法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

更新情報

子供の頃、突然連れていかれた葬儀で焼香の順番を待つとき。 突然の知人の不幸、お通夜に出向くことになり御霊前の金額をどうしたら良いか判断に迷う。 いきなり上司に、大事な顧客との接待の席に同席の指示で慣れない上品なホテルのレストランでのディナー。 子供にせ
『納税と作法 ~  「人格のない社団の収益事業」』の画像

今月度のテーマは「改正法案から始める民法の基礎」です。民法は「社会共同生活」の基本ルールと言えますが、その中身は「民」と「民」の関わりにおいて起きる色々なトラブル事例 に対する対策を積み上げたものとでもいえるのではないでしょうか? ということは、一つ
『民法による大人の社会勉強~民法大改正(2月度研究会テーマ)より』の画像

下請法については、関心を持たれている方も多いと思いますので、2012年に発表した下請法の判例研究報告内容を紹介させていただきます。 下請法違反でも契約が有効になる場合「下請法は強制法規なので下請法に反する合意・契約は無効」と一般的には教えられます。大企業などの
『下請法に違反した契約の私法上の効力について ~ 下請法判例研究より』の画像

↑レジュメ: クリックでダウンロードみなさんはセクシュアル・マイノリティやLGBTについて、ご自分ではどれくらい理解していると思いますか?  私はというと、TVの向こう側でゲイのタレント達が繰り広げるエンタテインメントの世界や歌舞伎町界隈の夜の世界などの話題を見
『多様な生き方を理解しましょう!~1月度研究会テーマ「セクシュアル・マイノリティとは」より』の画像

12月度の例会テーマは「事業承継税制」でした。発表者の亀岡氏は後継者育成に長年携わっていらっしゃいます。今回は、これまでに氏が関わってきた企業への事業承継に向けた取り組みについてのヒアリング結果を紹介していただきながら、経営承継の現状と課題について大いに議
『事業承継の前にやっておくことは? ~ 12月度研究会テーマ「事業承継税制とその活用実態」より』の画像

なんと言っても女性の戦力化については議論が活発でした。 「社長が女性活用を分かっていない」「優秀な女性をマネジメントに登用しようと打診したが、中々首を縦に振らなかった」「でも、一旦OKすると仕事をバリバリやってくれている」「女性が活躍している企業では、女性
『時代とともに働き方は変わる〜10月度研究会テーマ「労働関連3法について」より』の画像

※ 今月度は、記事内で講義内容のエッセンスを中心に紹介させて頂きます。 オープニング信用保証協会は、信用力や担保力不足で金融機関から円滑な融資が受けられない中小零細企業や自営業者のために、「あなたの保証人の代わりになってくれる公的機関」です。今月度のテーマ
『目からウロコの「代位弁済」〜 10月度研究会テーマより』の画像

9月度の研究会テーマは9月3日に成立(2年後施行)したばかりの改正個人情報保護法でした。今回の改正は、2013年にJR東日本がSuicaの利用者情報を、市場調査用データとして日立製作所に提供しようとして頓挫したことがきっかけとのことです。企業が取得した個人情報の利用や流通
『匿名プライバシーをビジネスに活用する 〜 9月度研究会テーマ』の画像

今月度の研究会テーマは「事業運営と著作権法」でした。テーマ選択のきっかけは、JASRACがBGMの使用料を求めた民事調停報道でした。まもなくして、オリンピックのエンブレムの盗作騒動が勃発しました。当初、業界筋では当のデザイナーを擁護する意見が主流でした。ところが、
『著作権は人騒がせ? 〜 8月度研究会テーマ』の画像

結論からいうと、創業スクールを受講したからと言って自動的に補助金をもらえることはありません。でも、資金調達の可能性が広がるきっかけにはなることは間違いありません。場合によっては創業者向けの補助金(助成金)を利用できるかもしれないのです。銀行と提携した創業
『創業スクールへ行くと補助金がもらえる?~7月度研究会テーマ』の画像

↑このページのトップヘ