レース展望

神戸新聞杯 レース展望

菊花賞トライアル。過去10年で1番人気は[7−2−0−1]で9連対。ダービー馬は[4−1−0−0]で連対率100%。単勝1.2〜1.4倍台は[3−0−0−0]で勝率100%。2番人気は[2−2−2−4]で4連対、3番人気は[1−2−2−5]で3連対。連対馬16頭が3番人気以内、残る4頭は6、7、8、8番人気。過去5年の馬連は9倍、11倍、4倍、7倍、1.3倍。堅い決着が続いている。

前走ダービーで5着以内に入った馬は[9−5−0−3]で9勝14連対。前走ダービーでメンバー1、2位の上がりで5着以内に入った馬は[5−3−0−0]で取りこぼしがない。今年はコントレイルが該当する。10番人気以下は[0−0−0−45]、前走1勝クラスは[0−0−0−23]で出番なし。前走2勝クラスは[0−3−3−31]で2、6、7番人気が連対。穴で前走2勝クラスで連対した馬に注意。

コントレイルは5戦5勝で上がりは全てメンバー最速。G1はホープフルS、皐月賞、ダービーを優勝。皐月賞は1枠1番から後方に控え、大外をブン回して最速の34.9秒で差し切った。福永騎手が下手に乗ったが、馬が能力でカバーした。前走ダービーは3番手から最速の34.0秒で抜け出して3馬身差で圧勝。これまでの名馬と馬体の造りが違うが、父から心肺機能の高さを受け継いだか。他馬と同じ56キロ。中京は初めてになるが、左回り、距離2200mに不安はない。過去10年で矢作厩舎は[0−1−0−5]。

ヴェルトライゼンデは[2−2−1−1]でホープフルS2着、ダービー3着がある。8着に終わった皐月賞は不利な8枠17番だった。ダービーは中団から8位タイの34.7秒で伸びて0.8秒差の3着。過去10年で池江厩舎は[2−0−3−3]。半兄ワールドプレミアは昨年神戸新聞杯3着、菊花賞1着。兄に近づけるか。ディープボンドは京都新聞杯を中団から2位の35.4秒で差し切って優勝。前走ダービーは3番手から伸び切れず5着。3着ヴェルトライゼンデとは0.1秒差だった。前哨戦に強いキズナ産駒。

京都2歳S勝ち馬マイラプソディ、2戦2勝のグランデマーレ、プリンシパルS勝ち馬ビターエンダー、ラジオNIKKEI賞2着馬パンサラッサ、京都新聞杯3着馬ファルコニア、すみれS勝ち馬レクセランスなど。マイラプソディは3連勝の後、共同通信杯4着、皐月賞13着、ダービー9着。ハーツクライ産駒。距離1F短縮、上がりの掛かる馬場でどこまで変わるか。ファルコニアは前走京都新聞杯で中団から早めに動いて0.3秒差の3着。全兄トーセンカンビーナは阪神大賞典2着馬。過去10年で角居厩舎は[2−1−0−3]。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

オールカマー レース展望

過去10年で1番人気は[3−3−1−3]で6連対。春のG1から直行した馬は[3−3−1−1]で昨年のレイデオロを除き3着以内を確保。2番人気は[2−1−2−5]で3連対、3番人気は[1−3−1−5]で4連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、7、9番人気。過去5年の馬連は10倍、8倍、17倍、4倍、22倍。上位人気馬が堅実で馬連は20倍台までに収まっている。

連対馬20頭のうち19頭に重賞で連対があった。13年の勝ち馬ヴェルデグリーンは重賞で連対がなかったが、中山芝2000mで3戦3勝だった。最近の傾向から中距離G1で実績のある4、5歳馬に注目。6番人気以下で連対したゲシュタルトは京都新聞杯1着、ラキシスはエリザベス女王杯2着があった。前走重賞で10着以下に惨敗した芝2200m重賞実績馬が激走している。穴でこのタイプに注意。

