レース展望

函館記念 レース展望

サマー2000シリーズの第2戦。過去10年で1番人気は[2−1−0−7]で3連対。57.5キロ以上は[0−0−0−3]、前走巴賞勝ち馬は[0−0−0−2]で不振。2番人気は[2−0−1−7]、3番人気は[2−0−2−6]で各2連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が6連対。昨年を除く9年で7番人気以下が連対している。過去5年の馬連は38倍、1316倍、76倍、46倍、25倍で荒れている。

トップハンデは[0−2−0−8]で7、8番人気が連対。3番人気以内は[0−0−0−4]で不振。重賞実績馬は人気になるが過信禁物。連対した2頭は7歳馬だった。前走巴賞勝ち馬は[0−0−0−8]、2着馬は[0−0−0−6]、3、4着馬は[0−0−1−9]で連対がない。巴賞で5、6、9、9、12着に負けた馬が4、13、1、13、9番人気で連対している。5着以下に負けた馬の巻き返しに注意したい。

ホウオウビスケッツは昨年のスプリングSでベラジオオペラ(大阪杯)の2着、ダービーで0.2秒差の6着がある。今年は東京新聞杯3着、東風S3着と善戦が続いたが、前走巴賞を前半5F59.9秒で逃げ、6位タイの35.1秒で上がって1分46秒8で2馬身差で圧勝した。右回りのG2以下では[2−1−1−0]で3着以内を確保。芝2000mはフリージア賞を前後半61.6−57.7秒で逃げ切っている。ハンデは0.5キロ増の57.5キロ。巴賞勝ち馬は不振が続いているが、データを破って重賞初制覇を飾るか。

デビットバローズは大阪城Sで4番手から4位タイの34.5秒で上がってステラヴェローチェに頭差の2着。新潟大賞典は3番手から8位の34.3秒で上がって0.4秒差の4着。2着キングズパレスは七夕賞2着、3着ヨーホーレイクは鳴尾記念を制した。前走巴賞は3番手から9位タイの35.2秒で上がって0.3秒差の2着。逃げたホウオウビスケッツに2馬身差をつけられた。ハンデは1キロ減の56キロでホウオウビスケッツとは同斤から1.5キロ差に広がる。過去10年で武豊騎手は[0−0−0−6]で6着が最高。

日経新春杯2着馬サヴォーナ、中山金杯勝ち馬リカンカブール、同3着馬マイネルクリソーラ、AJCC勝ち馬チャックネイト、昨年の札幌記念2着馬トップナイフ、巴賞3着馬アケルナルスター、同4着馬オニャンコポン、同6着馬サンストックトン、2連勝中の上がり馬エンパイアウエスト、昨年の中日新聞杯2着馬ハヤヤッコなど伏兵は多士済々。サヴォーナは今年日経新春杯2着、阪神大賞典6着、天皇賞(春)6着。居酒屋でスマホを投げつけられて割られ、調整ルームで富田騎手を待ち構え、暴力沙汰になった池添騎手が騎乗する。

リカンカブールは芝2000m[5−1−0−2]で中山金杯を1分58秒9で優勝。ハンデは2キロ増の58キロ。津村騎手が騎乗する。マイネルクリソーラは芝2000m[3−4−4−7]で中山金杯で0.2秒差の3着がある。北海道の洋芝では[2−1−0−2]で昨年のWASJ(3勝)を優勝。ハンデは56キロ。丹内騎手が騎乗する。ショウナンバシットは除外対象だが、1頭回避すれば出走できる。セレクトセール2億8600万円。前走巴賞8着で2キロ減の55キロ。重馬場の皐月賞でスイスイ上がって5着。なんか匂う。

<昨年の予想結果>

函館11R 函館記念
◎ルビーカサブランカ 2着
☆ローシャムパーク 1着
☆ブローザホーン 3着
馬連2,520円的中!

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

函館2歳S レース展望

過去10年で1番人気は[2−1−0−7]で3連対。過去6年は9、5、13、7、8、8着で3着以内がない。20、21年は前走芝1200mの新馬戦をレコードで5馬身差、4馬身差で圧勝した馬だった。2番人気は[2−2−1−5]で4連対、3番人気は[1−2−2−5]で3連対。6〜9番人気は2連対、10番人気以下は4連対。過去5年の馬連は12倍、219倍、17倍、20倍、196倍で万馬券が2回出ている。

関東馬[1−4−5−55]、関西馬[9−6−5−47]。人気の関西馬が活躍。4番人気以内の関西馬が8勝している。10番人気以下では関東馬[1−2−2−25]、関西馬[1−0−2−13]。大穴で関東馬に注意。6番人気以下で連対した6頭は前走函館の新馬、未勝利で前に行って初勝利を挙げていた。連対した6頭のうち4頭が牝馬。新馬、未勝利戦の勝ちタイムが遅い馬は人気にならない。穴でこのタイプに注意。

