2005年09月27日

経営 精神論の例え



■少しの例で言いますと

倒産する前など支払いが遅れたりするかと思いますが
処理などは全て私が やりました
業者などの連絡も幹部を使ったりせず自分で行います。

そして経営と言う部分では

日々自分の判断能力が問われます。

右に行くべきか、左に行くべきか
ほとんど毎日この壁にぶつかります。

この時に
自分の基本路線をしっかりと持ち
(企業理念、営業理念)と照らし合わせ
あっているかを確認し直ぐに決断
このような作業を繰り返していくうちに
精神力とはついていくものだと 考えています。

これからも行動という点では変えるつもりはありませんが、
勉強と、知識を入れて動くということが最重要だと考えます。

───────────────────────────────
■反省と勉強
───────────────────────────────

◆精神力は重要で小手先のテクニックや
基本知識だけでは補えないものが あります。

日々の自分の方向性基本理念を見直してみようと
毎日私は考えるようにしています。

経営 営業

コメント(0)トラックバック(0)経営(失敗点)経営(業者対応)│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