フィエールマンは国内では[5−2−1−1]。前走天皇賞(春)は中団から最速の34.6秒で差し切り2連覇を達成。菊花賞も勝っており、芝3000m以上では3戦3勝。国内芝2000〜2200mは[0−1−1−0]でAJC杯2着、札幌記念3着。休み明け[4−2−1−1]で久々は苦にしないが、札幌記念で3着に負けたように仕上げが甘いと勝負どころで反応が鈍い。休み明けのG2でどこまで仕上げてくるか。

カレンブーケドールは[2−5−2−1]、芝2000〜2400mは[0−4−1−0]で3着以内を確保。G1では[0−3−0−0]でオークス、秋華賞、ジャパンC2着がある。前走京都記念は後方から追い込んでクロノジェネシスに2馬身差の2着。クロノジェネシスは宝塚記念をを6馬身差で圧勝した。重賞勝ちがないため斤量は54キロ。前3走は稍重以上で馬場は問わないタイプ。津村騎手が強気な騎乗で粘らせるか。

前走天皇賞(春)3着のミッキースワロー、前走目黒記念3着のステイフーリッシュ、七夕賞勝ち馬クレッシェンドラヴ、18年のセントライト記念勝ち馬ジェネラーレウーノ、前走マーメイドS2着のセンテリュオなど。ミッキースワローは中山芝[3−2−0−3]、G2では[2−2−0−1]、芝2200mでは[2−2−0−1]。昨年のオールカマーは最速の33.4秒で追い込んで0.3秒差の2着。これまで中山のG2では56キロだったが、今回は57キロを背負う。そのあたりがどう出るか。騎手が社台に忖度しないことが条件。

ステイフーリッシュは中山芝[0−2−1−0]で中山金杯&AJC杯2着、ホープフルS3着がある。芝2200のG2では[1−2−1−0]で今年のAJC杯は2着、京都記念は3着に粘った。タフな馬場をこなすステイゴールド産駒。テン乗りの田辺騎手が騎乗する。クレッシェンドラヴは中山芝2200m[2−0−1−2]で昨年のオールカマーはスムーズさを欠いて0.5秒差の5着。稍重以上では[2−1−0−1]で前走七夕賞は重馬場だった。ステイゴールド産駒。6月以降の重賞で内田博騎手は[4−0−0−6]で4勝。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

セントライト記念 レース展望

菊花賞トライアル。過去10年で1番人気は[4−2−1−3]で6連対。単勝1倍台なら[2−2−0−0]。関東馬[3−1−0−1]、関西馬[1−1−1−2]で関東馬は堅実。2番人気は[1−2−1−6]、3番人気は[1−2−3−4]で各3連対。6〜9番人気は4連対、10番人気以下は1連対。最近5年の馬連は133倍、3倍、5倍、9倍、45倍で堅いか波乱両極端。G1実績馬が少ないと荒れる傾向がある。

ダービーから直行した関東馬は[5−1−1−9]、関西馬は[2−4−3−10]。ダービー10着以下は[4−3−2−8]で7連対。昨年はダービー15着のリオンリオン、17着のサトノルークスで決着。今年ダービーから直行した関東馬は6着ガロアクリーク、11着サトノフラッグ、関西馬は14着ヴェルコス。前走条件戦は[2−4−2−74]で6連対、5番人気以内なら[2−3−1−10]。前走条件戦でも通用する。

サトノフラッグは芝2000mの未勝利、1勝クラス、弥生賞を3連勝。皐月賞は中団の外から上がってきたが、直線で伸び切れず1.1秒差の5着。 外からコントレイルに来られて怯んだことが影響したのか。コントレイル、サリオスとは力差を感じさせた。前走ダービーは後方からメンバー8位タイの34.7秒で追い込んで1.2秒差の11着。東京のスローの上がり勝負で後方からでは厳しかったか。中山は3戦2勝の得意コース。コントレイル、サリオスはいない。上がりの掛かる中山で復活なるか。新馬戦以来となる戸崎騎手が騎乗する。

ガロアクリークはスプリングSを中団の後ろからメンバー最速の33.8秒で差し切って1分49秒8で優勝。皐月賞は中団の外からメンバー3位タイの35.7秒で伸びて0.7秒差の3着。前走ダービーは中団の外からメンバー5位タイの34.6秒で伸びて0.9秒差の6着。3着ヴェルトライゼンデとは0.1秒差だった。キンシャサノキセキ産駒は芝2000m以上の3勝クラスでは[0−0−0−13]、重賞では[0−0−1−3]。4月以降の重賞で川田騎手は[0−2−2−18]、2番人気以内では[0−1−1−8]。

