経営(社長とは)

2008年02月18日





■【ストーリー編】いよいよ倒産か



そんな大変な会社の状況で三番手●●は、やる気満々だった。 


                    内容は●●にも話してあるが、
あまり複雑に考られてしまうと問題があるので、
軽くしか話はしていないが



今の状況を考えれば非常に頼もしい。


  俺は●●と話し合い方向性を決定していく事にした。 
ただあまり心配かけるわけにはいかないので、
全てのことは、俺が決定した。 


いろんな事を武には話をしたが、すでに俺の頭に中の映像は
2つの方向性で決まっていた。


当然幹部Aの件は重要であった。

そして其の日が迎えるまで業者との打ち合わせ
金融機関とのうち合わせ


◆そして1番重要なのが弁護士との打ち合わせ
弁護士さんと話している時、一番心がやすらげた。


弁護士のほうではいろいろな提案があり最終的に決定するのは
自分の仕事だった。


そして弁護士との打ち合わせも2パターンで決定した。

そして最終日が近づいてきた。 


◆最後に幹部Aにもう一回
「話をしている内容は決まったか」
と話をしたが、何も決まっていなかった。
そのとき何か分かった気がした。


うつ病は、
(演じているのかな)


とそれから話をして納得という形よりも会社をやめてもらう結果となった。


このころの私の目は写真にとってはいないが、
とても人とは、目を合わせられない目玉の奥にもう一つ目玉があるというか、
かっこよく言えば目で話をするというよりも

目は動かず心で話をしている人間だった。


幹部Aがだめだったときは、
こうしようと自分で決めてあった内容で行動していくことを決定した。


取りあえず夜逃げだった。 


────────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────────



■私は、精神力が弱く夜逃げをする決定をしてしまいました。

とにかく夜逃げはよくないです。


今でも反省しています。


弁解ではないですが夜逃げを一回してから
弁護士が話をつけて次の行動を決定していくと言う方法でした。


お金も事後処理も相手の出方を伺うと言う方法です。

はっきりいって最悪です。


最善の方法ではなかったことも頭では理解していますが
その後は大変でした。
弁護士業者の打ち合わせ最悪です。


普通が一番良いのかもしれません。

ただ過去は振り返ってもしょうがないので
これからの人生を進んでいきます。

だからメルマガを書いているのかもしれません。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2007年10月15日


【表と裏、経営者の本質が左右するんだよ。】


■こんにちは片桐です。
 
 最近のメルマガでは、やたらとネットや、仕組みなどについて
 書くことは多いいのですが、


 それって、あくまでも戦略の一環ですので、それだけを進めて
 行くということでは、ないんですね。


 最初も最後も経営者の本質という部分がやはり一番
 重要になってくると思います。


 後で、今読んでいる本をご紹介しますが、
 その中で、非常に興味深いことが書かれていたので、本日は
 経営者の本質についてお伝えします。


■経営者を、外から見て本質を判断するときに、
 人間観的に、良い経営、悪い経営といったように二分論で
 語ることが多いと思います。




■例えばですが

 とにかく売り上げ、利益を稼ぐことが、大事なんだ
 と会社でいつも言い続ける経営者と


 社会のため、会社のため、従業員のために、経営を
 続けるんだ、といい続ける経営者でどちらが良い感じですかね。



 当然、後者のほうですね。


 別に、ここでどちらが良いとか悪いとかではなく今の日本人
 の頭の中には、この言葉は、どうなんだということが、自然と
 刷り込まれているからなんです。


 日本人は、結構まじめなんで、子供の頃からの親の行動や
 親から聞いてきたこと、回りで見てきたことなんかを
 自分の標準事として考えるようです。


 だから今、いろいろと政治にせよ、社会にせよ問題が
 多いのかもしれません。



■先ほどの、前者の話になりますが
 実際には、経営者はお金だといいながら
 お金がなければ会社は成り立たないことが、よく分かっているから
 そう言っているのかもしれません。