エンドレスサマーは函館芝1200mの新馬戦を前半3F34.8秒で逃げ、最速の34.6秒で上がって1分9秒4で5馬身差で圧勝。直線で押して後続を突き放し、最後は流す余裕があった。セレクトセール3850万円のアルアイン産駒でラヴィエベール、スティルディマーレの半弟。過去10年で前走新馬戦を逃げて圧勝した1番人気は[0−0−0−4]で不振が続いている。横山武騎手から横山和騎手に乗り替わる。上原佑厩舎は重賞初制覇なるか。

サトノカルナバルは東京芝1400mの新馬戦を5番手から最速の34.0秒で差し切って1分23秒6で7馬身差で圧勝。前半3F36.5秒のスローペースだったが、2位を1.0秒上回る末脚は強烈だった。ノーザンFミックスセール9240万円のキタサンブラック産駒でジャスティンスカイの全弟。過去10年で前走東京芝1400mの新馬戦を勝った馬は[0−0−0−4](2、6、10、11番人気)。新馬戦とは違う流れに対応できるかがカギ。

函館芝1200mの新馬戦を勝ったヤンキーバローズ、ニシノラヴァンダ、ヴーレヴー、エメラヴィ、カルプスペルシュ、函館ダ1000mの新馬戦を圧勝したリリーフィールド、函館芝1200mの未勝利戦を勝ったチギリなど伏兵は数多い。ヤンキーバローズは新馬戦を3番手から最速の34.7秒で差し切って1分9秒8で優勝。エピファネイア産駒で母はファンタジーS勝ち馬キャンディバローズ、半姉にクインズエルサがいる。過去10年で岩田康騎手は[1−0−0−6]。

ニシノラヴァンダは新馬戦を前半3F34.1秒で逃げ、2位の35.2秒で上がって1分9秒3で4馬身差で圧勝。小柄な牝馬で荒れてきた馬場がどう出るか。ヴーレヴーは新馬戦を前半3F34.1秒で逃げ、4位の35.1秒で上がって1分9秒2で優勝。セレクトセール1210万円のレッドファルクス産駒。2歳芝1200m重賞強い浜中騎手が騎乗する。穴っぽいのは、3番手から抜け出したエメラヴィ、最速の33.8秒で差し切ったカルプスペルシュ、ダートで圧勝したリリーフィールドあたりか。

<過去の主な予想結果>

函館11R 函館2歳S
○クリダーム 2着
▲ブトンドール 1着
☆オマツリオトコ 3着
馬連2,090円的中!

函館11R 函館2歳S
○タイセイビジョン 2着
△ビアンフェ 1着
馬連1,270円的中!

函館11R 函館2歳S
◎カルリーノ 3着
○アスターペガサス 1着
穴▲ラブミーファイン 2着(7人気)
馬連5,880円的中!
ワイド570円的中!
ワイド1,880円的中!
3連複11,090円的中!
3連単65,140円的中!


WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

プロキオンS レース展望

過去10年で1番人気は[2−3−0−5]で5連対。過去5年は[0−1−0−4]で1連対のみ。2番人気は[2−2−2−4]で4連対、3番人気は[0−2−0−8]で2連対。連対馬16頭が5番人気以内、残る4頭は8、9、14、14番人気。小倉で行われた21年(重)は9−14−12番人気で馬連538倍、3連単194万馬券、22年(稍重)は4−14−12番人気で馬連296倍、3連単71万馬券。

小倉で行われた2年は道中5−2番手(重)、7−10番手(稍重)で決着。21年は重馬場の高速決着で前残りになったが、22年は時計が掛かって差し追い込みが決まった。馬場が悪化したら前残りに注意。前走3勝C出走馬は[1−1−0−10]で2連対。5番人気以内なら[1−1−0−2]で前走圧勝したマテラスカイ(5人気)が武豊騎手で勝っている。今年は前走雅S(3勝)を勝ったヤマニンウルスが出走する。

ヤマニンウルスはデビューから4戦4勝。小倉ダ1700mの新馬戦(50キロ)は途中から先頭に立ち、最速の35.8秒で上がって2着に4.3秒の大差をつけて圧勝。勝ちタイム1分44秒3(稍重)は2歳レコード。同日の3歳未勝利戦はモディカ(50キロ)が1分43秒5(稍重)で2着2.3秒差をつけて大差勝ちしている。前走雅Sは2番手から4位タイの36.0秒で抜け出して1分51秒8で優勝。最後まで馬なりだった。全4戦は全て前半5F62秒台の緩い流れ。重賞で流れが速くなったときにどんなレースができるか。

スレイマンはアンタレスSで2番手から7位タイの37.5秒で上がってミッキーヌチバナにクビ差の2着。前走平安Sは3番手から伸び切れず1.0秒差の10着。道中流れが緩み過ぎるレースは合わないタイプか。ダ1700mは[2−1−1−0]で3着以内を確保。小倉では阿蘇Sが1分42秒2でキングズソードに0.2秒差の2着、門司Sを1分44秒2で4馬身差で圧勝している。多頭数、緩みのない流れで真価発揮か。キングカメハメハ産駒でジェンティルドンナ、ドナウブルーの半弟。テン乗りの西村騎手に乗り替わる。

