『吉田拓郎ラジオでナイト』の3回目を聴いていたら、ボブ・ディランの「アイ・ウォント・ユー 」が流れたので、いつかは書いておきたい、と思っていたテーマを思い出した。そのテーマとは「(ギターの)ロー・ポジションでの手作り的な作曲法」のことだ。

ところで、≪ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500≫でも第1位に選ばれているボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」のAメロのコード進行のルート音(ベースの音)は「ド→レ→ミ→ファ→ソ」だ。名うてのスタジオ・ミュージシャンのベーシストがこの曲のレコーディングに参加した時に最初に思ったことは「ディラン、ディランってマスコミが騒いでいるが、なんだよこの曲は!ド→レ→ミ→ファ→ソの繰り返しじゃねーかよ。音楽学院の作曲家コースの1年生だって、こんなコード進行で曲はつくらないだろう。ほんとにこれがロックなのか!?」ということだったに違いない。

*続く
_AC_US160_

_AC_US160_
_AC_US160_