経営(投稿質問編)

2009年08月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■正論はみせかけだけで、儲かればいいんじゃないのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんな質問を頂きました。


------------------------------------------------------- 
 片桐さんは、倒産してから這い上がってきたという事は
 良く分かるんだけど、グレーゾーンでも上がれればいいのか


 正論もメルマガ内には、とても多く書かれているが正論はみせかけ
 だけで儲かればいいんじゃないのか
-------------------------------------------------------


 非常にうれしいというか攻撃的なメールを頂き久しぶりに
 ワクワクしました。



 実際のメールは、もっと長い形で書かれていたのですが、短く
 させていただきました。



 
■私なりの、見解を書いておきます。




 まず正論についてなんですが、正論というのは、どちらかといえば
 聞こえが良い話しであり、



 例えば、社会貢献や人には迷惑かけない
 また、経営理論であったり、企業理念、営業理念、など
 綺麗に話していくことが、正論だと私は考えています。



 「社員のこと、お客様のこと社会のことを第一に考えそのために
  自分を犠牲にし、身をていして働き、関係者の笑顔をがみたい」



 こんなことや



 私が言っていることでは、
「企業のしかるべき方向が、社会の貢献に
 繋がることでなければ、永続的に反映しない」




 こんなことも言ったりしますが、もの凄く聞こえはいいんです。



 だから、聞こえを良くしたい時に発言したり書いたりする
 というわけではありません。



 本心で思っていることでもあります。



 ですが、それだけでは、零細企業は成り立っては行かないという
 考え方もあります。




 「社会のために、自分が立ち上がりサービスを提供しなければ
 この地域は活性化しない」といった高い志で仕事を始められる
 方も多く、そういった方であれば何も貰わなくても、とにかく
 貢献していきたいということで、どんどん、仕事は進めていける
 と思います。



 
■ですが、私の考え方ではそういうことではありません。


 まずは欲望からスタートしています。



 欲望からスタートしたのですがそれだけでスタートしたために
 倒産というピンチに直面してしまったわけです。


 欲望と戦略だけでは、企業は長続きしないということが理解でき
 社会にも貢献していかなければという考え方が出てきました。



 そして、子供たちも大きくなるにつれ、また社会の活動などにも
 参加することなどが増えてきたことによって、自分の喜びは
 どこにあるのだろうかということが少しづつではありますが
 分かってきたというのが今の現状です。



 ですので、正論は正論として根底に持ちながら、まずは世の中の
 秤として考えるには、企業として稼げる体質にすることだと
 思います。




 その後、自分が描いている正論というものに少しでも近づいて
 いけるように努力していければ最高の人生なのかなとも思っています。




■自分の意見でしかないので
 それがいいとか悪いとかではありません。




 ただ、正論ばかりで聞こえはいいけども結局会社の中身は
 支払いも遅れ、借り入ればかりで、業績も悪く迷惑ばかり
 をかけているのでは、正論もただの気持ちだけになってしまうのでは
 ないでしょうか



 
 気持ちとして強く思うことは大事ですが、思うことと行っていること
 で、まずはそんなことを言っているよりは、やらなければならないことが
 あるのではないかと考えます。




 また税金も払わない人でありながら、社会に対して文句ばかり
 言っている人も私は、同じようなものだと思ってしまいます。




 
 まずは自分がやるべきことを行ってから言うべき事はいうのかな




 となると、最初の質問で、グレーゾーンということになるのですが
 債務が多大のままでは正論は言えません。だからこそまずは返済そして
 そこから発展と考える過程では自分なりにグレーソーンはOKだと
 考えます。



 

