2008年02月20日

自殺はするな えっ 夜逃げか





【自殺はするな  えっ 夜逃げか】


■こんにちは片桐です。
2週にわたり、自殺などの内容につき読者の皆様などの
感想、ご意見を書かせていただきました。


現在掲載できないものなどは、後日にまた掲載させていただき
ます。皆様からのご意見お待ちしています。
こちらまでbenkyoukai@cflutinc.com


■本日は、私のストーリーから自分なりに反省しようと
思います。


最近このメルマガを読まれた方は、お分かりになら
ない方もいらっしゃると思いますが


このメルマガを、書こうとしたきっかけは
(誰かに元気になってもらいたい。)というのが心情です。


そして初めのころに書いていたメルマガとは、私が以前
経営してきたストーリーとして書かせていただいて
いました。


そして、メルマガも3年以上書いていますので以前の記事
などのことから、書いていたときの心境やそれに対しての
反省なども書いています。


以前のメルマガですこちら

「いよいよ倒産か」

http://keiei55.livedoor.biz/archives/50184757.html

■今自分が読んでみて、そしてそのときの気持ちなどを考えてみると
切羽詰った状況でした。


ですが、10年前からどんなことでも

絵に描いて考えるということは、なぜだか行ってきました。


ですので

常に


こうなったらこうしよう
こっちがこう動いたらこうしよう


などと

選択肢を持って動いてきたので、判断で迷うことは
ありませんでした。
(それが正解かどうかは別として)


最悪の状況であっても、必ず選択肢は出てきます。

経営がピンチになる。成功する。

どんなときでも必ず選択肢があると思います。
その選択を常に絵に描いて頭の中で理解しておこうと
考えていました。


ですので、お金が無くなればこうしよう。



(こうしよう)というよりは、(こうするしかない)という選択
なのかもしれません


経営がピンチになると、どういう選択肢が出てくるでしょう。
資金繰りが悪くなればどういう選択肢が出るだろうか
こう考えておきます。


1.売り上げをUPして打開する
2.人件費など経費を見直す
3.借り入れを行う
4.事業を見直す。
5.会社を縮小する。
6.会社をたたむ。



などなどいろいろと出てくると思います。その中から
無理だろう事を省いて赤字で消していきます。


例えば上記のことだと経営がピンチ資金難ということなら
まずは、1と6は消しますよね。


そうすると2から5までの中で何が出来るのか考えてみます。


2については、すぐに出来ることですね。
3は、現状と銀行とのバランスを考えて出来るかどうかを判断します。
4は、そのとき商売が継続して回転している以上すぐに出来ることでは
ありません
5は考え付くことですね。


次に2,3,5に絞られるのでそこから更に絞って行って
いくということを常に行ってきました。


■その中で私は、倒産するかもしれないという選択肢が
あったわけです。


もういよいよ借り入れもマックスで、人件費も削ることも出来ない
売り上げも上がることは見込めない。事業も見直せない
資金繰りも2ヵ月後には大変なことになる。となると


経営者の頭には倒産という2文字がよぎります。


このときに、どういう選択肢が出るかということです。
ですが一応いろいろと考えてみてください。


嫌ですが書きますね。


1.普通に倒産、自己破産
2.借り入れ、業者などへ債務圧縮のお願い
3.夜逃げ
4.無理でも頑張る
5.自殺
6.開き直る。


などなど、くだらないかもしれませんが選択肢が出てくると
思います。
そして先ほどのように消していきます。


会社の状況に応じて、選択肢は変わってきますよね。
そのなかで、以前のメルマガにも書きましたがまず5番は
削除しますね。


こんなことを順番に消したり書いたりする中で一生懸命
悩み抜きました。


そして、最終的に私のときの状況では3つほどに絞られました
その中から現状がどう変わっていくかによって、選択すること
を書いておきました。


ですので、その時になったときはあえて迷わず決断することに
しました。その時になって迷うことが一番最悪のパターン
になるからです。



良い悪いということではなく、社長が自分でどう判断したか
なんです。


どれをとってもいいことはありません。
その中で、選択順位を守る中から順位付けしていけば
自ずと決まってきます。


書いていて頭が痛くなりそうですが、これを現実として
常に受け止めるためにもメルマガ書いています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お勧め情報】 
---------------------------------------------------------PR----
■SEO対策必見


 ページランクリンクプレミアムパッケージ 2008年版

 SEO対策に、高品質のリンクは重要ですが、更に重要なのは
 リンクの質と数が重要になります。


品質の高いサイトから21リンクがここまでの低価格で。。。
 数には限りがありますのでこのチャンスをお見逃しなく
詳しくはhttp://seoken.net/link_service_package/


----------------------------------------------------------------------

■KENSEO勉強会では、去年の暮れに27サイトをテストにて
検証しました。


その結果21サイトへリンクしたホームページは既に22サイト
 上位表示に成功する効果です。


あなたのサイトを上位に表示するには、タイトルとキーワード
そして、品質の高いリンクをまずはお試しください。

通常価格の70〜80%OFFのチャンスは今だけです。
 詳しくはこちらからhttp://seoken.net/link_service_package/


───────────────────────────────
【広告募集】
───────────────────────────────

■この総読者数9万部メルマガに広告を出してみませんか
御社のサービス、マーケティングに紙面をお使いください。

詳細はこちらから御確認ください。
http://www.cflutinc.com/kenkeiei/koukoku.html
───────────────────────────────
【片桐 健 著作】
───────────────────────────────

普通の人が会社から嫌われるほど売れるようになる営業術
http://jpan.jp/?katagiribook

───────────────────────────────
発行元
_/_/_/ 勉強会事業 (KEN企業勉強会) 
_/_/_/ 片桐 健   ken katagiri
_/_/_/ E-mail : benkyoukai@cflutinc.com
_/_/_/ URL : http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm

_/_/_/  KENSEO勉強会 http://seoken.net
_/_/_/

----------------------------------------------------------------------



コメント(0)トラックバック(0)経営(倒産からストーリー)経営(成功へ)│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