レース回顧

2020年JRA重賞レース回顧

★2020年重賞回顧一覧

□京都金杯
□中山金杯

★2019年重賞回顧一覧
★2018年重賞回顧一覧
平地重賞完全網羅

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

2019年JRA重賞レース回顧 

★2019年重賞回顧一覧

□ホープフルS
□有馬記念
□阪神カップ
□朝日杯FS
□ターコイズS
□阪神JF
□カペラS
□中日新聞杯
□チャンピオンズC
□ステイヤーズS
□チャレンジC
□ジャパンC
□京阪杯
□京都2歳S
□マイルCS
□東スポ杯2歳S
□エリザベス女王杯
□福島記念
□武蔵野S
□デイリー杯2歳S
□AR共和国杯
□みやこS
□京王杯2歳S
□ファンタジーS
□天皇賞(秋)
□アルテミスS
□スワンS
□菊花賞
□富士S
□秋華賞
□府中牝馬S
□毎日王冠
□京都大賞典
□サウジアラビアRC
□スプリンターズS
□シリウスS
□オールカマー
□神戸新聞杯
□セントライト記念
□ローズS
□セントウルS
□京成杯AH
□紫苑S
□新潟記念
□小倉2歳S
□札幌2歳S
□キーンランドC
□新潟2歳S
□札幌記念
□北九州記念
□エルムS
□関屋記念
□レパードS
□小倉記念
□クイーンS
□アイビスSD
□函館2歳S
□中京記念
□七夕賞
□プロキオンS
□ラジオNIKKEI賞
□CBC賞
□宝塚記念
□函館スプリントS
□ユニコーンS
□エプソムC
□マーメイドS
□安田記念
□鳴尾記念
□日本ダービー
□目黒記念
□葵S
□オークス
□平安S
□ヴィクトリアマイル
□京王杯SC
□NHKマイルC
□京都新聞杯
□新潟大賞典
□天皇賞(春)
□青葉賞
□マイラーズC
□フローラS
□福島牝馬S
□アンタレスS
□皐月賞
□アーリントンC
□桜花賞
□ニュージーランドT
□阪神牝馬S
□大阪杯
□ダービー卿CT
□高松宮記念
□マーチS
□日経賞
□毎日杯
□スプリングS
□阪神大賞典
□フラワーC
□ファルコンS
□金鯱賞
□フィリーズレビュー
□中山牝馬S
□弥生賞
□チューリップ賞
□オーシャンS
□中山記念
□阪急杯
□フェブラリーS
□小倉大賞典
□ダイヤモンドS
□京都牝馬S
□クイーンC
□共同通信杯
□京都記念
□東京新聞杯
□きさらぎ賞
□根岸S
□シルクロードS
□愛知杯
□AJC杯
□東海S
□京成杯
□日経新春杯
□フェアリーS
□シンザン記念
□中山金杯
□京都金杯

★2018年重賞回顧一覧
平地重賞完全網羅

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

宝塚記念 レース回顧

リスグラシューは大外枠からスタートを決めて2番手につけ、メンバー最速の35.2秒で抜け出して3馬身差でレースを制した。勝ちタイム2分10秒6は優秀。キセキが逃げて前半5F60.0秒、後半5F58.9秒。緩い流れで前に行った馬が1〜4着を独占したが、道中緩急のある流れになり、スタミナ&地力が問われるレースになった。リスグラシューはこれまで控えて差すレースをしていたが、レーン騎手がスタートを決めて2番手につけ、メンバー最速上がりでキセキを子供扱いし3馬身差で圧勝。得意の阪神、緩い馬場と条件が揃っていたが、これまでにないレースで一気にパフォーマンスを引き上げた。これで昨年秋から外国人騎手が騎乗してから[2−3−1−0]でG1を2勝。2歳時から活躍していた牝馬。奥手のハーツクライ産駒が完全に本格化した。これで過去10年で8枠が7勝となった。社台の使い分けもあり、秋はコックスプレート(豪G1、芝2040m)、ブリーダーズCターフ(米G1、芝2400m)のどちらかに向かうことになりそうだ。今年の重賞でレーン騎手は[6−0−1−6]で勝率46%、単勝回収率340%、複勝回収率110%。短期免許で重賞6勝は新記録となった。

