クライアントの方が弁護士に依頼を掛けるにあたって、一番気になるのは弁護士費用の問題ではないでしょうか。 
 

日本では初回相談が個人の方でしたら30分5,000円〜 企業法務でしたら1件30,000円〜、その後、依頼を掛ける場合には係争額に応じた着手金を支払い、案件終了時には成功報酬を支払うという形態を採用している弁護士事務所が多いものです。  その一方、オーストラリアでは弁護士による成功報酬制度(*)が認められていないために着手金・成功報酬という概念がなく、裁判案件など相手のある問題では、ある程度まで話を進めてみないと弁護士費用についての見通しがつかない場合が多いものです。  日本とオーストラリアの弁護士費用に関しては其々に一長一短があるものの、残念な事に、オーストラリアでは事前に聞いていた見積もりと実際に発生した弁護士費用が全然違ったという声を良く聞きます。  特に、月毎に請求書を出さない法律事務所では、クライアントが始めて請求書を受け取った時点で高額な弁護士費用が発生している場合もあります。  

私のオフィスでは、クライアントが正式な依頼をかけるにあたって、どういった状況にあり、どういった手続きが可能なのか、当オフィスによる対応と課金対象を十分にご理解していただき、その上で依頼をご検討いただきたいと考えています。  また、費用請求も月毎に行いますので、業務の水増しや不透明な費用などについて心配される必要はありません。  
弁護士への依頼は敷居が高いと思われがちですが、クライアントには費用や手続き、弁護士が提供するサービスを十分に理解していただいた上で相談できるようになるのが、これからの弁護士の在るべき姿だと私は思っております。  

弊所の弁護士費用については、こちらをご参照ください。 一般的な考え方として、私は個人事務所のオーナー弁護士ですから、以前に私が勤務していた大手法律事務所で請求していた金額の50〜70%ぐらいになる場合が殆どです。 (もちろん、現在の方が知識も経験も増え、効率よく業務をこなしているのもあります)  実際に弊所にお越しいただけると解るのですが、弊所では法律事務所にありがちな古い本やアンティーク・調度品などを置いておく必要はないと考えていますし、アポイントメント制を採用していますので待合室も設置しておりません。 PCや機材などの設備には力を入れていますが、全て私が必要だと判断して機能性を見て選んだものを入れています。 私の考えとして、弁護士の仕事は見栄やイメージではなく、実力本位だと思っていますので、弊所では設立以来質実剛健を是正とし、その分をご依頼いただいた方に還元できるよう心を砕いております


*成功報酬制度について
オーストラリアでは係争利益に応じて得た金額(例: 裁判に敗訴した場合は0%、勝訴した場合には勝ち取った金額の〜50%)を弁護士が契約する事は違法になっています。  オーストラリアで “No Win No Fee”というのは、成功報酬の一種で案件が終了するまで費用を請求しない(賠償金の50%を超過する部分の弁護士費用は計上しない)契約の事を指します。  通常、オーストラリアで “No Win No Fee” を採用している法律事務所では、人身事故や労働災害など100%賠償の回収に目処がたっている保険金目的の場合に適用されるのが一般的です。  




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Written by

オーストラリア国弁護士 神林 佳吾
LL.B (UQ), B.Bus (UQ), Grad. Dip PLEAT (UQ)


事務所公式ホームページ 
http://www.kklaw.com.au

e-mail: info@kklaw.com.au
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ‘Liability limited by scheme approved under professional standard legislation’.