レース展望

菊花賞 レース展望

過去10年で1番人気は[6−0−2−2]で6連対。単勝1倍台は[4−0−0−0]。神戸新聞杯勝ち馬は単勝2.3倍以下なら[5−0−0−0]。2番人気は[0−3−0−7]で3連対、3番人気は[2−0−2−6]で2連対。6〜9番人気は3連対、10番人気以下は1連対。過去5年の馬連は35倍、106倍、23倍、46倍、9倍で荒れている。長距離G1は波乱傾向。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

連対馬19頭が前走3着以内。神戸新聞杯3着以内、セントライト記念で連対した馬が活躍している。セントライト記念9着から連対したクリンチャーは皐月賞で4着があった。前走条件戦は[0−1−4−45]で連対は昨年のアリストテレスのみ。連対馬13頭が前走神戸新聞杯3着以内。過去10年神戸新聞杯で3着以内に入った馬が必ず連対しており、8年で勝っている。今年はG1馬の出走がない。神戸新聞杯は不良馬場だった。

ステラヴェローチェは[3−1−2−1]で共同通信杯5着を除き3着以内を確保。皐月賞は後方から2位タイの36.7秒で上がって0.5秒差の3着。テン乗りの吉田隼騎手が馬場の荒れた内を突いて伸びてきた。ダービーは13番手から最速タイの33.4秒で追い込んで0.2秒差の3着。前半流れに乗れず、位置取り後ろ過ぎた。前走神戸新聞杯は後方2番手から最速の35.6秒で差し切って2分18秒0(不良)で優勝。

クロノジェネシスと同じバゴ産駒で稍重以上[3−0−1−0]の道悪巧者。不良馬場でダービー馬シャフリヤールを相手にしなかった。バゴ産駒は10年の菊花賞をビッグウィークが勝っている。先週の秋華賞で1番人気で10着に終わった吉田隼騎手と須貝厩舎のコンビ。吉田隼騎手は芝3000m以上[0−2−1−17]、菊花賞は[0−1−1−2]でフォゲッタブルで2着、ゴールドアクターで3着がある。須貝厩舎は菊花賞[1−0−0−3]で12年にゴールドシップで制している。週末は晴れ時々曇りで雨は降らない予報。

オーソクレースは[2−1−1−0]で3着以内を確保。ホープフルSは好位から伸び切れず0.2秒差の2着に負けたが、4コーナーでランドオブリバティの逸走に驚いて外に膨れて減速したことが堪えた。前走セントライト記念は中団から4位タイの35.3秒で伸びて0.4秒差の3着。長期休み明けで直線でエンジンが点火するまで時間が掛かった。母はエリザベス女王杯と宝塚記念を勝ったマリアライト。母と同様に見た目の馬体よりも走るタイプ。キャロットF、ノーザンF生産、ルメール騎手。大外18番枠に入ったのはなぜか。

神戸新聞杯2着馬レッドジェネシス、同3着馬モンテディオ、皐月賞2着馬タイトルホルダー、セントライト記念勝ち馬アサマノイタズラ、同5着馬ヴィクティファルス、ラジオNIKKEI賞勝ち馬ヴァイスメテオール、すみれS勝ち馬ディープモンスター、2連勝中の牝馬ディヴァインラヴなど。レッドジェネシスは前走神戸新聞杯を7番手から4コーナーで内をショートカットし、2位の35.9秒で上がって半馬身差の2着。ディープインパクト産駒でも地力タイプ。過去10年の菊花賞で川田騎手は[0−0−1−7]で3着止まり。

過去10年でノーザンF生産馬は[4−6−5−48]で1、1、3、7番人気が勝ち、2、2、2、4、8、9番人気が2着、1、1、5、10、13番人気が3着。他の重賞よりも人気薄が激走することが多く、10番人気以下が3着に入っている。アリーヴォ、ヴァイスメテオール、ヴィクティファルス、オーソクレース、グラティアス、ステラヴェローチェ、セファーラジエル、ディヴァインラヴ、レッドジェネシスが出走する。社台F生産馬は[0−1−2−20]で4番人気が2着、3、6番人気が3着。モンテディオが出走する。

穴っぽいところでは、ディヴァインラヴ。小倉芝2600mのタイランドCは3番手から最速の34.0秒で抜け出して2分37秒9で優勝。前走中京芝2200mの木曽川特別は3番手から2位の34.4秒で抜け出して2分12秒4で優勝。2戦ともスローペースだったが、後半5Fは57.6秒、58.4秒で全て11秒台のラップだった。今年のメンバーで芝1800m以上のレースを後半5F58.5秒以下で勝った馬はディヴァインラヴしかいない。ただし先週の阪神は上がりの掛かるタフな馬場だった。馬場造園課のマジックが出るか。

菊花賞を牝馬が勝てば1947年のブラウニー以来74年ぶりとなる。芝3000m以上では1997年の嵐山Sをアドマイヤラピスが勝ったが、それ以降は[0−6−7−57]。1986年以降、芝3000m以上のG1で牝馬は[0−0−1−25]。今年の天皇賞ではカレンブーケドールが3着、ウインマリリンが5着。19年の菊花賞ではメロディーレーンが5着に入った。今年はG1馬が不在。ディヴァインラヴの父はエピファネイア。過去10年の菊花賞で福永騎手は[2−3−0−5]でエピファネイア、コントレイルで制している。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

