法律とつきあう経営(経営法務研究会)

(一社)東京都中小企業診断士協会 城南支部に所属する経営法務研究会のメンバーによるブログです。 創業、人材採用、事業展開、会社整理など会社経営における法律との現実的な付き合い方を提案してまいります。

法律とつきあう経営(経営法務研究会) イメージ画像
Link to Amazon ↑

創業から廃業まで「中小企業のための経営法務Q&A」

中小企業経営者の目線で、

実践的なテーマを豊富に収録

専門家との連携もスムーズに

改正民法の要点も収録

【監修】木村貴司弁護士

【執筆】経営法務研究会

【定価】2,000円(税別)

【出版社】同友館

← クリック 目次[PDF]が開きます

金額の書き方

1.小切手の効用 小切手は銀行に当座預金をしている人が、現金を支払う代わりに、小切手用紙に必要な事項を記載し、銀行で代わって支払ってもらうために振り出す支払 証券です。小切手を受取った人は、これを指定の銀行に持っていけば、銀行は振出人の当座預金から、その金

1.第一に注意すべきは、振出人の信用、即ち支払能力です 支払われるという確信の持てる手形以外は受取るべきではありません。この点は、取引開始の際、支払条件をはっきりさせておくことで、ガードすると良いです。 また、手形に裏書人の記載がある場合には、少なくとも受

↑このページのトップヘ