 社会的なことや、従業員のことは当たり前に考えているのかも
 しれません。



■だからというわけではありませんが


 善だの悪だのだけでは、語れないことが経営なのかもしれません。

 これだから、良いとか
 これだから、悪いということはないということです。




 また面白い話もありました。


 従業員が、会社の仕事がとても忙しいのに、家族を大事にする
 という行動は、会社からすれば、悪ですが、家族からすれば善
 かもしれません。


 経営者が倒産するときに、従業員的には悪いということでも
 社会的にはいいこともあるだろうし、家族的にはいいことも
 あるかもしれない。


 ようは見る方向によって、変わるということですね。


 悪く言えば、自分の都合の言いように全て人は考える
 わけです。



■経営の危機などになると、経営者の本質が現れます。


 とにかく、自分の名誉と、財産をまもりたい
 仲間はどうでもいいからこの場所を逃げ出したい


 逆に生活を守るためには頑固として会社にしがみつきたい
 仲間から後ろ指を指されるのが嫌で判断が付かず優柔不断な人、
 これがチャンスだと考える野心家


 などなど
 その人によって、考え方が変わります。


 どの考え方であれ、裏側はあるもので純粋にそう考えている
 わけでもないですね。

 それと同時に、人がどういう風に思っているかというのも
 表があって裏があるように二分論で考えるようになっている
 と思います。


 多分、どの人も実際には、二分論では考えていないとは思う。



 もうひとつ社会的、会社的だという部分を考えてみると
 家族は守れないが、会社は守れるという経営者もいますが
 これもどうなんだろうね。


 家族ぐらい守れなければ、会社の従業員は守れないでしょ。
 ですがこれも表からと裏からの見方があるって事ですね。




■いろいろと書いていますが


 私が、結論を出すとすれば経営者の本質は、どうであれ
 本質部分を補うことを常に行っていくことが、経営では
 大事なのかもしれない。



 本質が、社会から悪いと見られやすければ、その部分を補完する。

 本質が、従業員から悪く見られやすいのであれば、それを補完
 するようにしていけば、自分の逆も作っていけるのではない
 だろうか



 これだけのメルマガで、まとまるはずもない文章だがまとめて
 みました。


 経営者は常に戦っていると勘違いしている場合もありますよ。
 経営者は大変な状況で、決断していると考えるのも、違う
 ケースもあるわけで、本質部分との戦いなのかもしれません。


コメント(0)トラックバック(0)│ 

2007年08月13日

■前回までの話続き


社員のパワーが少なくなってきていることを感じながら
会社としての体力も減ってきている状況の中
社員に対して給料設定から労働時間ルールなどを変更していく。
「やめたい人間はやめてくれ」
と言ったが誰も辞めなかった。


■決意する


◆ただやる気が出た社員とやる気がない社員との
振り分けができるようになりこれはありがたかった。 


ただこのままの人間では、妥協が体に染み付いている。 
自分の力で社員が変えられない自分が悔しかった。


ただ私自身第2子が生まれた。
とても勇気がわいてくると共にこの子も路頭に迷わせるわけには行かない
という強い責任感がまた湧いてきた。 

                   
◆7月 転換期 今の会社を、整理させる決心が付いた。
自分では前向きだが、他の人からすれば、
逃げているといわれることなのかもしれない。


 
コメント(0)トラックバック(0)│ 

2007年05月17日





【忙しいのが社長の仕事か?】


「社長電話です。」
「社長どうすればいいですか」

ひっきりなしに、電話や相談が順番にやってくる。


■1日電話の応対と、打ち合わせだけで終わっている社長さん
多くないですか


以前の私もそうでした。

いろんな人から電話が来る
来客が順番に待っている
打ち合わせの順番待ち



何となく忙しくがんばっている社長さんのような気がします。
実際に1日の行動を終えるとなぜか充実感でいっぱい。


「今日も頑張ったなーーーーー  忙しかった。」


行動しているので、疲れますし仕事をしています。
ですが経営者の仕事はしていただろうか?


■また私の例で恐縮ですが


常に電話や、打ち合わせを聞いていることで現場に接している
 と考えていました。


 社員との、コミュニケーションもバッチリだと思っていました。


 この状況は、


 起業したての会社であれば、先頭に立って頑張る社長という
 事で、会社のモチベーションもあがるし充実感も味わえます。


 ですが数年して、または10年経ってもこの状況の会社が
 多くないですか


 「イヤーーー貧乏暇なしだよ。」


 別に謙遜するのは、構わないんですが

 忙しいから、儲かるわけでもないし忙しいからその会社は

 好調なわけでもありません。


 私からすれば「貧乏で暇が無いんだな」と純粋に思って
 しまいます。


 日本人の会話って面白いですね。

■私は聞かれると最近では
 「暇ですよいつでも大丈夫です。」ですが優先事項を
 決めて動きますんで


 「飲んでいても電話ばかりの社長さん。」


 忙しそうで、よさそうなんですが


■結局は、社長が忙しいのは、

 仕組みが出来てない
 社員の判断能力が悪い。

 会社が組織化されていないんだということを人に伝えている
 ようなものです。


 よく思いますが


 社長でなければ、出来ない仕事や判断ってそんなに無いですよね。


 社長がする仕事は、会社の方向性と、行き先です。
 本を読んだり、ぼーーとしながらインターネットのニュースでも
 見ている社長のほうが多分成長していきます。


 なぜかは分かりますよね。


 社員が自分の意思で決められた仕組みで頑張っている
 会社なら社長にわざわざ話す必要ないですよね。


 やることも決まっているし、いく方向も決まっていれば
 誰でも判断できます。


 判断できないのは、全てが曖昧だからです。


(昨日は良いと言ったのに今日は駄目だとか)