富士S レース展望

過去10年で1番人気は[3−1−0−6]で4連対。3歳馬は[0−0−0−2]、4歳馬は[2−1−0−0]で4歳馬は堅実。2番人気は[3−0−1−6]で3連対、3番人気は[1−4−1−4]で5連対。6〜9番人気は2連対、10番人気以下は1連対。過去5年の馬連は19倍、10倍、11倍、27倍、24倍。過去5年で1番人気は[1−0−0−4]だが、上位人気馬が堅実で20倍台までに収まっている。

年齢別では3歳[3−2−2−31]、4歳[5−4−2−12]、5歳[2−3−6−32]、6歳[0−1−0−33]、7歳以上[0−0−0−18]で4歳馬が活躍。3歳馬は1番人気[0−0−0−2]、2〜5番人気[3−2−1−8]、6番人気以下[0−0−1−21]で連対は2〜5番人気のみ。4歳馬は5番人気以内[5−2−2−4]で複勝率69%。6歳馬は1連対。7歳以上は出番なし。高齢馬は不振傾向。

ソングラインは[2−2−1−1]、左回りでは[2−2−1−0]。NHKマイルCは6番手から抜け出したが、最後にシュネルマイスターに交わされてハナ差の2着。シュネルマイスターは安田記念で3着に入り、毎日王冠を制している。前走関屋記念は7番手から5位タイの34.0秒で上がって0.2秒差の3着。少し緩い馬場が影響したのか伸び切れなかった。サンデーRで2600万円で募集された林厩舎のキズナ産駒。前走から1キロ増えるが52キロで出走できる。今年の重賞で池添騎手は[1−4−3−33]で勝率2.4%。

ダノンザキッドは弥生賞で5番手から最速タイの34.2秒で伸びて0.3秒差の3着。東スポ杯2歳Sで負かしたタイトルホルダーに先着を許した。前走皐月賞は3番手から一杯になって2.5秒差の15着。ダノンザキッドが外のアサマノイタヅラに何度もぶつかるシーンがあった。16着のアサマノイタズラのセントライト記念を制している。芝1800mは2戦2勝で新馬、東スポ杯2歳Sを勝っているが、マイル戦に出走するのは初めて。これまで前半5F60秒以下の流れを経験したことがない。マイルの速い流れに対応できるかかカギ。

関屋記念勝ち馬ロータスランド、昨年のNHKマイルC勝ち馬ラウダシオン、マイラーズC2着馬アルジャンナ、18年のダービー馬ワグネリアン、エプソムC勝ち馬ザダル、ニュージーランドT勝ち馬バスラットレオンなど。ロータスランドは前走関屋記念を内ラチ沿いの2番手から9位の34.1秒で抜け出してムは1分32秒7で重賞初制覇。内枠スタートから内をロスなく回り、中盤に流れが緩まなかったことで極端な上がり勝負にならず粘り込めた。今年の重賞で田辺騎手は3番人気以内では[0−0−0−6]で5着が最高。

ラウダシオンは東京芝[3−1−0−1]でNHKマイルC、京王杯SCを勝っている。昨年の富士Sは3番手から粘って0.2秒差の2着。前走セントウルSは13着に終わったが、得意の東京でどこまで巻き返すか。アルジャンナはマイラーズSで10番手から最速の33.7秒で上がって0.2秒差の2着。前走エプソムCは好位につけたが、直線で全く伸びず10着。2戦連続でルメール騎手が騎乗する。ワグネリアンは18年の神戸新聞杯以降連対がない。ダービー馬、友道厩舎、金子氏というのは、京都大賞典で復活したマカヒキと同じ。初の芝1600mで復活Vなるか。今秋の重賞で絶好調の福永騎手が騎乗する。

過去10年のノーザンF生産馬は[4−3−3−34]で2、2、2、3番人気が勝ち、1、3、9番人気が2着、4、5、11番人気が3着。アルジャンナ、ソングライン、ダノンザキッド、マイラプソディ、ワグネリアンが該当する。社台F生産馬は[2−3−1−19]で1、5番人気が勝ち、3、3、6番人気が2着、3番人気が3着。ソーグリッタリング、フォルコメンが該当する。社台白老F生産馬は[0−3−0−1]で3、4、4番人気が2着。ラウダシオンが該当する。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

秋華賞 レース展望

牝馬3冠の最終戦。過去10年で1番人気は[4−1−1−4]で5連対。オークス馬は[4−1−0−0]だが、オークス馬以外は[0−1−1−4]。2番人気は[1−3−0−6]、3番人気は[4−0−1−5]で各4連対。連対馬18頭が5番人気以内、残る2頭は7、10番人気。過去5年の馬連は35倍、15倍、8倍、21倍、26倍で中穴決着が多い。昨年は2着に10番人気のマジックキャッスルが突っ込んだ。

過去10年の連対馬は全て前走5着以内。前走6着以下は[0−0−2−58]で3着に入った2頭は前走ローズS7、18着だった。ローズS以外で6着以下は[0−0−0−30]で出番なし。過去8年の連対馬の脚質は逃げ1先行0、差し6追込9。18年に逃げたミッキーチャームが2着に粘ったが、それ以外は差し追い込み馬。近走速い上がりを繰り出している人気の差し追い込み馬に注目。先行馬の連対はない。

