過去10年で1番人気は[2−1−1−6]で3連対。過去8年は[1−0−1−6]で1連対のみ。単勝4倍以上は[0−0−1−6]で不振。2番人気は[0−2−1−7]、3番人気は[1−1−1−7]で各2連対。6〜9番人気が6連対、10番人気以下が5連対。人気薄が半数以上を占める。過去5年は193倍、80倍、119倍、57倍、10倍で荒れている。本命狙いは妙味がない。人気薄軽量馬で穴狙いに徹したい。

前走勝って連対した4頭は前走条件戦だった。前走2勝クラスでも通用している。前走OP以上で連対した馬は[1−0−0−7]で1連対のみ。前走6着以下が5連対。前走10着以下は[2−0−2−29]で2連対。惨敗馬も巻き返している。連対馬13頭が53キロ以下。6番人気以下で連対した11頭のうち10頭が53キロ以下の軽量馬だった。近年の傾向から穴で逃げ先行タイプの53キロ以下の軽量馬を絡めたい。

ミッキーゴージャスは芝2000m[4−0−0−2]で2、3勝C、愛知杯を3連勝。愛知杯は10番手から外を回って4コーナーで2番手に押し上げると3位の35.5秒で抜け出して1分57秒9で優勝。前半5F57.4秒。タフなレースで外を回って能力を示した。前走大阪杯は初めて56キロを背負い、後方のまま見せ場なく14着。今回はトップハンデ56.5キロを背負う。川田騎手からテン乗りの浜中騎手に乗り替わる。

エーデルブルーメは芝2000m[4−3−4−3]で右回りは[3−3−4−1]で4着以内を確保。前走ダイワスカーレットC(3勝C)は6番手から最速の33.9秒で差し切って1分58秒8で優勝。3勝Cで3、2、4着に終わっていたが、安田隆厩舎から福永厩舎に転厩していきなり結果を出した。シルクHCで2500万円で募集されたハービンジャー産駒で祖母にビワハイジ。川田騎手が福永厩舎の重賞初制覇を飾るか。

福島牝馬S勝ち馬コスタボニータ、中日新聞杯3着馬ピンハイ、愛知杯2着馬タガノパッション、京都記念5着馬ラヴェル、都大路S3着馬セントカメリア、前走パールS2着のジュリアバローズ、同4着馬アグラシアド、阪神牝馬S8着馬ゴールドエクリプス、京都芝2000m[1−2−0−1]のキミノナハマリア、条件戦を2連勝中の上がり馬ベリーヴィーナス、前走2勝Cを勝ったアリスヴェリテなど伏兵は数多い。

コスタボニータは牝馬限定G3[1−0−2−1]で前走福島牝馬Sを優勝。芝2000mは愛知杯で4番手から4位の35.7秒で上がり、1分58秒1で走って0.2秒差の3着。ハンデは56キロ。岩田望騎手は2週前の鳴尾記念をヨーホーレイクで制している。ピンハイは昨年の中日新聞杯で11番手から3位タイの34.1秒で上がって0.1秒差の3着。ハンデは中日新聞杯と同じ54キロ。テン乗りの北村友騎手が騎乗する。

<過去の予想結果>

阪神11R マーメイドS(2023年)
◎ビッグリボン 1着
▲ウインマイティー 2着
注ホウオウエミーズ 3着(10人気)
単勝370円本線的中!
馬単1,770円本線的中!
馬連1,000円本線的中!
ワイド430円本線的中!
3連複7,770円的中!
3連単27,910円的中!

阪神11R マーメイドS
◎センテリュオ 2着
○リュヌルージュ 3着
穴▲サマーセント 1着(7人気)
馬単14,890円本線的中!
馬連8,070円本線的中!
ワイド2,460円本線的中!
ワイド1,350円本線的中!
3連複18,460円的中!
3連単125,270円的中!

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。