2013年08月17日

■倒産後、どうやって稼いでいったのか?

http://www.cflutinc.com/mailmaga/238.htm
http://www.cflutinc.com/mailmaga/239.htm
http://www.cflutinc.com/mailmaga/242.htm
http://www.cflutinc.com/mailmaga/244.htm
http://www.cflutinc.com/mailmaga/248.htm


■ 儲けていくためには
高利益率
独自性
継続性
低経費 


───────────────────────────
【営業SEOのスキルUPメルマガ】
───────────────────────────

http://www.mag2.com/m/0000143065.htm
営業ノウハウ

KENSEO勉強会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【借金からの崩壊】
-------------------------------------PR---

 こちらに全て掲載されていますのでご確認ください。
 http://beepsme.org/sya/




【倒産から復活していくには】
経営【社員を首にするかどうか?】
失敗から学ぶ実践経営
就職時と面接そして反省
就職後のピンチ そして独立 芯の強さ
経営独立してから絶好調
経営絶好調からピンチへ
経営更にピンチの巻
経営(ピンチの続き)
赤字でまずい
■うつ病って何
ミーティングで失敗から学ぶ
経営で苦しい時
■実際の経営から反省
経営 倒産の決意から離婚
経営 失敗と投資
経営 税金と税務署
経営 銀行関係の対応
経営 銀行リース業者
経営 決算書
経営 会社の財務
経営 経営で苦しいとき
経営 業者との対応
経営 良い時悪い時
経営 倒産から
経営 のどの渇きとは
経営 赤字でまずい
経営 精神論
経営 堀の内社長の講演
経営 堀の内社長の講演2
経営 弁護士と話していると
お前の会社はもう辞めたほうがいいよ。
ここにきて倒産、廃業の話が増えてきた
インターネットは活用できるのか
コンプレックス
コおかしな面接
経営のコツ
忙しいのが社長の仕事か
決意の時期

倒産そして離婚
倒産の決意から
業務の変更
表と裏、経営者の本質が左右するんだよ。
人材は、そして会社は、どうすれば伸びるのか
自殺はするな

夜逃げか
自殺はするな えっ夜逃げか
のどの渇きとは







経営メルマガ

経営
営業
太陽光発電の見積もりを一括で行うならエコ奉行
太陽光発電 一括見積もり

集客のできるホームページ制作、集客支援は
デュアルメディア

SEO対策ならデュアルSEO
SEO対策ならデュアルメディア



ブログランキングへ参加しています
下記をクリックして応援してください
人気ブログランキングへ
コメント(14)トラックバック(9)経営│ 

2009年08月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■正論はみせかけだけで、儲かればいいんじゃないのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんな質問を頂きました。


------------------------------------------------------- 
 片桐さんは、倒産してから這い上がってきたという事は
 良く分かるんだけど、グレーゾーンでも上がれればいいのか


 正論もメルマガ内には、とても多く書かれているが正論はみせかけ
 だけで儲かればいいんじゃないのか
-------------------------------------------------------


 非常にうれしいというか攻撃的なメールを頂き久しぶりに
 ワクワクしました。



 実際のメールは、もっと長い形で書かれていたのですが、短く
 させていただきました。



 
■私なりの、見解を書いておきます。




 まず正論についてなんですが、正論というのは、どちらかといえば
 聞こえが良い話しであり、



 例えば、社会貢献や人には迷惑かけない
 また、経営理論であったり、企業理念、営業理念、など
 綺麗に話していくことが、正論だと私は考えています。



 「社員のこと、お客様のこと社会のことを第一に考えそのために
  自分を犠牲にし、身をていして働き、関係者の笑顔をがみたい」



 こんなことや



 私が言っていることでは、
「企業のしかるべき方向が、社会の貢献に
 繋がることでなければ、永続的に反映しない」




 こんなことも言ったりしますが、もの凄く聞こえはいいんです。



 だから、聞こえを良くしたい時に発言したり書いたりする
 というわけではありません。



 本心で思っていることでもあります。



 ですが、それだけでは、零細企業は成り立っては行かないという
 考え方もあります。




 「社会のために、自分が立ち上がりサービスを提供しなければ
 この地域は活性化しない」といった高い志で仕事を始められる
 方も多く、そういった方であれば何も貰わなくても、とにかく
 貢献していきたいということで、どんどん、仕事は進めていける
 と思います。



 
■ですが、私の考え方ではそういうことではありません。


 まずは欲望からスタートしています。



 欲望からスタートしたのですがそれだけでスタートしたために
 倒産というピンチに直面してしまったわけです。


 欲望と戦略だけでは、企業は長続きしないということが理解でき
 社会にも貢献していかなければという考え方が出てきました。



 そして、子供たちも大きくなるにつれ、また社会の活動などにも
 参加することなどが増えてきたことによって、自分の喜びは
 どこにあるのだろうかということが少しづつではありますが
 分かってきたというのが今の現状です。



 ですので、正論は正論として根底に持ちながら、まずは世の中の
 秤として考えるには、企業として稼げる体質にすることだと
 思います。




 その後、自分が描いている正論というものに少しでも近づいて
 いけるように努力していければ最高の人生なのかなとも思っています。




■自分の意見でしかないので
 それがいいとか悪いとかではありません。




 ただ、正論ばかりで聞こえはいいけども結局会社の中身は
 支払いも遅れ、借り入ればかりで、業績も悪く迷惑ばかり
 をかけているのでは、正論もただの気持ちだけになってしまうのでは
 ないでしょうか



 
 気持ちとして強く思うことは大事ですが、思うことと行っていること
 で、まずはそんなことを言っているよりは、やらなければならないことが
 あるのではないかと考えます。