 まあ因果応報だから何でも返ってくるとは思っていますが
 そればかりは、後にならなければ分かりません。

 今やれることを一歩一歩行っていくことしかありませんね。



コメント(2)トラックバック(0)│ 

2006年09月29日


【お前の会社は、もう辞めたほうがいいよ。】


■今日の題名でお前の会社は辞めたほうがいいよ。


こういうことを言える人って、結構貴重じゃないですか
その言っている人が、凄いとか凄くないとかそういうことは
関係なくしてです。


そういうことを言うからには何らかの根拠があるわけじゃないですか

この発言って、友達同士でも難しい言葉のような気がします。
なぜなら物すごく責任ある言葉ですよね。

■もしこんなことを言われて昔の状態であれば怒るだろうなーー


だって

命を懸けて経営してきて育ててきてそれを何も知らない人から

「もうその仕事は辞めたほうがいいよ。」


この一言はきついですね。

■先週の記事でこんな記事を書きました。

経営
倒産してしまったというような記事なんですが
その記事でお便りを頂きました。

───────────────────────
■読者様からの御意見
───────────────────────


はじめまして片桐さま
いつもメルマガを興味深く拝見しております。

私は、住宅建築業を主にクライアントとしたコンサルティングを
行っております。
私は会計・財務指導が中心なのですが、当社にはほかにマーケティング
販促、人事、経営戦略のスタッフがおり、いろいろな分野からのバック
アップを目指して日々活動しております。


つい先日、過去のクライアントが不渡りを出してしまい、
経営者が行方不明になったという連絡が入りました。


当社とは、1年以上も前にご縁はきれてしまったのですが、

実はその当時から

このような事態になることは、予想がついておりました。


抜本的な改革案を提案させていただいておりましたが、
まだそのような状態ではない。まだなんとかなる。


と経営者の決心がつかず、このような残念な結果となってしまいました。

病弱であった経営者の奥様がいまどうされているか、本当に心配です。


それにしても、説得しきれなかった、わが身の力不足を
痛感している次第です。


もっともっと自分を磨いて、このような事態を招くことのないよう
クライアントを導いて行かなければなりませんね。

───────────────────────


■こんな御意見いただきましてコンサルタントを2年間行わせて
いただいた私としてはちょっとドキッとしました。


以前も少し書きましたが、


私、調度メルマガを始めると同時期にコンサルタント業務を始め
ました。それがきっかけでメルマガを始めたといってもいいとは
思いますが


(純粋に困っている人を助けたいそれと同時に私も助けてー)

こんな状況でした。


自分の経験してきたスキルを提供する代わりにその対価を
頂いてきたのですがドンナ仕事でも最初は真剣じゃないですか


私にしても生き抜いていくことがかかっていますし
相手の会社にも大きな成果を残してあげたい



こんな気持ちで仕事をこなしてきました。

(もしかしたら最近読み始められた方は、コンサルタント業
をしていると思った方もいるかもしれません。実は6月に経営
 コンサルタント業務は辞めました。)


最初は安い金額で、とにかく大きな成果を上げてあげたい。

ですが忙しくなるにつれ
コンサルタント業務の料金も上げていきました。


■実際にどんどん儲かりまして、順調に推移していきました。


順調すぎる滑り出しでした。
ドンナ仕事でもはじめは苦労するものだと思いますがこの
コンサルタント業務に限っては思うように仕事が取れていき
ました。


少し特殊な事情や業界の方などが多かったので
とっつきやすかったのかもしれませんし私の経験が大きく
発揮できた瞬間でもありました。


今だから話せますが、本の出版が決りだすと仕事はどんどんと
いい方向に動き出しました。出版してからは、(笑)


正直、めちゃくちゃ儲かりました。(笑)


ここからが問題でした。


■儲かっているのはいいですしお客様もそれで喜んでくれる
わけですから何も問題はないのですが、金額が高くなるに
つれて


(物事がはっきりといえなくなったんです。)


これって重要な事なんです。






経営 営業
コメント(1)トラックバック(2)│ 

2006年06月15日



【質問コーナー】


今週はあるメーカーさんの質問です。
読者の皆様の御意見お待ちしています。


──────────────────────────────


こんにちは、はじめまして●●です。

いきなりのお手紙でお許しください。


少しでもお力添えいただければと思いメールさせていただきました。
弊社は、営業系会社の商品を作っている会社です。


(どちらかといえば訪問販売などで販売される事が多い)

