経営(倒産からストーリー)

2008年03月04日





■【ストーリー編】のどの渇き


そして会社最終日を迎えた。


最終日といっても勝手に自分で決めたわけで
従業員の人にはそれらしくは伝えたが
はっきりとは告げなかった。


その日は全員早帰り


従業員の人たちもおかしいなと感じていたと思う。

ただ今までの経営形態がほとんど家業の延長戦であった為

皆理解していたみたいだ。

こんなところだけ誰も反対しない会社もさびしい気がする。


◆一人机に座り

物思いにふけること5分間で直ぐに行動した。 

電話がうるさく
電話機は何台か壊してしまった。


ドラマみたいだった。


直ぐ気がつくことだが電話線を切れば良いだけの話だった。

はっきりいって今迄で一番どきどきというより、のどが渇いた。 

これがのどの渇きかと始めて実感した。 


酸素も不足した。 

のどの渇きは水分を補給してもしても乾くものじゃないと
このとき初めて体験した。


びっくりした。

荷物を運びながらめまいがする。


倒れそうになり深呼吸
無事に荷物も必要なものだけ運び出した。

このときの気持ちで、

「俺様が夜逃げか」

「何もなくなるのか」


◆空を見たらでっかな星が輝いていた。いったいなんだったんだろう。


────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────



■まず社長が倒産を決断したら、 すぐには社員には言わない心に留めておく


社長というのは意外と強いもので同じ境遇だと思い
勝手に社員に話をするとおかしなことになる。


私は優しさで話をしたがこれは帰って皆をくるしめてしまう。
意外といい方法で2、3日前の方が
皆は考えずにやることを続けるしかならない環境になる。

変に話し合う時間はないほうがいい。

相談しても決定するのは全部自分だからだ。



コメント(2)トラックバック(0)│ 

2008年02月20日





【自殺はするな  えっ 夜逃げか】


■こんにちは片桐です。
2週にわたり、自殺などの内容につき読者の皆様などの
感想、ご意見を書かせていただきました。


現在掲載できないものなどは、後日にまた掲載させていただき
ます。皆様からのご意見お待ちしています。
こちらまでbenkyoukai@cflutinc.com


■本日は、私のストーリーから自分なりに反省しようと
思います。


最近このメルマガを読まれた方は、お分かりになら
ない方もいらっしゃると思いますが


このメルマガを、書こうとしたきっかけは
(誰かに元気になってもらいたい。)というのが心情です。


そして初めのころに書いていたメルマガとは、私が以前
経営してきたストーリーとして書かせていただいて
いました。


そして、メルマガも3年以上書いていますので以前の記事
などのことから、書いていたときの心境やそれに対しての
反省なども書いています。


以前のメルマガですこちら

「いよいよ倒産か」

http://keiei55.livedoor.biz/archives/50184757.html

■今自分が読んでみて、そしてそのときの気持ちなどを考えてみると
切羽詰った状況でした。


ですが、10年前からどんなことでも

絵に描いて考えるということは、なぜだか行ってきました。


ですので

常に


こうなったらこうしよう
こっちがこう動いたらこうしよう


などと

選択肢を持って動いてきたので、判断で迷うことは
ありませんでした。
(それが正解かどうかは別として)


最悪の状況であっても、必ず選択肢は出てきます。

経営がピンチになる。成功する。

どんなときでも必ず選択肢があると思います。
その選択を常に絵に描いて頭の中で理解しておこうと
考えていました。


ですので、お金が無くなればこうしよう。



(こうしよう)というよりは、(こうするしかない)という選択
なのかもしれません


経営がピンチになると、どういう選択肢が出てくるでしょう。
資金繰りが悪くなればどういう選択肢が出るだろうか
こう考えておきます。


1.売り上げをUPして打開する
2.人件費など経費を見直す
3.借り入れを行う
4.事業を見直す。
5.会社を縮小する。
6.会社をたたむ。



などなどいろいろと出てくると思います。その中から
無理だろう事を省いて赤字で消していきます。


例えば上記のことだと経営がピンチ資金難ということなら
まずは、1と6は消しますよね。


そうすると2から5までの中で何が出来るのか考えてみます。


2については、すぐに出来ることですね。
3は、現状と銀行とのバランスを考えて出来るかどうかを判断します。
4は、そのとき商売が継続して回転している以上すぐに出来ることでは
ありません
5は考え付くことですね。


