2011年03月21日

【雑記】遅くなりましたが

「こんにちワン」「ありがとうさぎ」「こんばんワニ」「さよなライオン」「おはよウナギ」「いただきマウス」でなぜ「こんにちワン」だけ鳴き声なのか。
京阪神です。
そこ統一させずに完成品としてゴーサインを出してしまうACにはがっかりです。(何様だ



(リアル脱出ゲーム「お知らせ」より)

(中略)

私たちの作るエンターテイメントは、日常に非日常を埋め込むことで成立しています。今は世界が非日常で包まれているようにも思えてしまいます。しかし、非日常の中で日常を取り戻すのもまたエンターテイメントの役割の一つです。

(中略)

遊びから生まれる生活もあります。生活の中に想像力とやさしさを埋め込むためにはエンターテイメントの力が必要です。 どうぞ、信じてください。ここには未来への強い意志があります。

今後ともSCRAPをどうぞよろしくお願いいたします。

SCRAP代表 加藤隆生




3月11日に起こりました東日本大震災におきまして、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


うちのブログがエンターテイメントだ、なんて大それたことを言う気はありませんが、
僕が書いた記事を読んで何かしらを得て頂いてるのではないか、ぐらいには思いこんでいます。
更新頻度は上がる見込みは立っていませんが、
被災された方々、心痛められた方々へのエール代わりとして記事を書いていければなぁ、と思っております。

今後ともよろしくお願いします。
keihannshinn at 23:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2011年02月06日

【雑記】今日は1月2日だと思いこんで下さい

幕の内カップ2011参戦中。
京阪神です。
お笑いウルトラでお馴染みのイロトリズムからオファーを頂きまして参加することとなりました。
目標は「とにかく足を引っ張らないこと」です。(ネガティブ全開



あけましておめでとうございます。
2011年もよろしくお願いします。

さて、新年一発目の記事といったら、毎年恒例のアレしかないですよね。



この画像を見ないと年を越した気分にならないですね!


大阪天満宮への初詣。
1月2日は友引ということで、例年に比べて参拝客が明らかに多かったです。


これ、まだ境内に入る前ですからね


30分ほどで賽銭箱の前へ。


なぜか巨大な野菜生活が奉納されていたり


昨年は一昨年と同じくじを引き当てるというミラクルを成し遂げましたが、
今年は果たしてどうなのか…


【道のゆくえを踏みちがえるがごとし】って書いてあるんですけど!


何とも中途半端な小吉という結果でした。
「他人にそそのかされることのないように、何事も慎重にするのが良い。」ですって。
縁談にいたっては「見合すのがよい」と断言されてます。
浮ついた話がなくてよかったと生まれて初めて思いました。


今年もよろしくお願いします。





ってもう2月だよ!(自分へのダメ出し
keihannshinn at 23:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2010年12月26日

【雑記】ラスト予想

来年は幕の内カップが復活ですか。
京阪神です。
前回みたいに自分から大将になってメンバーを募るほどの余裕はないのですが、誰かからオファーが来ればその末席に加えさせて頂きたいです。



ブログが全く更新できていなくて申し訳ありません。
リアルは充実していないのに忙殺されている「リア殺」状態でして…。(その言葉は流行らんぞ

ただ、毎年やっていることは今年もやっといた方がいいよね、ということで、
ラストイヤーとなったM-1グランプリ予想をやりましょう。


最後の王者を目指して戦う決勝進出者は登場順で以下の通りです。

カナリア
ジャルジャル
スリムクラブ
銀シャリ
ナイツ
笑い飯
ハライチ
ピース
≪敗者復活枠≫


今回はフレッシュな顔ぶれが多いですね。
カナリア、スリムクラブ、ピースにいたっては漫才を見たことないのでなかなか予想が難しいですが、むりくり予想してみました。

優勝 ピース
2位 ナイツ
3位 笑い飯


まあ、一言でいってしまえば、ピースがキングオブコントの勢いをそのまま持ってくるんじゃないかという予想です。
アンタッチャブルは1年かけて勢いを作って勝ちきりましたが、似たようなことが起こる可能性があるんじゃないかなぁ、と。

まあ、ナイツと笑い飯は波乱がなければここまで来れるでしょう。
ナイツは昨年からもう一段階進歩したものを見せれると思うし、
笑い飯も一本目に本命ネタを持ってきて最終決戦に残る作戦でいくんじゃないでしょうか。

あとは銀シャリの頑張りと敗者復活にオンバト勢が来てくれれば言うことないです。

ジャルジャルはネタが個人的にはまらないのと、カナリア・スリムクラブは正直言って分かりません!


