▼日本ダービー
05年ディープインパクト 119
06年メイショウサムソン 117
07年ウオッカ 120
08年ディープスカイ 117
09年ロジユニヴァース 118
10年エイシンフラッシュ 118
11年オルフェーヴル 120
12年ディープブリランテ 118
13年キズナ 119
14年ワンアンドオンリー 119
15年ドゥラメンテ 121
16年マカヒキ 121
17年レイデオロ 120
18年ワグネリアン 119
19年ロジャーバローズ 119
20年コントレイル 122★
21年シャフリヤール 120
22年ドウデュース 120
23年タスティエーラ 119
24年ダノンデサイル 120
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ダノンデザイルは内ラチ沿いの2番手から直線で最内を突いてメンバー4位タイの33.5秒で抜け出し2分24秒3で2馬身差で圧勝。前半5F62.2秒、後半5Fは56.8秒で全て11秒台のラップで究極の持続力勝負。京成杯の向こう正面でレース中にボロをし、皐月賞で右前肢跛行で出走を取り消した馬が横山典騎手の好騎乗で日本ダービーを制した。

▼目黒記念
05年オペラシチー 108
06年ポップロック 104
07年ポップロック 116★
08年ホクトスルタン 111
09年ミヤビランベリ 109
10年コパノジングー 105
11年キングトップガン 98
12年スマートロビン 110
13年ムスカテール 110
14年マイネルメダリスト 105
15年ヒットザターゲット 112
16年クリプトグラム 105
17年フェイムゲーム 115
18年ウインテンダネス 105
19年ルックトゥワイス 109
20年キングオブコージ 106
21年ウインキートス 105
22年ボッケリーニ 113
23年ヒートオンビート 113
24年シュトルーヴェ 114
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より高いレベル。シュトルーヴェは11番手からメンバー最速の32.9秒で大外から差し切って2分32秒3で優勝。前半5F61.8秒のスローペースで後半5F58.7秒、上がり33.8秒。前残りの展開で大外から差し切ってG2を2連勝。アンティシペイトの半弟が本格化してきた。

▼葵S
07年カノヤザクラ 98
08年ミリオンウェーブ 98
09年エイシンタイガー 101
10年ケイアイデイジー 98
11年ロードカナロア 103
12年マコトナワラタナ 98
13年ティーハーフ 100
14年リアルヴィーナス 101
15年ジャストドゥイング 102
16年ナックビーナス 99
17年アリンナ 101
18年ゴールドクイーン 104
19年ディアンドル 104
20年ビアンフェ 108★
21年レイハリア 104
22年ウインマーベル 108★
23年モズメイメイ 108★
24年ピューロマジック 106

今年は例年レベル。ピューロマジックは8枠17番からハナを切って前半3F33.2秒で進み、メンバー10位タイの33.9秒で後続を完封し1分7秒1で優勝。外枠から抜群のスタートとダッシュ力。芝1200mでは全て逃げて[3−2−0−0]。スピードの絶対値が高い。

レーティングはJRA発表