(店長に聞いたら良いと言ったのに社長に聞いたら
 駄目だとか)


 多いですよね。


■だから3年やっても。5年やっても全く初めの頃と
 変わらないんです。


 売り上げは増えているかもしれません。
 利益も増えているかもしれません。


 ですが貧乏暇なしなんです。


■先日、名古屋に行きお会いした社長さん2年前は手も現場で
 汚れていて作業着で飲みに着ていました。


 「明日は朝5時半に会社にいってそこから横浜だよ。」


 ということで、少し飲んだら帰るということが1年以上
 続きました。


 ですが常に「1年すれば全ての仕組みは完了するから
 まあ待っててよ。」


 そして有限実行で、先日は全く違いました。



「やっと仕組みがほぼ出来上がり暇になりましたよ。」
「先月飲食店もオープンしたんでそこへいきましょう。」
「何時ごろきますか?」


 仕組みが出来上がりすぎて怖いぐらいでした。

 これが経営者の醍醐味なのではないでしょうか



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2007年01月29日

■2回目の就職先は不動産


私が就職したときの面接の話


■面接に行ったとき、なぜそんな髪形で行ったのか覚えてはいませんが、
金髪のまま面接に行っていました。


今考えれば、受かるわけがありません。


  不動産やの社長は、一言「よくその頭で面接に来たね」
「君はこれからどうして行きたい」といわれました。


 私は、お金を稼ぎたいとだけ答えました。


■そこで面接は終わり
「グループ会社に、リフォーム会社があるからそこの社長と話をしなさい」

といわれ次の日にリフォーム会社の面接に行きました。


当然次の日の面接に髪の毛は、黒くしていきました。

そして面接に行き社長とあうことになりいきなり笑われました。


「髪の毛黒くしてきたじゃん」話は聞いているよといってくれ、

■また いきなり「いくら稼ぎたいの」と言われ
私は逆に「いくらぐらい稼げるのですか」と質問したら、
「プロパンガスボンベの契約変更を100件交換したら100万円だよ」
といわれ

社長から「やれるか」


私は即答でやれます。と答えました。


■それで採用になり次の日から出社することになりました。


後から聞いてみると、不動産屋の社長は、
「ものになるか分からないが、違う方面では使えるかもしれない」と
不動産の社長にリフォーム社長は、言われたそうです。


そして髪の毛が黒ければ真剣だろうといっていたそうです。


私の面接はこのような感じでした。


■面接についてですが
私も独立してから似たような面接方法を取って採用してきましたが、 
はっきり言ってなかなかよい人材は、採用できませんでした。


■時代も違えば、人も違います。
私の勘違いな考え方を恥ずかしながら教えますと
面接に来る人達が自分と考え方は一緒だろうと思っていました


今考えると笑ってしまう話ですが、現にそう考えていました。
■それから多数の面接をしてきた中で失敗する面接と成功する面接が
完璧ではないですが分かりかけたことをお話します。


失敗例 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
1.どっちが面接だか分からなくなる 空回り

自分の会社が小さい会社だから、とにかく入社してほしい
という気持ちが強すぎてどっちが面接だか分からなくなってしまう
最後には 採用 不採用を相手にゆだねてしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.カッコウつけすぎ


先ほどと逆ではあるが、「なめられてはいけない」
 態度が出てしまい
社長の良い雰囲気が伝わらず面接が終わる


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.会社の雰囲気

忙しくて人が事務員しか会社にいない
  暗い  暇そう 
これは良くないです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4.即決

社長が気に入ってしまい即決してしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5.会社での決まりごとが何も無い

創業したばかりの会社では、ルールが暗黙の了解的なところがあります。
面接のとき 
「自由な会社だからルールは無いよ」ではいい加減すぎてしまう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━ 成功する面接 ━━━━━━━━━━


1.面接では会社の説明を必ず考えておく。 

会社側で何を面接に来た方に説明しなければならないか決めておく。

質問は決めておく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.社内 社外から見ての雰囲気

社内は、きれいで明るく面接に来る方が働きたいなと
思わせる環境でなければならない 

  いつもきれいな会社でも知らないうちに社内に慣れてきている
可能性があるので営業同様 細部にまで気を配る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.最初に応対する方は丁寧に