昨年の予想のような全部ハズレみたいな事態だけは何としても避けたいです。

keihannshinn at 01:44|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)雑記 

2010年11月20日

【スポーツ】深イイ話@ドーハ

Jリーグ優勝おめでとうございます。>名古屋グランパス
京阪神です。
ここ数年は最終節までもつれるようなデッドヒートが多かったのに、今年は拍子抜けするくらいあっさりと決まっちゃいました。
ベンゲル、リネカー、ストイコビッチ…といった錚々たるメンバーを持ってしても成し得なかったリーグ優勝をやっと勝ちとりました。
おめでとうございます。



さて、そのままサッカーの話題を続けましょうか。

NHK衛星で日本サッカーの50年という番組を5夜連続でやっています。
1960年代の弱小チームだったころから、
W杯常連となった現在までの日本サッカーの歩みを4夜連続で振り返った5月放送分の再放送+
南アフリカ大会と今後の日本サッカーの道を考える第5夜
という構成です。

で、もうちょっとしたらその第5夜が始まるんですけど、
第2夜のクライマックスはアメリカ大会アジア最終予選最終節の日本対イラク戦、いわゆる「ドーハの悲劇」です。
後半ロスタイム、ショートコーナーからの折り返しをヘディングで合わされて失点した日本はイラクに追いつかれて引き分け。
本大会出場の夢は断たれ、アメリカへの切符は韓国とサウジアラビアが手に入れました。
まさに「悲劇」の言葉がふさわしい、日本代表にとって忘れることのできない記憶です。

当時の代表監督は、初めての外国人監督として招かれたハンス・オフト。
最終予選で敗れたとはいえ、現在の日本代表躍進の基礎を築いた人物と言っても過言ではありません。
放送では当時の様子をオフト本人が語っている訳ですが、インタビュアーが「これでドーハの話は終わりです」と取材を終えようとした時に、
「ちょっと待って、まだ誰にも言ったことのない話があるんだ。」
とオフトが突然言いだします…


「最終予選が終わってから日本に帰ってゆっくりしてたんだ。」

「そうしたら電話がかかってきたんだ。サウジアラビアのサッカー協会からだよ。」

「『代表監督をやってくれないか』という電話だった。」

「1秒だけ考えてから答えたよ。『お断りする』とね。」

「確かに日本代表は本選に出ることはできなかったけれど、その強さは世界に認められていたんだよ。」




うん、いい話。
そして、なぜ今まで話してこなかったんだ。

2010年11月14日

【雑記】リアル脱出〜その10〜

いつの間にか流行語大賞候補が発表されたみたいですね。
京阪神です。
ここ数年はリアス式さん経由で知ってたからなぁ…
と思ったら数時間前に記事にされてた!



長々とお送りしてまいりました「ある飛行機からの脱出」レビューも今回でラストとなりました。
果たして我らが「みず」チームは脱出できたのでしょうか?


謎が解けないまま残り5分を切り、警備員も避難して緊迫感をさらに増した機内。
このまま飛行機と一緒に墜落してしまうのか…。

そんな思いが頭をよぎったその時、突破口を開いたのは「謎の人物」役その人でした。

「今なら医務室に入っていいんですよね?」

僕は医師役以外が入るのは駄目なんじゃないかと思ってしまったんですが、
警備員が止めるから入れないだけであって、その警備員が避難してしまった現状では誰でも入り放題です。
というわけで早速医務室へと入っていく謎の人物さん。

しばらくすると興奮した表情で大急ぎで戻ってきました。


「最後の瞬間に3201947」

ネックストラップの裏にブラックライトで読める文章が隠されていたのです。

この時点で振り返ってみると、ゲーム開始前の
「ネックストラップを首から外したり、中の役割カードを取り出したりするとその瞬間に会場の全員が死んでゲームオーバー」
という面白おかしく説明していたルールはこのための伏線だった訳ですね。
さらに、警備員のルールがあるためにどのチームも残り5分までは謎を解くことができず、1時間をフルに楽しめる、という仕組みになっていて、なかなか計算されています。

「残り1分」

タイムリミットが迫る中、出てきた数字に急いで3をかけてカタカナに対応させます。

「最後の瞬間に3201947」
→「最後の瞬間に9605841」
→「最後の瞬間にワニナツテトベ」
→「最後の瞬間に輪になって飛べ」

「残り30秒」

「みず」チーム4人は立ちあがり、全員で手を繋いで最後の瞬間を待ちます。

「残り15秒」

他のテーブルでも手をつないでいるチームがいくつか見えます。

「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0」

4人で一斉にジャンプ!