次に2,3,5に絞られるのでそこから更に絞って行って
いくということを常に行ってきました。


■その中で私は、倒産するかもしれないという選択肢が
あったわけです。


もういよいよ借り入れもマックスで、人件費も削ることも出来ない
売り上げも上がることは見込めない。事業も見直せない
資金繰りも2ヵ月後には大変なことになる。となると


経営者の頭には倒産という2文字がよぎります。


このときに、どういう選択肢が出るかということです。
ですが一応いろいろと考えてみてください。


嫌ですが書きますね。


1.普通に倒産、自己破産
2.借り入れ、業者などへ債務圧縮のお願い
3.夜逃げ
4.無理でも頑張る
5.自殺
6.開き直る。


などなど、くだらないかもしれませんが選択肢が出てくると
思います。
そして先ほどのように消していきます。


会社の状況に応じて、選択肢は変わってきますよね。
そのなかで、以前のメルマガにも書きましたがまず5番は
削除しますね。


こんなことを順番に消したり書いたりする中で一生懸命
悩み抜きました。


そして、最終的に私のときの状況では3つほどに絞られました
その中から現状がどう変わっていくかによって、選択すること
を書いておきました。


ですので、その時になったときはあえて迷わず決断することに
しました。その時になって迷うことが一番最悪のパターン
になるからです。



良い悪いということではなく、社長が自分でどう判断したか
なんです。


どれをとってもいいことはありません。
その中で、選択順位を守る中から順位付けしていけば
自ずと決まってきます。


書いていて頭が痛くなりそうですが、これを現実として
常に受け止めるためにもメルマガ書いています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お勧め情報】 
---------------------------------------------------------PR----
■SEO対策必見


 ページランクリンクプレミアムパッケージ 2008年版

 SEO対策に、高品質のリンクは重要ですが、更に重要なのは
 リンクの質と数が重要になります。


品質の高いサイトから21リンクがここまでの低価格で。。。
 数には限りがありますのでこのチャンスをお見逃しなく
詳しくはhttp://seoken.net/link_service_package/


----------------------------------------------------------------------

■KENSEO勉強会では、去年の暮れに27サイトをテストにて
検証しました。


その結果21サイトへリンクしたホームページは既に22サイト
 上位表示に成功する効果です。


あなたのサイトを上位に表示するには、タイトルとキーワード
そして、品質の高いリンクをまずはお試しください。

通常価格の70〜80%OFFのチャンスは今だけです。
 詳しくはこちらからhttp://seoken.net/link_service_package/


───────────────────────────────
【広告募集】
───────────────────────────────

■この総読者数9万部メルマガに広告を出してみませんか
御社のサービス、マーケティングに紙面をお使いください。

詳細はこちらから御確認ください。
http://www.cflutinc.com/kenkeiei/koukoku.html
───────────────────────────────
【片桐 健 著作】
───────────────────────────────

普通の人が会社から嫌われるほど売れるようになる営業術
http://jpan.jp/?katagiribook

───────────────────────────────
発行元
_/_/_/ 勉強会事業 (KEN企業勉強会) 
_/_/_/ 片桐 健   ken katagiri
_/_/_/ E-mail : benkyoukai@cflutinc.com
_/_/_/ URL : http://www.cflutinc.com/benkyoukai.htm