 また税金も払わない人でありながら、社会に対して文句ばかり
 言っている人も私は、同じようなものだと思ってしまいます。




 
 まずは自分がやるべきことを行ってから言うべき事はいうのかな




 となると、最初の質問で、グレーゾーンということになるのですが
 債務が多大のままでは正論は言えません。だからこそまずは返済そして
 そこから発展と考える過程では自分なりにグレーソーンはOKだと
 考えます。



 

 まあ因果応報だから何でも返ってくるとは思っていますが
 そればかりは、後にならなければ分かりません。

 今やれることを一歩一歩行っていくことしかありませんね。



コメント(2)トラックバック(0)経営(投稿質問編)経営| 

2009年01月19日


------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

 1月8日配信の 派遣 についてのメルマガに同感です。


 私は、札幌で個人事業主しています。
 2前までOLやってました。
 自分の夢叶えるため、OLを辞めて
 個人事業主からスタートしています。
 事業はとっても難しく毎日時間に追われ
 1日24時間が足りないくらいなのですが
 なぜか毎日仕事が楽しいです。

 まだまだ全然勉強不足ですので
 いろんなメルマガを読んで参考にさせていただいています。


 今、テレビで騒がれている派遣切り。
 私等からしてみれば当たり前っちゃ当たり前の
 様な気がします。派遣ですからね。

 正社員や準社員、契約社員などの
 直接雇用じゃない派遣社員なので
 期間終了、又は、事業主が要らないと判断
 した場合に切られるのは当然と思います。

 事実、私の周りでも派遣で働いていて、
 今回の派遣切りの影響も出ていますが、


 みんな生活がかかっていたり、
 遊びもしたいし、お買い物もしたいし、
 お茶もしたいし、親の面倒みなきゃならないし
 車のローン払わなきゃならない・・等々
 いろんな理由ありますが、

 派遣会社に派遣先を紹介してもらってる
 暇がないってことで、日銭でも稼げるところ探して
 自己開拓で働きに行っている状況です。


 坂本総務政務官の発言、
 私は当然のことを言ったまでだと感じまして、
 なぜ撤回しなきゃならないのか分かりません。

 ただ、立場的なこともあったのでしょうが、
 たまたま誰もが思ってる本音をポロッと
 言ってしまったのかなとも思いました。


 インタビューに答えていた50代男性が、
 『この年になると職探しが大変なんだよね。
 警備・清掃の仕事が大半になるからね。
 仕事が無いんだよ』 と言ってました。
 選んでいたらいつまでも働けないという意識が
 なぜか責任転嫁に聞こえてしまいました。


 仕事はあるんですよね。
 選ぶから無いんですよね。

 しかも、派遣の世界で組合を作って会社に抗議してる
 ってのも驚きのニュースでした。

 派遣を分かっていて働いていたんじゃないのかしら?
 なのに、切られたら騒ぐってなぜ?
 いままで、派遣として甘い蜜を吸ってきて、
 嫌なことは正社員がやってきたのでは?
 正社員になる努力は?
 正社員が無理でも直接雇用してもらえる様に
 努力してきたのかしら?
 と首を傾げたくなってしまいます。

 
 派遣村に行く暇有ったら
 お仕事探しに出かけられた方が良いと思いました。

 果たして、派遣村にいるあの数百人の方々全てが
 働く意欲があるのか問いたいですね。

“会社のために働いてやってる”意識ばかりで、
“働かせてもらってる”意識が無いのが寂しいですね。


 私の個人的意見でしたが、
 同感したので思わずメールしてしまいました。

 また、ためになるメルマガお待ちしておりますm(__)m
 乱文で失礼しましたm(__)m

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

 ここまで
 同意見の方はやはりというか自分で業務を行われている方でした。
 今週のメルマガは、同じ意見のものを掲載させていただきますが
 来週は、反対意見も多数頂いているので掲載させていただきます。



 もう1通のメールです。
 
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------


 いつも読ませていただいています。

 最近のニュースは
 派遣切り、非正規、期間工の「簡単な問題」を
 これでもかこれでもかと、さも重大な事のように
 垂れ流しています。

 全くおかしな話で、その実態はおっしゃる通りです。

 自分が自分で選んできた人生を
 あぁも情けなく(一般人から見たら)他人様に
 晒すのかよ、と言ってやりたいものです。

 NHKニュースまでも
 元派遣社員のジジィを追いかけて、トップに流していました。

 本当にこの国のメディアはどうかしています。

 また、いろいろとメールしてください。

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

 ここまでです。



 同意見について一言


 昨日テレビで放映されていた内容で、見ていてガッカリしたのが
 
 「仕事は何でもいいなら仕事はあるが、それじゃ嫌だ、自分で向上心
  や、やる気が出てくる仕事じゃないとやってはいけない。

  そして家がないと仕事が出来ないからまずは家探し」


 こういうことを言っていた、若者がいました。



 考え方としてはOKなんですが、何となく順序が逆のような
 気がします。


 仕事を選ぶことは全然いいことです。
 ですが、まずは家がないから仕事が出来ないというのは
 どうなんでしょうか?



 家がないから仕事が出来ないのは当たり前かもしれません。
 素性が分からない人を、社内に入れておかしなことにはしたくない
 というのが企業の本音です。。


 だったらまず家が必要になります。


 ですがお金が無ければ、家は借りれないとなれば
 まずは収入を確保して、貯金して、家を借りるというのが
 順番のような気がします。


 そして家を借りたら、自分のしたい仕事をするために仕事探しを
 するという順番のような気がします。



 誰もがしたい仕事をしているわけではありません。
 夢や目標に向かって、辛い仕事をこなしている人もたくさんいるのでは
 ないでしょうか



 一言で決める内容ではありませんが



 すぐに、自分のしたい仕事や条件でいきなり働くということ自体が
 難しいのではないか考えることも大事です。


 就職をしても自分の考えていた仕事と違うということで
 すぐに辞めてしまう社員も同じようなことなのではと感じて
 しまいました。


コメント(0)トラックバック(0)経営│ 
■こんにちは、片桐です。


明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。





 わたくしは、昨日より業務開始いたします。



 年末年始はいかがだったでしょうか?