キセキはハナを切ってマイペースで進め、メンバー3位の35.8秒で上がって0.5秒差の2着。2番手につけたリスグラシューに直線で交わされて3馬身差をつけられ完敗。スタートが遅く押してハナを切ったこともあるが、やはり直線に坂があるコースだと詰めが甘くなる。阪神では[1−3−2−1]で勝ったのは新馬戦のみ。中山では[0−0−0−2]。これで昨年秋以降のG1では3、2、5、2、2着でローテーションが厳しかった有馬記念5着を除き3着以内を確保している。今後は同厩のロジャーバローズと一緒に凱旋門賞に挑戦することになった。2頭でフランスに遠征し、前哨戦を使って凱旋門賞に向かうことになりそうだ。

スワーヴリチャードは4番手からメンバー2位の35.7秒で上がって0.8秒差の3着。2着キセキとは2馬身差。逃げたキセキはラスト2F11.4−12.9秒でラスト1Fが1.5秒落ちたが、スワーヴリチャードはキセキの上がりを0.1秒しか上回れず、最後はジリジリだった。昨年のジャパンC3着のときも最後はジリジリ。スローペースにならないと最後は詰めが甘くなる傾向がある。これまで5勝しているが、前半5Fは全て60.4秒以上の緩い流れだった。流れが緩み、かつ極端な上がり勝負にならないと一変する可能性がある。

アルアインは3番手からメンバー7位の36.1秒で上がって1.1秒差の4着。大阪杯と同様に内をロスなく回って先行したが、直線で前の2頭に離され、ジリジリとしか伸びなかった。大阪杯はスローペース、時計&上がりが掛かる緩い馬場、ロスなく回れる内枠と全てが上手く噛み合って勝ったが、今回直線で伸び切れなかったのは、距離1F延長が良くなかったのだろう。2番手につけたリスグラシューに最速上がりで突き放されたように力負け。大阪杯から直行したが、仕上がりは悪くなかった。

レイデオロは6番手の内から伸び切れず1.3秒差の5着。上がりはメンバー5位タイの36.0秒。この流れならもう少し前につけてしぶとい脚を使える馬だが、馬場の内側が緩くそれが影響した模様。いつもよりパドックで煩かったようにドバイ遠征明けで仕上がりもひと息だったか。前走ドバイシーマクラシックで掛かって逃げて惨敗したため、ルメール騎手が内で控えて攻め切れなかった面もあるのだろう。海外は[0−0−0−2]、関西では[1−0−1−1]、関東では[6−2−0−1]。秋は天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念が目標になるが、社台&ルメール騎手はアーモンドアイがいるため、リスグラシューと同様に使い分けする可能性が高そうだ。社台が強い馬を持ち過ぎているため、本来なら見れる対決が見れないのは非常に残念だ。

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

2018年JRA重賞レース回顧 

□ホープフルS
□有馬記念
□阪神カップ
□朝日杯FS
□ターコイズS
□阪神JF
□カペラS
□中日新聞杯
□チャンピオンズC
□ステイヤーズS
□チャレンジC
□ジャパンC
□京阪杯
□京都2歳S
□マイルCS
□東スポ杯2歳S
□エリザベス女王杯
□福島記念
□武蔵野S
□デイリー杯2歳S
□AR共和国杯
□JBCスプリント
□JBCクラシック
□JBCレディスクラシック
□京王杯2歳S
□ファンタジーS
□天皇賞(秋)
□スワンS
□アルテミスS
□菊花賞
□富士S
□秋華賞
□府中牝馬S
□京都大賞典
□毎日王冠
□サウジアラビアRC
□スプリンターズS
□シリウスS
□オールカマー
□神戸新聞杯
□セントライト記念
□ローズS
□京成杯AH
□セントウルS
□紫苑S
□札幌2歳S
□新潟記念
□小倉2歳S
□キーンランドC
□新潟2歳S
□札幌記念
□北九州記念
□関屋記念
□エルムS
□レパードS
□小倉記念
□クイーンS
□アイビスSD
□函館2歳S
□中京記念
□函館記念
□七夕賞
□プロキオンS
□ラジオNIKKEI賞
□CBC賞
□宝塚記念
□函館スプリントS
□ユニコーンS
□エプソムC
□マーメイドS
□安田記念
□鳴尾記念
□日本ダービー
□目黒記念
□葵S
□オークス
□平安S
□ヴィクトリアマイル
□京王杯SC
□NHKマイルC
□新潟大賞典
□京都新聞杯
□天皇賞(春)
□青葉賞
□マイラーズC
□フローラS
□福島牝馬
□皐月賞
□アンタレスS
□アーリントンC
□桜花賞
□ニュージーランドT
□阪神牝馬S
□大阪杯
□ダービー卿CT
□高松宮記念
□マーチS
□日経賞
□毎日杯
□スプリングS
□阪神大賞典
□フラワーC
□ファルコンS
□金鯱賞
□フィリーズレビュー
□中山牝馬S
□弥生賞
□チューリップ賞
□オーシャンS
□中山記念
□阪急杯
□フェブラリーS
□小倉大賞典
□ダイヤモンドS
□京都牝馬S
□クイーンC
□共同通信杯
□京都記念
□東京新聞杯
□きさらぎ賞
□根岸S
□シルクロードS
□AJCC
□東海S
□京成杯
□日経新春杯
□愛知杯
□シンザン記念
□フェアリーS
□中山金杯
□京都金杯