_/_/_/  KENSEO勉強会 http://seoken.net
_/_/_/

----------------------------------------------------------------------


コメント(0)トラックバック(0)│ 

2008年02月18日





■【ストーリー編】いよいよ倒産か



そんな大変な会社の状況で三番手●●は、やる気満々だった。 


                    内容は●●にも話してあるが、
あまり複雑に考られてしまうと問題があるので、
軽くしか話はしていないが



今の状況を考えれば非常に頼もしい。


  俺は●●と話し合い方向性を決定していく事にした。 
ただあまり心配かけるわけにはいかないので、
全てのことは、俺が決定した。 


いろんな事を武には話をしたが、すでに俺の頭に中の映像は
2つの方向性で決まっていた。


当然幹部Aの件は重要であった。

そして其の日が迎えるまで業者との打ち合わせ
金融機関とのうち合わせ


◆そして1番重要なのが弁護士との打ち合わせ
弁護士さんと話している時、一番心がやすらげた。


弁護士のほうではいろいろな提案があり最終的に決定するのは
自分の仕事だった。


そして弁護士との打ち合わせも2パターンで決定した。

そして最終日が近づいてきた。 


◆最後に幹部Aにもう一回
「話をしている内容は決まったか」
と話をしたが、何も決まっていなかった。
そのとき何か分かった気がした。


うつ病は、
(演じているのかな)


とそれから話をして納得という形よりも会社をやめてもらう結果となった。


このころの私の目は写真にとってはいないが、
とても人とは、目を合わせられない目玉の奥にもう一つ目玉があるというか、
かっこよく言えば目で話をするというよりも

目は動かず心で話をしている人間だった。


幹部Aがだめだったときは、
こうしようと自分で決めてあった内容で行動していくことを決定した。


取りあえず夜逃げだった。 


────────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────────



■私は、精神力が弱く夜逃げをする決定をしてしまいました。

とにかく夜逃げはよくないです。


今でも反省しています。


弁解ではないですが夜逃げを一回してから
弁護士が話をつけて次の行動を決定していくと言う方法でした。


お金も事後処理も相手の出方を伺うと言う方法です。

はっきりいって最悪です。


最善の方法ではなかったことも頭では理解していますが
その後は大変でした。
弁護士業者の打ち合わせ最悪です。


普通が一番良いのかもしれません。

ただ過去は振り返ってもしょうがないので
これからの人生を進んでいきます。

だからメルマガを書いているのかもしれません。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2008年02月05日





【自殺はするな】


■こんにちは片桐です。

 いきなりですが


「どんなにきつい状況であれ自殺は駄目ですよ。
 いくらだって回避する方法はあるんだから。。。。。。。。」



 しょっぱなからキツイ話ですが
 先日、建設関係の知り合いの方がお亡くなりになられました。
 ご冥福お祈り申し上げます。



●負債はたくさんある
●サラ金もたくさん
●闇金まで手を出しちゃった。


 毎日毎日、お金のことばかりが頭の中で駆け巡る。
 しまいには、


 どこに何を払うか全く分からなく、電話がかかってくる
 事をひたすら怯え、電話がかかってきたところに毎日
 謝る。



 そんな日々を繰り返していれば、楽になりたい気持ちも
  分かります。

(私も毎日、督促電話を受けていました。)
 落ち着けって言われたって分からないでしょう。


■ですがですが


 死んで保険金という選択肢だけは、考えるのをやめましょう。


 そんなことは、全く無意味なことです。

(お金が返済できるから)
 というだけで、大事な命をたつぐらいならいくらでも
 方法はあるはずです。


まずは誰かに相談してみましょう。


■例えばこんなところでもいろんな施策もあります。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構
 http://www.smrj.go.jp/
 http://j-net21.smrj.go.jp/



