法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

■ 研究会テーマ概要

日本経済にとって大きな課題として、企業の99.7%, 雇用の70%を占める中小企業にとっての、事業継続(事業承継)環境づくりが取り上げられています。 特に、平成30年度は、事業承継税制の特例措置により、一層の後押しが計画され、注目されています。6月度の例会では、事
『事業承継支援の方向性 ~ 6月の例会テーマより』の画像

視点を変えると見える光景も変わります。 前々回の投稿で、今回出版した本を執筆する際の「視点」について書いたので、もう少しだけ、深堀りしてみようと思います。あまり深いうんちくがあるわけではないのですし、経営法務とも関連が薄いので、今回で終わりにしようと思い
『ブレない視点を持つということ』の画像

中小企業経営における、最近流行りのキーワードに「知的資産経営」という言葉があります。一方で、知財経営(知的財産経営)という、もう少し前から使われている言葉もあります。今回は、11月度の石塚弁理士の発表に触発されて、この二つのキーワードについて、事例も含
『知ってるつもりが... 知財経営と知的資産経営 ~ 11月度例会テーマより』の画像

事業性評価融資とローカルベンチマーク「事業性評価融資」とは、「日本再興戦略」改訂 2014 -未来への挑戦 - の中で、地域活性化のための重要な要素として、地域金融機関に求めた融資姿勢のことを指します。財務面だけではなく、持続可能性や事業性を重視した融資や専門的
『事業性評価融資とローカルベンチマーク ~ 2月、3月の発表より』の画像

現代の「何かおかしいでしょ」と上手に付き合う In Otaru. Photo by Hiroshi Yamashita 遅ればせながらですが、、、昨年12月の山中先生による発表テーマ「最近気づく法と現場実態」を受けて感じたことを、私なりの消化の仕方で紹介させていただきます。「何か、おかしい
『現実との付き合い方 ~ 「最近気づく法と現場実態の乖離」より』の画像

「経済を語らず事業を語れ」って?  11月度の例会は、テーマは「海外との商取引」と題して、経営勉強会として開催しました。  講師は、町田に本社のある電子機器の開発、製造・販売等を手掛けるフラットーク(株) 樫平社長です。 同
『「経済を語らず事業を語れ」~11月度例会での経営勉強会より』の画像

子供の頃、突然連れていかれた葬儀で焼香の順番を待つとき。 突然の知人の不幸、お通夜に出向くことになり御霊前の金額をどうしたら良いか判断に迷う。 いきなり上司に、大事な顧客との接待の席に同席の指示で慣れない上品なホテルのレストランでのディナー。 子供にせ
『納税と作法 ~  「人格のない社団の収益事業」』の画像

今月度のテーマは「改正法案から始める民法の基礎」です。民法は「社会共同生活」の基本ルールと言えますが、その中身は「民」と「民」の関わりにおいて起きる色々なトラブル事例 に対する対策を積み上げたものとでもいえるのではないでしょうか? ということは、一つ
『民法による大人の社会勉強~民法大改正(2月度研究会テーマ)より』の画像

↑レジュメ: クリックでダウンロードみなさんはセクシュアル・マイノリティやLGBTについて、ご自分ではどれくらい理解していると思いますか?  私はというと、TVの向こう側でゲイのタレント達が繰り広げるエンタテインメントの世界や歌舞伎町界隈の夜の世界などの話題を見
『多様な生き方を理解しましょう!~1月度研究会テーマ「セクシュアル・マイノリティとは」より』の画像

↑このページのトップヘ