青葉賞2着馬ヴァルコス、青葉賞3着馬フィリオアレグロ、ラジオNIKKEI賞勝ち馬バビット、前走開成山特別を勝ったリスペクト、前走天の川賞を勝ったダノンファストなど。ヴァルコスは青葉賞で後方から早めに動いて2分23秒0で走り、オーソリティにクビ差の2着。ゆきやなぎ賞を2分28秒2(稍重)で勝った馬が5.2秒詰めた。前走ダービーは好位から一杯になって1.4秒差の14着。8枠17番から外を回ったことが堪えたか。今年の重賞で佐々木氏&友道厩舎は[1−2−0−2]。3戦連続で三浦騎手が騎乗する。

フィリオアレグロは共同通信杯で好位からメンバー4位タイの34.6秒で0.7秒差の4着。馬体が18キロ増えて少し太かった。前走青葉賞は内ラチ沿いの中団からメンバー最速の33.9秒で伸びて0.1秒差の3着。堀厩舎のディープインパクト産駒でサトノクラウンの半弟。初の右回りがどう出るか。バビットは未勝利、早苗賞、ラジオNIKKEI賞を逃げ切って3連勝。前走ラジオNIKKEI賞は前半5F59.6秒で逃げ、メンバー最速の35.8秒で上がって5馬身差で圧勝。距離&中山をこなして単騎逃げで粘り込むか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

ローズS レース展望

秋華賞トライアル。今年は中京芝2000mで行われる。過去10年で1番人気は[5−1−0−4]で6連対。前走オークス5着以内は[5−1−0−1]。2番人気は[1−2−2−5]で3連対、3番人気は[0−0−2−8]で連対なし。6〜9番人気が6連対、10番人気以下が3連対。最近5年のうち4年で6番人気以下が連対し、馬連は17倍、74倍、213倍、25倍、16倍。重賞実績馬が揃うが中穴以上の決着が多い。

前走オークス3着以内は[5−2−0−6]だが、今年は出走がない。オークス4着馬は[1−0−1−1]、5着馬は[1−0−1−3]、6着以下は[1−2−1−25]。18年は13着のカンタービレ、昨年は15着のビーチサンバが巻き返して連対した。連対馬15頭が上がり3Fメンバー3位以内、1〜3着馬は21頭が上がり3Fメンバー3位以内だった。上がりの速さが問われる。速い上がりを繰り出せる馬に注意。

デゼルは新馬戦を出遅れて後方から最速の34.4秒で差し切って1分48秒7(稍重)で快勝。スイートピーSは後方から最速の32.5秒で大外から差し切って1分47秒1で優勝。前走オークスは後方から5位の33.8秒で伸びて0.7秒差の11着。不利もあったが、馬体が8キロ減って腹目が細くなっていた。母アヴニールセルタンはデビューから6連勝で仏1000ギニー、仏オークスを勝った馬。ひと夏越してどこまで馬体が成長してくるか。新馬戦で騎乗した武豊騎手に乗り替わる。過去10年で武豊騎手は[0−0−2−4]。

クラヴァシュドールは5戦連続で重賞を使われ、サウジアラビアRC2着、阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着、オークス15着。チューリップ賞はハナ差の2着。勝ったマルターズディオサは紫苑Sを制した。桜花賞は内から2位の37.1秒で伸びて0.7秒差の4着。勝負どころで外から来られて後方に下がるロスがあった。重馬場も堪えている。前走オークスは3番手から失速して15着。硬い馬場が影響したのか、それとも距離か。奥手といわれるハーツクライ産駒。今年の重賞で中内田厩舎は[0−1−1−15]。

アルテミスS勝ち馬リアアメリア、フローラS3着馬フアナ、忘れな草賞3着馬リリーピュアハート、フラワーC勝ち馬アブレイズ、新潟2歳S勝ち馬ウーマンズハート、前走西海賞を勝ったフィオリキアリなど。リアアメリアは阪神JFは6着、桜花賞は10着に終わったが、前走オークスは中団から4位の33.7秒で伸びて0.3秒差の4着に入った。過去10年でオークス最先着馬は[3−1−1−5]、オークス4着以下は[0−0−1−1]。4月以降の重賞で川田騎手は[0−2−2−18]、3番人気以内では[0−1−1−9]。