昨今の、訪問販売バッシングや業界の流れも受け業績は下がる一方です。

前までであれば多少のバッシングが出ても2,3ヶ月で直ぐに業績は
回復しましたが、今回の低迷は現在1年以上の低迷となっています。


売り上げも2004年度と比べれば半分以下の現状です。


業界が、復活する事は厳しいと考え社員の給料は少なくしリストラも
行ないました。


ですが業績は下がる一方です。


今までは利益率も良かったので何とかなっていましたが限界点に
達し、借り入れも増えています。


もうこのままではいけないと思い住宅関連のリフォーム会社を
立ち上げましたが、そう簡単に業績も上がりませんし経費ばかりが
先立っています。


営業も指揮が低下し外にでる時間も少なくなりハッパをかけてみても
元々が営業会社ではないので動きが鈍い状況です。


何とかこの苦境を乗り切らなければと思うのですが資金繰りばかりが
頭にある状況でどうしたらいいのか


是非何かアドバイス頂ければ幸いです。


──────────────────────────────

■是非皆様の御意見お待ちしています。
日ごろのインプットをこんな機会にアウトプットしてみてください。

御意見はこちらまでお願いします。

ken@cflutinc.com





経営 営業
コメント(4)トラックバック(2)│ 

2005年12月20日

前回の質問はこちらに記載してあります

■私も3年前まで、
社員20名ほどの小さな会社を15年間経営しておりましたが、
ご指摘のような社員は必ず出てくるものです。

妙に人懐っこく、客受けする、お世辞もうまい、営業成績も良い。

しかし仕事の基本的なところで

(無断欠勤、遅刻、見込売上計上、回収能力無能、報告欠如など)

