レーティング

先週の重賞レーティング(函館スプリントS、ユニコーンS)

▼函館スプリントS
06年ビーナスライン 108
07年アグネスラズベリ 107
08年キンシャサノキセキ 109
09年グランプリエンゼル 106
10年ワンカラット 109
11年カレンチャン 108
12年ドリームバレンチノ 108
13年パドトロワ 111
14年ガルボ 112★
15年ティーハーフ 108
16年ソルヴェイグ 109
17年ジューヌエコール 111
18年セイウンコウセイ 111
19年カイザーメランジェ 108
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年より少し低いレベル。カイザーメランジュは前半3F34.4秒の緩い流れで逃げ、メンバー4位タイの34.0秒でまとめて1分8秒4で優勝。少頭数、江田照騎手の積極策で重賞初制覇を飾った。

▼ユニコーンS
05年カネヒキリ 108
06年ナイキアースワーク 105
07年ロングプライド 107
08年ユビキタス 107
09年シルクメビウス 107
10年バーディバーディ 108
11年アイアムアクトレス 103
12年ストローハット 107
13年ベストウォーリア 107
14年レッドアルヴィス 107
15年ノンコノユメ 108
16年ゴールドドリーム 109
17年サンライズノヴァ 108
18年ルヴァンスレーヴ 110★
19年ワイドファラオ 110★

今年は過去15年で最高レベル。ワイドファラオは前半3F33.9秒、5F58.4秒で逃げ、メンバー3位の37.1秒でまとめて1分35秒5で優勝。データを破って初ダートで逃げ切り、ダート適性の高さを示した。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(エプソムC、マーメイドS)

▼エプソムC
05年スズノマーチ 105
06年トップガンジョー 104
07年エイシンデピュティ 105
08年サンライズマックス 105
09年シンゲン 112★
10年セイウンワンダー 109
11年ダークシャドウ 112★
12年トーセンレーヴ 110
13年クラレント 110
14年ディサイファ 108
15年エイシンヒカリ 110
16年ルージュバック 112★
17年ダッシングブレイズ 109
18年サトノアーサー 109
19年レイエンダ 110
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。レイエンダは2番手からメンバー最速タイの32,7秒で抜け出して1分49秒1で優勝。ルメール騎手が超スローペースで先行し、速い上がりを繰り出せる持ち味を引き出した。

▼マーメイドS
05年ダイワエルシエーロ 105
06年ソリッドプラチナム 97
07年ディアチャンス 100
08年トーホウシャイン 91
09年コスモプラチナ 102
10年ブライティアパルス 102
11年フミノイマージン 107★
12年グルヴェイグ 103
13年マルセリーナ 106
14年ディアデラマドレ 103
15年シャトーブランシュ 103
16年リラヴァティ 101
17年マキシマムドパリ 105
18年アンドリエッテ 98
19年サラス 98

今年は例年より低いレベル。サラスは最後方からメンバー最速の34.6秒で差し切って2分00秒3で優勝。追い込んだ馬が1〜5着を独占する前崩れの展開で最後方から大外一気を決めた。51キロのため、レーティングは低くなっている。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(安田記念、鳴尾記念)

▼安田記念
05年アサクサデンエン 118
06年ブリッシュラック 120
07年ダイワメジャー 121
08年ウオッカ 124★
09年ウオッカ 124★
10年ショウワモダン 117
11年リアルインパクト 116
12年ストロングリターン 118
13年ロードカナロア 120
14年ジャスタウェイ 120
15年モーリス 118
16年ロゴタイプ 119
17年サトノアラジン 118
18年モズアスコット 118
19年インディチャンプ 118
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。インディチャンプは4番手からメンバー5位タイの32.9秒で差し切り1分30秒9のレースレコードで優勝。内&前が有利な馬場&展開を味方につけたが、正攻法のレースで勝ったようにかなり力をつけている。

