法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

著作権

今月度の研究会テーマは「事業運営と著作権法」でした。テーマ選択のきっかけは、JASRACがBGMの使用料を求めた民事調停報道でした。まもなくして、オリンピックのエンブレムの盗作騒動が勃発しました。当初、業界筋では当のデザイナーを擁護する意見が主流でした。ところが、
『著作権は人騒がせ? 〜 8月度研究会テーマ』の画像

1.職務著作とは 職務著作とは、会社が著作者となる制度です(著作権法15条1項)。著作者とは、著作物を創作した者のことです。ここで著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、音楽または美術の範囲に属するものをいいます(著作権法2条1項1

↑このページのトップヘ