2005年04月20日

ラスベガスをやっつけろ (1998)

c8b3cc51.jpg好き度:★★★★☆☆☆☆☆☆

主演はジョニー・デップ、共演にはベニチオ・デル・トロ、トビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティナ・リッチ。

1971年、ジャーナリストのデューク(デップ)はサモア人弁護士ゴンゾー(デル・トロ)と共にラスベガスで開催されるレース大会を取材する為にスポーツカーで旅立った。トランクには大麻、メスカリン、LSD、コカインなどを詰め込んで、彼らは運転しながらもドラッグをキメて最高の気分になっていた。途中ヒッチハイクで拾った青年(マグワイア)も彼らのヤバさに気付き、砂漠の真ん中にも関わらず途中で逃げ出してしまう始末。
そしてラスベガスに着いたものの、彼らは大会の取材をそっちのけで、ホテルのスウィートルームでドラッグをキメまくり。しかし彼らの行動はあるものを追い求める行動であった…。

う〜ん、話自体は退屈してしまいました。ただただドラッグで狂った野郎どものロードムービーといった感じです。

しかし俳優陣が豪華!映画3〜4個作れそうなくらいの面子です。
そしてジョニデ、デルトロの主要2人の変身っぷりには凄いものがありました。
まずジョニデ。話の当初はずっと帽子を被っていて分からないのですが、帽子を脱いでみたらビックリ!頭が磯野波平の如くハゲてるじゃないですか!でもカッコイイ…。何でもズラでなく本当に剃って撮影に臨んだそうな。
続いてデルトロ。初めはこのジョニデの横にいる故ジャイアント落合みたいなオッサン誰だ?と思っていたのですが、よーく見てみたらデルトロじゃん!何でも20キロ増量して見事なお腹を作り上げたそうな。
2人ともまさに怪演をしていました。
あと彼ら程でもないけど、トビー・マグワイアも、気持ち悪いロン毛になっていて一瞬誰だか分かりませんでした。

それにしても、タイトルが「ラスベガスをやっつけろ」ですが、彼らはあれでラスベガスをやっつけたことになるのかな…。


ラスベガスをやっつけろ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/keicyuke/19455792
この記事へのトラックバック
むぎむぎ評価7★★★★★★★ レンタルで観ました。 いやあ、びっくりしました。ジョニーデップが波平になってるーっっ!映画のためにそこまでするとはっっ!「クライ・ベイビー」かなんかのビデオを借りた時に、この予告編が入っていて、そこで「全米一のラリパッ...
ラスベガスをやっつけろ【mugimugiの自己ちゅー映画レビュー】at 2005年04月20日 11:01
ストーリーも映像もラリっぱなしのラリラリ映画。どんな映画かと聞かれたら「ラリってたわ」としか言えない。 時々ギャハハと笑ってしまったり、見てるのが苦痛になってきたり、なんだかよくわからない映画だけど、おもしろかった。いや、ほんとにおもしろかったのかなぁ?
ラスベガスをやっつけろ【のんびり映画日記】at 2005年04月20日 11:03
監督・脚本: テリー・ギリアム 出演: ジョニー・デップ/ベニチオ・デル・トロ/クリスティーナ・リッチ/キャメロン・ディアス/トビー・マグワイヤ/エレン・バーキン/マイケル・ウォーロック/クレイグ・ビアーコ/デビーレイノルズ/クリストファー・カレン/マイケル・ジェッター
ラスベガスをやっつけろ【〜〜映画見ちゃいました〜〜】at 2005年04月20日 13:41
酒に酔い、ドラッグで幻覚を見て、クニャクニャ歩くジョニー・デップ。 そのラリっているジョニー・デップの姿があまりにリアルなので、 彼は、実際にこういう人間なのかもしれないと思いそうになります。
ラスベガスをやっつけろ【映画の休日。】at 2005年05月21日 21:29
この記事へのコメント
keicyukeさん
いつもありがとうございます。
完全にラスベガスにやっつけられちゃってますね。
「猟奇的な彼女」にも負けない数々のリバース!イッちゃってます。
この映画を誰かに薦められるかどうか?と考えれば、薦められません・・・。私というものに疑問を持たれそう。なんだかよくわからないし、飽きるけど、大笑いもできます。映画館に観に行く気はないし、DVDも絶対買わない。レンタルで充分だけど、この間、スカパー!でやった時に録っちゃった!パイレーツ・オブ・カリビアンでジョニーにはまった友達、わんさかいるので、そういう人たちに見せてびっくりさせたい・・・といういたずら心も・・・。たしか、クリスティーナ・リッチも出てたんじゃないかな?

Posted by むぎむぎ♪ at 2005年04月20日 11:09
コメントが長すぎて、パソコンに怒られちゃいました。
たいしたことではありませんが、続き・・・↓

でも、ジョニーってすごいと思いません?普通、この役断るでしょー。でも、この役が、やりたくてやりたくて、原作者と3ヶ月?だか一緒に過ごしたって、ジョニー・デップ特集の本に書いてあった。「人に出来ない」役を演じるのがジョニーなんですね。
Posted by むぎむぎ♪ at 2005年04月20日 11:10
>むぎむぎ♪さん
以前むぎむぎ♪さんのHPを見させてもらった時にジョニデが大好きと書いてあったと覚えていたんで、ひょっとしたら「ラスベガス…」のことも書いてあるかな〜と思って覗かせてもらったら書かれていたんでTBさせてもらいました。
私はこの作品のDVD買っちゃいました。でも中古で1500円だったし、私もジョニデが好きなので持っているだけでもいいかなって感じです。

確かにこの役は、髪型の件といい、娯楽性の無いストーリーといい、普通の人であれば断りそうですよね。でも個性的でアクの強い役を選んでこそのジョニデですし、まさに“ハリウッドの反逆児”。

Posted by keicyuke at 2005年04月20日 17:08
お久しぶりです。
間違って前のブログの方を全部消してしまいました><すみません。
ので、
新しくまたやり始めました。ほとんど前と同じですが。
映画の方はまだ少ししか載せれてませんがいっぱい見てるので
載せたいと思います!

ジョニーデップ大好きで結構ほとんど観てるんですが、この作品はまだ
観てなくて、、何かすごそうで観れてなくて。。。
今度見て観ようと思います。

Posted by Un at 2005年04月26日 19:58
>Uhさん
どうもお久しぶりです。
リンクは変更しておきますね。
異色作が多いジョニデ作品の中でもこれは異色中の異色かと思います。
好き嫌いがはっきり別れる作品かよ思いますし、嫌いな人の方がひょっとしたら多いかも…。

新ブログ早速覗かせてもらいましたが、私もジム・ジャームッシュの世界に手を出そうと思っていまして、今日彼のDVDボックスを買ってしまいました。載せるときにTBさせてもらいますね。
Posted by keicyuke at 2005年04月26日 22:07