平安S2着馬ハピ、三宮S3着馬デシエルト、昨年のアンタレスS2着馬ヴァンヤール、吾妻小富士S勝ち馬ブラックアーメット、鳳雛S2着馬ブルーサン、昨年の平安S勝ち馬グロリアムンディ、仁川S2着馬ウェルカムニュース、三宮S2着馬ラインオブソウルなど伏兵は数多い。ハピはダート重賞[0−2−2−3]で22年チャンピオンズCで3着がある。前走平安Sは内ラチ沿いの8番手から直線で外に持ち出すと最速タイの36.4秒で上がってミトノオーにクビ差の2着。初のダ1700mで流れと位置取りがポイントになる。

デシエルトは22年グリーンチャンネルCを1分33秒5(重)でレコード勝ちしたが、その後骨折が判明。長期休養後は4、5、5、3着で善戦止まり。大型馬の叩き3戦目。岩田康騎手がどう乗るか。ヴァンヤールは昨年重賞でアンタレスS2着、平安S3着、シリウスS3着。小倉ダ1700mは[1−1−1−1]。相手なりに堅実に走るタイプ。ブラックアーメットは前走吾妻小富士Sを1分44秒5で優勝。小倉では阿蘇Sで2着スレイマンに0.1秒差の4着がある。母カチューシャはダ1700m巧者だった。泉谷騎手が騎乗する。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

<昨年の予想結果>

中京11R プロキオンS
◎リメイク 2着
△ドンフランキー 1着
馬連610円的中!

七夕賞 レース展望

サマー2000シリーズの第1戦。過去10年で1番人気は[1−1−1−7]で2連対。過去6年は[0−1−0−5]で1連対のみ。2番人気は[3−1−1−5]で4連対、3番人気は[3−0−0−7]で3連対。6〜9番人気は5連対、10番人気以下は2連対。過去5年の馬連は27倍、47倍、46倍、32倍、65倍で全て中穴決着。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

前走勝った馬は[0−1−3−11]で1連対のみ。前走6〜9着が4頭、前走10着以下が6頭連対している。過去6年は前走11、10、7、5、7、2着馬が優勝。前走着順は問われない。芝2000m実績のある馬に注目したい。トップハンデは[2−1−1−10]で3連対。5番人気以内は[2−1−1−4]だが、6番人気以下は[0−0−0−6]。人気馬なら狙い目はある。

キングズパレスは芝2000m[2−4−0−0]で前走新潟大賞典で中団の外から2位の33.6秒で上がってヤマニンサルバムにハナ差の2着。差し切る勢いで伸びてきたが、ひと押しがなかった。右回りは[3−3−2−1]、休み明けを除くと[3−3−0−0]で連対を確保。松岡騎手では[3−8−2−2]。ハンデは1キロ増の57キロ。早めに動くと詰めが甘くなる点をどうカバーするか。週末は曇り一時雨の予報。道悪では[1−4−0−1]で2着が多い。

レッドラディエンスは[4−5−1−1]、芝2000m[2−2−1−0]。藤沢和厩舎から友道厩舎に転厩してからは[2−5−0−0]。前走メトロポリタンSは3番手から最速の34.0秒で上がってバトルボーンに2馬身差の2着。3着シュヴァリエローズは目黒記念で3着に入った。右回りりは[2−2−0−1]で福島芝2000mでは猪苗代特別(2勝C)で0.2秒差の2着がある。過去10年でディープインパクト産駒は[2−2−1−14]。戸崎騎手が騎乗する。

福島民報杯勝ち馬リフレーミング、同2着馬ボーンディスウェイ、昨年の福島記念2着馬ダンディズム、同3着馬カレンルシェルブル、福島記念で3着が2回あるアラタ、昨年の金鯱賞&鳴尾記念2着馬フェーングロッテン、昨年の新潟記念勝ち馬ノッキングポイントなど伏兵は数多い。リフレーミングは芝2000m[4−4−5−7]で福島では[2−0−0−0]。福島民報杯は13番手から最速の34.2秒で差し切って1分58秒9で優勝。丸田騎手が直線一気で持ってくるか。

ボーンディスウェイは22年の弥生賞3着馬。前走福島民報杯は5番手からしぶとく伸びてクビ差の2着。勝ったリフレーミングより1キロ軽い56キロで出走できる。ダンディズムは昨年の福島記念で外から捲ってハナ差の2着。テン乗りの三浦騎手が先週のシリウスコルトのように内から捌いて持ってくるか。カレンルシェルブルは福島民報杯を勝ち、福島記念で3着がある。近走は差して届かないレースが続いている。先週オフトレイルで大外一気を決めたテン乗りの田辺騎手が騎乗する。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

<昨年の予想結果>

福島11R 七夕賞
◎セイウンハーデス 1着
☆ククナ 2着
単勝520円本線的中!
馬連6,510円的中!