▼鳴尾記念
05年メジロマントル 100
06年サクラメガワンダー 108
07年ハイアーゲーム 106
08年サクラメガワンダー 114
09年アクシオン 112
10年ルーラーシップ 113
11年レッドデイヴィス 112
12年トゥザグローリー 117★
13年トウケイヘイロー 108
14年エアソミュール 109
15年ラブリーデイ 112
16年サトノノブレス 110
17年ステイインシアトル 109
18年ストロングタイタン 109
19年メールドグラース 110

今年は例年レベル。メールドグラースは7番手の外からメンバー最速の34.6秒で差し切り1分59秒6で優勝。これで1000万条件から4連勝で重賞2連勝。ルーラーシップ産駒が本格化してきた。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(日本ダービー、目黒記念、葵S)

▼日本ダービー
05年ディープインパクト 119
06年メイショウサムソン 117
07年ウオッカ 120
08年ディープスカイ 117
09年ロジユニヴァース 118
10年エイシンフラッシュ 118
11年オルフェーヴル 120
12年ディープブリランテ 118
13年キズナ 119
14年ワンアンドオンリー 119
15年ドゥラメンテ 121★
16年マカヒキ 121★
17年レイデオロ 120
18年ワグネリアン 119
19年ロジャーバローズ 119
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。ロジャーバローズは離れた2番手からメンバー11位の35.1秒で上がって2分22秒6のレースレコードで優勝。勝つことが多い大逃げした馬の2番手、早めに仕掛けても止まりにくい高速馬場を味方に粘り込んだ。

▼目黒記念
05年オペラシチー 108
06年ポップロック 104
07年ポップロック 116★
08年ホクトスルタン 111
09年ミヤビランベリ 109
10年コパノジングー 105
11年キングトップガン 98
12年スマートロビン 110
13年ムスカテール 110
14年マイネルメダリスト 105
15年ヒットザターゲット 112
16年クリプトグラム 105
17年フェイムゲーム 115
18年ウインテンダネス 105
19年ルックトゥワイス 109

今年は例年レベル。ルックトゥワイスは後方2番手からメンバー最速の34.3秒で差し切って2分28秒2のレコードで優勝。緩急のあるラップでスタミナが問われる展開で持ち味の持久力と切れ味をレーン騎手が引き出した。

▼葵S
07年カノヤザクラ 98
08年ミリオンウェーブ 98
09年エイシンタイガー 101
10年ケイアイデイジー 98
11年ロードカナロア 103
12年マコトナワラタナ 98
13年ティーハーフ 100
14年リアルヴィーナス 101
15年ジャストドゥイング 102
16年ナックビーナス 99
17年アリンナ 101
18年ゴールドクイーン 104★
19年ディアンドル 104★

今年は昨年と同レベル。ディアンドルは4番手からメンバー5位タイの33.7秒で抜け出して1分8秒0で優勝。芝1200mで5連勝。高速馬場で勝ちタイムは平凡。レースレベルは低い。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(ヴィクトリアマイル、京王杯SC)

▼ヴィクトリアマイル
06年ダンスインザムード 114
07年コイウタ 111
08年エイジアンウインズ 112
09年ウオッカ 119★
10年ブエナビスタ 113
11年アパパネ 114
12年ホエールキャプチャ 112
13年ヴィルシーナ 112
14年ヴィルシーナ 112
15年ストレイトガール 112
16年ストレイトガール 115
17年アドマイヤリード 112
18年ジュールポレール 112
19年ノームコア 113

今年は例年レベル。ノームコアは7番手からメンバー3位の33.2秒で差し切り1分30秒5のレコードで優勝。内枠から道中内めでタメて直線で外に出し、レーン騎手が持ってきた。数日後に左第1指骨剥離骨折が判明し、休養することになった。

