法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

遺留分

遺留分に関する民法の特例では、先代経営者の遺留分を有する推定相続人が、次のような合意をすることができます。 ①「除外合意」(経営承継円滑化法4条1項1号)  後継者が先代経営者からの生前贈与によって取得した自社株式について、その価格を遺留分算定の基礎財産から除
『A102 遺留分に関する民法の特例の内容はどのようなものですか』の画像

1.特別受益と遺留分 下図の例のように、後継者Aの経営努力によって、会社の株式の価値が4倍の1億2,000万円になった場合、Aは自社株式のうち2,000万円相当をB、 Cに分けるか、現金等で2,000万円相当の資産を渡さなくてはならなくなります。これでは後継者Aの業績向上
『A101 事業承継における遺留分の問題とはどのようなものですか』の画像

Q89 「個人情報」、および「個人情報取扱事業者」の定義について教えてくださいQ90 個人情報取扱事業者に課される法的義務について教えてくださいQ91 個人情報取扱事業者が個人データを委託先に提供する際の注意点を教えてくださいQ92 法定相続人と法定相続について教えてください

↑このページのトップヘ