 私はいたって普通に過ごした感じがあります。
 年末はもう少し「派遣切り」について色々とあるのかと思っていました。


 というのも、あそこまでひどい状況になると強盗や殺人というのが
 増えるのかと思いましたが、何となく年始からニュースが増えてきましてね。



■そこで今のニュース「派遣切り」について



 年越し派遣村というのがありましたよね。そこで
 坂本総務政務官が発言したひとことが問題になっていました。

 「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのか」



 これについていろいろと問題がおこり、結局謝罪しましたが
 政治って何してるんでしょうね。

 マスコミも何してるんだか?



 何でもいいから上げ足とって、ニュースになって誰かを陥れれば
 それで視聴率も上がるなんてことなんでしょうかね。



 本当にその内容を伝えたいんでしょうか?
 何となく疑問です。



 私から言わせれば


 「アホか」って感じです。



 別に仕事がなくなるのは、自分の責任なので誰かが助けるとかそういう
 ことじゃないと思うんですよね。



 年末にも書きましたが、そもそも派遣だけではなく期間で仕事をして
 いる人は期限が来たら終了なんです。



 そして、本当であれば次の派遣口があるので、心配はなかったが次の
 場所がないということで騒いでいるわけですよね。


 全てではないでしょうがおかしくないですかね。



 自分で行ってきたことなのに



 「働きたいのに働けないとか言って数百円のお金を見せびらかして
  マスコミに対応しているのもどうかと思います。」



 「220円しかないのに電車にのるな」と私は思います。



 正社員になれないんじゃなくて、自分で派遣を選んでいるわけですよね。
 それでごちゃごちゃ言うのは筋違いだし、しかもそれを政府が救うの
 にバタバタ対決しているのもおかしい話だと私は感じます。




 多分、派遣切りの方はこのメルマガは読んでいないと思うのであまり
 伝わらないと思いますがもし社長様でどうしようかと悩んでいるので
 あれば、ここはバサッと切るべきです。



 もし仮に会社から必要だと思われる人間は残るわけですし、すでに
 正社員になっていはすです。




 派遣社員の間に時間から時間をただ単純に働いているだけで
 正社員になれるわけがありません。よく考えてみてください。




 例えば派遣であっても人より1時間早く来て玄関の掃除して、仕事場
 に早くいき待機して、終わってからも1時間多く残業なしで働いて
 そこまでしたら、もし私が社長なら


 「あいつは誰だ」


 ということでスグに正社員にします。



 そこまで頑張れよ。といいたい。



 せっかくなのでもう少し書いちゃいますが、休みたいときに休んで
 仕事したいときに仕事をしてきたつけなんですよ。



 もし仕事をしたければ


 いくらでも求人に乗ってるしいくらでも仕事はあります。


 解体業や、1日日雇い仕事など探せばいくらでもあるはずですし
 それでも何もなければ、体を使う仕事はいくらでもあります。


 営業職だってまだまだ募集してますよ。



 1日18時間働く気があれば即採用です。
 
 また書きにくいですが体を売ればまだまだいくらでも稼げます。
 そこまでする必要はないですが、派遣村でご飯食べてるんだったら
 私はそっちを選びます。



 現に昔体験しました(笑)



 そこまでしてから吠えるんだったら吼えろよ。



 甘えるな。



 政治だったら大問題でしょうがそんな意味も込めて
 坂本総務政務官も発言しちゃったんじゃないかな



 当然撤回なんてしたくもないし謝罪もしたくないはずだよ。
 
 坂本総務政務官も今まで必死に頑張ってあの場所まで来てるわけだし。


 まあ年始からゴチャゴチャ書きましたが



 全てが強い人ではありませんですが仮に弱いとしてもやるべき
 ことはやろうよ。



 そんなことです。




 今年は、経営者にとっては至難の年かもしれない。
 それでもピンチはチャンス





 


 

 また来週


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

是非皆様からのご意見お待ちしています。
こちらまでお待ちしています。
benkyoukai@cflutinc.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【片桐 健お勧め本】
---------------------------------------------------------PR---

■稲盛和夫の「経営のこころ」

 7人の仲間と共に京セラを立ち上げ、京都の小さな町工場を
 世界的企業へと躍進させた稲盛和夫氏。氏が限定メンバーに
 語り明かした、自身の「成功の哲学」と事業を伸ばす「経営の
 真髄」が、十年の時を経て初めてCD化へ。今、必聴の幻の
 感動講話。