問題があるという社員。


社長としては、首にしたいが、営業成績はそこそこ上げているので
惜しいような気もして、なんとか説諭して、立ちなおるようにと試みてみる。


説諭すると、そのときは反省の色をみせて可愛げもあるといった社員である。

私の場合は、説諭は2回まで。3回目はないぞと、はっきり言います。


仕事の基本的ルールを決めて、ルールを守れないものは、
組織から出て行ってもらう。


そうでないと何のために決めたルールなのかということになります。

-------------------------------------


■なんとなく、気になったケースなので、一言メールしたくなりました。

私は、とある会社を経営しておりますが、

このケースと同じケースで今年、モチベさがり社員(1年前のスター)
を残していたがために、
会社全体のモチベーションにも悪影響をだしました。


私が首にしたいと幹部達に相談したときにはとめられ、
しぶしぶ、残しました。が、復活はせず、


だらだらいさせた結果6ヵ月後、
さらにモチベをさげた彼を首にすることになりました。が、


そのときには彼の影響ですでに5名ほどの社員をうらでつぶして、
すでにやめさせているという最悪の状況になりました。

私はずばり、即首が正解だとおもいます。

過去の栄光をもち、モチベがさがった社員ほど

悪はいないと心底、おもいます。

彼を首にすると、会社の状況がよくなり、

ゆっくりと利益、売上回復の道を歩み始めました。

裸の社長より。


────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────

■皆様からの御意見有難うございました。
やはりどうしても悪の巣を作ってしまう原因になるので
辞めさせるこの意見が圧倒的に多かったです。

ひと時の売り上げが下がる事もつらいそして悪い社員が
いるのもつらい。

これをどうにかするのが経営者です。

■思い切った行動が、良い方向に導かれる
悪はあく
経営 営業
コメント(0)トラックバック(1)│ 
【質問からの御意見】


前回の質問はこちらに記載してあります

ここから

-------------------------------------
■意見です。

騒動が起きてから、問題が起きてから・・・ 

予想もつかないことでとばっちりを受けるぶっそうな世の中ですが


結局は日頃の積み重ね=信用・信頼がものを言うのです。 

クレ−ムって受け入れたくない事の一つですが、
これを受入れて反映させることができなければ、

結局小さな事とあなどると
ちりも積もればで取り返しのつかないことになる。

とある法則に、1:100:3000でしたか、もし間違いてましたらすいません。
あります。

工場内の事故の確率です。 

他人事でもあすは我が身で、戒める必要があると思います。

-------------------------------------

■首にした方がいいでしょう。

無断欠勤して、それをカバーする人間に迷惑がかかるという
ことを意識できない人間が、他社のニーズを読み取ることが
できないと思うからです。


  また、無断欠勤は職場のモラルを低下させることも理由の1つです。


-------------------------------------


経営 営業
コメント(0)トラックバック(3)│ 

2005年12月05日



■こんにちは片桐です。


【社員を首にするかどうか?】


今週はある社長と打ち合わせをした話ですが

■この社長の会社は営業を主体とした建築会社です。

この社長の会社では、最近の悪質リフォーム騒動の影響もあり
この何ヶ月か成績が思わしくないそうです。


現実問題としてメディアの影響を受けている会社は相当多く
廃業、倒産される方もかなり多いと聞きます。


こんな状況での質問ですが

状況は、

◆まず店舗のリーダーがとても社員に対して悪影響を与えている。


無断欠席や、月末の追い込み時にも仕事をサボって遊びに言ってしまう。
このことを社員に対しても発言してしまう。

だが今までは、それなりの成績を上げているのでリーダーとなっている。
ただこの2ヶ月ほどは成績が悪くほとんど会社に貢献していない。

このような状況です。

◆社長としては首も切りたいがなんだかんだで成績も上げてくる。

この社員を切る事によりお店の達成も難しくなるかもしれない。

このような状況で首を切ったほうが良いのかそれとも
まだ様子を見たほうが良いのかといった感じです。

(補足としてこの社員は何度か無断欠勤をしている。)


文章ですので非常に簡単な内容だけしか記載していませんが
皆様の御意見頂ければ幸いです。


こんな機会に意見としてアウトプットしてみてはいかがですか
きっと文章で書くことにより更に能力は開花するのではないでしょうか
お待ちしています。

御意見はこちらまで
benkyoukai@cflutinc.com

■私の意見、コンサルタントとしては、即首です。


厳しい判断かもしれません。

ですが私も同じ立場にあったことがありますが
最終的に、そういう社員は一時的に成績は残せても、後に繋がらず
また他の社員に悪影響を与えます。

一人の社員の成績よりも全員で成績を、作っていく会社作りを
していかないと会社がその社員に対してお願い状態になり

会社としてその社員がいなければ常に赤字になる体質になってしまうと
既に時は遅く


遅かれ早かれその会社ごと大変な事になりかねないからです。

◆社員に対しておんぶに抱っこでは、会社の存在意義がなくなり

他の社員の意識はどんどん低下していきます。

このようなことから、首と言う意見を私は話させていただきました。


こういうとき、社長の判断って難しいんですよね。
ちなみに私が、以前の会社のときは、このケースで社員を残して
しまい失敗しました。

是非皆様の御意見もお聞かせください。


こちらまで
benkyoukai@cflutinc.com



─────────────────────────────────
■反省と勉強
─────────────────────────────────

■社長の最高の判断とはいったいなんだろうか

■社員を助ける救うとは何を基準に考えるのか


こんな疑問が出ると思いますが、常に私の判断材料としては
最後は社長が判断するので自分で考え自分で決断してその結果を
見ればいい。


社員一人に振り回される労力を他に使った方が賢明です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【片桐 健お勧め本】
---------------------------------------------------------PR----


■皆様のおかげでアマゾン総合3位にランクインしています。
ビジネス部門で2位

予約の段階で皆様が購入していただけている事に感謝します。

■有難うございます。


■普通の人が会社から嫌われるほど売れるようになる営業術 片桐 健 (著)

営業実践音声を特典で付けさせていただきました。

営業力をUPされたい方迷わずGO-------------


経営 営業
コメント(0)トラックバック(6)│ 

2005年09月21日



皆様からのご意見です。

ご質問内容はこちら

http://blog.livedoor.jp/keiei55/archives/50028166.html

■事務機販売会社の専務様へ

初めまして、竹内と申します。

私の場合は資金がなく害虫駆除で起業しました
知り合いの経営者には無謀と云われ
ある経営者には経営のセンスを身に付けてからにした方がいいと
云われながらやっています。

当然金融機関はどこも相手にしてはくれません。
ですから売上を上げるしか生きる道はなく毎日飛込みをしております。

飛込みなどの営業を常にしていないとものすごい不安感に襲われます。

でも、必ず成功っしてやる、と思いながらの毎日です。

私ごときが言うのはおこがま しいですが
もう、一度販売方法を見直してみたら如何でしょうか?