ソダシはデビューから5連勝で阪神JF、桜花賞を優勝。桜花賞は前半5F56.8秒のハイペースで3番手から抜け出して1分31秒1のレコードで制した。オークスは好位から伸び切れず0.6秒差の8着。追い込んだ馬が上位を独占する展開になり、直線で一杯になった。吉田隼騎手は距離が敗因とコメント。前走札幌記念は大外枠から2番手につけ、勝負どころで先頭に立つと5位の35.4秒で押し切り1分59秒5で優勝。

前3走京都記念1着、ドバイSC3着、クイーンエリザベス2世C1着のラブズオンリーユーを完封した。斤量52キロだったが、距離2000mにメドを立てた。札幌記念前までクロフネ産駒は芝2000m以上の重賞[0−7−8−100]で未勝利だったが、ソダシが初めて制した。オークス馬以外の1番人気、先行馬などデータ的に不安があるが、札幌記念の走りができれば足りる。断然人気になるだけに慎重に判断したい。

ファインルージュは[3−1−1−1]でオークス11着を除き3着以内を確保。桜花賞はソダシに0.1秒差の3着。1分31秒2で走って高速決着に対応した。前走紫苑Sは6番手の外から5位の34.2秒で差し切って1分58秒2で優勝。ソダシが札幌記念、ファインルージュが紫苑Sを勝ち、桜花賞がレベルが高かったことを証明した。ルメール騎手では2戦2勝。キズナ産駒はG1[0−3−2−32]で勝ったことがない。

ローズS勝ち馬アンドヴァラナウト、オークス2着馬アカイトリノムスメ、オークス馬ユーバーレーベン、ローズS2着馬エイシンヒテン、同3着馬アールドヴィーヴル、紫苑S2着馬スルーセブンシーズ、同3着馬ミスフィガロ、佐渡S勝ち馬アナザーリリック、忘れな草賞勝ち馬ステラリアなど。土曜は晴れのち雨、日曜は曇り一時雨。開催2週目で馬場はいいが、雨量によっては馬場が渋る可能性があることを考慮しておきたい。

アンドヴァラナウトはローズSを6番手から最速の33.8秒で抜け出し2分00秒0で優勝。母はマーメイドS勝ち馬グルヴェイグ、祖母にエアグルーヴがいる。過去10年で福永騎手は[1−0−0−8]で16年に3番人気のヴィブロスで勝っている。アカイトリノムスメはオークス2着から直行。過去3年で国枝厩舎は1、2、2着。ユーバーレーベンは左前脚の屈腱周囲炎明け。手塚厩舎の管理馬。オークス馬が意地を見せるか。

過去10年でノーザンF生産馬は[7−2−1−43]で1、1、1、2、3、3、4番人気が勝ち、2、4番人気が2着、6番人気が3着。アカイトリノムスメ、アナザーリリック、アールドヴィーヴル、アンドヴァラナウト、サルファーコスモス、スルーセブンシーズ、ソダシ、ミスフィガロ、ファインルージュが該当する。社台F生産馬は[0−5−2−32]で1、2、4、5、10番人気が2着、8、8番人気が3着。エンスージアズムが該当する。社台白老F生産馬は[1−0−1−5]で3番人気が勝ち、4番人気が3着。ステラリアが該当する。

穴っぽいところでは、ステラリア。関西圏では[2−0−2−0]で3着以内を確保。今回と同じ阪神芝2000mの忘れな草賞を中団から最速の34.3秒で差し切って1分58秒0で勝っている。0.2秒差の2着エイシンヒテンは前走ローズSでアンドヴァラナウトに0.2秒差の2着だった。クロノジェネシスの斎藤崇厩舎の管理馬でキズナ産駒。馬主は社台RH。過去10年で武豊騎手は[0−2−1−6]でスマートレイアー、リスグラシューで2着、カンタービレで3着がある。オークス13着から直行でデータ的には厳しいか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

京都大賞典 レース展望

過去10年で1番人気は[3−1−2−4]で4連対。前走宝塚記念は4着以内なら[3−1−0−1]。2番人気は[1−1−4−4]で2連対、3番人気は[2−0−2−6]で2連対。6〜9番人気は6連対、10番人気以下は2連対。過去5年の馬連は14倍、43倍、17倍、537倍、11倍。G1実績馬が揃うと堅いが、少ないと荒れる傾向がある。19年はG1馬の出走がなく、11−6番人気で大波乱になった。

4歳[3−5−3−16]、5歳[5−3−2−27]、6歳[1−1−3−26]、7歳[1−1−2−12]、8歳以上[0−0−0−13]。人気の4、5歳馬が勝つことが多い。6歳馬と7歳馬は各2連対のみ。関東馬は[1−1−1−14]、関西馬は[9−9−9−80]。関東馬は4番人気以内[1−1−1−2]、5番人気以下[0−0−0−12]。関東馬が穴をあけたことはない。穴で先行タイプの関西馬に注意。