 経営者の皆様は、ギャンブルでお金を使ったわけでもなく
 浪費しすぎただけでもありません。


 頑張って経営してきたのだが、資金繰りが悪化したという
 ことだけだと思います。

 資金繰りが行き詰るのは経営者の責任ですが、だから
 死ねということではなく頑張って盛り返せというのが
 世間の考え方です。


 汚い言い方でもありますが


 お金を貸すほうも金利をもらう商売です。
 当然、商売ですからもらえないリスクというのも考えて
 あります。


 今では個人の再生の法律もありますし
 闇金まででギリギリの状況でも破産すればいいわけだし。


 ここで注意ですが
(知り合いに、借りて返さないのは辞めましょう)


 何かを決断するときに、一番気になるひとつになって
 しまうからです。


■ただ、そう簡単に割り切れる話ではありませんよね。


 他人には、考えられない強い責任感からくることも
 良く分かります。


 個人で創業し、いろんな方からの信頼を元にここまで
 頑張ってきたプライドや、借りた方への責任も強く感じて
 いると思います


 だからこそ、ここまで頑張ってこれたわけでもあります。


■ただ死んでしまうと周りの方はどう考えるでしょうか


 家族や子供はどうなるでしょうか

 自分は死んでしまうから何も考えずにいいかもしれません
 また、保険金だけで全て解決できる金額であれば、家族も
 お金に関しては心配ないかもしれません。


 ですが、もう2度と会うことは出来ないんですよ。



●子供は、どう考えるでしょうか

 一番感受性が高いときに死んでしまえば、一生子供の心
 には、その事件が残ってしまい、トラウマとなって
 つきまといます。



 最悪は子供の一生を、おかしな方向へ導いてしまうかも
 しれません。



 それなら家族や子供のためにも、頑張りぬいて生きている
 お父さんのほうがいいのではないでしょうか



■また先ほど、周りの方はどう考えるか?


 ということですが


 皆様の周りにもお亡くなりになられた方がいらっしゃると
 思いますがいかがでしょう



 年齢でお亡くなりになられた方
 事故でなくなられた方
 病気で亡くなられた方は



「良く生きたね」
「元気でナ」
「可哀想に」
「まだ若いのに」



 と悲しみ、いつまでも心に残っていてくれるものです。


 ですが自殺は、心に残りにくいです。
 あえて表現は濁しますが


「馬鹿だな」
「何やってんだよ」
「残ったほうがかわいそうだろ」


 などなど可哀想であっても「おいおい何やってんだ」
 というのが大半の意見です。


 そして結局最後は、(自殺しちゃった人))で終わってしま
 うんです。



■私は、倒産などについてのメルマガは3年以上書いてきました。
 そこでいろんな方からメールをいただいています。


 初めのころのメルマガは特にそういう色が濃いメルマガだった
 せいもありますが


 死にたい、苦しいなどのメールをたくさん戴きました。

 全てとは言えませんがそれでもみんな生き抜いています。

「死ぬのは、卑怯だぞ。」



------------------------------------------



皆様からのご意見お待ちしています。
どんなご意見、ご感想、質問でも、どしどし募集しています。
benkyoukai@cflutinc.com 片桐まで



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2007年11月12日



■倒産の決意から売り上げ


売り上げは上がらない。 

◆自分で原因は何なのか判明しているのに、動けない自分がいる。 
確かに自分でやる事もたくさんあるし 
皆に伝えていかなければならない事はたくさんある。  

「このままでいいのか」

全員の意識も、決していいものではない。 
毎日何度も俺は勝つとつぶやき出社していく。

◆この頃会社の状況は、頑張って行こうという気持ちはあるものの、
皆が朝からやることがあるのか直行直帰が増え、
打ち合わせなどは、当然少なくなっていた。 

業者さんとの話で 
「今月は厳しくて少し待ってもらえますか」
と相談すると結構みんな親身に待ってくれる。 

ただ、いままで待ってもらっていたのとは何か俺の中での雰囲気が違う 

「良い人はいっぱいいる。」
 

いつも
「ありがとうございます。」
と皆から言われると 何か罪悪感が出てくる。
ただこの時点では待ってもらっているだけで払うものだから
関係ないとは思いながらも整理する方向の動きのわけだから
迷惑はかけることになるという意識が罪悪感となっていた。