北九州記念 レース展望

サマースプリントシリーズの第2戦。過去10年で1番人気は[0−4−1−5]で4連対。1番人気は現在15連敗中。前走重賞を勝った馬は[0−2−1−0]だが、負けた馬は[0−0−0−2]で不振。2番人気は[1−0−1−8]で1連対、3番人気は[1−2−1−6]で3連対。6〜9番人気は5連対、10番人気以下は3連対。過去5年は88倍、29倍、37倍、461倍、24倍で中穴以上の決着が続いている。

過去10年の勝ち馬は2、3、5、5、6、8、8、8、9、16番人気。22年は16番人気のボンボヤージが制した。1番人気は未勝利で5〜9番人気が7勝している。荒れるローカルのハンデ戦で人気薄の優勝が多い。6番人気前後を頭で狙うのが妙味。牡馬は[4−4−4−84]、牝馬は[6−6−6−59]で牝馬の連対が多い。2番人気以内では牡馬[0−1−0−6]、牝馬[1−3−2−7]で牡馬は1連対のみ。

ピューロマジックは芝1200m[3−2−0−0]で前走葵Sを前半3F33.2秒で逃げ、10位タイの33.9秒で上がって1分7秒1で優勝。パドックでテンションが高かったり、レースでまじめ過ぎたり、色々と課題はあるが、スピードの絶対値が高い。北海道セレクションセールで2970万円で取り引きされたアジアエクスプレス産駒。ハンデは2キロ減の53キロ。横山和騎手から松山騎手に乗り替わる。過去10年で松山騎手は[0−0−0−10]。

サーマルウインドは初の芝1200mとなった前走春雷Sで4番手から8位の33.4秒で上がり1分7秒1で走って頭差の2着。勝ったサトノレーヴは次走函館スプリントSを制した。押して4番手につけて道中手応え良く追走し、直線でしぶとく伸びて芝1200m適性を示した。キャロットFで2000万円で募集されたドレフォン産駒で3代母はウインドインハーヘア。ハンデは前走から0.5キロ増の55.5キロ。川田騎手が2戦連続で騎乗する。

昨年CBC賞と北九州記念を制したサマースプリントシリーズを優勝したジャスパークローネ、葵S2着馬ペアポルックス、同3着馬ナナオ、安土城S勝ち馬エイシンスポッター、オーシャンS3着馬バースクライ、春雷S3着馬ヨシノイースター、前走3勝Cを勝ったグランテストなど伏兵は多士済々。ジャスパークローネは前4走海外で12、7、4、11着。国内芝1200mで逃げたときは[5−0−1−2]で昨年のスプリンターズSでは0.4秒差の4着に入った。ハンデは昨年より1.5キロ増の58.5キロ。団野騎手がガツンと飛ばして粘り込むか。

過去10年で3歳馬は[1−1−2−17]で1着ヨカヨカ(牝51キロ、5人気)、2着ディアンドル(牝52キロ、3人気)、3着ラブカンプー(牝51キロ、7人気)、ナムラクレア(牝53キロ、1人気)。今年はピューロマジック(牝53キロ)、ペアポルックス(54キロ)、ナナオ(牝52キロ)。葵S1〜3着の3歳馬が軽量を味方に古馬に通用するのかどうか。小倉は開幕週で良馬場なら1分7秒前後の高速決着になりそう。日曜は曇り時々晴れで最高気温34℃の予報。暑さに強いタイプ、夏の小倉で実績がある馬、特に牝馬の激走に注意したい。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

<昨年の予想結果>

小倉11R 北九州記念
◎ママコチャ 2着
☆ジャスパークローネ 1着
馬連2,490円的中!

ラジオNIKKEI賞 レース展望

3歳限定の中距離ハンデ重賞。過去10年で1番人気は[2−2−1−5]で4連対。過去5年は[0−0−1−4]で3着止まり。1、2枠に入った馬は[2−1−0−0]で堅実。2番人気は[2−0−1−7]で2連対、3番人気は[3−0−0−7]で3連対。6〜9番人気が6連対、10番人気以下が1連対。過去5年のうち4年で人気薄が連対し、馬連は62倍、112倍、115倍、41倍、64倍で荒れている。

前走勝った馬が11連対。前走1勝クラス、OP特別を勝った馬が活躍。前走重賞5着以内は[0−0−0−7]で3着以内がない。前走重賞から連対した6頭は前走6、8、8、11、12着。前走重賞なら着順不問。6番人気以下で連対した7頭は53〜54キロの軽ハンデだった。前走G1で8着以下が3頭、1勝クラス1着が3頭。前走G1で負けるか、前走1勝クラスを勝って斤量が減った馬が激走するのがパターン。

ウインマクシマムはゆりかもめ賞を逃げて2分26秒9で2馬身半差で圧勝。前走青葉賞は2番手から7位の34.0秒で上がって0.2秒差の5着。ウインで3200万円で募集されたキタサンブラック産駒。半姉ウインピクシスは小回りの芝1800m巧者でクイーンS2着、福島牝馬S2着がある。ハンデは55キロで前走接戦したサトノシュトラーゼより1キロ軽い。松岡騎手が先行してひと脚使う持ち味を生かして粘り込むか。

サトノシュトラーセは京都2歳Sで先行してシンエンペラーに0.1秒差の3着がある。同タイムの4着ダノンデザイルはダービーを制した。前走青葉賞は後方から7位の34.0秒で上がって0.2秒差の4着。長距離にメドを立てたが、陣営は芝1800mに使ってきた。セレクトセール5170万円のジャスタウェイ産駒。ハンデは56キロ。過去10年でMデムーロ騎手は[0−0−0−4]、友道厩舎は[0−0−1−2]。