アリストテレスは昨年の菊花賞でコントレイルにクビ差の2着。今年はAJC杯を勝ったが、その後は阪神大賞典7着、天皇賞(春)4着、宝塚記念9着に終わった。芝2400mは初めてだが、芝2200mは[2−1−0−1]。前2走は58キロを背負ったが、今回は57キロで出走できる。これまで良馬場で57キロ以下では[2−5−0−1]。休養して立て直し、どこまで復調してくるか。2戦2勝のMデムーロ騎手が騎乗する。

ヒートオンビートは前走目黒記念で5番手から最速の32.4秒で伸びて0.3秒差の2着。勝ったウインキートスはオールカマーで2着に入った。芝2400m以上は[2−4−0−1]、阪神芝2400mは[1−2−0−1]。母はマルセリーナでラストドラフトの半弟。川田騎手が毎日王冠でダノンキングリーに騎乗するため、テン乗りの戸崎騎手が遠征して騎乗する。得意の阪神芝2400mで重賞初制覇なるか。

大阪杯2着馬モズベッロ、昨年の2着馬キセキ、京都記念2着馬ステイフーリッシュ、同3着馬ダンビュライト、前走小倉記念2着のヒュミドール、2連勝中のアイアンバローズなど。モズベッロは稍重の宝塚記念で3着、重馬場の大阪杯で2着。芝2400mは2戦2勝で日経新春杯を勝っている。パワータイプだけに開幕週の馬場に対応できるかがカギ。キセキは阪神芝2200〜2400m[0−3−1−2]で宝塚記念2着2回、神戸新聞杯2着がある。昨年の京都大賞典は大外捲りで0.1秒差の2着。テン乗りの和田騎手が騎乗する。

過去10年でノーザンF生産馬は[4−3−6−32]で1、1、2、11番人気が勝ち、6、6、7番人気が2着、1、1、2、2、5、5番人気が3着。アイアンバローズ、アリストテレス、ダンビュライト、ベレヌス、マカヒキ、ムイトオブリガードが該当する。社台F生産馬は[0−2−3−7]で2、4番人気が2着、1、2、2番人気が3着。ステイフーリッシュ、ヒートオンビートが該当する。

穴っぽいところでは、ダンビュライト。G2では[2−1−3−4]で19年のAJC杯と京都記念を勝っている。18年以降、良馬場、芝2200〜2400mのG2では[2−1−2−1]。19年の京都大賞典は前半5F59.7秒で逃げ、6位の35.4秒で上がって0.2秒差の2着に粘っている。今年は差し追い込み馬が多く、逃げるベレヌスの2番手につけられそう。詰めの甘さを松若騎手がどうカバーするかがカギ。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

毎日王冠 レース展望

過去10年で1番人気は[7−0−0−3]で7連対。3歳馬は[3−0−0−1]、4歳馬は[4−0−0−0]、5歳馬は[0−0−0−2]で3、4歳馬は堅実。2番人気は[0−2−0−8]で2連対、3番人気は[1−2−1−6]で3連対。6〜9番人気、10番人気以下は各2連対。過去6年は5番人気以内で決着し、馬連は18倍、8倍、23倍、6倍、3倍、5倍で20倍までに収まっている。

年齢別では3歳[3−3−0−11]、4歳[4−2−5−21]、5歳[2−2−3−22]、6歳[1−3−1−18]、7歳以上[0−0−1−22]で3、4歳馬が活躍。春のG1から直行した3歳牡馬は[3−3−0−7]、1番人気なら[3−0−0−0]で勝率100%。5歳で連対した馬は2、3、8、11番人気。穴で中距離重賞実績のある関西馬に注意。7歳以上はほとんど出番がない。

シュネルマイスターは[3−1−1−0]で3着以内を確保。弥生賞は2着に負けたが、NHKマイルCを中団の外から差し切って1分31秒6で制した。前走安田記念は5番手から4位の33.4秒で伸びて3着。ダノンキングリー、グランアレグリアと0.1秒差だった。前走より斤量が2キロ増えるが、56キロは守備範囲。初の芝1800mがどう出るか。ルメール騎手では[2−1−0−0]で連対を確保。手塚厩舎は今年重賞6勝。今回はシュネルマイスター、マイネルファンロンの2頭出し。

ダノンキングリーは[6−1−2−3]で東京では共同通信杯、毎日王冠、安田記念を勝っている。前走安田記念は8番手の外から2位の33.1秒で差し切って1分31秒7で優勝。単勝47.6倍の8番人気で穴をあけた。芝1800mは[3−0−0−0]で共同通信杯、毎日王冠、中山記念を勝っている。19年の毎日王冠は出遅れて後方から最速の33.4秒で差し切り1分44秒4で優勝。休み明けは[4−0−0−1]で久々は苦にしないが、前哨戦でどこまで仕上げてくるか。鞍上は川田騎手。

新潟大賞典2着馬ポタジェ、ドバイターフ2着馬ヴァンドギャルド、マイラーズC勝ち馬ケイデンスコール、昨年の毎日王冠2着馬ダイワキャグニー、同3着馬サンレイポケットなど。ポタジェは[5−4−1−0]で3着以内を確保。芝1800mは新馬戦1着以来となる。半姉ルージュバックは東京芝1800mのエプソムC、毎日王冠を勝っている。ヴァンドギャルドは前走ドバイターフで2着に入った。BCマイルに遠征するプランがある。海外遠征前に福永騎手、藤原英厩舎がどこまで走らせるか。

