レーティング

先週の重賞レーティング(スプリンターズS、シリウスS)

▼スプリンターズS
05年サイレントウィットネス 122★
06年テイクオーバーターゲット 121
07年アストンマーチャン 116
08年スリープレスナイト 118
09年ローレルゲレイロ 115
10年ウルトラファンタジー 115
11年カレンチャン 117
12年ロードカナロア 117
13年ロードカナロア 118
14年スノードラゴン 115
15年ストレイトガール 117
16年レッドファルクス 116
17年レッドファルクス 116
18年ファインニードル 116
19年タワーオブロンドン 117
20年グランアレグリア 120
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より高いレベル。グランアレグリアは後方2番手からメンバー最速の33.6秒で差し切り1分8秒3で2馬身差で圧勝。安田記念でアーモンドアイ、インデチャンプ、ノームコアを相手にしなかった馬が強烈な末脚で能力の違いを見せつけた。

▼シリウスS
05年ブルーコンコルド 110★
06年メイショウバトラー 109
07年ドラゴンファイヤー 106
08年マイネルアワグラス 102
09年ワンダ-アキュート 108
10年キングスエンブレム 106
11年ヤマニンキングリー 106
12年ナイスミーチュー 102
13年ケイアイレオーネ 106
14年クリノスターオー 108
15年アウォーディー 107
16年マスクゾロ 106
17年メイショウスミトモ 105
18年オメガパフューム 107
19年ロードゴラッソ 103
20年カフェファラオ 107
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。カフェファラオは8番手からメンバー2位の36.9秒で差し切って1分57秒8で優勝。内を通った馬が有利な展開で外を回って力で捻じ伏せた。ユニコーンS(113)のパフォーマンスを考えると物足りなさが残る内容。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(神戸新聞杯、オールカマー)

▼神戸新聞杯
05年ディープインパクト 116
06年ドリームパスポート 111
07年ドリームジャーニー 112
08年ディープスカイ 114
09年イコピコ 114
10年ローズキングダム 114
11年オルフェーヴル 117
12年ゴールドシップ 115
13年エピファネイア 115
14年ワンアンドオンリー 113
15年リアファル 114
16年サトノダイヤモンド 115
17年レイデオロ 117
18年ワグネリアン 115
19年サートゥルナーリア 119★
20年コントレイル 118

今年は例年より高いレベル。コントレイル8番手からメンバー2位の35.6秒で抜け出し2分12秒5で2馬身差で圧勝。軽く仕掛けただけで抜け出してからは馬なりで流す余裕。無敗の2冠馬が能力の違いを見せつけ、3冠に向けて好発進。

▼オールカマー
05年ホオキパウェーブ 108
06年バランスオブゲーム 110
07年マツリダゴッホ 112
08年マツリダゴッホ 117
09年マツリダゴッホ 118
10年シンゲン 114
11年アーネストリー 118
12年ナカヤマナイト 112
13年ヴェルデグリーン 110
14年マイネルラクリマ 110
15年ショウナンパンドラ 117
16年ゴールドアクター 117
17年ルージュバック 114
18年レイデオロ 119★
19年スティッフェリオ 115
20年センテリュオ 115
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。センテリュオは7番手からメンバー最速の34.5秒で差し切り2分15秒5で優勝。昨年のエリザベス女王杯4着馬。人気の重賞実績馬が早めに動いて勝ちに行き、ラスト1Fのラップが落ちたところを差し切った。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(ローズS、セントライト記念)

▼ローズS
05年エアメサイア 107
06年アドマイヤキッス 106
07年ダイワスカーレット 109
08年マイネレーツェル 106
09年ブロードストリート 107
10年アニメイトバイオ 108
11年ホエールキャプチャ 108
12年ジェンティルドンナ 110★
13年デニムアンドルビー 108
14年ヌーヴォレコルト 110★
15年タッチングスピーチ 108
16年シンハライト 108
17年ラビットラン 108
18年カンタービレ 108
19年ダノンファンタジー 110★
20年リアアメリア 109

今年は例年より高いレベル。リアアメリアは1枠1番から内ラチ沿いの2番手につけ、メンバー6位タイの34.4秒で後続を引き離し1分59秒9で2馬身差で圧勝。先行して抜け出す正攻法のレースでパフォーマンスを引き上げた。