 詳しくはhttp://www.jmca.jp/sale/1008/?id=11
コメント(1)トラックバック(0)経営経営(話を聞いた)| 

2008年03月04日





■【ストーリー編】のどの渇き


そして会社最終日を迎えた。


最終日といっても勝手に自分で決めたわけで
従業員の人にはそれらしくは伝えたが
はっきりとは告げなかった。


その日は全員早帰り


従業員の人たちもおかしいなと感じていたと思う。

ただ今までの経営形態がほとんど家業の延長戦であった為

皆理解していたみたいだ。

こんなところだけ誰も反対しない会社もさびしい気がする。


◆一人机に座り

物思いにふけること5分間で直ぐに行動した。 

電話がうるさく
電話機は何台か壊してしまった。


ドラマみたいだった。


直ぐ気がつくことだが電話線を切れば良いだけの話だった。

はっきりいって今迄で一番どきどきというより、のどが渇いた。 

これがのどの渇きかと始めて実感した。 


酸素も不足した。 

のどの渇きは水分を補給してもしても乾くものじゃないと
このとき初めて体験した。


びっくりした。

荷物を運びながらめまいがする。


倒れそうになり深呼吸
無事に荷物も必要なものだけ運び出した。

このときの気持ちで、

「俺様が夜逃げか」

「何もなくなるのか」


◆空を見たらでっかな星が輝いていた。いったいなんだったんだろう。


────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────



■まず社長が倒産を決断したら、 すぐには社員には言わない心に留めておく


社長というのは意外と強いもので同じ境遇だと思い
勝手に社員に話をするとおかしなことになる。


私は優しさで話をしたがこれは帰って皆をくるしめてしまう。
意外といい方法で2、3日前の方が
皆は考えずにやることを続けるしかならない環境になる。

変に話し合う時間はないほうがいい。

相談しても決定するのは全部自分だからだ。



コメント(2)トラックバック(0)経営(倒産からストーリー)│ 

2008年02月20日





【自殺はするな  えっ 夜逃げか】


■こんにちは片桐です。
2週にわたり、自殺などの内容につき読者の皆様などの
感想、ご意見を書かせていただきました。


現在掲載できないものなどは、後日にまた掲載させていただき
ます。皆様からのご意見お待ちしています。
こちらまでbenkyoukai@cflutinc.com


■本日は、私のストーリーから自分なりに反省しようと
思います。


最近このメルマガを読まれた方は、お分かりになら
ない方もいらっしゃると思いますが


このメルマガを、書こうとしたきっかけは
(誰かに元気になってもらいたい。)というのが心情です。


そして初めのころに書いていたメルマガとは、私が以前
経営してきたストーリーとして書かせていただいて
いました。


そして、メルマガも3年以上書いていますので以前の記事
などのことから、書いていたときの心境やそれに対しての
反省なども書いています。


以前のメルマガですこちら

「いよいよ倒産か」

http://keiei55.livedoor.biz/archives/50184757.html

■今自分が読んでみて、そしてそのときの気持ちなどを考えてみると
切羽詰った状況でした。


ですが、10年前からどんなことでも

絵に描いて考えるということは、なぜだか行ってきました。


ですので

常に


こうなったらこうしよう
こっちがこう動いたらこうしよう


などと

選択肢を持って動いてきたので、判断で迷うことは
ありませんでした。
(それが正解かどうかは別として)


最悪の状況であっても、必ず選択肢は出てきます。

経営がピンチになる。成功する。

どんなときでも必ず選択肢があると思います。
その選択を常に絵に描いて頭の中で理解しておこうと
考えていました。


ですので、お金が無くなればこうしよう。



(こうしよう)というよりは、(こうするしかない)という選択
なのかもしれません


経営がピンチになると、どういう選択肢が出てくるでしょう。
資金繰りが悪くなればどういう選択肢が出るだろうか
こう考えておきます。


1.売り上げをUPして打開する
2.人件費など経費を見直す
3.借り入れを行う
4.事業を見直す。
5.会社を縮小する。
6.会社をたたむ。



などなどいろいろと出てくると思います。その中から
無理だろう事を省いて赤字で消していきます。


例えば上記のことだと経営がピンチ資金難ということなら
まずは、1と6は消しますよね。


そうすると2から5までの中で何が出来るのか考えてみます。


2については、すぐに出来ることですね。
3は、現状と銀行とのバランスを考えて出来るかどうかを判断します。
4は、そのとき商売が継続して回転している以上すぐに出来ることでは
ありません
5は考え付くことですね。


次に2,3,5に絞られるのでそこから更に絞って行って
いくということを常に行ってきました。


■その中で私は、倒産するかもしれないという選択肢が
あったわけです。


もういよいよ借り入れもマックスで、人件費も削ることも出来ない
売り上げも上がることは見込めない。事業も見直せない
資金繰りも2ヵ月後には大変なことになる。となると


経営者の頭には倒産という2文字がよぎります。


このときに、どういう選択肢が出るかということです。
ですが一応いろいろと考えてみてください。


嫌ですが書きますね。


1.普通に倒産、自己破産
2.借り入れ、業者などへ債務圧縮のお願い
3.夜逃げ
4.無理でも頑張る
5.自殺
6.開き直る。


などなど、くだらないかもしれませんが選択肢が出てくると
思います。
そして先ほどのように消していきます。


会社の状況に応じて、選択肢は変わってきますよね。
そのなかで、以前のメルマガにも書きましたがまず5番は
削除しますね。


こんなことを順番に消したり書いたりする中で一生懸命
悩み抜きました。


そして、最終的に私のときの状況では3つほどに絞られました
その中から現状がどう変わっていくかによって、選択すること
を書いておきました。


ですので、その時になったときはあえて迷わず決断することに
しました。その時になって迷うことが一番最悪のパターン
になるからです。



良い悪いということではなく、社長が自分でどう判断したか
なんです。


どれをとってもいいことはありません。
その中で、選択順位を守る中から順位付けしていけば
自ずと決まってきます。


書いていて頭が痛くなりそうですが、これを現実として
常に受け止めるためにもメルマガ書いています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お勧め情報】 
---------------------------------------------------------PR----
■SEO対策必見