廃業はいつでもできます。継続は力なりです。

お互いに頑張りましょう。
--------------------------------------------------------

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 


皆様からのご意見です。

ご質問内容はこちら

http://blog.livedoor.jp/keiei55/archives/50028166.html

■事務機販売会社の専務様へ

初めまして、竹内と申します。

私の場合は資金がなく害虫駆除で起業しました
知り合いの経営者には無謀と云われ
ある経営者には経営のセンスを身に付けてからにした方がいいと
云われながらやっています。

当然金融機関はどこも相手にしてはくれません。
ですから売上を上げるしか生きる道はなく毎日飛込みをしております。

飛込みなどの営業を常にしていないとものすごい不安感に襲われます。

でも、必ず成功っしてやる、と思いながらの毎日です。

私ごときが言うのはおこがま しいですが
もう、一度販売方法を見直してみたら如何でしょうか?

廃業はいつでもできます。継続は力なりです。

お互いに頑張りましょう。
--------------------------------------------------------

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 


質問での皆様からの御意見です。

質問はこちら http://blog.livedoor.jp/keiei55/archives/50028166.html
■認めたくない自分がいて、客観視できない!と有りましたが。。

普通〜の人なら多かれ少なかれ皆そうだと思います。

追い込まれた状態で客観視って一番難しい事だし、
一番辛い事ですよね!

人のせい周りのせいにする方が一時的には
楽だしモルヒネのような物です。

再起成功を成し遂げた方達は、
きっとこの一番自分にとって辛く、難しい作業を独りで受け止めるだけの
強靭で正直な性格の持ち主なのだと思います。

■家康の最悪の時の自画像見た事有りますか?
わざわざ描かせて公開してはばからない所に、
失敗から学び忘れまじ!!!という偉大な男の執念を感じます。

■偉大な経営者京セラの稲盛さんなんかが禅寺で修行されているのも、
常在戦場のビジネスの世界で物事を客観視する為の正直な心を
養っていらっしゃるのだと思うのです。

粉飾情報!が一番良くないと思います。

社員も周りの取引先も皆心積もりが有る訳ですから、
責任を分かち合って頂かなければいけない方達には、
誠意ある正確な情報の提供が不可欠だと思います。

■経営者は腐っても鯛!狐ではなくライオンなのですから。。

お体に気を付けて!

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 
質問の御意見です。 質問はこちら http://blog.livedoor.jp/keiei55/archives/50028166.html

■状況は分かるのですが、

内容的にはもう少し詳しく把握したいところです。

しかし、この内容から感じられることは、
■1、やはり「借金返済」という目的が一番になって、
ビジョンが定まらないまま今に 至ったということと、

■2、貴社の場合、社員の方がいらっしゃって露頭に迷わせる事になるにも
かかわらず、「申し訳ない」「すまない」という気持ちが
ご相談のくだりにないことが、気に なりました。

そんな真直ぐな気持ちが必要であると思われます。

税理士の方も、「話にならない」と切って捨てられてますが、
それは一つに、今まで 貴社がその様にしかその方を求めていなかった
ためではないでしょうか?

その方にとっても、結局は他人事です。
ならば、本当に体の一部のようにメンテナンスをしながら日頃から
「人」という資産 を大切にして、必要としていなければ、
困ったときにベクトルが変わってくるのは当 たり前だと思います。

今まで曲がりなりにも、支えてきて下さったそんな
「人」に心から土下座出来れば、 これからの取り組みも変わり、
道も開けると思います。

また一番、(製品も社内も)良いか悪いか知ってるのは社員です。

私の持論。
『内も外も「人」が活き活きしていない会社に優良な利益は出せません。』

あしからず。そんな「人」のためにゼロになり、
尽くす勇気をもって次の一手を打っ て下さい。

どんな結果であれ、
貴殿は、この経験を通してしっかりと学ぶべき方だと 感じます。

                      Dr.K
-----------------------------------------------------
経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