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

神戸新聞杯 レース回顧

ワグネリアンは中団の外につけ、メンバー2位の34.2秒で外から差し切ってレースを制した。勝ちタイムは2分25秒6。メイショウテッコンが逃げて前半5F61.9秒のスローペース。ラスト4Fからペースアップして11.8−11.2−11.3−12.1秒。後半5F58.7秒、ラスト3Fは34.6秒。データ通りメンバー1、2位の上がりを繰り出した2頭で決着した。ワグネリアンは3、4コーナーで外を回って進出して前を射程圏に入れ、最後は逃げたメイショウテッコンを力で捻じ伏せた。ダービー馬が2番人気だったが、まずは順当勝ち。馬体が10キロ増えて春よりパワーアップしていた。次走は菊花賞ではなく適性を考慮して天皇賞(秋)に向かうことになった。ダービー馬が菊花賞に出走しないのは、これで4年連続。1着賞金は菊花賞が1億1500万円、天皇賞(秋)が1億5000万円、ジャパンCが3億円、凱旋門賞が3億7000万円。距離的なこともあるが、菊花賞の存在意義が以前より薄れてきている。

エタリオウは最後方からメンバー最速の33.9秒で大外から追い込んで0.1秒差の2着。友道厩舎のワンツー決着となった。スローの上がり勝負で最後方からのレースになったが、ダービーで強烈な末脚を繰り出して4着まで追い上げたのがダテではないことを示した。青葉賞、ダービー、神戸新聞杯と一戦ごとにパフォーマンスをアップしている。馬体が14キロ増えて全体的にパワーアップしていた。長い距離をこなすステイゴールド産駒。次走は菊花賞。まだ未勝利戦しか勝っていない1勝馬だが、いよいよG1が見えてきた。

メイショウテッコンは前半5F61.9秒のスローペースで逃げ、メンバー4位の34.7秒でまとめて0.1秒差の3着。スローペースで隊列が縦長になる理想的な展開になった。エポカドーロがスタートで躓いて後方からのレースになり、プレッシャーをかける馬がいなかったことも良かったのだろう。使い込んで減った馬体が回復し14キロ増えていたことも次走に繋がりそうだ。次走は菊花賞。坂のあるコースより平坦コースが合うタイプ。梅花賞と白百合Sを勝った京都で今回よりも粘りが増しそうだ。

エポカドーロはスタートで躓いて後方を進み、直線で外からメンバー3位の34.5秒で伸びて0.5秒差の4着。3、4コーナーで仕掛けてワグネリアンを追いかけたが、直線で伸び切れなかった。これまで3着を外していない堅実さが評価されて1番人気に支持されたが、大きな落とし穴が待っていた。予想では軽視して無印(消し)にしたが、スタートで躓いたことが大き過ぎたため、消しが正解だったとは言い切れない(馬券的には正解)。次走は菊花賞。超スローペースがありえるため、再度消すかはまだ分からない。

