プログラマーNによる回収率重視の競馬予想

本業プログラマー。 2016年春より本格的に競馬に挑み続けるも、惨敗の日々。 どうしたら勝てるのか?をひたすら考え、独自のプログラミング理論を構築させて2017年始、その独自のプログラミングシステムの競馬予想において過去データ回顧等、回収率重視の競馬展開。重賞狙いが基本だが、時間があれば重賞以外もBETする派。

2017年1月

Nプログラムシステム(私の独自競馬予想プログラム)による根岸ステークス2017

・適性馬券種別(※1)
⇒馬連

・N指数値TOP3
⇒280、270、270

・予想勝率(※3)
⇒66.37%

※1・Nプログラムによる適性馬券種別
※2・各条件別独自データ指数(フラット能力値・各種補正値・アクシデント値、これら3点に距離適性値を乗算した指数値。→それぞれ最高値が10にて設定、よってこの計算方法での指数最高値は300となる。)
※3・最終的にNプログラムが弾き出す的中率

この記事内容に関して、独自Nプログラミングより一部を掲載しています。更なる詳細に関してブログで書けない内容を無料メルマガにて公開しています↓
メルマガフォームGIF3


↓応援クリック宜しくお願いしますm(__)m↓

にほんブログ村 競馬ブログへ 


スポンサードリンク

さて、白富士ステークスの結果のほうは



獲りました 的中!!



的中喜び2
 
まさに気分はこんな感じです


このレースの回収率は405%でした!
※回収率は、払戻金額÷購入金額×100で算出しています。


ブログ内の傾向や予想値等は、独自Nプログラミングより一部を掲載しています。
更なる詳細に関してなどブログで書けない内容を無料メルマガにて公開しています↓メルマガフォームGIF3

↓応援クリック宜しくお願いしますm(__)m↓

にほんブログ村 競馬ブログへ



スポンサードリンク

このページのトップヘ