2007年05月17日

【忙しいのが社長の仕事か?】





【忙しいのが社長の仕事か?】


「社長電話です。」
「社長どうすればいいですか」

ひっきりなしに、電話や相談が順番にやってくる。


■1日電話の応対と、打ち合わせだけで終わっている社長さん
多くないですか


以前の私もそうでした。

いろんな人から電話が来る
来客が順番に待っている
打ち合わせの順番待ち



何となく忙しくがんばっている社長さんのような気がします。
実際に1日の行動を終えるとなぜか充実感でいっぱい。


「今日も頑張ったなーーーーー  忙しかった。」


行動しているので、疲れますし仕事をしています。
ですが経営者の仕事はしていただろうか?


■また私の例で恐縮ですが


常に電話や、打ち合わせを聞いていることで現場に接している
 と考えていました。


 社員との、コミュニケーションもバッチリだと思っていました。


 この状況は、


 起業したての会社であれば、先頭に立って頑張る社長という
 事で、会社のモチベーションもあがるし充実感も味わえます。


 ですが数年して、または10年経ってもこの状況の会社が
 多くないですか


 「イヤーーー貧乏暇なしだよ。」


 別に謙遜するのは、構わないんですが

 忙しいから、儲かるわけでもないし忙しいからその会社は

 好調なわけでもありません。


 私からすれば「貧乏で暇が無いんだな」と純粋に思って
 しまいます。


 日本人の会話って面白いですね。

■私は聞かれると最近では
 「暇ですよいつでも大丈夫です。」ですが優先事項を
 決めて動きますんで


 「飲んでいても電話ばかりの社長さん。」


 忙しそうで、よさそうなんですが


■結局は、社長が忙しいのは、

 仕組みが出来てない
 社員の判断能力が悪い。

 会社が組織化されていないんだということを人に伝えている
 ようなものです。


 よく思いますが


 社長でなければ、出来ない仕事や判断ってそんなに無いですよね。


 社長がする仕事は、会社の方向性と、行き先です。
 本を読んだり、ぼーーとしながらインターネットのニュースでも
 見ている社長のほうが多分成長していきます。


 なぜかは分かりますよね。


 社員が自分の意思で決められた仕組みで頑張っている
 会社なら社長にわざわざ話す必要ないですよね。


 やることも決まっているし、いく方向も決まっていれば
 誰でも判断できます。


 判断できないのは、全てが曖昧だからです。


(昨日は良いと言ったのに今日は駄目だとか)


(店長に聞いたら良いと言ったのに社長に聞いたら
 駄目だとか)


 多いですよね。


■だから3年やっても。5年やっても全く初めの頃と
 変わらないんです。


 売り上げは増えているかもしれません。
 利益も増えているかもしれません。


 ですが貧乏暇なしなんです。


■先日、名古屋に行きお会いした社長さん2年前は手も現場で
 汚れていて作業着で飲みに着ていました。


 「明日は朝5時半に会社にいってそこから横浜だよ。」


 ということで、少し飲んだら帰るということが1年以上
 続きました。


 ですが常に「1年すれば全ての仕組みは完了するから
 まあ待っててよ。」


 そして有限実行で、先日は全く違いました。



「やっと仕組みがほぼ出来上がり暇になりましたよ。」
「先月飲食店もオープンしたんでそこへいきましょう。」
「何時ごろきますか?」


 仕組みが出来上がりすぎて怖いぐらいでした。

 これが経営者の醍醐味なのではないでしょうか




コメント(0)トラックバック(0)経営(社長とは)│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