過去10年のノーザンF生産馬は[5−4−3−27]で1、1、1、1、3番人気が勝ち、2、2、3、5番人気が2着、3、5、11番人気が3着。人気馬が活躍している。ヴェロックス、ケイデンスコール、ポタジェが該当する。社台F生産馬は[3−1−2−26]で1、4、8番人気が勝ち、4番人気が2着、5、9番人気が3着。ヴァンドギャルド、ダイワキャグニー、ラストドラフトが該当する。ノーザンF生産馬より人気薄の激走が多い。

穴っぽいところでは、トーラスジェミニ。七夕賞を2分2秒2(稍重)で重賞初制覇。昨年以降、芝1800mは[2−0−1−2]で巴賞、ディセンバーSを勝ち、不良馬場のエプソムCで3着がある。3走前の安田記念は2番手からしぶとく粘って1分32秒1で走り0.4秒差の5着。今回は勝ったダノンキングリーが同斤の58キロ、3着シュネルマイスターが2キロ増の56キロに対し、トーラスジェミニは2キロ減の56キロで出走できる。過去10年で逃げ馬は[2−2−1−5]で複勝率50%。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

サウジアラビアRC レース展望

過去7年で1番人気は[2−3−1−1]で5連対。前走東京芝1600mの新馬戦を勝った馬は[2−0−0−0]。ノーザンファーム生産馬は[2−3−0−0]で堅実。2番人気は[1−3−1−2]で4連対、3番人気は[2−0−2−3]で2連対のみ。連対馬14頭のうち13頭が4番人気以内、残る1頭は7番人気。馬連は21倍、9倍、10倍、5倍、20倍、3倍、6倍で20倍台までに収まっている。

前走新馬戦勝ち馬は[4−6−2−9]で10連対。2着と0.2秒差以内で勝った馬は[1−2−2−7]だが、0.3秒差以上で勝った馬は[3−4−0−2]で堅実。7番人気で2着に入った馬は新馬戦を0.4秒差で圧勝していた。牡馬は[6−5−6−48]、牝馬は[1−2−1−9]。牝馬は2番人気以内は[1−2−0−0]だが、3番人気以下は[0−0−1−9]で3着止まり。牝馬は人気馬に注目。

過去7年でノーザンF生産馬は[3−5−3−6]で1、1、3番人気が勝ち、1、1、1、2、2番人気が2着、2、3、4番人気が3着。コマンドライン、スタニングローズ、ステルナティーアが該当する。3頭とも馬主はサンデーR。社台F生産馬は[0−0−1−4]。今年は出走がない。

コマンドラインは単勝1.1倍に支持された東京芝1600mの新馬戦を好位からメンバー最速の34.3秒で上がって1分35秒4で3馬身差で圧勝。直線でエンジンが掛かると外から豪快に差し切った。国枝厩舎のディープインパクト産駒で全兄に東スポ杯2歳S2着のアルジャンナがいる。過去7年でディープインパクト産駒は[2−0−1−1]、ルメール騎手は[1−2−0−1]。リスクがあれば、少しズブい点か。

ステルナティーアは単勝1.4倍に支持された新潟芝1600mの新馬戦を中団からメンバー最速の32.7秒で差し切って1分36秒0で3馬身差で圧勝。直線で抜け出してからは流す余裕があった。岩戸厩舎のロードカナロア産駒で全兄にステルヴィオがいる。ステルヴィオはサウジアラビアRCで後方追い込んでダノンプレミアムに0.3秒差の2着だった。9月以降の重賞で福永騎手は[3−2−1−2]で絶好調。

スタニングローズは阪神芝1600mの未勝利戦を3番手からメンバー最速の35.4秒で抜け出して1分35秒2で2馬身半差で圧勝。前走新潟2歳Sは後方から2位の32.9秒で追い込んで0.5秒差の5着。戸崎騎手に乗り替わる。ウナギノボリは中京芝1400mの新馬戦を中団からメンバー最速の34.8秒で差し切り1分22秒3で優勝。新種牡馬ドレファン産駒でジオグリフが札幌2歳Sを勝っている。珍名で知られる馬主の小田切氏は、勝てば10年七夕賞のドモナラズ以来の重賞制覇となる。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

スプリンターズS レース展望

秋のスプリント王決定戦。過去10年で1番人気は[5−1−1−3]で6連対。日本馬は牡馬[3−0−1−2]、牝馬[2−1−0−0]で牝馬は堅実。2番人気は[2−3−0−5]で5連対、3番人気は[2−2−0−6]で4連対。連対馬15が3番人気以内、残る5頭は5、9、11、11、13番人気。10番人気以下の激走が多い。過去5年の馬連は44倍、17倍、41倍、12倍、5倍で中穴決着が多い。

連対馬13頭が前走3着以内。前走4着以下から連対した7頭のうち5頭にG1で3着以内があった。2度連対したストレイトガールは前走4、11着だった。前走4着以下でもG1実績があれば巻き返す。直線に急坂がある中山はパワーが問われる。459キロ以下の小柄な馬は[0−1−3−21]で1連対のみ。460〜479キロは6連対、480〜490キロは8連対。520キロ以上は[0−0−1−18]で3着止まり。