 ページランクリンクプレミアムパッケージ 2008年版

 SEO対策に、高品質のリンクは重要ですが、更に重要なのは
 リンクの質と数が重要になります。


品質の高いサイトから21リンクがここまでの低価格で。。。
 数には限りがありますのでこのチャンスをお見逃しなく
詳しくはhttp://seoken.net/link_service_package/


----------------------------------------------------------------------

■KENSEO勉強会では、去年の暮れに27サイトをテストにて
検証しました。


その結果21サイトへリンクしたホームページは既に22サイト
 上位表示に成功する効果です。


あなたのサイトを上位に表示するには、タイトルとキーワード
そして、品質の高いリンクをまずはお試しください。

通常価格の70〜80%OFFのチャンスは今だけです。
 詳しくはこちらからhttp://seoken.net/link_service_package/


───────────────────────────────
【広告募集】
───────────────────────────────

■この総読者数9万部メルマガに広告を出してみませんか
御社のサービス、マーケティングに紙面をお使いください。

詳細はこちらから御確認ください。
http://www.cflutinc.com/kenkeiei/koukoku.html
───────────────────────────────
【片桐 健 著作】
───────────────────────────────

普通の人が会社から嫌われるほど売れるようになる営業術
http://jpan.jp/?katagiribook

───────────────────────────────
発行元
_/_/_/ 勉強会事業 (KEN企業勉強会) 
_/_/_/ 片桐 健   ken katagiri
_/_/_/ E-mail : benkyoukai@cflutinc.com
_/_/_/ URL : http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm

_/_/_/  KENSEO勉強会 http://seoken.net
_/_/_/

----------------------------------------------------------------------


コメント(0)トラックバック(0)経営(倒産からストーリー)経営(成功へ)| 

2008年02月18日





■【ストーリー編】いよいよ倒産か



そんな大変な会社の状況で三番手●●は、やる気満々だった。 


                    内容は●●にも話してあるが、
あまり複雑に考られてしまうと問題があるので、
軽くしか話はしていないが



今の状況を考えれば非常に頼もしい。


  俺は●●と話し合い方向性を決定していく事にした。 
ただあまり心配かけるわけにはいかないので、
全てのことは、俺が決定した。 


いろんな事を武には話をしたが、すでに俺の頭に中の映像は
2つの方向性で決まっていた。


当然幹部Aの件は重要であった。

そして其の日が迎えるまで業者との打ち合わせ
金融機関とのうち合わせ


◆そして1番重要なのが弁護士との打ち合わせ
弁護士さんと話している時、一番心がやすらげた。


弁護士のほうではいろいろな提案があり最終的に決定するのは
自分の仕事だった。


そして弁護士との打ち合わせも2パターンで決定した。

そして最終日が近づいてきた。 


◆最後に幹部Aにもう一回
「話をしている内容は決まったか」
と話をしたが、何も決まっていなかった。
そのとき何か分かった気がした。


うつ病は、
(演じているのかな)


とそれから話をして納得という形よりも会社をやめてもらう結果となった。


このころの私の目は写真にとってはいないが、
とても人とは、目を合わせられない目玉の奥にもう一つ目玉があるというか、
かっこよく言えば目で話をするというよりも

目は動かず心で話をしている人間だった。


幹部Aがだめだったときは、
こうしようと自分で決めてあった内容で行動していくことを決定した。


取りあえず夜逃げだった。 


────────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────────



■私は、精神力が弱く夜逃げをする決定をしてしまいました。

とにかく夜逃げはよくないです。


今でも反省しています。


弁解ではないですが夜逃げを一回してから
弁護士が話をつけて次の行動を決定していくと言う方法でした。


お金も事後処理も相手の出方を伺うと言う方法です。

はっきりいって最悪です。


最善の方法ではなかったことも頭では理解していますが
その後は大変でした。
弁護士業者の打ち合わせ最悪です。


普通が一番良いのかもしれません。

ただ過去は振り返ってもしょうがないので
これからの人生を進んでいきます。

だからメルマガを書いているのかもしれません。



コメント(0)トラックバック(0)経営(倒産からストーリー)経営(社長とは)| 

2008年02月05日





【自殺はするな】


■こんにちは片桐です。

 いきなりですが


「どんなにきつい状況であれ自殺は駄目ですよ。
 いくらだって回避する方法はあるんだから。。。。。。。。」



 しょっぱなからキツイ話ですが
 先日、建設関係の知り合いの方がお亡くなりになられました。
 ご冥福お祈り申し上げます。



●負債はたくさんある
●サラ金もたくさん
●闇金まで手を出しちゃった。


 毎日毎日、お金のことばかりが頭の中で駆け巡る。
 しまいには、


 どこに何を払うか全く分からなく、電話がかかってくる
 事をひたすら怯え、電話がかかってきたところに毎日
 謝る。



 そんな日々を繰り返していれば、楽になりたい気持ちも
  分かります。

(私も毎日、督促電話を受けていました。)
 落ち着けって言われたって分からないでしょう。


■ですがですが


 死んで保険金という選択肢だけは、考えるのをやめましょう。


 そんなことは、全く無意味なことです。

(お金が返済できるから)
 というだけで、大事な命をたつぐらいならいくらでも
 方法はあるはずです。


まずは誰かに相談してみましょう。


■例えばこんなところでもいろんな施策もあります。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構
 http://www.smrj.go.jp/
 http://j-net21.smrj.go.jp/



 経営者の皆様は、ギャンブルでお金を使ったわけでもなく
 浪費しすぎただけでもありません。


 頑張って経営してきたのだが、資金繰りが悪化したという
 ことだけだと思います。

 資金繰りが行き詰るのは経営者の責任ですが、だから
 死ねということではなく頑張って盛り返せというのが
 世間の考え方です。


 汚い言い方でもありますが


 お金を貸すほうも金利をもらう商売です。
 当然、商売ですからもらえないリスクというのも考えて
 あります。


 今では個人の再生の法律もありますし
 闇金まででギリギリの状況でも破産すればいいわけだし。


 ここで注意ですが
(知り合いに、借りて返さないのは辞めましょう)