▼セントライト記念
05年キングストレイル 106
06年トーセンシャナオー 105
07年ロックドゥカンブ 108
08年ダイワワイルドボア 106
09年ナカヤマフェスタ 108
10年クォークスター 108
11年フェイトフルウォー 110
12年フェノーメノ 112
13年ユールシンギング 108
14年イスラボニータ 117★
15年キタサンブラック 112
16年ディーマジェスティ 112
17年ミッキースワロー 114
18年ジェネラーレウーノ 112
19年リオンリオン 112
20年バビット 112

今年は例年レベル。バビットは前半5F62.6秒のスローペースで逃げ、メンバー4位タイの37.0秒でまとめて2分15秒0で優勝。ラスト3Fは11.9−12.4−12.7秒。時計、上がりの掛かる馬場で心肺機能の高さとスタミナを示した。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(紫苑S、セントウルS、京成杯AH)

▼セントウルS
05年ゴールデンキャスト 106
06年シーイズトウショウ 116★
07年サンアディユ 114
08年カノヤザクラ 111
09年アルティマトゥーレ 112
10年ダッシャーゴーゴー 111
11年エーシンヴァーゴウ 112
12年エピセアローム 113
13年ハクサンムーン 114
14年リトルゲルダ 112
15年アクティブミノル 111
16年ビッグアーサー 114
17年ファインニードル 111
18年ファインニードル 114
19年タワーオブロンドン 115
20年ダノンスマッシュ 114
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ダノンスマッシュは4番手からメンバー10位の34.1秒で抜け出して1分7秒9で優勝。外枠から危なげないレースぶりで重賞6勝目。今回のメンバーでは力が抜けていた。

▼京成杯AH
05年マイネルモルゲン 106
06年ステキシンスケクン 106
07年キングストレイル 108
08年キストゥヘヴン 112
09年ザレマ 109
10年ファイアーフロート 106
11年フィフスペトル 109
12年レオアクティブ 109
13年エクセラントカーヴ 107
14年クラレント 113★
15年フラアンジェリコ 101
16年ロードクエスト 113★
17年グランシルク 110
18年ミッキーグローリー 107
19年トロワゼトワル 110
20年トロワゼトワル 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より低いレベル。トロワゼトワルは2番手からメンバー8位の35.3秒で抜け出して1分33秒9で優勝。昨年1分30秒3のレコードで逃げ切った馬が横山典騎手の絶妙な騎乗で2連覇を達成した。

▼紫苑S
05年コスモマーベラス 103
06年サンドリオン 102
07年アルコセニョーラ 102
08年モエレカトリーナ 102
09年ダイアナバローズ 102
10年ディアアレトゥーサ 102
11年カルマート 102
12年パララサルー 104
13年セキショウ 102
14年レーヴデトワール 104
15年クインズミラーグロ 104
16年ビッシュ 108★
17年ディアドラ 105
18年ノームコア 108★
19年パッシングスルー 106
20年マルターズディオサ 108★

今年は例年レベル。マルターズディオサは2番手からメンバー10位タイの35.8秒で後続を完封し2分2秒1(稍重)で優勝。メンバー唯一の重賞勝ち馬が5番人気で優勝。スローペースでレースレベルは高くない。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念)

▼札幌2歳S
05年アドマイヤムーン 103
06年ナムラマース 103
07年オリエンタルロック 102
08年ロジユニヴァース 103
09年サンディエゴシチー 103
10年オールアズワン 104
11年グランデッツァ 104
12年コディーノ 107★
13年レッドリヴェール 104
14年ブライトエンブレム 106
15年アドマイヤエイカン 106
16年トラスト 106
17年ロックディスタウン 106
18年ニシノデイジー 106
19年ブラックホール 106
20年ソダシ 106

今年は例年レベル。ソダシは4番手から4コーナーで先頭に立ち、メンバー2位の36.7秒で後続を完封し1分48秒2のレコードで優勝。上がりの掛かる消耗戦で地力を証明。白毛馬初のJRA芝重賞制覇を達成。