爆発音とともにリアル脱出ゲームが終了しました。
この後、イベント主宰のSCRAPによる解説、答え合わせとなり、見事に脱出成功と認定されました。

一人では解けない謎が、見ず知らずの4人がそれぞれが違った場面で活躍することで解き進めていけることにちょっとした興奮を覚えました。(おわり)



さて、「夜の遊園地からの脱出」レビューの準備をするか…。(無間地獄
keihannshinn at 23:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2010年11月07日

【雑記】リアル脱出〜その9〜

5時間43分の死闘を最後まで放送し続けたフジテレビはえらい。
京阪神です。
最初は全国放送するとかしないとか言われていた対戦カードで、この頑張りはすごいですね。
さらに言うと、その後何事も無かったかのように「バブルへgo」を流すというのもある意味凄い気がします。



皆さんお忘れかもしれませんが、「ある飛行機からの脱出」レビューが半年ほど放置されてます。
田中な鈴木さん「終わらない学級会からの脱出」ー名古屋編ーへの参戦決定ということで、そこまでに何とか完成させて参考にして頂ければなぁと思います。

まずは、半年前のおさらいから。
【雑記】リアル脱出〜その0〜
【雑記】リアル脱出〜その1〜
【雑記】リアル脱出〜その2〜
【雑記】リアル脱出〜その3〜
【雑記】リアル脱出〜その4〜
【雑記】リアル脱出〜その5〜
【雑記】リアル脱出〜その6〜
【雑記】リアル脱出〜その7〜
【雑記】リアル脱出〜その8〜

機長が医務室に運ばれて入室不可能となってしまった機内。
果たして機長が回復するような奇跡など起こせるのでしょうか?

この点も最初から伏線が張られていました。
パンフレット裏面の文章を思い出してください――

本日の飛行機の機長は元ロックンローラーです。どんなに過激なライブの後でも、会場全体からアンコールの声がかかれば立ち上がり、歓声に応えたそうです。


「アンコール!アンコール!…」
会場にいる全員で復活の呪文を叫びます。


ロック魂


というわけで機長が無事回復し再び医務室、倉庫、通信室への入室が可能となりました。

とはいうものの、「みず」チームとしては今のところどこかの部屋に行くような必要性はなく、状況は全く改善されていません。

謎の人物は脱出のエキスパート
謎の人物だけが知っている情報がある
その情報に3をかけろ

これまでの流れを思い返してみても、謎の人物役の人だけが情報を得られるようなイベントもタイミングもなかったですし、
あるいはもっとさかのぼって、受付の時点で何か変わった対応をされたというわけでもなさそうです。

文面からは、その情報というのは数字で、そこに3を掛けた数字に再びカタカナを対応させるんだろうなぁ、というのは予想ができましたが、それ以上は全く分かりません。

途方に暮れる「みず」チームを尻目に時間はどんどん過ぎていき、再び機内アナウンスが…

「あと5分で墜落します。警備員は退避して下さい。繰り返します、警備員は退避して下さい。」

残り時間5分を切ってしまいました。

いよいよ「ある飛行機からの脱出」のオーラスです。(つづく)




≪読者への挑戦状≫
これが最後の挑戦状です。
謎の人物が知っている情報を知るために取るべき行動は?

既に他のサイトで解答やネタバレが出ていますので、未見の方のみ回答をコメントをしてください。

keihannshinn at 23:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2010年10月17日

【スポーツ】歴史的瞬間に立ち会ってきました

タイガース酷い。
京阪神です。
残り3イニングで4点差を守りきれないってどうなのよ。
勝負弱いにも程があります。





突然ですが、本日は写真でお送りします。場所は京阪電車淀駅。ここにあるものといえば…



そう、京都競馬場です。



知り合いの競馬好きに連れてこられました。



本日はG1・秋華賞が開催されました。



その地ベタに場所取りをしておく必要性はあるのか?



人生初の馬券購入。



欲望渦巻く券売機。ていうか、場内は煙草が酷くて目が痛かったです。



本馬場入場



馬券の確認。アパパネ+乾さんお勧めのアニメイトバイオを軸に馬単10口1000円。



いよいよ発走。



牝馬三冠に期待がかかる一番人気アパパネ。



お題:「見ろ!まるで人が○○○○のようだ!」



カメラさんも準備万端。



スタート!