フアナは新馬戦でアドマイヤビルゴの2着。フローラSは中団から最速の35.2秒で伸びて0.1秒差の3着。前走1勝クラスは好位から最速の34.6秒で抜け出して優勝。芝1800mは[2−1−0−0]、芝2000mは[0−0−1−0]。ルメール騎手に乗り替わる。リリーピュアハートは忘れな草賞でウインマイティーに0.2秒差の3着。前走オークスはスタートで躓いて後方から6位の33.9秒で追い込んで0.7秒の9着まで追い上げた。今年の芝2000m重賞で福永騎手は[3−2−0−0]で5戦連続連対中。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

京成杯AH レース展望

サマーマイルシリーズ最終戦。メイケイダイハード(11点)、1着条件でラセット(9点)、スマイルカナ(8点)、ミッキーブリランテ(8点)、トロワザトワル(6点)、エントシャイデン(5点)、アンドラステ(4点)に優勝のチャンスがある。ポイントは1着10点、2着5点、3着4点、4着3点、5着2点、6着以下1点。優勝は1勝以上を挙げ、かつ12点以上が条件になる。

過去10年で1番人気は[3−0−0−7]で3連対。単勝4倍以上は4倍以上は[0−0−0−4]で不振。2番人気は[3−1−2−4]で4連対、3番人気は[1−1−1−7]で2連対。6〜9番人気が5連対、10番人気以下が3連対。最近5年の馬連は623倍、22倍、40倍、11倍、32倍で中穴決着が多い。ハンデ戦で波乱傾向。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち9頭が前走連対。前走勝った馬が7勝。前走7着以下が7連対。前走重賞なら着順不問。最近5年の連対馬10頭のうち5頭が前走9着以下だった。前走惨敗した馬が巻き返している。トップハンデは[0−2−2−9]で連対した2頭は2、6番人気だった。1番人気はおらず、2番人気は[0−1−1−1]。57キロのトップハンデは[0−0−0−4]で3着以内がなく不振。

ルフトシュトロームはデビューから中山芝1600mを最速上がりで3連勝。ニュージーランドTは出遅れて後方から外を回ってメンバー最速の34.2秒で差し切り1分33秒0で優勝。前走NHKマイルCは出遅れて後方からメンバー2位の34.0秒で追い込んで0.5秒差の5着。内&前が有利な馬場&展開で出遅れて後方からでは厳しかった。堀厩舎のキンシャサノキセキ産駒。ひと夏越してどこまで馬体が成長してくるか。

スマイルカナは芝1600m[4−0−1−2]、中山では[2−0−0−0]でフェアリーSを勝っている。重馬場の桜花賞はハイペースで飛ばし、しぶとく粘って0.5秒差の3着。オークスは16着に終わったが、前走米子S(50キロ)は前半5F58.0秒で早め先頭から押し切って1分32秒7で優勝。2着ラセットは中京記念で2着に入った。得意の中山芝1600mで52キロ。トロワゼトワルとの兼ね合いがカギ。

前走関屋記念2着のトロワゼトワル、同3着アンドラステ、同4着ミッキーブリランテ、同6着エントシャイデン、昨年の桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤ、中京記念2着馬ラセット、前走パラダイスSを勝ったアルーシャなど。トロワゼトワルは昨年の京成杯AHを逃げて1分30秒3のレコードで3馬身半差で圧勝。ハンデは昨年より3キロ増の55キロ。7〜9月は[4−1−0−2]。横山典騎手が強気に飛ばして粘らせるか。

アンドラステは芝1600m[3−0−2−0]、稍重以上[3−0−1−0]で道悪をこなしている。前走関屋記念は中団の内から伸びて0.4秒差の3着。前走から1キロ減の53キロで岩田望騎手からルメール騎手に乗り替わる。ラセットは休み明けを除き、右回りの芝1600mでは[3−3−1−2]で上がりは全てメンバー1、2位。米子Sはスマイルカナに0.2秒差の2着。初の中山、かつ開幕週で秋山騎手がどう乗るか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