 何かを決断するときに、一番気になるひとつになって
 しまうからです。


■ただ、そう簡単に割り切れる話ではありませんよね。


 他人には、考えられない強い責任感からくることも
 良く分かります。


 個人で創業し、いろんな方からの信頼を元にここまで
 頑張ってきたプライドや、借りた方への責任も強く感じて
 いると思います


 だからこそ、ここまで頑張ってこれたわけでもあります。


■ただ死んでしまうと周りの方はどう考えるでしょうか


 家族や子供はどうなるでしょうか

 自分は死んでしまうから何も考えずにいいかもしれません
 また、保険金だけで全て解決できる金額であれば、家族も
 お金に関しては心配ないかもしれません。


 ですが、もう2度と会うことは出来ないんですよ。



●子供は、どう考えるでしょうか

 一番感受性が高いときに死んでしまえば、一生子供の心
 には、その事件が残ってしまい、トラウマとなって
 つきまといます。



 最悪は子供の一生を、おかしな方向へ導いてしまうかも
 しれません。



 それなら家族や子供のためにも、頑張りぬいて生きている
 お父さんのほうがいいのではないでしょうか



■また先ほど、周りの方はどう考えるか?


 ということですが


 皆様の周りにもお亡くなりになられた方がいらっしゃると
 思いますがいかがでしょう



 年齢でお亡くなりになられた方
 事故でなくなられた方
 病気で亡くなられた方は



「良く生きたね」
「元気でナ」
「可哀想に」
「まだ若いのに」



 と悲しみ、いつまでも心に残っていてくれるものです。


 ですが自殺は、心に残りにくいです。
 あえて表現は濁しますが


「馬鹿だな」
「何やってんだよ」
「残ったほうがかわいそうだろ」


 などなど可哀想であっても「おいおい何やってんだ」
 というのが大半の意見です。


 そして結局最後は、(自殺しちゃった人))で終わってしま
 うんです。



■私は、倒産などについてのメルマガは3年以上書いてきました。
 そこでいろんな方からメールをいただいています。


 初めのころのメルマガは特にそういう色が濃いメルマガだった
 せいもありますが


 死にたい、苦しいなどのメールをたくさん戴きました。

 全てとは言えませんがそれでもみんな生き抜いています。

「死ぬのは、卑怯だぞ。」



------------------------------------------



皆様からのご意見お待ちしています。
どんなご意見、ご感想、質問でも、どしどし募集しています。
benkyoukai@cflutinc.com 片桐まで



コメント(0)トラックバック(0)経営(問題点)経営(倒産からストーリー)| 

2008年01月18日


★倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最新刊:ユダヤ5000年の叡智「富と成功の秘訣」
 
世界トップ 400人の億万長者の内、ユダヤ人が15%を占める--。
 なぜユダヤ人の成功率が突出して高いのか。

ユダヤ5000年の伝統に裏打ちされた《7つの人生成功の秘訣》と、
それを脈々と子孫に伝える《ユダヤの教育の神髄》を解き明かした
注目の書!詳しくはこちらから
http://www.jmca.net/books/tomi/ad.php?&id=17
----------------------------------------------------------------------
■アメリカの著名雑誌『フォーブス』の「世界トップ400人の億万長者」
 のうち、ユダヤ人が15%を占める!  
 なぜユダヤ人に大富豪が多いのか?  

 この誰もが思う疑問に対して、著者トケイヤー氏いわく、
 「ユダヤ人は、祖先から受け継いだ、成功の鋳型(いがた)を、親から子
 へ、子から孫へと確実に伝え、かたくなに守ってきました。 ユダヤ人の
 成功の秘訣は、ユダヤの教育にあるのです」

 との事です。

 ユダヤ新の成功の秘訣に対する書物はたくさんありますが、
 教育に対する見解から書かれている点が非常に勉強になります。

 詳しくはこちらhttp://www.jmca.net/books/tomi/ad.php?&id=17

┏━━■VOL173■━━━━━━━━━━━━━━━2008/1/15 ━━━━━┓
 
┃★倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】  【83,000部】
 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃KEN企業勉強会      http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■こんにちは片桐です。
 今週も、ご購読ありがとうございます。


【メルマガの内容とは】(初めての方へ)
25歳で起業し、そのご30歳で倒産その体験やそこから
這い上がるための、内容や失敗しないための経験を書いています。


◆ストーリーになっている部分は、私が今までに取ってきた行動を
 書いてあります。


◆そして今年からは今の行動も取り入れて書いていきます。
 経営者、起業家の方が失敗から学び疑似体験し何かを
 実践していただければ幸いです。


【途中から購読されてる方へ】
 私の体験から、反省と勉強する箇所を書かせていただいています
 ストーリーは途中からだと分からない場合もありますので
 今までのバックナンバーはこちら
 http://blog.livedoor.jp/keiei55/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----【目次】--------------------------------------------------------

1. 挨拶
2. 本文     【反省します。 相手があっての集客だろ】
3.お勧め本   【あいまいな日本の不平等50】
4. お勧め情報  【ページランクリンクプレミアムパッケージ】
5.編集後記 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------(本文)-------------------------------------------------------

【反省します。 相手があっての集客だろ】

■こんにちは片桐です。

先週のメルマガで、FAXDMの集客について少しだけ書きました。
 そのメルマガへのご意見で読者の方からお叱りのメールを
 いただきましたのでご紹介させていただきます。