▼小倉2歳S
05年アルーリングボイス 101
06年アストンマーチャン 102
07年マルブツイースター 101
08年デグラーティア 102
09年ジュエルオブナイル 102
10年ブラウンワイルド 102
11年エピセアローム 103
12年マイネルエテルネル 102
13年ホウライアキコ 103
14年オーミアリス 103
15年シュウジ 105★
16年レーヌミノル 105★
17年アサクサゲンキ 105★
18年ファンタジスト 105★
19年マイネルグリット 105★
20年メイケイエール 105★

今年は近年と同レベル。メイケイエールは中団の外からメンバー最速の35.1秒で差し切って1分9秒6(重)で優勝。新種牡馬ミッキーアイル産駒が重賞初制覇。祖母ユキチャン、その母シラユキヒメで白毛の一族。

▼新潟記念
05年ヤマニンアラバスタ 103
06年トップガンジョー 107
07年ユメノシルシ 104
08年アルコセニョーラ 103
09年ホッコーパドゥシャ 108
10年ナリタクリスタル 105
11年ナリタクリスタル 111
12年トランスワープ 107
13年コスモネモシン 98
14年マーティンボロ 108
15年パッションダンス 108
16年アデイインザライフ 106
17年タツゴウゲキ 106
18年ブラストワンピース 114★
19年ユーキャンスマイル 112
20年ブラヴァス 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ブラヴァスは中団の外からメンバー4位の32.6秒で差し切って1分59秒9で優勝。サマー2000シリーズの優勝を決めた。母はヴィルーナ。4歳馬で完成度は低く、まだこれから成長する。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(キーンランドC、新潟2歳S)

▼キーンランドC
06年チアフルスマイル 107
07年クーヴェルチュール 107
08年タニノマティーニ 104
09年ビービーガルダン 107
10年ワンカラット 109
11年カレンチャン 107
12年パドトロワ 111
13年フォーエバーマーク 108
14年ローブティサージュ 109
15年ウキヨノカゼ 109
16年ブランボヌール 110
17年エポワス 109
18年ナックビーナス 114★
19年ダノンスマッシュ 113
20年エイティーンガール 112
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より少し高いレベル。エイティーンガールは最後方から大外を回ってメンバー最速の34.7秒で差し切り1分10秒6(重)で優勝。差し馬向きの展開、外枠から外を通った馬が有利な馬場で強烈な末脚を繰り出して重賞初制覇を飾った。

▼新潟2歳S
05年ショウナンタキオン 104
06年ゴールドアグリ 103
07年エフティマイア 103
08年セイウンワンダー 103
09年シンメイフジ 103
10年マイネイサベル 104
11年モンストール 105
12年ザラストロ 105
13年ハープスター 106
14年ミュゼスルタン 106
15年ロードクエスト 109★
16年ヴゼットジョリー 105
17年フロンティア 106
18年ケイデンスコール 105
19年ウーマンズハート 107
20年ショックアクション 107

今年は例年レベル。ショックアクションは中団からメンバー最速の34.1秒で差し切り1分34秒6で優勝。2勝クラスの勝ちタイムは1分33秒9。上がりが掛かっておりレースレベルは高くない。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(札幌記念、北九州記念)

▼札幌記念
05年ヘヴンリーロマンス 108
06年アドマイヤムーン 109
07年フサイチパンドラ 110
08年タスカータソルテ 109
09年ヤマニンキングリー 111
10年アーネストリー 118
11年トーセンジョーダン 114
12年フミノイマージン 114
13年トウケイヘイロー 115
14年ハープスター 121★
15年ディサイファ 112
16年ネオリアリズム 117
17年サクラアンプルール 114
18年サングレーザー 116
19年ブラストワンピース 120
20年ノームコア 118
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より高いレベル。ノームコアは中団からメンバー最速タイの34.5秒で差し切り1分59秒4で優勝。昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬が久々の芝2000mでさらにパフォーマンスを引き上げた。

