2008年02月05日

自殺はするな





【自殺はするな】


■こんにちは片桐です。

 いきなりですが


「どんなにきつい状況であれ自殺は駄目ですよ。
 いくらだって回避する方法はあるんだから。。。。。。。。」



 しょっぱなからキツイ話ですが
 先日、建設関係の知り合いの方がお亡くなりになられました。
 ご冥福お祈り申し上げます。



●負債はたくさんある
●サラ金もたくさん
●闇金まで手を出しちゃった。


 毎日毎日、お金のことばかりが頭の中で駆け巡る。
 しまいには、


 どこに何を払うか全く分からなく、電話がかかってくる
 事をひたすら怯え、電話がかかってきたところに毎日
 謝る。



 そんな日々を繰り返していれば、楽になりたい気持ちも
  分かります。

(私も毎日、督促電話を受けていました。)
 落ち着けって言われたって分からないでしょう。


■ですがですが


 死んで保険金という選択肢だけは、考えるのをやめましょう。


 そんなことは、全く無意味なことです。

(お金が返済できるから)
 というだけで、大事な命をたつぐらいならいくらでも
 方法はあるはずです。


まずは誰かに相談してみましょう。


■例えばこんなところでもいろんな施策もあります。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構
 http://www.smrj.go.jp/
 http://j-net21.smrj.go.jp/



 経営者の皆様は、ギャンブルでお金を使ったわけでもなく
 浪費しすぎただけでもありません。


 頑張って経営してきたのだが、資金繰りが悪化したという
 ことだけだと思います。

 資金繰りが行き詰るのは経営者の責任ですが、だから
 死ねということではなく頑張って盛り返せというのが
 世間の考え方です。


 汚い言い方でもありますが


 お金を貸すほうも金利をもらう商売です。
 当然、商売ですからもらえないリスクというのも考えて
 あります。


 今では個人の再生の法律もありますし
 闇金まででギリギリの状況でも破産すればいいわけだし。


 ここで注意ですが
(知り合いに、借りて返さないのは辞めましょう)


 何かを決断するときに、一番気になるひとつになって
 しまうからです。


■ただ、そう簡単に割り切れる話ではありませんよね。


 他人には、考えられない強い責任感からくることも
 良く分かります。


 個人で創業し、いろんな方からの信頼を元にここまで
 頑張ってきたプライドや、借りた方への責任も強く感じて
 いると思います


 だからこそ、ここまで頑張ってこれたわけでもあります。


■ただ死んでしまうと周りの方はどう考えるでしょうか


 家族や子供はどうなるでしょうか

 自分は死んでしまうから何も考えずにいいかもしれません
 また、保険金だけで全て解決できる金額であれば、家族も
 お金に関しては心配ないかもしれません。


 ですが、もう2度と会うことは出来ないんですよ。



●子供は、どう考えるでしょうか

 一番感受性が高いときに死んでしまえば、一生子供の心
 には、その事件が残ってしまい、トラウマとなって
 つきまといます。



 最悪は子供の一生を、おかしな方向へ導いてしまうかも
 しれません。



 それなら家族や子供のためにも、頑張りぬいて生きている
 お父さんのほうがいいのではないでしょうか



■また先ほど、周りの方はどう考えるか?


 ということですが


 皆様の周りにもお亡くなりになられた方がいらっしゃると
 思いますがいかがでしょう



 年齢でお亡くなりになられた方
 事故でなくなられた方
 病気で亡くなられた方は



「良く生きたね」
「元気でナ」
「可哀想に」
「まだ若いのに」



 と悲しみ、いつまでも心に残っていてくれるものです。


 ですが自殺は、心に残りにくいです。
 あえて表現は濁しますが


「馬鹿だな」
「何やってんだよ」
「残ったほうがかわいそうだろ」


 などなど可哀想であっても「おいおい何やってんだ」
 というのが大半の意見です。


 そして結局最後は、(自殺しちゃった人))で終わってしま
 うんです。



■私は、倒産などについてのメルマガは3年以上書いてきました。
 そこでいろんな方からメールをいただいています。


 初めのころのメルマガは特にそういう色が濃いメルマガだった
 せいもありますが


 死にたい、苦しいなどのメールをたくさん戴きました。

 全てとは言えませんがそれでもみんな生き抜いています。

「死ぬのは、卑怯だぞ。」



------------------------------------------



皆様からのご意見お待ちしています。
どんなご意見、ご感想、質問でも、どしどし募集しています。
benkyoukai@cflutinc.com 片桐まで




コメント(0)トラックバック(0)経営(問題点)経営(倒産からストーリー)│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