▼京王杯SC
05年アサクサデンエン 110
06年オレハマッテルゼ 114
07年エイシンドーバー 112
08年スーパーホーネット 117★
09年スズカコーズウェイ 110
10年サンクスノート 106
11年ストロングリターン 111
12年サダムパテック 111
13年ダイワマッジョーレ 111
14年レッドスパーダ 113
15年サクラゴスペル 111
16年サトノアラジン 114
17年レッドファルクス 115
18年ムーンクエイク 112
19年タワーオブロンドン 112
(牝馬4ポイント加算済)

今年は例年レベル。タワーオブロンドンは7番手からメンバー4位タイの33.1秒で差し切り1分19秒4のレコードで優勝。これで芝1400mで3戦3勝。レーン騎手が完璧に折り合いをつけて持ってきた。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(NHKマイルC、京都新聞杯)

▼NHKマイルC
05年ラインクラフト 111
06年ロジック 111
07年ピンクカメオ 111
08年ディープスカイ 112
09年ジョーカプチーノ 112
10年ダノンシャンティ 115
11年グランプリボス 114
12年カレンブラックヒル 115
13年マイネルホウオウ 113
14年ミッキーアイル 114
15年クラリティスカイ 114
16年メジャーエンブレム 116★
17年アエロリット 116★
18年ケイアイノーテック 114
19年アドマイヤマーズ 116★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去15年で最高レベル。アドマイヤマーズは6番手の外からメンバー4位の33.9秒で差し切り1分32秒4で優勝。激しいレースを能力と体力で捻じ伏せた。マイルは5戦5勝でG1−2勝となった。

▼京都新聞杯
05年インティライミ 106
06年トーホウアラン 103
07年タスカータソルテ 103
08年メイショウクオリア 103
09年ベストメンバー 106
10年ゲシュタルト 107
11年クレスコグランド 107
12年トーセンホマレボシ 107
13年キズナ 110
14年ハギノハイブリッド 107
15年サトノラーゼン 110
16年スマートオーディン 111★
17年プラチナムバレット 107
18年ステイフーリッシュ 111★
19年レッドジェニアル 109

今年は例年レベル。レッドジェニアルは中団の外からメンバー最速の34.7秒で差し切り2分11秒9で優勝。切れる脚を使える馬が少ないメンバーで末脚の威力を発揮。母は日経新春杯3着馬レッドアゲート。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(天皇賞春、青葉賞、新潟大賞典)

▼天皇賞(春)
05年スズカマンボ 113
06年ディープインパクト 123★
07年メイショウサムソン 117
08年アドマイヤジュピタ 118
09年マイネルキッツ 117
10年ジャガーメイル 118
11年ヒルノダムール 117
12年ビートブラック 117
13年フェノーメノ 120
14年フェノーメノ 118
15年ゴールドシップ 118
16年キタサンブラック 117
17年キタサンブラック 121
18年レインボーライン 118
19年フィエールマン 119

今年は例年レベル。フィエールマンは中団から進出し4コーナー先頭からメンバー2位の34.5秒で上がって3分15秒0で優勝。菊花賞と同様の上がり勝負で1番人気に応え、G1−2勝目を挙げた。

▼青葉賞
05年ダンツキッチョウ 105
06年アドマイヤメイン 107
07年ヒラボクロイヤル 105
08年アドマイヤコマンド 106
09年アプレザンレーヴ 107
10年ペルーサ 113
11年ウインバリアシオン 108
12年フェノーメノ 110
13年ヒラボクディープ 108
14年ショウナンラグーン 108
15年レーヴミストラル 110
16年ヴァンキッシュラン 112
17年アドミラブル 114★
18年ゴーフォザサミット 112
19年リオンリオン 112

今年は例年レベル。リオンリオンは前半5F59.9秒で逃げ、後半5Fを61.0秒でまとめて逃げ切り勝ち。上がりは36.3秒と掛かったが、ラップを落とさず逃げたことで切れる脚を使える馬がいなかった。

