2009年08月10日

正論はみせかけだけで、儲かればいいんじゃないのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■正論はみせかけだけで、儲かればいいんじゃないのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんな質問を頂きました。


------------------------------------------------------- 
 片桐さんは、倒産してから這い上がってきたという事は
 良く分かるんだけど、グレーゾーンでも上がれればいいのか


 正論もメルマガ内には、とても多く書かれているが正論はみせかけ
 だけで儲かればいいんじゃないのか
-------------------------------------------------------


 非常にうれしいというか攻撃的なメールを頂き久しぶりに
 ワクワクしました。



 実際のメールは、もっと長い形で書かれていたのですが、短く
 させていただきました。



 
■私なりの、見解を書いておきます。




 まず正論についてなんですが、正論というのは、どちらかといえば
 聞こえが良い話しであり、



 例えば、社会貢献や人には迷惑かけない
 また、経営理論であったり、企業理念、営業理念、など
 綺麗に話していくことが、正論だと私は考えています。



 「社員のこと、お客様のこと社会のことを第一に考えそのために
  自分を犠牲にし、身をていして働き、関係者の笑顔をがみたい」



 こんなことや



 私が言っていることでは、
「企業のしかるべき方向が、社会の貢献に
 繋がることでなければ、永続的に反映しない」




 こんなことも言ったりしますが、もの凄く聞こえはいいんです。



 だから、聞こえを良くしたい時に発言したり書いたりする
 というわけではありません。



 本心で思っていることでもあります。



 ですが、それだけでは、零細企業は成り立っては行かないという
 考え方もあります。




 「社会のために、自分が立ち上がりサービスを提供しなければ
 この地域は活性化しない」といった高い志で仕事を始められる
 方も多く、そういった方であれば何も貰わなくても、とにかく
 貢献していきたいということで、どんどん、仕事は進めていける
 と思います。



 
■ですが、私の考え方ではそういうことではありません。


 まずは欲望からスタートしています。



 欲望からスタートしたのですがそれだけでスタートしたために
 倒産というピンチに直面してしまったわけです。


 欲望と戦略だけでは、企業は長続きしないということが理解でき
 社会にも貢献していかなければという考え方が出てきました。



 そして、子供たちも大きくなるにつれ、また社会の活動などにも
 参加することなどが増えてきたことによって、自分の喜びは
 どこにあるのだろうかということが少しづつではありますが
 分かってきたというのが今の現状です。



 ですので、正論は正論として根底に持ちながら、まずは世の中の
 秤として考えるには、企業として稼げる体質にすることだと
 思います。




 その後、自分が描いている正論というものに少しでも近づいて
 いけるように努力していければ最高の人生なのかなとも思っています。




■自分の意見でしかないので
 それがいいとか悪いとかではありません。




 ただ、正論ばかりで聞こえはいいけども結局会社の中身は
 支払いも遅れ、借り入ればかりで、業績も悪く迷惑ばかり
 をかけているのでは、正論もただの気持ちだけになってしまうのでは
 ないでしょうか



 
 気持ちとして強く思うことは大事ですが、思うことと行っていること
 で、まずはそんなことを言っているよりは、やらなければならないことが
 あるのではないかと考えます。




 また税金も払わない人でありながら、社会に対して文句ばかり
 言っている人も私は、同じようなものだと思ってしまいます。




 
 まずは自分がやるべきことを行ってから言うべき事はいうのかな




 となると、最初の質問で、グレーゾーンということになるのですが
 債務が多大のままでは正論は言えません。だからこそまずは返済そして
 そこから発展と考える過程では自分なりにグレーソーンはOKだと
 考えます。



 

 まあ因果応報だから何でも返ってくるとは思っていますが
 そればかりは、後にならなければ分かりません。

 今やれることを一歩一歩行っていくことしかありませんね。




コメント(2)トラックバック(0)経営(投稿質問編)経営│ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by     2012年04月03日 11:33
発行元
_/_/_/ 勉強会事業 (KEN企業勉強会) 
_/_/_/ 片桐 健   ken katagiri
_/_/_/ E-mail : benkyoukai@cflutinc.com
_/_/_/ URL : http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm

一日何通もメールが送られてきて迷惑なんだけど。こんな事してまであなたは社会に存在する意味あるの?もうちょっと家族に恥ずかしくない仕事したほうがいいのでは?
2. Posted by ikweb   2015年01月13日 15:42
運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: yuki.yamada.1985@gmail.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