面接に来る方が会社に入ってきたとき1番最初に応対する人は、
1番気を配る

面接に来る方は緊張しているのが当たり前です。
1番最初にあった人で、会社を判断します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4.この人材は良いと思っても即決はしない

大企業は別ですが中小零細企業で営業会社を志望してくる人は、
他の営業会社も面接に行っていますので、安売りはしない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5.同面接は確率が高い

合同で面接をすると対抗意識が働き 
採用通知を出したときに断られることはまず無い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6.最後に1番重要なのは社長のセンス パワー身だしなみ

しゃべり方 会社の顔は、社長です。 

少し前に格好が良かったファッションなど
古くなっている可能性があります。


以上ですが 


面接でよい人材を獲得することが、これからの時代
企業が 伸びていくには、不可欠です。
人材はあまってはいますが、良い人材は 少なくなっています。






経営 営業
コメント(0)トラックバック(1)│ 

2005年10月11日



倒産し、いろいろありながらですが
結局はお金を稼がなければなりません。

生きていく為、また夢のため、そして目標の為ですが
■自分の武器というか能力で自信があるものは営業でした。

   ですのでまずは
 「何かを売ろう。」

この何かについてはいろいろ商材はありました。

以前のメルマガにもこの辺の事は少し書いているので
お時間ある方は見てみてください。

http://blog.livedoor.jp/keiei55/archives/50033221.html

■その中で面白かったものと言えば良いのか
儲かったものと言った方が良いのかもしれません。

「TVチューナー」

何だそれは

そんな印象を皆様もたれたかもしれませんが

復活の第一歩はここからでした。

けして違法のものではありません。

これは私が考えている以上に販売できました。
全て訪問販売です。

販売の能力があるということもありますがこの商品は
商品力がずば抜けていました。

ですので売り方さえ考えれば私は誰でも売れたと思います。

今ではこの商品はあんまり良くないらしくどうなっているのか
分かりませんが私が販売した1年程後にはテレビでも
問題視されていました。

■その当時インターネットなどは
全く頭になく考えてもいませんでした。

その頃インターネットで販売していた方は
3ヶ月ほどで億単位の売り上げを上げたそうです。

後で聞いて悔しかったーーーーーーー

このころインターネットって一体なんだよ。
こんな疑問が出てきた気もします。

私が朝から晩まで販売して
取り付けてこんなことを繰り返している

その横では梱包して送るだけ


うーん


何なんでしょうこの差は


そんなこんなで

この商品は1月ほどで販売終了です。

というより在庫切れ
ですが十分すぎるお金は頂く事ができました。

ちなみに利益率は71%

■あーーーそーなんだ

皆様こんな感じで思われるかもしれません。

■このときにひとつ勉強できた事があります。

勉強できた事は東京にいると情報が多い気がします。

ですが新しい情報は私が考えるには港町だと思います。

兵庫、福岡 その頃私は関西、兵庫にいましたのでたまたま
この情報とめぐり合えました。

ですが多分東京では無理だったと思います。


───────────────────────────────
■反省と勉強
───────────────────────────────
■まずはピンチになったら自分の得意なものからチャレンジ

■行動第一

■情報は港町かな?(勝手な意見です。)根拠はありません。

経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 


■こんにちは片桐です。

先週でメルマガを書き始めて1年が経過しました。

とても早い1年だった気がします。

■毎週メルマガを書くことも最初は大変でしたが
今では業務の ひとつの流れのようになってきました。

また趣味のような気もしています。


皆様のおかげで1年書き続ける事ができました。

(有難うございます。)


(有難うございます。)