▼新潟大賞典
05年エアセレソン 102
06年オースミグラスワン 104
07年ブライトトゥモロー 102
08年オースミグラスワン 106
09年シンゲン 108
10年ゴールデンダリア 107
11年セイクリッドバレー 107
12年ヒットザターゲット 108
13年パッションダンス 106
14年ユールシンギング 108
15年ダコール 109
16年パッションダンス 110★
17年サンデーウィザード 106
18年スズカデヴィアス 110★
19年メールドグラース 105

今年は例年より低いレベル。メールドグラースは中団からメンバー3位の33.0秒で差し切り1分58秒6で優勝。54キロの軽ハンデで絶好調レーン騎手に導かれ、条件戦から3連勝で重賞初制覇を飾った。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(フローラS、マイラーズC、福島牝馬S)

▼フローラS
05年ディアデラノビア 103
06年ヤマトマリオン 101
07年ベッラレイア 106★
08年レッドアゲート 103
09年ディアジーナ 105
10年サンテミリオン 105
11年バウンシーチューン 102
12年ミッドサマーフェア 105
13年デニムアンドルビー 105
14年サングレアル 105
15年シングウィズジョイ 104
16年チェッキーノ 106★
17年モズカッチャン 106★
18年サトノワルキューレ 106★
19年ウィクトーリア 106★

今年は例年レベル。ウィクトーリアは出遅れて内ラチ沿いの中団につけ、直線で外に持ち出してメンバー最速の33.2秒で差し切り1分59秒5で優勝。逃げ馬が出遅れて差すレースで新味を出した。

▼マイラーズC
05年ローエングリン 110
06年ダイワメジャー 112
07年コンゴウリキシオー 115
08年カンパニー 114
09年スーパーホーネット 116
10年リーチザクラウン 114
11年シルポート 113
12年シルポート 113
13年グランプリボス 114
14年ワールドエース 114
15年レッドアリオン 113
16年クルーガー 113
17年イスラボニータ 117★
18年サングレーザー 116
19年ダノンプレミアム 114

今年は例年レベル。ダノンプレミアムは前半5F60.3秒で2番手からメンバー5位の32.2秒で抜け出して1分32秒6で優勝。レースのラスト3Fは10.9−10.3−11.1秒。高速馬場で究極の上がり勝負に対応できた。

▼福島牝馬S
05年メイショウオスカル 102
06年ロフティーエイム 98
07年スプリングドリュー 101
08年マイネカンナ 101
09年ブラボーデイジー 99
10年レジネッタ 102
11年フミノイマージン 104
12年オールザットジャズ 105★
13年オールザットジャズ 104
14年ケイアイエレガント 104
15年スイートサルサ 105★
16年マコトブリジャール 103
17年ウキヨノカゼ 104
18年キンショーユキヒメ 103
19年デンコウアンジュ 105★

今年は過去15年で最高レベル。デンコウアンジュは中団からメンバー最速の33.8秒で差し切って1分48秒1で優勝。柴田善騎手が中団で折り合って切れ味を引き出した。ここにきて安定して切れる脚を使えるようになっている。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(皐月賞、アンタレスS、アーリントンC)

▼皐月賞
05年ディープインパクト 116
06年メイショウサムソン 114
07年ヴィクトリー 114
08年キャプテントゥーレ 114
09年アンライバルド 116
10年ヴィクトワールピサ 116
11年オルフェーヴル 116
12年ゴールドシップ 116
13年ロゴタイプ 117
14年イスラボニータ 117
15年ドゥラメンテ 119★
16年ディーマジェスティ 119★
17年アルアイン 118
18年エポカドーロ 118
19年サートゥルナーリア 119★

今年は過去15年で最高レベル。サートゥルナーリアは7番手の外からメンバー最速の34.1秒で差し切り1分58秒1で優勝。2着ヴェロックス、3着ダノンキングリーも例年なら勝ってもおかしくないレベル。レースのラスト3Fは11.7−11.6−11.4秒で尻上がり。スーパーホースになる可能性を秘めた馬。