レシステンシアは[5−3−1−2]、G1は[1−3−0−2]。今年は阪急杯を逃げて1分19秒2でレコード勝ち。高松宮記念は6番手の外から伸びてダノンスマッシュにクビ差の2着。ヴィクトリアマイル6着に終わったが、秋初戦のセントウルSは2番手から抜け出して1分7秒2で制した。芝1400m以下では[3−1−0−0]。55キロでは[0−3−0−1]で勝っていないが、ルメール騎手でひと押しがあれば。

ダノンスマッシュは芝1200m[8−2−1−4]で重賞7勝。G1は[2−1−1−4]で香港スプリント、高松宮記念を制している。19年のスプリンターズSは中団から伸びて0.1秒差の3着、昨年のスプリンターズSは4番手から早めに抜け出してグランアレグリアに0.3秒差の2着。過去10年で6歳馬は[3−0−1−27]で1、1、13番人気が優勝。過去3年のスプリンターズSで川田騎手は1、3、2着。

セントウルS2着馬ピクシーナイト、同3着馬クリノガウディー、同4着馬ジャンダルム、前走北九州記念2着馬ファストフォース、同3着馬モズスーパーフレア、重賞3勝の3歳馬メイケイエール、昨年のスプリンターズS3着馬アウィルアウェイなど。ピクシーナイトは芝1200mを使ってCBC賞2着、セントウルS2着。セントウルSはレシステンシアにクビ差まで迫った。過去10年で3歳馬は[0−1−1−13]で1連対のみ。過去10年で福永騎手は[0−0−1−6]で3着止まり。音無厩舎はモズスーパーフレアと2頭出し。

過去10年でノーザンF生産馬は[1−1−1−14]で1番人気が勝ち、2番人気が2着、10番人気が3着。アウィルアウェイ、タイセイビジョン、ピクシーナイト、ミッキーブリランテ、メイケイエール、レシステンシアが該当する。社台F生産馬は[3−2−1−9]でノーザンF生産馬より活躍しているが、今年は出走がない。社台ではないが、ケイアイファームは[2−1−1−0]でロードカナロアが1、1着、ダノンスマッシュは2、3着。ダノンスマッシュ、ロードアクア(2頭ともロードカナロア産駒)が該当する。

穴っぽいところでは、モズスーパーフレア。中山芝1200mは[3−2−0−1]で19年にオーシャンSを1分7秒1で勝ち、スプリンターズSで1分7秒2で走って0.1秒差の2着がある。昨年のスプリンターズSは前半3F32.8秒のハイペースで飛ばして10着。ビアンフェに絡まれたことが堪えた。今年はビアンフェ、レシステンシアがいるため、昨年のように絡まれると惨敗がありえる。Cコースに変更された先週のオールカマーは1枠から内ラチ沿いを通ったウイン2頭で決着。前残り、前崩れ。展開の読みが重要になる。

スプリンターズSはトリッキーな中山で極端な人気薄の激走が多い。過去10年で10番人気以下は[1−2−3−64]で6頭が3着以内に入っている。13年は穴馬マヤノリュウジン(15人気)、昨年は穴馬アウィルアウェイ(10人気)が3着に激走している。今年はレシステンシア、ダノンスマッシュ、ピクシーナイトの3頭に人気が集中しそう。3頭が全て消えるとは言わないが、同じように3頭に人気が集中した今年の帝王賞では4−10−6番人気で3連単238万馬券が飛び出した。◎アサマノイタズラを超える超穴馬がいる。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

シリウスS レース展望

今年も中京ダ1900mで行われる。過去10年で1番人気は[3−1−1−5]で4連対。57キロ以上は[1−0−1−3]で1連対のみ。2番人気は[2−1−2−5]で3連対、3番人気は[1−3−2−4]で4連対。連対馬15頭が5番人気以内、残る5頭は6、7、7、7、11番人気。過去4年の馬連は271倍、34倍、55倍、35倍で荒れている。過去4年で4番人気以内は[2−0−2−12]で2連対のみ。

3歳[3−1−0−8]、4歳[2−0−4−16]、5歳[3−4−2−34]、6歳[2−3−4−27]、7歳[0−2−0−16]、8歳以上[0−0−0−12]。3歳馬は2番人気以内なら[2−1−0−3]。5歳馬は3番人気以内なら[3−2−1−3]。7歳以上の高齢馬はほとんど出番がない。中京ダ1900mはタフなコースでスタミナが問われるが、中盤に流れが緩むと前に行った馬が残りやすい点に注意。

ゴッドセレクションはダート[3−2−1−1]で新馬戦を除き3着以内を確保。伏竜Sを3馬身差で圧勝したが、2着メイショウムラクモはレパードSを制した。兵庫ChSはリプレーザに半馬身差の2着。前走JDDは3番手からしぶとく伸びてキャッスルトップに頭差の2着。中京ではダ1800mの1勝クラスを逃げて8馬身差で圧勝している。3歳馬で54キロで出走できる。中井騎手、今野厩舎は勝てば重賞初制覇となる。