セントウルS レース展望

サマースプリントシリーズの最終戦。ラブカンプーが5着以内に入れば優勝、6着以下ならレッドアンシェルが優勝となる。過去10年で1番人気は[4−4−1−1]で8連対。牡馬は[4−3−1−0]で堅実。2番人気は[2−3−1−4]で5連対、3番人気は[0−0−2−8]。6〜9番人気は3連対、10番人気以下は1連対。最近5年の馬連は110倍、4倍、30倍、7倍、22倍。隔年で人気薄が連対して荒れている。

連対馬の脚質は逃げ4先行9、差し5追込2で13頭が逃げ先行馬。逃げ馬は1、2、10番人気が勝っている。全面野芝の阪神開幕週で前残り傾向が強いが、今年は中京芝1200m(全面野芝)でどうなるか。牡馬は[7−8−4−75]、牝馬は[3−2−6−40]で牝馬が健闘している。連対した牝馬は1〜6番人気。5頭とも前走重賞で3着以内に入っていた。夏のスプリント重賞で3着以内に入った上位人気の牝馬に注意。

ダノンスマッシュは京王杯SCを逃げ切ったが、前走安田記念は8着に終わった。芝1200mは[5−1−1−3]で京阪杯、シルクロードS、キーンランドC、オーシャンSを勝ち、キーンランドC2着、スプリンターズS3着がある。高松宮記念は昨年が0.2秒差の4着、今年が1.0秒差の10着。それなりに敗因はあるか。安田隆厩舎のロードカナロア産駒。昨年以降の重賞で三浦騎手は[1−5−2−67]で勝率1.3%。

ミスターメロディは昨年の高松宮記念を好位から抜け出して1分7秒3で優勝。その後は8、4、6、11着で馬券圏内がない。昨年のスプリンターズSは先行して0.3秒差の4着。3着ダノンスマッシュとは0.2秒差だった。中京芝は[2−0−0−0]で高松宮記念、ファルコンSを勝っている。休み明けは[0−0−0−3]。G1を狙う藤原英厩舎の管理馬は休み明け走らない傾向があるが、どこまで仕上げてくるか。

葵S勝ち馬ビアンフェ、高松宮記念1位降着のクリノガウディー、高松宮記念5着馬シヴァージ、CBC賞4着馬タイセイアベニール、高松宮記念[1−1−0−2]のセイウンコウセイ、CBC賞勝ち馬ラブカンプーなど。ビアンフェは芝1200m[3−1−0−0]で逃げたときは[3−0−0−0]で勝率100%。過去10年で3歳馬は[3−2−1−14]で5連対。昨年はファンタジスト、イベリスが2、3着に入った。

クリノガウディーは高松宮記念で斜行して1位入線も4位に降着。その後はCBC賞12着、関屋記念18着に終わった。関屋記念ではノドが鳴っていた模様。成績にムラがあるが、気分屋なのか乗り替わると激走することが多い。森裕騎手に乗り替わる。シヴァージは芝1200mで4、1、5、5着だが、上がりは全てメンバー最速。高松宮記念では3着グランアレグリアと同じ33.1秒で上がっている。前崩れの展開になれば。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

紫苑S レース展望

過去10年で1番人気は[3−2−2−3]で5連対。差し追い込み馬は[3−2−1−1]だが、先行馬は[0−0−1−2]で不振。2番人気は[3−1−0−6]で4連対、3番人気は[0−1−0−9]で1連対のみ。6〜9番人気は6連対、10番人気以下は[0−0−1−72]。最近5年は隔年で人気薄が連対し、馬連は39倍、12倍、14倍、6倍、30倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

関東馬[8−7−8−108]で15連対、関西馬[2−3−2−24]で5連対。関西馬は5番人気以内[2−2−0−7]だが、6番人気以下[0−1−2−17]で1連対のみ。6番人気以下の関東馬は[2−3−3−84]。穴で関東馬に注意。6番人気以下で連対した6頭は前走1、2、6、9、10、16着。前走2勝クラス以上なら前走着順不問。6頭のうち4頭が前走4番人気以内。穴で前走人気で負けた関東馬に注意。