前走1勝Cを勝ったショーマンフリート、スプリングS2着馬アレグロブリランテ、弥生賞3着馬シリウスコルト、白百合S勝ち馬ミナデオロ、同2着馬オフトレイル、山藤賞勝ち馬ヤマニンアドホック、札幌2歳S勝ち馬セットアップ、紫菊賞までは強かったジュンゴールドなど伏兵は数多い。ショーマンフリートは1勝Cを3番手から3位の33.9秒で上がって1分45秒5で優勝。セレクトセール3190万円のスワーヴリチャード産駒。ハンデは54キロ。開幕週の馬場はプラスに働きそう。宝塚記念を制した菅原明騎手に乗り替わる。

アレグロブリランテはスプリングSで逃げて2着、シリウスコルトは弥生賞で逃げて3着、ミナデオロは白百合Sで逃げて1着、ヤマニンアドホックは山藤賞を逃げて1着、セットアップは札幌2歳Sで逃げて1着。今年は13頭の少頭数で逃げて好走してきた馬が多い。福島は開幕週でメンバー的に流れが速くなってもおかしくないが、決め手のある馬は少ない。昨年1着のエルトンバローズは毎日王冠1着、シルトホルンはエムソムC2着、レーベンスティールはエプソムC1着。芝1800m巧者、今後芝1800mで活躍できそうな馬に注意。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

<過去の予想結果>

福島11R ラジオNIKKEI賞【2023年】
◎レーベンスティール 3着
○エルトンバローズ 1着
穴△シルトホルン 2着(4人気)直前まで9番人気
馬連6,460円的中!
3連複4,690円的中!

福島11R ラジオNIKKEI賞
穴◎ブレイキングドーン 1着(3人気)
△マイネルサーパス 2着(9人気)
注ゴータイミング 3着
馬連6,240円的中!
3連複26,540円的中!
3連単142,140円的中!


WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

宝塚記念 レース展望

連対馬13頭にG1勝ち、2頭にG1−2着、3頭にG2勝ちがあった。天皇賞(春)組は着順不問。天皇賞(春)を除くと連対馬14頭のうち12頭が前走4着以内。前走重賞で4着以内に入ったG1、G2実績馬に注目。6番人気以下で連対した9頭のうち7頭に芝2000m以上のG2以上で勝ち星、残る2頭は前走G3を勝っていた。9頭のうち6頭が5、6歳の関西馬だった。穴でこれらを満たす先行馬と追い込み馬を絡めたい。

過去10年でノーザンF生産馬は[8−5−5−54]で1、1、2、3、3、6、7、8番人気が勝ち、1、5、9、10、10番人気が2着、2、2、4、6、8番人気が3着。ジャスティンパレス、ドウデュース、ローシャムパークが該当する。社台F生産馬は[0−0−0−11]で3着以内がない。4番人気以内は[0−0−0−3]。ソールオリエンス、ヒートオンビート、ベラジオオペラ、ルージュエヴァイユが該当する。

ドウデュースは22年のダービーでイクイノックスに勝った馬。昨秋は戸崎騎手が騎乗した天皇賞(秋)は7着、ジャパンCは4着に終わったが、武豊騎手に戻った有馬記念は出遅れて後方から捲って最速の34.3秒で差し切り2分30秒9で優勝。前走ドバイターフは出遅れて位置取りが悪くなり、内から追い込んで0.3秒差の5着。芝2200mでは昨年の京都記念を後方から捲って2分10秒9で3馬身半差で圧勝している。

国内で武豊騎手では[6−1−1−0]。58キロを背負って京都記念、有馬記念を最速上がりで勝っている。週末は雨が降る予報が出ており、馬場が渋る可能性が高いが、これまで国内では道悪の経験がない。フランスでは重馬場のニエル賞4着、凱旋門賞19着。国内なら馬場がある程度悪化しても大丈夫か。今年のG1で武豊騎手は[0−1−1−8]。友道厩舎は宝塚記念[0−1−1−8]でサクラメガワンダーで2着がある。

ジャスティンパレスは昨年の天皇賞(春)を中団から最速の34.9秒で差し切って3分6秒1(稍重)で優勝。宝塚記念は後方から3位タイの35.1秒で追い込んで0.2秒差の3着。鮫島駿騎手は直線で鞭を落としていた。天皇賞(秋)は10番手から最速の33.7秒で追い込んで0.4秒差の2着。有馬記念は出遅れて最後方から2位の34.4秒で追い込んで0.3秒差の4着。ドバイSCは5番手から伸び切れず0.5秒差の4着。

天皇賞(春)を勝った後、善戦止まりが続いているが、昨年宝塚記念以降に先着を許した馬は、今回ドウデュースしかいない。芝2200mは[1−0−1−0]で中京の神戸新聞杯を好位から抜け出して2分11秒1で3馬身半差で圧勝している。宝塚記念、天皇賞(秋)、有馬記念は追い込むレースが続いたが、好位からのレースもできるタイプ。ルメール騎手では[4−0−0−0]。今年のG1でルメール騎手は[1−2−0−4]。