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

オールカマー レース回顧

レイデオロは中団の後ろを進み、直線で先に抜け出したアルアインをメンバー最速の34.3秒で差し切ってレースを制した。勝ちタイムは2分11秒2。マイネルミラノが逃げて前半5F60.5秒。後半5Fは59.0秒、ラスト3Fは35.3秒。ラスト6Fから11秒台のラップが続き、ラスト1Fが12.0秒に落ちた。レイデオロは完璧なレースをしたアルアインを差し切り、昨年の神戸新聞杯以来の勝利を挙げた。直線で内を突いて差し切ったところに底力を感じさせた。末脚に持続力があり、ラストも切れる。秋のG1に向けて好スタートを切った。パドックでは少し煩かったが、一度使ったことでガス抜きができ、次走は落ち着いてくるのではないか。今後は未定だが、天皇賞(秋)からジャパンC、またはジャパンCから有馬記念になりそうだ。個人的にはジャパンCでアーモンドアイとの対決を見てみたい。

アルアインは2番手から直線で早めに抜け出したが、最後にレイデオロに差されてクビ差の2着。上がりはメンバー4位タイの34.9秒。3着には3馬身差をつけていた。テン乗りの北村友騎手が上手く乗っただけに勝ったレイデオロの方が芝2200mでは強いのだろう。馬体に厚みがあり一見太く映るが、元々がこういうタイプ。それでも休み明けで多少は余裕残しの仕上げだった。昨年の皐月賞馬。これで中山では[1−2−0−0]となった。次走は天皇賞(秋)に向かう予定。ガツンと切れないだけに15年に勝ったラブリーデイのようなレースが理想か。天皇賞(秋)の後は距離的に香港カップに向かうことになりそうだ。

ダンビュライトはゲート内で煩く出遅れて中団を進み、メンバー4位タイの34.9秒で伸びて0.5秒差の3着。AJC杯は2番手から押し切ったが、出遅れて位置取りが悪くなった。さらに4コーナーから直線で動けず後ろに下がるロスもあった。直線で内から盛り返してギリギリで3着を確保したが、出遅れずにスムーズなら前の2頭との差は詰まったのではないか。これでG2では3、4、1、3着で大崩れなく走っている。ルーラシップ産駒。ここにきて少し煩くなってきた点が少し気になる。

エアアンセムは後方から外を回って早めに動き、メンバー2位タイの34.8秒で上がって0.6秒差の4着。外を回っていい脚を長く使ったが、最後は前と同じ脚色になった。外を回ったこともあるが、微妙に距離が長いのだろう。7歳でも今が充実期。レースが上手くなってきているため、ローカル重賞ならまた勝つチャンスがありそうだ。

ガンコは5番手から上がってきたが直線で一杯になって0.8秒差の7着。休み明けでも調教は動いていたが、パドックを見るとまだピリッと仕上がっていなかった。ハンデ重賞のハンデを意識したような仕上げ。次走は未定だが、日経賞と同距離のAR共和国杯に向かう可能性が高そうだ。

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

セントライト記念 レース回顧

ジェネラーレウーノは離れた2番手を進み、逃げたタニノフランケルをメンバー9位の35.2秒で交わし、最後はレイエンダを完封しレースを制した。勝ちタイムは2分12秒1。タニノフランケルが逃げて前半5F60.9秒。6F目から11秒台のラップが3F続き大逃げになった。大逃げする馬がいると離れた2番手につけた馬がなだれ込むことが非常に多いが、ジェネラーレウーノはまさにその形。ただし5番手以内につけた馬が12着以下に惨敗する中、1頭だけ35秒台で上がって押し切ったように心肺機能が高いのだろう。3頭でやり合って厳しい展開になった皐月賞でも3着に粘っている。中山重賞勝ち→皐月賞3着→ダービー10着以下→セントライト記念1着というのはキタサンブラックと同じ。次走は菊花賞。距離延長、長距離輸送と課題はあるが、前に行って自分でレースを作れるのは強み。決め手勝負にならないようにして粘り込むか。