▼アンタレスS
05年ピットファイター 106
06年フィフティーワナー 107
07年ワイルドワンダー 107
08年ワンダースピード 107
09年ウォータクティクス 109
10年ダイシンオレンジ 108
11年ゴルトブリッツ 108
12年ゴルトブリッツ 110
13年ホッコータルマエ 112
14年ナムラビクター 107
15年クリノスターオー 111
16年アウォーディー 111
17年モルトベーネ 109
18年グレイトパール 113★
19年アナザートゥルース 108

今年は例年より低いレベル。アナザートゥルースは7番手からメンバー最速の37.2秒で差し切り1分50秒8で優勝。ここにきて馬体が充実。サウンドトゥルーの半弟が本格化してきた。

▼アーリントンC
05年ビッグプラネット 106
06年ステキシンスケクン 105
07年トーセンキャプテン 105
08年ダンツキッスイ 105
09年ダブルウェッジ 105
10年コスモセンサー 105
11年ノーザンリバー 106
12年ジャスタウェイ 106
13年コパノリチャード 106
14年ミッキーアイル 110★
15年ヤングマンパワー 106
16年レインボーライン 106
17年ペルシアンナイト 109
18年タワーオブロンドン 110★
19年イベリス 106

今年は例年レベル。イベリスは前半3F35.0秒で逃げ、メンバー10位タイの34.4秒で上がって1分34秒2で優勝。2〜4着は追い込み馬。好位につけた馬が伸び切れず粘り込めた。ベルカントの半妹。

レーティングはJRA発表

先週の重賞レーティング(桜花賞、ニュージーランドT、阪神牝馬S)

▼桜花賞
05年ラインクラフト 109
06年キストゥヘヴン 108
07年ダイワスカーレット 111
08年レジネッタ 107
09年ブエナビスタ 112
10年アパパネ 110
11年マルセリーナ 110
12年ジェンティルドンナ 110
13年アユサン 110
14年ハープスター 113
15年レッツゴードンキ 112
16年ジュエラー 112
17年レーヌミノル 112
18年アーモンドアイ 115★
19年グランアレグリア 115★

今年は過去15年で昨年と並び最高レベル。グランアレグリアは3番手から早めに先頭に立ち、1分32秒7のレースレコードで2馬身差で圧勝。スピードと絶対能力の高さを見せつけた。

▼ニュージーランドT
05年マイネルハーティー 106
06年マイネルスケルツィ 105
07年トーホウレーサー 105
08年サトノプログレス 105
09年サンカルロ 106
10年サンライズプリンス 109★
11年エイシンオスマン 108
12年カレンブラックヒル 107
13年エーシントップ 107
14年ショウナンアチーヴ 108
15年ヤマカツエース 109★
16年ダンツプリウス 108
17年ジョーストリクトリ 108
18年カツジ 109★
19年ワイドファラオ 109★

今年は過去15年で最高レベル。ワイドファラオは前半5F60.3秒で逃げ、メンバー5位タイの33.9秒でまとめて1分34秒2で優勝。スローの上がり勝負でレーティングほどレベルは高くない。

▼阪神牝馬S
05年アドマイヤグルーヴ 109
06年ラインクラフト 111★
07年ジョリーダンス 106
08年エイジアンウインズ 106
09年ジョリーダンス 106
10年アイアムカミノマゴ 106
11年カレンチャン 106
12年クィーンズバーン 105
13年サウンドオブハート 106
14年スマートレイアー 108
15年カフェブリリアント 108
16年スマートレイアー 108
17年ミッキークイーン 111★
18年ミスパンテール 108
19年ミッキーチャーム 108

今年は例年レベル。ミッキーチャームは3番手からメンバー10位の33.4秒で抜け出して1分33秒6で優勝。レースのラスト3Fは11.0−11.0−11.6秒の高速ラップで前残りになった。ミッキーチャームの馬体の造りはG1レベル。

レーティングはJRA発表
記事検索
Archives
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
QRコード
QRコード