▼北九州記念
06年コスモフォーチュン 102
07年キョウワロアリング 98
08年スリープレスナイト 110
09年サンダルフォン 103
10年メリッサ 103
11年トウカイミステリー 103
12年スギノエンデバー 106
13年ツルマルレオン 106
14年リトルゲルダ 106
15年ベルカント 112★
16年バクシンテイオー 105
17年ダイアナヘイロー 106
18年アレスバローズ 110
19年ダイメイプリンセス 112★
20年レッドアンシェル 112★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去15年で最高レベル。レッドアンシェルは8番手からメンバー2位タイの34.2秒で差し切り1分7秒8(稍重)で優勝。芝1500m以下で稍重以上では[3−1−1−0]。道悪で重賞2勝目を挙げた。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(関屋記念、小倉記念)

▼関屋記念
05年サイドワインダー 110
06年カンファーベスト 106
07年カンパニー 111
08年マルカシェンク 107
09年スマイルジャック 110
10年レッツゴーキリシマ 106
11年レインボーペガサス 106
12年ドナウブルー 110
13年レッドスパーダ 110
14年クラレント 112★
15年レッドアリオン 111
16年ヤングマンパワー 109
17年マルターズアポジー 111
18年プリモシーン 111
19年ミッキーグローリー 109
20年サトノアーサー 109
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。サトノアーサーは出遅れて後方2番手からメンバー最速の33.7秒で差し切って1分33秒1で優勝。詰めが甘く勝ち切れない馬が、良馬場、直線が長く平坦の新潟外回りで走りが一変した。

▼小倉記念
06年スウィフトカレント 104
07年サンレイジャスパー 104
08年ドリームジャーニー 110
09年ダンスアジョイ 105
11年イタリアンレッド 111
12年エクスペディション 107
13年メイショウナルト 100
14年サトノノブレス 111
15年アズマシャトル 109
16年クランモンタナ 105
17年タツゴウゲキ 101
18年トリオンフ 112
19年メールドグラース 113★
20年アールスター 102
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より低いレベル。アールスターは中団の内からメンバー2位の34.8秒で抜け出して1分57秒5で優勝。完全前崩れの展開で長岡騎手が内をロスなく回って持ってきた。ハンデ53キロのためレーティングが低くなっている。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(エルムS、レパードS)

▼エルムS
05年パーソナルラッシュ 109
06年ヒシアトラス 106
07年メイショウトウコン 110
08年フェラーリピサ 107
09年マチカネニホンバレ 105
10年クリールパッション 107
11年ランフォルセ 107
12年ローマンレジェンド 107
13年フリートストリート 106
14年ローマンレジェンド 111★
15年ジェベルムーサ 107
16年リッカルド 107
17年ロンドンタウン 109
18年ハイランドピーク 107
19年モズアトラクション 108
20年タイムフライヤー 111★

今年は過去16年で最高レベル。タイムフライヤーは中団の外からメンバー2位タイの35.7秒で抜け出し1分43秒4で2馬身差で圧勝。近親にタイムパラドックス。ダートを使って本格化してきた。

▼レパードS
09年トランセンド 109
10年ミラクルレジェンド 107
11年ボレアス 109
12年ホッコータルマエ 107
13年インカンテーション 109
14年アジアエクスプレス 111★
15年クロスクリーガー 110
16年グレンツェント 108
17年ローズプリンスダム 107
18年グリム 109
19年ハヤヤッコ 108
20年ケンシンコウ 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ケンシンコウは前半5F60.7秒で逃げ、メンバー3位タイの36.6秒でまとめて1分49秒2のレコードで2馬身半差で圧勝。緩急のあるラップで後続を突き放し、心肺機能の高さを示した。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(クイーンS)

▼クイーンS
05年レクレドール 104
06年デアリングハート 105
07年アサヒライジング 107
08年ヤマニンメルベイユ 105
09年ピエナビーナス 103
10年アプリコットフィズ 105
11年アヴェンチュラ 108
12年アイムユアーズ 106
13年アイムユアーズ 105
14年キャトルフィーユ 106
15年メイショウスザンナ 105
16年マコトブリジャール 105
17年アエロリット 112★
18年ディアドラ 111
19年ミッキーチャーム 107
20年レッドアネモス 106

今年は例年より低いレベル。レッドアネモスは中団の内からメンバー4位タイの35.0秒で抜け出し1分45秒9で優勝。いつもは詰めの甘い馬がハイペースで1枠1番からロスなく回って地力を発揮した。

レーティングはJRA発表
記事検索
Archives
QRコード
QRコード