ハヤヤッコは19年のレパードS勝ち馬。今年は5戦して[1−0−1−3]で前走スレイプニルSを最後方から最速の35.6秒で差し切り2分8秒0(重)で優勝。2着バンクオブクラウズは次走マーキュリーCで2着に入った。今年は全て12番手以下からの追い込むレースをしているが、これが中京ダ1900mでどう出るか。母マシュマロ、祖母シラユキヒメの白毛馬で近親にソダシがいる。田辺騎手では[3−0−2−3]。

東海S2着馬アナザートゥルース、BSN賞勝ち馬ブルベアイリーデ、前走プロキオンS4着のダノンスプレンダー、ダートG1−3勝のケイティブレイブ、前走エルムS4着のウェスタールンドなど。アナザートゥルースは重賞[2−3−4−6]で19年アンタレスS、20年ダイオライト記念を勝っている。中京ダートでは東海Sで0.3秒差の2着がある。58キロでは[0−1−1−0]。東海Sで騎乗した松山騎手に乗り替わる。

過去10年でノーザンF生産馬は[1−5−1−4]で2番人気が勝ち、1、2、3、4、7番人気が2着、3番人気が3着。ウェスタールンド、エルデュクラージュ、サンデーウィザード、ハヤヤッコ、ライトウォーリアが該当する。社台F生産馬は[1−0−1−10]で2番人気が勝ち、1番人気が3着。クレスコブレイブ、ゴッドセレクション、テンザワールド、バラックパリンカ。サンデーRなど社台馬主の馬は勝っていない。

穴っぽいところでは、ブルベアイリーデ。前走BSN賞は内ラチ沿いの4番手から3位の36.9秒で抜け出して1分50秒3で3馬身差で圧勝。レパードS以来2年ぶりのダ1800mでパフォーマンスを引き上げた。レパードSではハヤヤッコに0.2秒差の4着だった。テン乗りになるの福永騎手は今年の中京重賞(芝&ダート)で[4−4−2−6]で連対率50%。57キロでは[0−2−1−3]。距離1900mがどう出るか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

オールカマー レース展望

過去10年で1番人気は[3−2−1−4]で5連対。春のG1から直行した馬は[3−2−1−2]。過去2年はレイデオロが4着、ミッキースワローが5着に終わった。2番人気は[2−2−2−4]、3番人気は[1−3−2−4]で各4連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、7、9番人気。過去5年の馬連は8倍、17倍、4倍、22倍、18倍。上位人気馬が堅実で20倍台までに収まっている。

連対馬19頭に重賞で連対があった。13年の勝ち馬ヴェルデグリーンは重賞で連対がなかったが、中山芝2000mで3戦3勝の中山巧者だった。近年の傾向から2走以内に重賞で3着以内がある馬に注意。6番人気以下で3着以内に入った8頭のうち5頭に芝2200m重賞で3着以内、2頭に中山芝2200mの3勝クラスで1着があった。芝2200mは適性の差が出やすい。前走5着前後に負けたこのタイプを絡めたい。

レイパパレが[6−0−1−0]で重馬場の大阪杯を逃げて4馬身差で圧勝。前走宝塚記念は2番手から4位の35.0秒で直線で先頭に立ったが、最後にユニコーンライオンに差し返されて0.5秒差の3着。スタート後に2番手に控えたことで少しリズムの悪い走りだった。それでも距離2200m、56キロをこなすメドを立てた。1番人気では[5−0−0−0]で勝率100%。過去10年で高野厩舎は[2−0−0−0]でショウナンパンドラ(3人気)、センテリュオ(5人気)で勝っている。今年重賞13勝の川田騎手が騎乗する。

グローリーヴェイズは重賞[3−3−0−6]で日経新春杯、香港ヴァーズ、京都大賞典を優勝。京都巧者だが、今年は京都大賞典が阪神のためオールカマーに使ってきた。前走クイーンエリザベス2世Cはラヴズオンリーユーに0.1秒差の2着。3着デアリングタクトに半馬身先着した。中山は芝1800mの新馬戦を勝って以来となる。過去10年で6歳馬は3番人気以内なら[2−2−0−1]で連対率80%。Mデムーロ騎手では[3−1−0−1]で連対率80%。休み明けは[3−2−0−5]。仕上がっていれば久々は苦にしない。

日経賞勝ち馬ウインマリリン、ヴィクトリアマイル2着馬ランブリングアレー、京都記念2着馬ステイフーリッシュ、目黒記念勝ち馬ウインキートスなど。ウインマリリンは昨年のオークス2着馬。今年は牡馬混合G1でAJC杯6着、日経賞1着、天皇賞(春)5着。中山芝2000m以上で良&稍重なら[3−0−0−0]で勝率100%。日経賞では3番手から抜け出してカレンブーケドール(天皇賞春3着)、ワールドプレミア(天皇賞春1着)に勝っている。前走後に右肘腫(関節に水がたまる)で手術を受けた影響がどこまであるか。

過去10年でノーザンF生産馬は[3−4−5−23]で1、5、5番人気が勝ち、1、3、3、7番人気が2着、2、6、6、6、7番人気が3着。アドマイヤアルバ、サトノソルタス、ブレステイキング、レイパパレが該当する。社台F生産馬は[1−3−2−14]で4番人気が勝ち、1、2、4番人気が2着、2、3番人気が3着。ステイフーリッシュ、マウントゴールド、ランブリングアレーが該当する。社台白老F生産馬は[1−0−1−3]で3番人気が勝ち、3番人気が3着。キングオブコージ、セダブリランテスが該当する。