レイエンダは大外枠スタートから中団の後ろにつけ、メンバー3位の34.6秒で伸びて0.2秒差の2着。大逃げする馬がいて隊列が縦長になり、直線に向いたときはジェネラーレウーノとかなり差があった。早めに仕掛けて勝ちに行けば差し切れたかもしれないが、ここが本番ではないだけにルメール騎手は無理しなかったのだろう。元々ルメール騎手は点ではなく線で乗る騎手。デビューからの連勝はストップしたが、今後に向けて上々の内容だった。2着に入って菊花賞の出走権を獲ったが、今のところ次走は未定。勝てば天皇賞(秋)もあったが、神戸新聞杯の結果を見て菊花賞を使うのか判断することになりそうだ。

グレイルは後方3番手からメンバー最速の34.3秒で伸びて0.4秒差の3着。岩田騎手が直線で馬群を捌いて持ってきた。皐月賞でも後方からメンバー最速タイの34.8秒で追い込んで3着とタイム差なしの6着まで追い上げている。左回りの共同通信杯は7着、ダービーは14着に終わったが、右回りでは[2−0−1−1]で上がりは全てメンバー最速。京都では新馬、京都2歳Sを勝っており2戦2勝。次走は菊花賞。今年レインボーラインで阪神大賞典、天皇賞(春)を勝った岩田騎手が内にねじ込んで持ってくるか。

ブレステイキングは中団からメンバー6位タイの35.1秒で伸びて0.4秒差の4着。3着グレイルとはハナ差。直線でレイエンダと一緒に伸びてきたが、最後に一杯になった。休み明けで馬体は10キロ増えていたが太くはなかった。最後に伸びを欠いたのは、休み明けと右回りのせいか。これまでの走りを見ると左回りの方がスムーズな走りをしている。

オウケンムーンは最後方からメンバー最速タイの34.3秒で大外から追い込んで0.7秒差の5着。直線に向いても最後方で掲示板も厳しい位置だったが、最後までしっかり伸びて5着まで追い上げた。皐月賞、ダービーは惨敗したが、共同通信杯勝ち馬が少し復調してきた。ただし休養して馬体が2キロ減っていたのは少し気になる。父は菊花賞馬オウケンブルースリ。菊花賞で輝けるか。

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

京成杯AH レース回顧

ミッキーグローリーは中団の外から徐々に進出し、メンバー2位の33.5秒で差し切ってレースを制した。勝ちタイムは1分32秒4。ベステンダンクが逃げて前半5F58.1秒。途中からウインガニオンがハナを切ったことで差し馬向きの展開になった。土曜と同様に向こう正面が強い向かい風、最後の直線が追い風。ミッキーグローリーのルメール騎手は向こう正面で馬の後ろに入れて風を凌ぎ、最後の直線で外に出して今度は追い風に乗っていた。これで2日連続で重賞制覇。16年の皐月賞も強い風が吹いていたが、風をうまく利用したディーマジェスティが勝ち、2着に大外から追い込んだマカヒキが入っている。風が強い日はこのパターンに注意したい。ミッキーグローリーは昇級戦、重賞初挑戦、1番人気で重賞初制覇。いい脚を長く使え、他馬が苦しくなったところでひと脚使えるのが持ち味。相馬眼的に重賞を勝てる器とみていたが、さっそく重賞を制した。まだ馬体に緩い面があり、そこがパンとすればG1で勝ち負けできる馬になりそうだ。今後は未定だが、毎日王冠から天皇賞(秋)、または富士SからマイルCSあたりになりそうだ。

ワントゥワンは最後方からメンバー最速の33.0秒で追い込んで0.1秒差の2着。レースのラスト4Fは11.2−11.4−11.5−11.4秒の高速ラップ。このラップで最後方から0.1秒差の2着に追い込んだように究極の末脚を繰り出している。戸崎騎手が出遅れず、もう少し前につけていれば勝っていたかもしれない。前走関屋記念で54キロを背負ってプリモシーンにクビ差の2着に入った馬が1キロ減の53キロ。ハンデは恵まれていたが、直線で大外に出して風も生かしている。母ワンカラットは短距離馬だったが、ワントゥワンはマイルまでこなせる。重賞で3戦連続最速上がりを繰り出したように今充実期に入っている。ルメール騎手では[2−1−0−0]、Mデムーロ騎手では[2−1−0−1]。重賞激走の反動がなく、ルメール、Mデムーロ騎手を乗せてきたら要注意。

