片桐とは

2007年01月18日



■意味が無いから辞めたわけだが 他の理由として 
   当時に
 酒を飲み人の家に車で突っ込んでしまう大事故を、
 おこしてしまいました。 


車 家などは大変な事だったが、


 一番大変だったのは隣に乗っていた女の子の顔が、ぐちゃぐちゃだった。
当然保険が利くわけもなく、とにかく働くしかなかった。


■その女性と結婚しなければいけない そう思っていたが
 運良くその女性には、嫌われてしまい、お金で解決することになった。


月々に返せるお金は決まっていたので、
早く稼いで終わりにするしかなかった


■私のアルバイトは水商売 そのころはバブルが弾ける頃で 
 夜の商売は少し前かなりの全盛期だった           


もう少し以前に夜の仕事にであっていたら、
そのまま夜の仕事になっていた気がするぐらい華やかさは残っていた。
アルバイトで稼いだ金では、事故での借金を返せる状況ではなかった。


■そんなときにお金を借りたのだが 
 借りた2日目で30万が70万になってしまった。 


 今で言う紹介金融だが、 その当時19歳で保証人もなく
 30万も借りるにはいろいろと無理があった。その30万を借りるのに
 簡単に言うと40万円の手数料を払わなければいけないということだった。


非常にあせり 

それから無我夢中で高給のアルバイトなら何でもした。
それこそおかまから 運びや 魚屋 1日睡眠は3時間で後は全て働いた 


そして2ヶ月で70万は完済した。


■ただ何かが変わったということは無かったが、
 仕事ということを真剣に考え出した。


 そのころ 今でも付き合いのある先輩で、


■その人が言うには 
「成功を志して仕事をするのに お前は 学歴もなく才能もないのだから
 水商売か 力仕事か、営業しかない」といわれた


   水商売と力仕事はやった事があるので営業職に就いた。
 そのころは簡単な動機で営業職に就こうと思った。 
 今考えれば言われた言葉がすばらしかったと思う


■そして営業職だが 目指せ100万円の募集広告につられ 
 屋根の上にのせるソーラーを販売する会社についた。


 ソーラー会社は、面白く無かったが、とにかく収入は良かった。
 入った新入社員の一月目で60万円も給料を貰えた 


■ただ朝から晩まで働きずくめ 昼間は結構休憩はあるが夜は11時まで 
 お金を、使う暇もなかった。 他の社員の人たちは、私では考え付かない
 ような苦労をしている人たちばかりだった。


 それこそバブルで億の借金がある人も働いていた。
 それから会社を辞めることになる。  


■やめるきっかけになった事は
 先輩に無理やり契約を横取りされたことだった。


   無理やり横取りされる理由が、
 リーダーという人がいて、リーダーは必ず1日 1契約しないと
 そのチームが会社には、帰れなかった。


 「先輩に契約を取られるような会社は辞めます」


 といって辞めたが 本当の私の心では、違った 


■仕事の内容は訪問販売の会社だが夜10時からでも、契約が無ければ
 寝ているところにチャイムを鳴らして起こす会社だった。


 やめる前の日の夜は、雨が降っていて、その雨の中、傘もささずに
 隣の家まで歩いていった 隣の家というのが500メートルぐらいあり、
 家までたどり着かずに、大きな石があったので座ってしまった。



 隣の家まで歩いていけず上司には、「家を空けてくれませんでした。」
 と報告した。この会社は確かに稼げるが、疲れすぎる為やめることにした。


■そのとき勉強になったことで、雨の中傘もささずにいけば
 家に上げてくれるかもしれないという教えだった。 


■すごい教育方針だったが そのころの教育は今の私に為になっている。
 ある程度の金はできたが、まだまだ返さなければならない 


 このころの借金は、400万ぐらいだった。


 次の会社はお金も稼げてもう少し楽しそうな会社にしようと考えていた。







経営 営業
コメント(5)トラックバック(1)│ 

2007年01月04日


(コンプレックス)

■私の生まれた環境などをお話します。


子供の頃から平凡というよりは、どちらかというと 
宗教の要素がある家庭に産まれました。 

宗教というのは良い事もあるかとは思いますが、

■私の親がやっていた宗教は、少し変わった宗教でした。 

 ある日、宗教の全国大会に親と行きました。


■大きなプールが会場には、置いてあり プールの水に入れると一人前に
なれるというものでした。誰でも入れるわけではなく


プールの水に入るために、全てをその宗教に奉げた人は、入れるわけです。
入れると永遠の命が約束されます。


■この辺で変わっているのですが、私がその当時、疑問だった事が 
 子供の教育ですが親の言うことを聞かないと、ゴムの鞭でたたかれます。


  お尻が腫れあがるまで叩かれても、絶対に泣いてはいけないのです 
 泣くとまた叩かれます。 

■そんな子供の頃でしたから、叩かれる位では 泣かない人になりました。


 その分 感動には、とても弱いと思います。
 今になり 親に感謝すれば欲望に関しては
 人一倍強くなったということです 


■なぜかといいますと 宗教のせいもあり子供のころ
 誕生日 クリスマスなど普通の子供がもらうプレゼントなど、
 私は 貰えませんでした。 


 戦後じゃないのに 戦後状態で何もありませんでした。

 とても嫌な記憶だけ残っています。


■その中でも父は味方でスポーツでは、サッカーのチームに入り遊ぶことが
 できました。


教育では夏休みの宿題など、
1週間で、終わりにしないと遊びに行かせてもらえない教育方法でした。


今となればかなり感謝しています。

書いていて 私は恵まれた父親がいたと実感してしまいました。






経営 営業
コメント(2)トラックバック(0)│ 
著作
メルマガ
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」まぐまぐで配信


メールアドレス:




最新コメント
ブログランキング
Profile
片桐 健
倒産から現在復活をかけ人生挑戦中
羽ばたくぞ
  • ライブドアブログ