大阪杯勝ち馬ベラジオオペラ、同2着馬ローシャムパーク、同3着馬ルージュエヴァイユ、天皇賞(春)2着馬ブローザホーン、同3着馬ディープボンド、日経賞と目黒記念を連勝したシュトルーヴェ、京都記念勝ち馬プラダリア、昨年の皐月賞馬ソールオリエンスなど伏兵は多士済々。京都は土曜が曇り時々雨、日曜が雨時々曇りの予報。過去10年では6年が良馬場、4年が稍重。馬場が渋った4年のうち3年で人気薄が連対している。

ベラジオオペラは大阪杯を2番手から7位タイの34.9秒で抜け出して1分58秒2で優勝。ドバイ遠征馬が多く、手薄なメンバーだった。芝2200mでは京都記念で0.1秒差の2着がある。今年の芝2000m以上の牡馬混合重賞で4歳馬は[1−3−1−36]で勝ったのはベラジオオペラ(大阪杯)のみ。芝2200m以上では[0−2−1−21]で未勝利。ソールオリエンスにもいえるが、4歳馬はレベルが低いのか。

ローシャムパークは前走大阪杯は後方から向こう正面で大外から2番手に押し上げ、7位タイの34.9秒で上がってクビ差の2着。芝2200mはオールカマー1着、セントライト記念3着。戸崎騎手は芝2200mのG1[0−0−0−9]、宝塚記念[0−0−0−4]。シュトルーヴェは芝2200m以上[5−3−0−1]で日経賞、目黒記念を連勝した。目黒記念は11番手から最速の32.9秒で差し切って2分32秒3で優勝。過去10年でキングカメハメハ産駒は[2−1−0−15]。テン乗りのレーン騎手が騎乗する。

1番人気のドウデュースは調教で好タイムを連発しており、昨年の京都記念のような走りができればあっさりもあるが、武豊騎手が出遅れたり、想定以上に馬場が渋ると危ない面もある。2番人気はルメール騎手で4戦4勝のジャスティンパレス。道悪は稍重の天皇賞(春)のみ。ディープインパクト産駒だけに馬場は悪化しない方がいいか。過去10年で6番人気以下は[3−6−5−85]、10番人気以下は[0−3−3−53]。今年は13頭立てでも馬場が悪化すると波乱度が増す。昨年は穴馬○スルーセブンシーズ(10人気)が激走した。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

<昨年の予想結果>

阪神11R 宝塚記念
高確信度勝負R
◎イクイノックス 1着
穴○スルーセブンシーズ 2着(10人気)
△ジャスティンパレス 3着
複勝560円本線的中!
馬単2,660円本線的中!
馬連2,340円本線的中!
ワイド970円本線的中!
3連複4,030円的中!
3連単13,630円的中!

★穴馬の予想コメント

穴はスルーセブンシーズ。前走中山牝馬Sは中団の後ろから外を回って最速の33.8秒で差し切って優勝。前半5F60.1秒、後半5F57.8秒。外を回っていい脚を長く使い、中山で33秒台で上がったことを評価したい。21年オークスで相馬眼的に評価して穴馬○で狙った馬が馬体が充実して本格化してきた。

中山芝1800mで前半5F60.1秒以内、後半5F57.8秒以内で勝った馬は、ヴィクトワールピサ(11年中山記念)、ドゥラメンテ(16年中山記念)、スルーセブンシーズ(23年中山牝馬S)の3頭しかいない。ヴィクトワールピサは次走ドバイWC1着、ドゥラメンテはその後ドバイSC2着、宝塚記念2着。

有馬記念勝ち馬ヴィクトワールピサ、ダービー馬ドゥラメンテと同じように走りをしており、ケリ値(地面を蹴って前に進む力)がかなり高いのである。ルメール騎手で3戦3勝。前走中山牝馬Sで騎乗したルメール騎手はスルーセブンシーズを警戒しているのではないか。栗東入りして調整し、調教の動き、気配が目立っている。

芝2200mは[0−1−1−0]で日本海Sでロに頭差の2着があるが、勝ったロバートソンキーは次走オールカマーでジャラルディーナに0.2秒差の2着に入った。09年宝塚記念を勝ったドリームジャーニーの産駒。グランプリ7勝の池添騎手。早めに動くイクイノックスを尾行して直線で外から併せれば一発がある。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

マーメイドS レース展望

過去10年で1番人気は[2−1−1−6]で3連対。過去8年は[1−0−1−6]で1連対のみ。単勝4倍以上は[0−0−1−6]で不振。2番人気は[0−2−1−7]、3番人気は[1−1−1−7]で各2連対。6〜9番人気が6連対、10番人気以下が5連対。人気薄が半数以上を占める。過去5年は193倍、80倍、119倍、57倍、10倍で荒れている。本命狙いは妙味がない。人気薄軽量馬で穴狙いに徹したい。