ウインマイティーは前走オークスで内ラチ沿いの好位からメンバー8位タイの34.1秒で伸びて0.2秒差の3着。13番人気で激走した。中山芝1800mのデイジー賞、阪神芝2000mの忘れな草賞(稍重)を勝っており、小回りの中山芝2000mは問題ないか。過去10年でオークスから直行した馬は[1−1−4−17]、オークス3着以内は[1−0−1−2]。ゴールドシップ産駒で開幕週の高速馬場がカギになる。

スカイグルーヴは京成杯で2番手からメンバー3位タイの36.2秒で抜け出して0.1秒差の2着。前に行った馬を一掃したが、大外から追い込んだクリスタルブラックに差し切られた。前走フローラSは7番手から伸び切れず0.6秒差の5着。休み明けで馬体が14キロ減って少しガレていた。小柄な牝馬だけに強い向かい風も影響したか。新馬戦を尻上がりラップで5馬身差で圧勝した馬。休養してどこまで成長してくるか。

ニュージーランドT2着馬シーズンズギフト、フローラS2着馬ホウオウピースフル、チューリップ賞勝ち馬マルターズディオサ、クイーンC2着馬マジックキャッスル、前走ラジオNIKKEI賞4着のパラスアテナ、フラワーC2着馬レッドルレーヴなど。重賞勝ち馬はマルターズディオサしかいないが、重賞2着馬が6頭出走している。例年以上に重賞実績馬が揃った。土曜は曇り時々雨の予報。馬場が渋る可能性がある。

シーズンズギフトは福島芝2000mの新馬戦を勝ち、中山で若竹賞1着、フラワーC3着、ニュージーランドT2着。ニュージーランドTではハイペースで差すレースをして脚質の幅を広げている。黒岩厩舎は昨年の紫苑Sをパッシングスルーで制している。ホウオウピースフルは芝2000m[1−1−0−0]で百日草特別1着、フローラS2着。ブラストワンピースの半妹でオルフェーヴル産駒。小回りの中山で覚醒するか。

マルターズディオサは桜花賞8着は重馬場、オークス10着は距離が堪えたか。中山ではサフラン賞を外から捲って勝っている。脚質に幅があり高速決着にも対応できるが、距離2000mを克服できるかがカギ。マジックキャッスルは前走オークスでメンバー2位タイの33.4秒で追い込んで0.4秒差の5着。直線でスムーズさを欠く不利があった。過去10年で国枝厩舎は[1−1−2−1]、5番人気以内なら[1−1−2−0]。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

新潟記念 レース展望

サマー2000シリーズの最終戦。今年はアールスター(4着以上)、サトノガーネット(1着)、ブラヴァス(1着)に優勝のチャンスがある。過去10年で1番人気は[2−2−0−6]で4連対。14年以降は[2−2−0−2]。昨年はレイエンダが10着に終わった。2番人気は[2−0−0−8]で2連対、3番人気は[0−0−2−8]で連対なし。6〜9番人気が9連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は68倍、19倍、25倍、12倍、45倍で中穴決着が多い。ハンデ戦で波乱傾向が強い。

53キロ以下は[1−0−2−33]で連対は52キロの牝馬。連対馬20頭のうち13頭が56キロ以上。56キロが7連対と多い。トップハンデは[1−1−0−12]で2連対のみ。4、5歳馬が5番人気以内なら[1−1−0−2]。年齢別では3歳[1−0−0−5]、4歳[2−3−2−18]、5歳[4−3−4−36]、6歳[1−2−2−41]、7歳[2−2−2−24]、8歳以上[0−0−0−8]で5歳馬が活躍。3歳馬の連対は1番人気ブラストワンピースのみ。牝馬は[1−0−0−19]で1連対のみ。

ワーケアは前3走ホープフルS3着、弥生賞2着、ダービー8着。前走ダービーは8番手から伸び切れず1.0秒差の8着。東京の新馬、アイビーSではメンバー最速上がりで差し切ったが、ルメール騎手は流れが速くならなかったことでスタミナを生かせなかった、瞬発力に欠けるとコメント。中山の重い馬場を使って地力タイプに変貌したのか。今回は新潟外回りコースになるが、流れが緩んで瞬発力が問われるのか、荒れ馬場で地力が問われるのか。3歳馬で53キロで出走できる。18年は3歳馬ブラストワンピースが大外一気を決めている。

