法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

時間外労働

1.就業時間外の研修が時間外労働扱いとなるかどうかの判断 労働基準法上の通達によると、「労働者が使用者の実施する教育に参加することについて、就業規則上の制裁等の不利益取り扱いによる出席の強制がなく 自由参加のものであれば、時間外労働にならない」とあります。

1.時間外労働の義務 法定労働時間を超えて時間外労働をさせることは、労働基準法32条違反になります。 しかし、同法36条は、過半数代表との書面による協定(三六協定)があり、それを労働基準監督署長に届け出た場合に、例外的に時間外労働を認めています。ただこの場合でも

Q68 就業規則は必ず作成しなければならないものですかQ69 就業規則と労働契約及び労働協約その他の関係について説明してください。Q70 管理職は、労働法上どのような地位におかれているのか説明してください。Q71 改正パートタイム労働法の内容と留意点を教えてください。Q72

↑このページのトップヘ