前走勝って連対した4頭は前走条件戦だった。前走2勝クラスでも通用している。前走OP以上で連対した馬は[1−0−0−7]で1連対のみ。前走6着以下が5連対。前走10着以下は[2−0−2−29]で2連対。惨敗馬も巻き返している。連対馬13頭が53キロ以下。6番人気以下で連対した11頭のうち10頭が53キロ以下の軽量馬だった。近年の傾向から穴で逃げ先行タイプの53キロ以下の軽量馬を絡めたい。

ミッキーゴージャスは芝2000m[4−0−0−2]で2、3勝C、愛知杯を3連勝。愛知杯は10番手から外を回って4コーナーで2番手に押し上げると3位の35.5秒で抜け出して1分57秒9で優勝。前半5F57.4秒。タフなレースで外を回って能力を示した。前走大阪杯は初めて56キロを背負い、後方のまま見せ場なく14着。今回はトップハンデ56.5キロを背負う。川田騎手からテン乗りの浜中騎手に乗り替わる。

エーデルブルーメは芝2000m[4−3−4−3]で右回りは[3−3−4−1]で4着以内を確保。前走ダイワスカーレットC(3勝C)は6番手から最速の33.9秒で差し切って1分58秒8で優勝。3勝Cで3、2、4着に終わっていたが、安田隆厩舎から福永厩舎に転厩していきなり結果を出した。シルクHCで2500万円で募集されたハービンジャー産駒で祖母にビワハイジ。川田騎手が福永厩舎の重賞初制覇を飾るか。

福島牝馬S勝ち馬コスタボニータ、中日新聞杯3着馬ピンハイ、愛知杯2着馬タガノパッション、京都記念5着馬ラヴェル、都大路S3着馬セントカメリア、前走パールS2着のジュリアバローズ、同4着馬アグラシアド、阪神牝馬S8着馬ゴールドエクリプス、京都芝2000m[1−2−0−1]のキミノナハマリア、条件戦を2連勝中の上がり馬ベリーヴィーナス、前走2勝Cを勝ったアリスヴェリテなど伏兵は数多い。

コスタボニータは牝馬限定G3[1−0−2−1]で前走福島牝馬Sを優勝。芝2000mは愛知杯で4番手から4位の35.7秒で上がり、1分58秒1で走って0.2秒差の3着。ハンデは56キロ。岩田望騎手は2週前の鳴尾記念をヨーホーレイクで制している。ピンハイは昨年の中日新聞杯で11番手から3位タイの34.1秒で上がって0.1秒差の3着。ハンデは中日新聞杯と同じ54キロ。テン乗りの北村友騎手が騎乗する。

<過去の予想結果>

阪神11R マーメイドS(2023年)
◎ビッグリボン 1着
▲ウインマイティー 2着
注ホウオウエミーズ 3着(10人気)
単勝370円本線的中!
馬単1,770円本線的中!
馬連1,000円本線的中!
ワイド430円本線的中!
3連複7,770円的中!
3連単27,910円的中!

阪神11R マーメイドS
◎センテリュオ 2着
○リュヌルージュ 3着
穴▲サマーセント 1着(7人気)
馬単14,890円本線的中!
馬連8,070円本線的中!
ワイド2,460円本線的中!
ワイド1,350円本線的中!
3連複18,460円的中!
3連単125,270円的中!

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

函館スプリントS レース展望

サマースプリントシリーズの第1戦。過去10年で1番人気は[2−1−3−4]で3連対。過去4年は[2−1−1−0]で3着以内を確保。関東馬は[0−0−3−1]で3着が多い。2番人気は[0−2−0−8]で2連対、3番人気は[3−0−1−6]で3連対。6〜9番人気は3連対、10番人気以下は4連対。過去5年の馬連は119倍、57倍、10倍、30倍、31倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬14頭に芝1200mで重賞3着以内またはOP特別連対があった。これらがない6頭のうち4頭に芝1400m重賞で連対があった。芝1200mでOP以上の実績がなくても芝1400m重賞で連対があれば狙える。牡馬は[6−8−6−71]、牝馬は[4−2−4−45]。牝馬は8年で3着以内に入っている。17年以降に3着以内に入った牝馬は1、1、1、3、3、3番人気だった。人気がない牝馬は不振傾向。

アサカラキングは条件戦を3連勝してOP入り。2走前の阪急杯は16番枠から前半3F33.9秒で逃げ、4位タイの35.9秒で上がってハナ差の2着。勝ったウインマーベルは京王杯SCを制した。前走モルガナイトSは前半3F33.0秒で逃げ、11位の34.7秒で上がって1分7秒7で2馬身差で圧勝。初の芝1200mでスプリント適性を示した。今回は1キロ減の57キロ。斎藤新騎手は今年重賞3勝目なるか。

サトノレーヴは芝1200mの条件戦を3連勝してOP入り。阪急杯は3番手から7位の36.1秒で上がって0.4秒差の4着。舌がハミを越して直線で外に寄れながら走っていた。道中外を回ったことも影響している。前走春雷Sは7番手から6位の33.2秒で上がって1分7秒1で優勝。芝1200mは[4−1−0−0]で現在4連勝中。堀厩舎のロードカナロア産駒。昨年函館芝1200mの1勝Cで1着、2着がある。