◆8月の売り上げは最悪だった。 
しかしみんなに怒る元気もなかった。
元気がないというよりも話す気がなかった。 
それよりもやる事が多すぎた。 

◆少し子供の話になるが、幼稚園が変って環境になれないらしいが
パパと連絡を取るときは元気に


「友達ができたよー」とか 
「何をもらった」
とか、少し嘘が入っていたりする。

子供なりに親を励まそうとしている。

そして必ず最後には
「いつになったらパパと会えるの」
と聞いてくる。

私はいつも決まって

「いい子にしていたらすぐ会える仕事だから」
としか言えなかった。

私自身こういう環境に子供をおいてしまった事に寂しさはあるが
愛情を与え続けることにより、きっと俺よりも強い子に育つと確信した。 


ビートたけしさんの子供の教育方法で子供のために
何かをするという教育はしないと
本に書かれていたことがいつも頭によぎっていた。              
                   
親は親の人生 子は子の人生だった

今月9月の売り上げは少しよさそうなスタートを切った、 
今の心境とすると少し疲れてきた感じがするが、気にしてもいられない。 
業者、金融機関との話し合いは毎日行われた。


今思うと銀行にはもっと早く話をしていれば、
もう少し対応策があったような気がした。  

◆9月の売り上げは、神様のいたずらか、反響売り上げ共に絶好調 
今までにない売り上げが上がった。 
売り上げは絶好調になったが大変な問題が発生した。 


今までずっと一緒にやってきた人間が 
これからの会社の行動に疑問を持つというよりも 
彼自身の頭の中で理解できない事態が起こった。 


コメント(0)トラックバック(0)│ 

2005年11月10日



コンサルタントとして勉強を始めたわけですが
最初の半年はほとんど勉強だけでした。

中小企業診断士の資格ですが結果からすると
資格は取れませんでした。
またの機会になってしまいましたが

■この勉強の場で一人の学生に出会いました。


初日の講義を私は行かなかったのでその方から声をかけていただき
ノートを見せていただく事ができました。

その彼とはそれから意気投合し
いろんな話をする友達となりました。

■この彼から得た影響は今までの私の考え方を変えさせてくれた
きっかけです。

まず何が変わったのか


●優秀な学生はとても能力が高い


皆様からすれば当たり前でしょ


こんな声が聞こえてきそうですが

今までの私の考えまた業界では「気合と根性」
これがなければ駄目だと考えてきました。
ハングリーであったり、コンプレックスそんなものが
支えとなり強い力を引き出すと思っていました。
ですので


大卒の方も以前は採用していましたがほとんど使い物には
ならない人材でした。


この考え方も確かに間違いではありません。

■ですが優秀な大学にいき

例えば夏休みも返上して上のクラスに行く為社会勉強
などをする方たちは圧倒的に考え方が違います。

後で社長になろう

起業しようと言う考えがあっても


今何をしなければいけないのかを自分で自分に課しています。

■就職した時に人より一歩先に行く為にはどうすれば良いのか

コミュニケーションとは何か

経理とは何か


取得できるスキルは物にしようという貪欲さがあります。

■この方に出会い私の考え方が大きく変わり

実際現在のビジネスでは大きく雇用の仕方が私自身変化しました。

新しい考え方が産まれました。

現在では大きな財産と考えています。


今どこの企業も優秀な人材探しに躍起になっています。
この考え方も中小、零細企業には大手より重要な考えの
ひとつのような気がします。


─────────────────────────────────
■反省と勉強
─────────────────────────────────

■優秀な大学生は何としてでも獲得したい。

 (当たり前の考え方ですがどこが優秀なのか)

