2011年09月07日

神戸・長田の暴力団拠点 警備会社が契約解除

神戸市長田区にある指定暴力団山口組系暴力団の拠点施設と、大手警備会社(本社・東京)が、センサーで異常を監視する「ホームセキュリティー契約」を交わしていた問題で、警備会社が契約を解除したことが6日、関係者への取材で分かった。兵庫県警の要請などを受けた措置とみられる。

捜査関係者によると、施設は2008年11月、静岡県に本部を置く指定暴力団山口組の2次団体幹部が取得し、警備会社と同年12月に契約を結んだという。山口組総本部(神戸市灘区)に日参するための拠点とみて県警が警戒し、地元住民が立ち退き運動を進める中、今年8月、契約問題が発覚。県警は警備会社に口頭で契約解約を求めていた。

警備会社は「個別の契約については話せないが、警察の指導に基づき、暴力団排除の取り組みを進めたい」としている。


2011/09/07 神戸新聞

keibihikaku at 20:46│
最新記事