■本当に感謝しています。


続けていくって結構大変な時もあります。
メルマガを書いている方などからもメールなど頂きますが
読者が増えないと書いていても
つい休みがちになってしまうそうです。

私が毎週書き続けられたのは皆様のおかげです。
有難うございます。


何度もしつこいので

■この辺で1年間を振り返ってみたいと思います。

よく皆様からの質問でメールマガジンを書いていて何が良いのか
こんな質問を頂く事が多いです。

いろんな考え方がありますが私の場合

◆自分の考えを発表する。
◆コンサルタントのビジネスにつなげる。
◆収入につなげる。
こんな気持ちでメールマガジンを書き続けています。

そうすると
いろんな方からメールを頂く事ができ情報も入ってくるようにもなります。

またいろんな悩みを抱えている方からもメールを頂きます。

こういう流れを作っておくと
いろんなビジネスのアイデアであったり 知識などが構築できる
という良い流れなども1年でできたような 気がします。

また収入面では部数が増えてくると広告依頼もきます。
これは意外とびっくりですね。

こんなことも最近は増えてきました。

ですがそこまでメールマガジンに力を入れすぎると大変になるので
広告などはあまり行いません。

◆何が良かったのか漠然としていて
皆様にお伝えしにくいですが 簡単にまとめて見ます。

先ほども書きましたが

◆自分の意見を発言できる。

◆インターネットと言うものが理解できてきた。

この2点が一番私にとって
大きな価値をもたらしてくれていると 感じています。

■何度かメルマガでは伝えていますが

私はインターネットを触ってから1年と少しです。

ですが何となくではありますがインターネットとは何だ。

パソコンとは何だこんなことがいえるようになってきました。

これが今の時代ではものすごく活用できるんです。

来週からは今まで暗いお話ばかりが多かったですが
明るい話と何が勉強できてそしてビジネスの仕組みについてなど
私が行ってきた事をこれからの1年間で書いていこうと思います。

───────────────────────────────
■勉強点と反省
───────────────────────────────

◆メールマガジンを書き始めてから何の効用が出たのか


◆インターネット、パソコンの仕組みとはいったいなんだ。


◆倒産から復活していく為にはどうする。


経営 営業
コメント(1)トラックバック(0)│ 

2005年09月27日



【精神論】

今週はどの場面でも必要な精神論的な話です。

今まで読んでいただいて精神論は常に重要な事で
私が最重要視している事だとは
お気づきになられているかとは思いますが



■精神論の鍛え方であり考え方ですが、
よくある質問で
「精神論はどうやって鍛えるのですか。」

こんな質問を頂く事があります。

私は

「迷ったときは、必ず行動に移すことです。」

この答えしか今のところ見つかりません。

■私も他の方よりは精神力は弱いです。
ですが自信を持っている部分は
自分に とって重要な部分の精神力は強いと言う事です。

当然失敗は多々あるわけですが、
その失敗はなぜ失敗だったか。

そして行動しなければ失敗も分からなかった。

というような考え方で私は、動いていました。

◆後悔はせず反省だけする。

◆自分の責任で必ず判断し、人のせいにしない。 
当たり前のことですが、実行してみてください。

  経営 営業
コメント(0)トラックバック(0)│ 

2005年09月21日



◆最後に端口にもう一回
「話をしている内容は決まったか」

と話をしたが、何も決まっていなかった。

そのとき何か分かった気がした。
うつ病は、
(演じているのかな)

とそれから話をして納得という形よりも会社をやめてもらう結果となった。

このころの私の目は写真にとってはいないが、
とても人とは、目を合わせられない目玉の奥にもう一つ目玉があるというか、
かっこよく言えば目で話をするというよりも
目は動かず心で話をしている人間だった。

端口がだめだったときは、
こうしようと自分で決めてあった内容で行動していくことを決定した。

取りあえず夜逃げだった。

  ────────────────────────────────────
■反省と勉強
────────────────────────────────────
■私は、精神力が弱く夜逃げをする決定をしてしまいました。

とにかく夜逃げはよくないです。

今でも反省しています。

弁解ではないですが夜逃げを一回してから
弁護士が話をつけて次の行動を決定していくと言う方法でした。

お金も事後処理も相手の出方を伺うと言う方法です。

はっきりいって最悪です。

最善の方法ではなかったことも頭では理解していますが
その後は大変でした。

弁護士業者の打ち合わせ最悪です。

普通が一番良いのかもしれません。

ただ過去は振り返ってもしょうがないので
これからの人生を進んでいきます。


コメント(0)トラックバック(0)│ 


■【いよいよ倒産か】

そんな大変な会社の状況で三番手武は、やる気満々だった。

  内容は武にも話してあるが、
あまり複雑に考られてしまうと問題があるので、
軽くしか話はしていないが

今の状況を考えれば非常に頼もしい。

  俺は武と話し合い方向性を決定していく事にした。
  ただあまり心配かけるわけにはいかないので、
全てのことは、俺が決定した。

  いろんな事を武には話をしたが、すでに俺の頭に中の映像は
2つの方向性で決まっていた。

当然端口の件は重要であった。
そして其の日が迎えるまで業者との打ち合わせ
金融機関とのうち合わせ

◆そして1番重要なのが弁護士との打ち合わせ
弁護士さんと話している時、一番心がやすらげた。

弁護士のほうではいろいろな提案があり最終的に決定するのは
自分の仕事だった。

そして弁護士との打ち合わせも2パターンで決定した。

そして最終日が近づいてきた。

 
コメント(0)トラックバック(0)│ 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