サマースプリントシリーズの第1戦。過去10年で1番人気は[2−1−3−4]で3連対。過去4年は[2−1−1−0]で3着以内を確保。関東馬は[0−0−3−1]で3着が多い。2番人気は[0−2−0−8]で2連対、3番人気は[3−0−1−6]で3連対。6〜9番人気は3連対、10番人気以下は4連対。過去5年の馬連は119倍、57倍、10倍、30倍、31倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬14頭に芝1200mで重賞3着以内またはOP特別連対があった。これらがない6頭のうち4頭に芝1400m重賞で連対があった。芝1200mでOP以上の実績がなくても芝1400m重賞で連対があれば狙える。牡馬は[6−8−6−71]、牝馬は[4−2−4−45]。牝馬は8年で3着以内に入っている。17年以降に3着以内に入った牝馬は1、1、1、3、3、3番人気だった。人気がない牝馬は不振傾向。

アサカラキングは条件戦を3連勝してOP入り。2走前の阪急杯は16番枠から前半3F33.9秒で逃げ、4位タイの35.9秒で上がってハナ差の2着。勝ったウインマーベルは京王杯SCを制した。前走モルガナイトSは前半3F33.0秒で逃げ、11位の34.7秒で上がって1分7秒7で2馬身差で圧勝。初の芝1200mでスプリント適性を示した。今回は1キロ減の57キロ。斎藤新騎手は今年重賞3勝目なるか。

サトノレーヴは芝1200mの条件戦を3連勝してOP入り。阪急杯は3番手から7位の36.1秒で上がって0.4秒差の4着。舌がハミを越して直線で外に寄れながら走っていた。道中外を回ったことも影響している。前走春雷Sは7番手から6位の33.2秒で上がって1分7秒1で優勝。芝1200mは[4−1−0−0]で現在4連勝中。堀厩舎のロードカナロア産駒。昨年函館芝1200mの1勝Cで1着、2着がある。

オーシャンS2着馬ビッグシーザー、鞍馬S勝ち馬ジャスティンスカイ、昨年のスワンS勝ち馬ウイングレイテスト、昨年の青函S勝ち馬ゾンニッヒ、同2着馬カルネアサーダ、昨年の函館スプリントS勝ち馬キミワクイーン、京都金杯2着馬セッション、3連勝中の上がり馬サウザンサニーなど伏兵は数多い。土曜は晴れ時々曇り、日曜は曇りの予報。雨は降らなそうだが、開幕週の馬場がポイントになる。

ビッグシーザーは淀短距離Sを勝ち、オーシャンSで0.2秒差の2着。前走重馬場の高松宮記念は6番手から伸び切れず0.9秒差の7着。良馬場の芝1200mでは[5−1−1−3]。ビッグアーサー産駒は芝1200m重賞で4番人気以内なら[4−1−3−7]。ジャスティンスカイは鞍馬Sを4番手から4位の32.9秒で抜け出して1分6秒9で優勝。22年の秋色Sを1分32秒0でレッドモンレーヴに勝った馬が初の芝1200mでスプリント適性を示した。今年の2月17日以降の重賞で池添騎手は[0−0−0−17]。

<過去の函館スプリントSで激走した穴馬>
★2017年 エポワス 3着(7人気)
★2018年 ヒルノデイバロー 2着(10人気)
★2019年 カイザーメランジェ 1着(5人気)
★2020年 ダイメイフジ 2着(10人気)
★2021年 ミッキーブリランテ 3着(4人気)前日6人気

函館11R 函館スプリントS
◎ナックビーナス 3着
穴○ヒルノデイバロー 2着(10人気)
注セイウンコウセイ 1着
馬連10,410円的中!
ワイド1,740円的中!
3連複11,690円的中!
3連単81,900円的中!

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。