オーシャンS2着馬ビッグシーザー、鞍馬S勝ち馬ジャスティンスカイ、昨年のスワンS勝ち馬ウイングレイテスト、昨年の青函S勝ち馬ゾンニッヒ、同2着馬カルネアサーダ、昨年の函館スプリントS勝ち馬キミワクイーン、京都金杯2着馬セッション、3連勝中の上がり馬サウザンサニーなど伏兵は数多い。土曜は晴れ時々曇り、日曜は曇りの予報。雨は降らなそうだが、開幕週の馬場がポイントになる。

ビッグシーザーは淀短距離Sを勝ち、オーシャンSで0.2秒差の2着。前走重馬場の高松宮記念は6番手から伸び切れず0.9秒差の7着。良馬場の芝1200mでは[5−1−1−3]。ビッグアーサー産駒は芝1200m重賞で4番人気以内なら[4−1−3−7]。ジャスティンスカイは鞍馬Sを4番手から4位の32.9秒で抜け出して1分6秒9で優勝。22年の秋色Sを1分32秒0でレッドモンレーヴに勝った馬が初の芝1200mでスプリント適性を示した。今年の2月17日以降の重賞で池添騎手は[0−0−0−17]。

<過去の函館スプリントSで激走した穴馬>
★2017年 エポワス 3着(7人気)
★2018年 ヒルノデイバロー 2着(10人気)
★2019年 カイザーメランジェ 1着(5人気)
★2020年 ダイメイフジ 2着(10人気)
★2021年 ミッキーブリランテ 3着(4人気)前日6人気

函館11R 函館スプリントS
◎ナックビーナス 3着
穴○ヒルノデイバロー 2着(10人気)
注セイウンコウセイ 1着
馬連10,410円的中!
ワイド1,740円的中!
3連複11,690円的中!
3連単81,900円的中!

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

エプソムC レース展望

過去10年で1番人気は[2−2−1−5]で4連対。単勝3倍以上は[1−0−1−3]。過去6年は[1−0−1−4]で1連対のみ。2番人気は[3−0−2−5]で3連対、3番人気は[1−1−0−8]で2連対。連対馬15頭が5番人気以内、残る5頭は6、7、7、8、9番人気。過去5年は必ず人気薄が連対し、馬連は56倍、122倍、61倍、80倍、25倍で荒れている。過去5年のうち4年が道悪だった。

年齢別では、4歳[5−5−4−24]、5歳[4−2−2−35]、6歳[1−3−3−28]、7歳以上[0−0−1−43]。勝ち馬9頭が4、5歳馬。7歳以上は15年以降[0−0−0−36]で不振。関東馬は[6−5−6−73]、関西馬は[4−5−4−57]。6番人気以下では関東馬は[1−3−4−58]で4連対、関西馬は[0−1−0−43]で1連対のみ。穴で6〜9番人気の関東牡馬を絡めたい。

レーベンスティールは昨年のセントライト記念を7番手から最速の33.9秒で差し切って2分11秒4で優勝。香港ヴァーズは8着、新潟大賞典は11着に終わった。前走は調子が整わずに香港ヴァーズを使った影響が出たか。芝1800mは[3−2−1−0]で東京では1勝Cを3番手から最速の33.0秒で抜け出して1分47秒4で5馬身差で圧勝している。東京芝1800mは合っているが、前2走見せ場なく惨敗した馬が初めて59キロを背負って復活できるのかどうか。津村騎手からテン乗りのルメール騎手に乗り替わる。

ヴェルトライゼンデは両前屈腱炎で1年2ヶ月ぶり。芝1800mは[2−1−0−0]でスプリングSで2着がある。過去10年で池江厩舎は[1−2−1−6]、5番人気以内なら[1−2−1−3]。22年に1年4ヶ月の休み明けで鳴尾記念を制している。アルナシームは芝1800m[4−2−0−3]で昨年垂水S(3勝C)とカシオペアSを1分44秒7で優勝。前走都大路Sは7番手から2位の33.2秒で上がって0.2秒差の2着。東京では東スポ杯2歳S6着、秋色S6着。芝1800mはベストだが、東京コースの克服がカギ。

条件戦を2連勝したサイルーン、谷川岳S2着馬トゥデイイズザデイ、ヴィクトリアマイル5着馬ルージュリナージュ、ダービー卿CT4着馬ニシノスーベニア、メイS3着馬シルトホルン、前走3勝Cを勝ったグランディア、マイネルケレリウスなど伏兵は多士済々。サイルーンは2勝Cでペリファーニア、3勝Cでコントラポストに勝って2連勝。東京芝は[2−3−0−1]、東京芝1800mは[1−1−0−1]。芝1600mで2連勝したが、芝1800mも守備範囲。堀厩舎は東京芝1800mで3連勝中のジェイパームスを引っ込めた。

レース展望は有力馬の知っておきたい基本的なことを掲載しています。

各馬の調子、適性、死角、穴馬などは有料版競馬道場の相馬眼予想でお届けしています。

競馬道場広場、X(ツイッター)でも色々な情報をお届けしています。

記事検索
Archives
QRコード
QRコード