 私も含め、もしかしたら「ハッと」何か気づくべき点が
 多かったような気がします。


こちらから
------------------------------------------

片桐様

はじめまして、
いつもメルマガ拝読させていただき勉強になっております。

1/8受信のメルマガにFAXDMについて書かれて
おりましたが一言だけ申し上げたくメールをさせて
いただきます。


当方に於いてもFAXDMは毎日のように届きます。
また、FAXを読んでからプリントできるタイプに
交換すればいいだけの話ですが

まだ、電話機が順調に作動しておりますので交換するのも
もったいないと思い使用しております。


以前からFAXDMについては各関係機関に問い合わせても
迷惑電子メールのような規制がないため指導のしようがない
といわれました。

現在の所法的には合法なのでしょうけれど、紙代・インク代、
そして配信拒否をするための電話代等全てこちら持ちに
なってしまうという非常にいただいて面白くない広告です。


全ての方がそうではないかもしれませんが、その辺についても
ご一考いただき皆さんに御教示いただければ有り難いと思います。


出来れば、売り手が広告をうってくるわけですから、
受信側でその経費を負担し、尚かつ必要でない情報を
もらうというのは送ってきた会社側にしても私から見れば
常識がないと思います。


せめて、FAX入れてもいいでしょうか?

などの問い合わせをしてから送信するなり、見てもらいたい
なら封書・葉書で出すことが最善の方法と考えます。


また、大きな会社と違い電話とFAXが同じ番号であるため
夜中に
(仕事中に送ると迷惑だろうと気を使っておられるのでしょうが)

電話がなると、急患かと思い眠りも妨げられること
しばしばあります。


自社の経費をかけずに広告を出せるという点では
魅力的な方法・手段かもしれませんが
決してうけてはいいイメージを持たないと思います。


一読者が生意気言って申し訳ありません。
ただ、迷惑FAXに困っているものもいるということだけは
わかっていただきたく
不躾ながらメールを送信させていただきました。


今後とも為になる情報・お話宜しくお願いします。
風邪なども流行っております。
どうぞ。お身体ご自愛下さい。
乱文お許し下さい。

追記
忍耐の話良かったです。

------------------------------------------
ここまで




こういったありがたいメールを戴きました。
メールをいただきまして返信させていただいたのですが
非常に反省と、考えなければいけないことなんだと改めて
感じたしだいです。


メールに関しても承諾も得ずに送ることは、問題です。
ですが、更にFAXDMでは、お金が発生してしまうわけです。


私の会社でも、毎日のように数枚届いています。
ですが、気にしていなかったというのが正直なところです。

ですが、集客といってもお客様になるだろう方々に
迷惑をかけているようでは、いい話ではありませんね。


そこでメールをいただいた方へ、電話をしてのFAXなどは
どうなのだろうか?更にどういったFAXだと嫌な気分がしない
のかを不躾ながら聞いてみました。


そこで、返ってきた返答です。

------------------------------------------

片桐様

こんばんは、返信いただきまして有り難うございます。
仕事って色々な立場、考え方があるのでうまくいかない
ことも多いのでしょう。


医療業界も皆さんが考えているほど楽ではなく経費の
リストラをはじめ色々なコスト削減に向けて頑張っています。

そこへ、毎日悩まされているFAXDMの話だったもので
失礼いたしました。

私どもの業界(接骨院)は今や存亡の危機をかけて
頑張っているところです。


元来接骨院は急性のケガしか扱えず、尚かつ昔に
決まった健康保険法により僻地などに於いて専門医が
いない場合に限り健康保険の支給対象になると言う
決まり事もあり、健保組合による不支給決定も多く
なってきています。


私も去年従業員をリストラしました。
ものすごく後ろめたくイヤな経験でした。
しかし、自分を守ることが第一義だと考え、また給料が
払えなくなってからでは勤めてくれている若い子に申し訳なく、
若干の余裕が残っているうちに行いました。
(解雇通告後に1月分給料を足して渡しました)


人件費が一番痛いですよね、
しかし居なくなった分下仕事から働かなきゃいけないし
苦労も絶えません、


怪我の治療をするべき施設で生き残りをかけて
最近ではエステ・痩身・ダイエットなど

本業外の仕事をしている接骨院も多くみられます。


絶滅危惧種などと良く我々も言っておりますが
正しいことをしていて生活が苦しいということは
非常につらいですよね

すいません、話がそれました


FAXDMについてですが
当方では電話によりFAXを送信して良いかというものに対しては
内容の如何にかかわらず拒否しております。
また、そのような場合どうしても御社が知らせたい内容なら
郵便または宅急便で送付して下さいとお願いします。


苦言を申しますが、FAXDMを送ってくる会社は
信用出来ません。
人として、会社としてのつながりを大切にするならば
最低相手に迷惑がかからないようにすることが肝要だと思います。


郵便物によるものの中では必要なものが有ればこちらから
電話代を払ってでも連絡します。
ただし、これは個人経営だから出来ることですよね、

大きな会社に勤めている方に聞いてみたらやはり
読まずに捨てるそうです。
FAXDMも裏側を印刷用紙にするようです。


こちらが必要な情報をタイムリーに送って来られることが
出来れば一番いいんでしょうけれど、難しいですよね。

私は本件に関してそのように思います。

決して片桐様のコメントを否定することが
この一連のメールというわけではなく
紙一枚から無駄使いしないように気をつけている所も
あるということを知っていただけたらと思った次第です。