ロジクライは6番手の内からメンバー8位タイの34.1秒で最後に馬群を割って伸びて0.2秒差の3着。陣営が懸念した通り、浜中騎手が消極的な騎乗で前に行ってしぶとい脚を使える持ち味を生かせなかった。ただし流れを考えると強気に乗っていたら4着以下の可能性もあるか。勝ったミッキーグローリーより1.5キロ重い56.5キロを背負っていたことも考慮したい。パドックでは馬体のバランスが少し崩れていた。ハイペースで先行して2着に粘った中京記念の反動が少しあったのかもしれない。

ゴールドサーベラスは中団の後ろから早めに捲ってメンバー8位タイの34.1秒で上がり0.2秒差の5着。スクリーンヒーロー産駒でいい脚を長く使え、直線でバテずにひと脚使えるタイプ。柴山騎手は強気に早めに動いたが、結果的に少し仕掛けが速かった。こういう心肺機能が高くバテない馬は大穴をあけることが多い。激戦でバテ合いになりそうなレースで注意したい。

紫苑S レース回顧

ノームコアは好位の馬込みで流れに乗り、メンバー最速の33.6秒で抜け出して3馬身差でレースを制した。勝ちタイム1分58秒0はレースレコード。ランドネが逃げて前半5F60.1秒の緩い流れ。ラスト5Fは11.9−11.8−11.5−11.5−11.2秒で尻上がり&持続ラップ。秋の中山(全面野芝)は尻上がりラップになる傾向がある。この日は風が強く向こう正面が向かい風、最後の直線が追い風。ノームコアのルメール騎手は向こう正面で馬の後ろに入れていた。スケートのパシュートと同じ原理で後ろで風を避けると消耗が少ないのだろう。小回りコースも合っているが、レースレコードで圧勝したように春より力をつけている。秋華賞も小回りの芝2000m。2冠馬アーモンドアイといい勝負ができそうだ。ルメール騎手はアーモンドアイに騎乗するため、秋華賞は乗り替わる予定。ちなみにフローラSで騎乗した戸崎騎手は関西の3歳以上のG1では[0−1−0−31]で連対率3.1%。5番人気以内では[0−1−0−12]で連対率7.7%。1番人気では桜花賞・ルージュバック9着、秋華賞・ビッシュ10着に終わっている。陣営の選択がポイントになる。

マウレアは1枠1番から内ラチ沿いの7番手につけ、直線で外に持ち出してメンバー3位の34.0秒で伸びて0.5秒差の2着。道中ロスなく回って好枠を生かしたが、ノームコアに完璧に乗られて3馬身差をつけられた。直線で突っ張るような走りをし、ゴールした後に歩様が乱れたため、武豊騎手が下馬。直線で目一杯に追わなかったのは、そのあたりを考慮したのだろう。検査でどんな結果が出るか。

ランドネは前半5F60.1秒のマイペースで逃げ、メンバー10位タイの34.8秒でまとめて0.6秒差の3着。ハナを切って向こう正面で強い向かい風を受けたことを考えるとよく走っている。角居厩舎から中竹厩舎に転厩した外国産馬。500キロを超える雄大な馬体が目立っていた。スイートピーSでミュージアムヒル、ゴージャスランチを完封したのはダテではない。ワンペースの走りをする馬で切れる脚を使えるタイプではない。秋華賞でも強気に前に行って粘り込みを狙うことになりそうだ。

パイオニアバイオは中団の後ろから直線で馬群を捌いてメンバー2位の33.8秒で上がって0.6秒差の4着。3着ランドネとはクビ差。道中内ラチ沿いをロスなく回ったが、それによって仕掛けが遅れ、直線で切り返すロスがあった。テン乗りの木幡巧騎手、内枠に入ったこともあるが、いい脚を長く使える持ち味を生かし切れなかった。それでも内でタメて直線で捌いて伸びた経験が秋華賞に繋がる可能性がある。母アニメイトバイオは秋華賞2着馬。内を突く一発狙いの騎乗が嵌まると激走があってもおかしくない。