■ハングリーとコンプレックスも重要

■新しい環境の人と出会うことにより自分の考え方が
パワーUPするぞ。

是非、閉鎖的な業界ほど新しい方に出会ったほうが道は開けるはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【片桐 健お勧め本】
---------------------------------------------------------PR----

『生き方??人間としていちばん大切なこと』(稲盛和夫)

■何かに迷った時は読む必要がある一冊です。

■ビジネス、金儲け、戦略などを考える上でも人間としての
基本的な考え方の上でなければ成り立たない。

そして奇麗事がおざなりになっているなら心をすっきりした
気持ちにまず変えてから戦略を考えるように私はしています。


経営 営業
コメント(0)トラックバック(1)│ 

2005年10月31日



■TVチューナーで少しの資金は溜まりました。
ですがこの資金だけでは、まだまだ足りません。

弁護士費用、返済費用考えただけでも足りないのは分かりますが
実際にはある中から払っていくしかありませんので
この中から少しづつ払っていきました。


この後ですが

■「いろんなものを販売していてもただのブローカーだしなー」


こんな考えを常に懐くようになりました。


■この頃

自分のノウハウと経験を生かしてコンサルタントを行おう
そして苦しい人などがいれば少しは助けてあげれるかもしれない。


正直にこんな考えでコンサルタントを行おうと考えました。


コンサルタントの種類などもいろいろありますが
経営に苦しい人に対してのコンサルタントは後々分かる事ですが
いきなりコンサルタントを始めた人には頼みもしません。


これは後々でいろいろ分かりだしたのでまた今度書きますが

一応コンサルタントの駆け出しと言う事でスタートしました。


■取りあえず中小企業診断士の資格が簡単そうだったので

まずはこの資格を取ろうと考え学校に通う事にしました。


ここでもいろんな方との出会いがありました。

そして経営について外部的な面から学び始めました。


■勉強してみると私が経営者として以下に無知で

そして



驚く事に



創業した時から倒産に向かってひたすら走っていた事が
経営学の本などには書かれています。


今まで何万何億と会社を立ち上げそして倒産
昔からを考えればこの数字でも足りないかもしれません。


その先人の生き方、経営の仕方を理論、仕組み化をしていけば


確かに経営のパターンなどが出てくることも理解ができました。


(奥が深い)



■こういう理論などは今まで私は

「理論であって実際に行うのは俺なんだから理論だけでは
経営は無理でしょ。」


こんな気持ちで経営をしてきましたがここまで
綺麗に自分の経営を裸にされると何もいえませんでした。


理論ばかりにとらわれてもいけないですが経営または
これから起業を目指されている方

目を通しておくだけでもきっと役に立ちます。


────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────


■コンサルタントと言う仕事はそんな簡単なものではない。

■経営理論取りあえず何かを探してみてみよう。
ほとんどのストーリーが分かるようになっています。

■これを見て観察していけば倒産する会社、伸びる会社、
その後どういう問題が起こりやすいかここまで分かればある程度

対処できる気がします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【片桐 健お勧め本】
----------------------------------------------------------PR----

組織論 有斐閣アルマ
桑田 耕太郎 (著), 田尾 雅夫 (著)


■本日は経営理論について書きましたのでせっかくですから
1冊後紹介します。

■この本は少し難しいかもしれませんが組織について、人間の行動
ライフサイクル、やモチベーションなどについて細かく書かれています。

経営について見なければいけないときはまず私はこの本を見てどんな
感じなのかを考察します。


■皆様にとってきっと役に立ちますよ (片桐)

