法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

手形

1.時効について (1) 約束手形の場合 ①振出人に対する手形金請求権は、支払期日(満期)の翌日から起算して3年目で時効消滅となります。 ②裏書人に対する遡求権は、支払期日(満期)の翌日から起算して1年目で時効消滅となります。 ③裏書人の他の裏書人に対する求償権

1.小切手の効用 小切手は銀行に当座預金をしている人が、現金を支払う代わりに、小切手用紙に必要な事項を記載し、銀行で代わって支払ってもらうために振り出す支払 証券です。小切手を受取った人は、これを指定の銀行に持っていけば、銀行は振出人の当座預金から、その金

1.裏書の意味 手形を入手した人は、手形請求権を他人に譲渡することも自由に出来ます。その場合には手形用紙裏面の裏書欄に署名をして譲受人にその手形を交付するのが通例です。 このように、手形の裏面に書くことを、裏書といいます。 2.裏書の仕方 (1) 記名式裏書: 正

1.第一に注意すべきは、振出人の信用、即ち支払能力です 支払われるという確信の持てる手形以外は受取るべきではありません。この点は、取引開始の際、支払条件をはっきりさせておくことで、ガードすると良いです。 また、手形に裏書人の記載がある場合には、少なくとも受

1.手形は完全な有価証券で、支払期日がくれば現金化できます 手形は権利と証書とが完全に一体となっていて、権利そのものが証券となっており、証券そのものに金銭的価値があるといえます。有価証券というもの は、その証券さえ持っていれば完全にその債権を支配できるもの

1.「判を押す」意味について (1) 法律上: 本人が自筆で自分の名前を書いていれば、 判が押されていなくてもよいのですが、それ以外のゴム印、スタンプ、印刷などの方法で名前を表している場合(記名といいます)は、その名前の下に判が押し てなければ、その文書は本人作

Q1 会社法とはどのような法律ですかQ2 会社にはどのようなものがありますか?Q3 合同会社とはどのような会社ですか?Q4 会社法施行で有限会社はどのように変わりましたか?Q5 種類株式とはどのような株式ですか?Q6 株式譲渡制限会社とはどのような会社ですか?Q7 株式会社の

↑このページのトップヘ