法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

社外取締役

企業法務に詳しい弁護士に、時事通信社がインタビューしたWeb記事に目が留まりました。一連のデータ改ざんや品質不正発覚などに関する、日本企業のガバナンスについての記事です。 なぜ、何十年もやってきたことが、ここにきて立て続けに不正行為として発覚したのかとい
『風通しの良い会社の作り方 ~ 経営基盤としてのコンプライアンス意識』の画像

取締役等の会社役員が会社や第三者に損害を与えた場合、損害賠償の責任を負います。 会社法では、取締役の会社に対する責任は、原則「過失」があった場合の責任となります。一定の条件を満たす場合には、株主総会の決議により役員の損 害賠償額を制限することもできます。

↑このページのトップヘ