1570円
★2021年 穴ダノンキングリー 1着(8人気)単勝4760円

*19年、20、23年は1〜3着が人気馬

東京11R 安田記念
高確信度勝負R
◎ジャスタウェイ 1着
穴☆グランプリボス 2着(16人気)
馬連18,730円的中!


東京11R 安田記念
高確信度勝負R
○モーリス 1着
▲ヴァンセンヌ 2着
穴△クラレント 3着(12人気)
馬連1,740円的中!
3連複40,690円的中!
3連単127,190円的中!


東京11R 安田記念
◎グランアレグリア 2着
穴○ダノンキングリー 1着(8人気)
馬単12,090円本線的中!

馬連2,950円本線的中!
ワイド1,160円本線的中!

★穴馬の予想コメント
穴はダノンキングリー。東京芝1600〜1800mでは[3−0−0−1]。新馬戦は11.8−11.2−11.0秒の尻上がりラップでカレンブーケドールに勝ち、共同通信杯では最速の32.9秒でアドマイヤマーズ(マイルG1を3勝)を差して勝ち、毎日王冠では出遅れて大外から最速の33.4秒(レースの上がり34.3秒)で差し切り、同年の安田記念で連対したインディチャンプ、アエロリットに勝っている。

昨年の大阪杯では逃げてラッキーライラック、クロノジェネシスに0.1秒差の3着。安田記念7着、天皇賞(秋)12着は大阪杯で逃げた影響があったのか、本来の走りではなかった。新馬戦を含め、休み明けは[4−0−0−1]でリフレッシュした後に走るタイプ。小柄な馬だけに58キロは不利だが、57キロを背負って皐月賞3着(1分58秒1)、ダービー2着(2分22秒6)で走った馬でこなせないとは思わない。

ダートG1馬の半兄ダノンレジェンドは5歳にかけて急にスプリント適性が高くなった。ダノンキングリーは5歳になって馬体、気性的にマイルがベストになる可能性がある。ダノンザキッドがホープフルS、ダノンスマッシュが高松宮記念を勝ったようにノーザンF生産の高額馬を多く所有するダノンの馬はG1勝ちが許されるようになった。揉まれると良くない馬で7、8枠では3戦3勝。得意の東京、外枠、川田騎手で一発がある。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

★競馬道場広場(掲示板)

★X(ツイッター)