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 

2005年09月27日



■1年が過ぎたころ知り合いの紹介で倒産について
話を聞いてみたいという人に出会うことになった。

その社長は私より10歳上の人だが、
親の代から受け継いだ小売業の2代目の方だった。

この人は真剣に会社のことを考えてる方で、
売り上げは低迷しているものの、
組織の改革ひとつで再建は可能であった。

私も勉強のつもりで
その会社の再建のお手伝いをさせていただくこととなり
毎日が勉強とレポートなどの資料作りに忙しくなった。

この会社との出会いが一番もやもやしていた気持ちを
飛ばしてくれたきっかけだろう。

今現在でも債権途中で少しづつではあるが、
その会社の社員にも社長のやりたいことがわかるようになり、
結果が残るようになってきている。

───────────────────────────────
■反省と勉強
───────────────────────────────

■何も前に進んでいない気がしても
必ず毎日年は取っていくし年月も流れていきます。

当たり前のことではありますが腐らず前だけを向いて
自分がやれる事から一つづつこなしていく事が一番大事だと思います。

■そして必ず占いではないですが
決めたことを動いていけば必ず転機は訪れます。

■ここでひとつ自分が動ける状況というのは
限られるケースもあるかもしれません。ですが動いていく
そうしないと転機は訪れません。

転機は呼び込むものです。

私はそう考えています。

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 


■倒産から次のステップへ

自分としてはまだ電車の中で

「完全には馴染めてないなー」

と思うときもまだあるが
また車を買って乗れる日々を頭に描き
反省の意味も含めてがんばろうとこのとき決意した。

何ヶ月もこんな日々が続くが弁護士さんとの
話し合いも少しづつ進んでいき 
俺が倒産と位置づけている日から早いもので1年が過ぎていた。

ずっと思うことだがやはり精神力とはものすごい大事なもので
こんな私でもたまには嫌になるなーと思うことは多々あるが
そんなときは後の人生、ばら色の事だけを考えるようにしている。

■今思っていることは、

前のばら色の人生より
数倍薔薇色の人生が来る日がきっと近い気がする。

其の時には自分に制御というものをつけ
そして勉強してきた事
失敗してきたことを2度と起こさないように肝に銘じようと思うと
毎日が楽しく過ごせていく。

経営 営業
コメント(0)トラックバック(1)│ 


今まではパソコンといっても誰かにやらせているだけで、
自分は何もできないし何も知らなかった。

今は全部自分でやらなければできない環境なので
当然自分でやるが
その環境がとても面白く新鮮な出来事でした。

そして以前からパソコンは凄いと人から言われていた事が
いったい何なのかを知りたくなりました。

「よしパソコンだ。」

◆話は変わりますが今は当然車などは持ってない。

  電車とバスの暮らしで最初のころは、
かなりきつかった記憶がある。

サラリーマンの人が電車で疲れて寝てしまう気持ちや
うるさい若者の話がいやになる気持ち 

電車で勉強になったことは、
電車に乗る人たちは
、本当にに人のことは気にせず電車に乗っている。

周りもうろうろ見ない

電車の不思議についても考えてみようと思っている

─────────────────────────────────
■勉強と反省
─────────────────────────────────

◆私は中小企業診断士の勉強をしてみて始めて会社とは何なのか
また成長期の時の戦略、そして成熟期の戦略など全ての事が
書かれていることには、大変びっくりしました。

何で今迄こういうことを勉強しなかったのかまた勉強せずに
独立した事が、恥ずかしい気もしました。

全て自分の感覚、雰囲気で物事を決定してきていたのでこれでは
まず駄目になる事は目に見えています。

私事の反省ですが

これから起業または経営者の方はどんどん勉強するべきだと思います。

戦略も当然大事ですが
次に会社はどういうステージに入り何が起こるのかだけでも
分かっていれば全然、戦略は変ってくるはずです。

調子がいいからとか悪いからどうだという事も大事ですが
それ以上に知っておかなければいけないことがたくさんあるはずです。

◆経験、体験から勉強も大事ですが
 疑似体験で学べる事はわかっておく必要がある。

私みたいな体験はする必要が無いと思います。

経営 営業
コメント(0)トラックバック(1)│ 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