幸い前回のメールにより片桐様も趣旨を理解して
いただいたようなので有り難く思います。
仕事って相手に対しての思いやりが私にとって
一番大切だと思います。


電話による勧誘も困ったものですが、何とかみんな
生き残りをかけて
頑張っているのだからしょうがないとは思います。


でも、思いやりを無くせばただの押しつけになるので
はないかと思います、

ご質問への返答にはなっていないかもしれませんが・・・


お忙しい中返信いただきまして感謝致します。
メルマガについては思うところ、感心するところ沢山あります。
今後も有益な情報をお願いしたいところです。

横槍をついたような形でご気分を害されたかもしれませんが
どうかご容赦下さい。
(文章表現力が低いもので・・・)

今後とも、ご指導ご鞭撻宜しくお願い申し上げます。
重ねて乱文にて失礼いたします。


追記
お忙しいことと思いますので返信はなくとも大丈夫です。
前回の返信メールで全てよく解りましたから、
短いメールの方が物事伝わりやすいのかな(笑)
長文にてすいません。

それでは、これからも頑張って下さい。

------------------------------------------

ここまで


ありがとうございます。
とても勉強になるメールありがとうございます。


生き残りをかけるといっても、相手があってのこと
全てのことが双方あって成り立ちます。


多くの無駄なお金がかかっていて、無駄な時間もかかっている
そんな一面を、必ず見逃してはいけない部分ですね。

反省します。



皆様からのご意見お待ちしています。
benkyoukai@cflutinc.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【片桐 健お勧め本】
---------------------------------------------------------PR----
あいまいな日本の不平等50
西 いずみ (著)

 http://kigyozyoho.sakura.ne.jp/su/book21

 平等ではないことは分かるけど、どこの何が不平等なのか
 と聞かれると少ししか答えられません。


 1年に約20万人が自己破産している背景には10倍の多重債務者
 年収300万世帯の税負担は30倍に


 などなど
 へーーーーーーと分かること
 本当はこうなんだと知識が増えること

 数字で見ると日本の現実が見えてきます。

 読んでいて面白いですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お勧め情報】 
---------------------------------------------------------PR----
■SEO対策必見

 ページランクリンクプレミアムパッケージ 2008年版

 SEO対策に、高品質のリンクは重要ですが、更に重要なのは
 リンクの質と数が重要になります。

 品質の高いサイトから21リンクがここまでの低価格で。。。
 数には限りがありますのでこのチャンスをお見逃しなく
 詳しくはhttp://seoken.net/link_service_package/
----------------------------------------------------------------------

■KENSEO勉強会では、去年の暮れに27サイトをテストにて
検証しました。


その結果21サイトへリンクしたホームページは既に22サイト
 上位表示に成功する効果です。


あなたのサイトを上位に表示するには、タイトルとキーワード
そして、品質の高いリンクをまずはお試しください。

通常価格の70〜80%OFFのチャンスは今だけです。
 詳しくはこちらからhttp://seoken.net/link_service_package/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント(0)トラックバック(1)経営(話を聞いた)経営(問題点)| 

2007年11月12日



■倒産の決意から売り上げ


売り上げは上がらない。 

◆自分で原因は何なのか判明しているのに、動けない自分がいる。 
確かに自分でやる事もたくさんあるし 
皆に伝えていかなければならない事はたくさんある。  

「このままでいいのか」

全員の意識も、決していいものではない。 
毎日何度も俺は勝つとつぶやき出社していく。

◆この頃会社の状況は、頑張って行こうという気持ちはあるものの、
皆が朝からやることがあるのか直行直帰が増え、
打ち合わせなどは、当然少なくなっていた。 

業者さんとの話で 
「今月は厳しくて少し待ってもらえますか」
と相談すると結構みんな親身に待ってくれる。 

ただ、いままで待ってもらっていたのとは何か俺の中での雰囲気が違う 

「良い人はいっぱいいる。」
 

いつも
「ありがとうございます。」
と皆から言われると 何か罪悪感が出てくる。
ただこの時点では待ってもらっているだけで払うものだから
関係ないとは思いながらも整理する方向の動きのわけだから
迷惑はかけることになるという意識が罪悪感となっていた。


◆8月の売り上げは最悪だった。 
しかしみんなに怒る元気もなかった。
元気がないというよりも話す気がなかった。 
それよりもやる事が多すぎた。 

◆少し子供の話になるが、幼稚園が変って環境になれないらしいが
パパと連絡を取るときは元気に


「友達ができたよー」とか 
「何をもらった」
とか、少し嘘が入っていたりする。

子供なりに親を励まそうとしている。

そして必ず最後には
「いつになったらパパと会えるの」
と聞いてくる。

私はいつも決まって

「いい子にしていたらすぐ会える仕事だから」
としか言えなかった。

私自身こういう環境に子供をおいてしまった事に寂しさはあるが
愛情を与え続けることにより、きっと俺よりも強い子に育つと確信した。 


ビートたけしさんの子供の教育方法で子供のために
何かをするという教育はしないと
本に書かれていたことがいつも頭によぎっていた。              
                   
親は親の人生 子は子の人生だった

今月9月の売り上げは少しよさそうなスタートを切った、 
今の心境とすると少し疲れてきた感じがするが、気にしてもいられない。 
業者、金融機関との話し合いは毎日行われた。


今思うと銀行にはもっと早く話をしていれば、
もう少し対応策があったような気がした。  

◆9月の売り上げは、神様のいたずらか、反響売り上げ共に絶好調 
今までにない売り上げが上がった。 
売り上げは絶好調になったが大変な問題が発生した。 


今までずっと一緒にやってきた人間が 
これからの会社の行動に疑問を持つというよりも 
彼自身の頭の中で理解できない事態が起こった。 


コメント(0)トラックバック(0)経営(倒産からストーリー)│ 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