穴っぽいところでは、ステイフーリッシュか。前走札幌記念を心房細動で競走中止。芝2200mは全てG2に出走し[1−3−2−1]で良馬場[1−2−0−0]、稍重[0−1−1−0]、重[0−0−1−0]、不良[0−0−0−1]。中山芝は[0−2−2−1]で芝2200mはAJC杯2着、オールカマー3着、AJC杯4着(不良)。週末は雨は降らず、良馬場の可能性が高い。中山芝2200m、良馬場と得意の条件が揃いそうだが、心房細動明けで矢作厩舎がどこまで仕上げてくるか。テン乗りの横山和騎手が騎乗する。

*今週から穴っぽい馬は予想の穴馬とリンクする確率を下げました。穴馬は予想で公開します。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

神戸新聞杯 レース展望

菊花賞トライアル。今年も中京芝2200mで行われる。過去10年で1番人気は[8−1−0−1]で9連対。ダービー馬は[4−0−0−0]。単勝1.2〜1.4倍台は[4−0−0−0]、1.5〜1.9倍は[2−1−0−0]、2倍台は[2−0−0−1]。2番人気は[1−3−2−4]で4連対、3番人気は[1−2−3−4]で3連対。連対馬16頭が3番人気以内、残る4頭は6、7、8、8番人気。過去5年の馬連は11倍、4倍、7倍、1.3倍、6倍で10倍台までに収まっている。

前走ダービーで5着以内に入った馬は[9−5−0−4]で9勝14連対。前走ダービーでメンバー1、2位の上がりを繰り出して5着以内に入った馬は[5−2−0−0]で連対率100%。今年は1着シャフリヤール、3着ステラヴェローチェがダービーで最速タイの33.4秒だった。連対馬18頭が前走5着以内。そのうち14頭が前走ダービーに出走していた。前走10着以下は[0−1−1−23]で2着はダービー11着のサウンドオブアース、3着はダービー10着のサトノアーサー。

シャフリヤールは[3−0−1−0]で3着以内を確保。休み明けの共同通信杯は0.4秒差の3着に負けたが、毎日杯を1分43秒9のレコードで優勝。前走ダービーは中団から最速タイの33.4秒でエフフォーリアをハナ差交わして2分22秒5で優勝。後半5F57.0秒で高速ラップの持続力を示した。全くタイプは違うが、全兄アルアインはセントライト記念2着、菊花賞7着だった。過去10年の神戸新聞杯で福永騎手は[2−2−1−2]で1番人気では[2−1−0−0]。昨年単勝1.1倍のコントレイルで制している。

ステラヴェローチェは[2−1−2−1]で共同通信杯5着を除き3着以内を確保。皐月賞は後方の内から2位タイの36.7秒で伸びて0.5秒差の3着。前走ダービーは13番手から最速タイの33.4秒で追い込んで0.2秒差の3着。9番人気の低評価を覆した。クロノジェネシスと同じバゴ産駒で道悪巧者だけに雨が一瞬で止んだのは運がなかった。朝日杯FSを制したゴスホークケンの半弟。過去10年で須貝厩舎は[1−0−0−3]でゴールドシップで制している。今年の重賞で吉田隼騎手は[2−1−2−18]で連対率13%。

青葉賞馬ワンダフルタウン、同2着馬キングストンボーイ、京都新聞杯勝ち馬レッドジェネシス、前走白百合Sを勝ったセファーラジエル、前走阿賀野川特別5着のイクスプロージョンなど。ワンダフルタウンは[3−1−1−1]で京都2歳S、青葉賞を優勝。ダービーは中団から早めに動いて0.8秒差の10着。過去10年でダービー10着以下は[0−1−1−25]で1連対のみ。キングストンボーイは[2−1−0−2]で共同通信杯4着、青葉賞2着。藤沢和厩舎のドゥラメンテ産駒。デビューから6戦連続でルメール騎手が騎乗する。

過去10年でノーザンF生産馬は[6−6−6−22]で1、1、1、1、2、3番人気が勝ち、1、2、2、3、3、6番人気が2着、2、3、3、3、4、7番人気が3着。時々人気薄が激走している。イクスプロージョン、シャフリヤール、ステラヴェローチェ、セファーラジエル、レッドジェネシス、ワンダフルタウンが該当する。社台F生産馬は[0−1−0−15]で8番人気が2着。モンテディオが該当する。

穴っぽいところでは、レッドジェネシスか。[3−0−2−3]で未勝利、ゆきやなぎ賞、京都新聞杯を最速上がりで優勝。京都新聞杯は後方から最速の35.3秒で差し切り2分11秒2で優勝。前走ダービーは横山典騎手が最後方から荒れた内を突いて1.1秒差の11着。東京ホースRで7000万円で募集された友道厩舎のディープインパクト産駒。これまで11頭以下では[3−0−0−0](全て11頭立て)。今回は登録馬が11頭。京都新聞杯を勝った中京芝2200mで激走するか。テン乗りの藤岡康騎手が騎乗する。

*今週から穴っぽい馬は予想の穴馬とリンクする確率を下げました。穴馬は予想で公開します。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

記事検索
Archives
QRコード
QRコード