ブラヴァスは条件戦を2連勝してオープン入り。2走前の新潟大賞典は好位からメンバー3位タイの35.0秒で伸びて0.3秒差の4着。1〜3着馬より1キロ重い55キロを背負っていた。前走七夕賞(55キロ)は好位の外からメンバー5位の37.2秒で伸びて0.2秒差の2着。外を回っていい脚を長く使ったが、コース巧者のクレッシェンドラヴにロスなく立ち回られた。ハンデは前走より1キロ重い56キロ。芝2000mは[3−2−1−3]。勝てばサマー2000シリーズの優勝のチャンスがあるだけに勝負モードか。

小倉大賞典勝ち馬カデナ、昨年の新潟記念2着馬ジナンボー、小倉記念勝ち馬アールスター、前走エプソムC7着のピースワンパラディ、鳴尾記念2着馬サトノガーネット、目黒記念2着馬アイスバブル、前走関越S2着のウインガナドル、前走ジューンSを勝ったサンレイポケットなど。カデナは休み明けを除き芝1800〜2000mのG3では[2−1−1−0]で3着以内を確保。昨年の新潟記念では後方からメンバー最速タイの33.8秒で追い込んで0.3秒差の3着。ハンデは昨年より1キロ重い58キロ。宝塚記念以来のレースになる。

ジナンボーは昨年の新潟記念で4番手から抜け出してユーキャンスマイルにクビ差の2着。小倉大賞典は3番手から抜け出して0.3秒差の3着に入った。前2走は大阪杯6着、七夕賞9着。昨年より2キロ重い56キロ。Mデムーロ騎手では[3−1−0−1]。サンレイポケットは芝2000m[3−2−0−3]、左回りでは[2−1−0−0]で上がりは全てメンバー最速。前走ジューンS(不良)は大外から豪快に差し切った。過去10年で前走3勝クラスは[1−2−0−22]。ハンデは54キロ。荻野極騎手は重賞初制覇なるか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

小倉2歳S レース展望

過去10年で1番人気は[3−3−0−4]で6連対。前走小倉芝1200mで0.3〜0.8秒差をつけて勝った馬は[1−2−0−1]で堅実。2番人気は[3−2−1−4]で5連対、3番人気は[3−0−1−6]で3連対。6〜9番人気は2連対、10番人気以下は3連対。最近6年は隔年で10番人気以下が連対し、馬連は216倍、15倍、49倍、31倍、296倍、13倍で荒れている。

前走小倉芝1200mで前に行って2着に0.3秒差以上をつけて勝った馬が9連対。速い流れを経験した馬が強い。前半3F33秒台で3番手以内につけて勝った馬、特に逃げ切った馬に注目。牡馬は[6−7−8−71]、牝馬は[4−3−2−53]。牝馬は1、2番人気[3−2−1−5]だが、3〜9番人気は[0−0−1−23]。13、15番人気で連対したのは牝馬。穴で若手騎手が騎乗した牝馬に注意。

モントライゼは新馬戦で先行して伸び切れず頭差の2着。勝ったヨカヨカはフェニックス賞、ひまわり賞を連勝した。前走未勝利戦は前半5F35.2秒で逃げ、メンバー最速の35.0秒で後続を引き離し1分10秒2(稍重)で2着に1.7秒差をつけて大差勝ち。軽く仕掛けただけで後続を引き離し、最後は流す余裕があった。キャロットファームのダイワメジャー産駒。4月以降の重賞で川田騎手は[0−1−2−18]。

ルクシオンは小倉芝1200mの新馬戦(九州産)を前半3F34.8秒で逃げ、メンバー2位の35.0秒で後続を引き離し1分9秒8で3馬身差で圧勝。直線で軽く仕掛けられただけで大楽勝だった。3着テイエムサツマドンはひまわり賞でヨカヨカに0.6秒差の2着に入った。九州産馬でもひまわり賞に使わずに小倉2歳Sに使ってきた。河内厩舎のエイシンフラッシュ産駒。420キロ台の小柄な牝馬。馬場悪化が課題か。