サラスは後方のまま見せ場なく13着。スタートは悪くなったが、位置取りが後ろになり、直線でも前が壁になってまともに追えなかった。田辺騎手は中山が得意だが、差し追い込みに乗ると他のコースでもそうだが、変に下げ過ぎる傾向がある。ただし追い込みタイプだけに好位につけたノームコアが33.6秒で上がって1分58秒0で勝つ展開では厳しかった。もう少し時計、上がりの掛かる馬場で注意したい。

新潟記念 レース回顧

ブラストワンピースは後方3番手を進み、大外からメンバー最速の33.5秒で豪快に差し切ってレースを制した。勝ちタイムは1分57秒5。マイネルミラノが逃げて前半5F59.2秒。緩みのない流れになり、後方で脚をタメて速い上がりを繰り出した3頭で決着した。1〜8着は上がりの速い順通りになった。ブラストワンピースは大外から最速上がりで差し切り、このメンバーでは能力が違うことを証明。池添騎手は直線で鞭を入れておらず、全くの楽勝だった。池添騎手はお客さんに見てもらうように大外に出したようだ。相馬眼的にG1を狙える馬が他馬より軽い54キロ。馬体は2キロしか絞れておらずまだ余裕があった。今後は放牧に出して菊花賞に直行する予定。尻つぼみする一族だが、この勝利でそれを払拭した。平坦コースで最速上がりを繰り出したことも菊花賞に繋がりそうだ。菊花賞は大竹厩舎(ルージュバック)の真価が問われるレースになる。

メートルダールは最後方からメンバー2位の33.6秒で追い込んで0.3秒差の2着。福永騎手が最後方に控えてまたやらかしたかと思ったが、直線で強烈な脚を繰り出して2着に突っ込んだ。休み明けは苦にしないタイプだが、馬体が20キロ増えて少し太めの造りだった。それでこれだけ走れるのだからG3では能力が上位なのだろう。左回り、G3以下の芝1800〜2000mでは[4−1−3−0]。今後もこの条件が揃ったときは要注意。秋の最大目標は天皇賞(秋)。G2、G1とステップアップできるか。

ショウナンバッハは後方からメンバー3位の33.9秒で馬群を割って伸びて0.4秒差の3着。最低の13番人気。16年のAJCC3着以来、23戦ぶりの馬券圏内に入った。元々左回りの芝2000m前後で最速上がりを連発していた馬。昨年の中日新聞杯では後方からメンバー2位の33.5秒で追い込んでメートルダールに0.3秒差の4着に入っていた。メートルダールが2キロ増の57キロ、ショウナンバッハが1キロ減の53キロ。今回は1キロ差が3キロ差に広がり0.1秒差。このあたりを考えると激走する下地はあったか。次走はオールカマーに向かう予定。外から突っ込める馬場、展開になれば。

メドウラークは中団からメンバー5位の34.5秒で伸びて0.9秒差の5着。6着ならサマー2000シリーズの優勝は該当馬なしだったが、ギリギリ5着に入り優勝を決めた。重い馬場が得意な馬が速い上がりが問われたレースでよく走っている。丸田騎手は人気薄を持ってくることが多い。今年は七夕賞をメドウラーク(11人気)1着、小倉大賞典をクインズミラーグロ(15人気)2着。特にハンデ重賞で注意。

ストーンウェアは中団からショウナンバッハと一緒に上がってきたが、叩き合いに負けて1.2秒差の6着。勝負どころで手応えが悪く、そのぶん追ってからいつもほど伸びなかった。蛯名騎手は目に見えない疲れがあるのかもしれないとコメント。得意の左回りでハンデ54キロと激走の条件が揃っていたが、叩き2戦目で疲れがあるとは・・・。暑い中、小倉、新潟に輸送した影響か。

セダブリランテスは5番手から伸び切れず1.4秒差の7着。馬体は2キロ増で太くはなかったが、前崩れの展開で切れる脚を使えなかった。休み明けでも前向きさは失われておらず、次走は仕上げが進めば巻き返しがありそうだ。相馬眼的にG2以上でやれる馬。使い込めないタイプで次走は未定。オールカマー、AR共和国杯あたりで注意したい。

記事検索
Archives
QRコード
QRコード