2007年08月13日

■決意する

■前回までの話続き


社員のパワーが少なくなってきていることを感じながら
会社としての体力も減ってきている状況の中
社員に対して給料設定から労働時間ルールなどを変更していく。
「やめたい人間はやめてくれ」
と言ったが誰も辞めなかった。


■決意する


◆ただやる気が出た社員とやる気がない社員との
振り分けができるようになりこれはありがたかった。 


ただこのままの人間では、妥協が体に染み付いている。 
自分の力で社員が変えられない自分が悔しかった。


ただ私自身第2子が生まれた。
とても勇気がわいてくると共にこの子も路頭に迷わせるわけには行かない
という強い責任感がまた湧いてきた。 

                   
◆7月 転換期 今の会社を、整理させる決心が付いた。
自分では前向きだが、他の人からすれば、
逃げているといわれることなのかもしれない。


 

コメント(0)トラックバック(0)経営(社長とは)│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