小倉芝1200mの新馬戦を圧勝したメイケイエール、小倉芝1200mの未勝利戦をレコードで圧勝したフリード、函館2歳S4着馬フォドラ、前走フェニックス賞2着のセレッソフレイムなど。今年は登録馬11頭のうち牡馬がメイケイエール、カシノレオの2頭しかいない。日曜は台風が接近し大荒れになりそう。台風の進路によっては小倉競馬が開催できない可能性もある。

メイケイエールは小倉芝1200mの新馬戦を3番手からメンバー2位の35.3秒で抜け出して1分9秒4で5馬身差で圧勝。1枠1番からロスなく回り、直線で外に出すと馬なりのまま後続を引き離した。新種牡馬ミッキーアイル産駒。武豊騎手に乗り替わる。フリードは小倉芝1200mの未勝利戦を前半3F32.9秒で逃げて1分7秒5のレコードで2馬身差で圧勝。馬場が渋ってもスピードの絶対値で押し切るか。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

札幌2歳S レース展望

過去10年で1番人気は[2−2−2−4]で4連対。1戦1勝の牝馬は[1−0−1−0]だが、1戦1勝の牡馬は[0−1−1−2]で取りこぼしが多い。2番人気は[2−2−1−5]で4連対、3番人気は[2−1−0−7]で3連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、10、11番人気。最近6年の馬連は236倍、8倍、181倍、17倍、87倍、68倍。隔年で人気薄が連対して荒れている。

前走新馬戦は5番人気以内[5−3−3−20]、6番人気以下[0−1−4−36]。未勝利戦は5番人気以内[3−1−0−3]、6番人気以下[1−0−0−16]。前走新馬、未勝利を勝って人気になった馬が活躍している。牡馬は[8−7−7−81]、牝馬は[2−3−3−25]。牝馬は4番人気以内[2−2−1−4]、5番人気以下[0−1−2−21]。牝馬は4番人気以内の人気馬に注目したい。

ピンクカメハメハは函館芝1800mの新馬戦を前半5F62.8秒で逃げ、メンバー最速の36.0秒で後続を引き離し1分51秒0で4馬身差で圧勝。気のいいタイプで行きっぷりが良く、勝負どころで外から来られても我慢して直線で突き放した。レースセンスがいいが、武豊騎手は使うと気が入ってきそうなタイプとコメント。今年は芝1800mで前に行って勝ってきた馬が多い。武豊騎手の乗り方が問われる。

ソダシは函館芝1800mの新馬戦を2番手からメンバー最速の35.3秒で抜け出して1分50秒4で2馬身半差で圧勝。前半5F62.7秒ででラスト3Fは12.0−11.7−11.6秒で尻上がりだった。父クロフネ、母ブチコの白毛馬。勝てば白毛馬初のJRA芝重賞制覇となる。吉田隼騎手は函館記念をアドマイヤジャスタ、クイーンSをレッドアネモスで勝っている。過去10年で須貝厩舎は[2−2−1−3]。

札幌芝1800mの新馬戦を2馬身半差で圧勝したバスラットレオン、札幌芝1800mの新馬戦を勝ったウインルーア、東京芝1800mの新馬戦を勝ったユーバーレーベン、札幌芝1800mの未勝利戦を勝ったジオルティ、函館芝1800mの未勝利戦を圧勝したウイングリュックなど。先週の札幌は渋った荒れ馬場でキーンランドCは外枠から外を回った馬が上位を独占した。今週も馬場の見極めがポイントになる。

バスラットレオンは新馬戦をスローペースで逃げ、メンバー最速のタイの33.6秒で上がって1分51秒3で2馬身半差で圧勝。ラスト3Fは11.4−11.0−11.2秒の高速ラップ。矢作厩舎のキズナ産駒。坂井騎手は2週連続重賞制覇なるか。昨年はゴールドシップ産駒のブラックホール、サトノゴールドで決着。今年はアオイゴールド、ウインルーア、コスモアシュラ、ユーバーレーベン、ヴェローチェオロが出走予定。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

記事検索
Archives
QRコード
QRコード