第4コーナーを回って最後の直線。うら若き乙女の熱戦を制したのは…



アパパネでした!牝馬三冠達成です。



馬単を的中させて収支はプラス990円。ビギナーズラック炸裂。



馬券のコピーサービスなんてあるんですか。しかも10円徴収するんですか。



白鳥の群れを見ながらお別れです。

2010年10月16日

【雑記】試練その5

IPPONグランプリ、ベストネタは「今でも野球賭博やってる」。
京阪神です。
有吉は面白かったんですけれど、途中からあきらめちゃってバラエティ対応になっちゃったのが残念でした。



それでは早速、タイガースと比較しつつ、ホークスのことを褒めて褒めて褒めまくりたいと思います。

「何でそんなテーマなの?」とか、
「もっと他に書くべきネタあるだろ!」などのご意見もあろうかと思いますが、
そんなことは一切知ったこっちゃありません。
(読者を突き放すことに定評のある京阪神



?盤石の投手陣
和田、杉内の二枚看板に加えて、摂津、ファルケンボーグ、馬原の三人できっちり抑える。
一方のタイガースは先発ローテを守れたのは久保だけで、クローザーの藤川は健在でしたがセットアッパーの方はピリッとせず、JFKと呼ばれたのが懐かしい状態に。
打線が沈黙した時は勝てない、という残念なチームに成り下がってしまいました。

?ここ一番の勝負強さ
首位を走っていたライオンズの不調を見逃さずにキッチリと首位を奪い、その座を守り切ってリーグ優勝をもぎ取った勝負強さは流石です。
対するタイガース。タイガースが2敗すればドラゴンズの優勝決定という局面で即座に2連敗するという体たらく。しかもその後4連勝するというちぐはぐっぷり。
勝たないといけない試合を獲る力強さを見習いたいです。

?何よりも監督が違う
あれでしょ、秋山監督って今でも外野からバックホームできる強肩の持ち主なんでしょ?
そんな48歳いないでしょ。どう考えても凄いでしょ。



これらを実証するかのように今日のくらいマックステージでも対照的な結果となてしまった両チーム。
果たして、日本シリーズで両チームが相見える展開となるのでしょうか?
頑張れ、ホークス!
そしてもっと頑張れ、タイガース!(結局そこかい
keihannshinn at 23:50|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記 

2010年09月23日

【雑記】立ち止まって 振り返って

今日は「キングオブコント」「細かすぎて伝わらないモノマネ」の豪華二本立て。
京阪神です。
それぞれ違った面白さがあって、存分に楽しませてもらいました。
優勝したキングオブコメディ、真矢みきさんおめでとうございます。(真矢みき本人は関係ないから!



ただいま!


はい、皆さんの「お帰り!」の声が僕には聞こえます。(確実に幻聴

昨日夜に無事に帰りつくことができました。
皆さんのお陰で楽しい東京旅行となりました。

どうやら、「夜の遊園地からの脱出」には別の日の公演で南海キャンディーズの山ちゃんも参加していたらしく、しかも脱出成功していたようです。
芸能人も巻き込んじゃうリアル脱出ゲーム、恐るべし。

で、当の僕たちが脱出できたかどうか、などを含めて、東京旅行の詳細は後日書きたいと思いますので少々(?)お待ちください。


とりあえず、ご一緒していただいた皆さんおよびその他の関係者の皆様にはお礼を申し上げます。


あ、「ブログまだ?」とか急かすのはナシね。(The 卑怯


あ、あとこれも貼っときますか。
ファッションショーの華麗な秘密@Tokyo Midtown Hall Hall A
リアル謎解きゲーム「迷宮デパートへようこそ」@大丸心斎橋店 大丸劇場
ともに9/18チケット発売です。興味のある方はぜひ。
keihannshinn at 23:46|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)雑記 

2010年09月19日

【雑記】前進あるのみ

ようやく暑さも和らいできましたね。
京阪神です。
一言であらわすなら「残暑なげーよ!」といったところでしょうか。
シベリア気団もっと頑張れ、あるいは小笠原気団もっと休め。



ついに明日、「オンラインからの脱出オフ」が決行されます。
結局チケット1枚分は無駄になってしまいそうで、他に参加したい人の枠を一枠潰してしまった、という意味でも残念なことをしてしまいました。

参加型お笑いで実際にお会いするのは田中な鈴木さんに会って以来ですので約4年ぶりとなります。
あまり細かいところは詰めていないので当日行き当たりばったりで動くことになるかもしれませんが何卒よろしくお願いします。

今回は、とある秘密兵器を購入いたしましたので、なんとかそれを活用できればなと思っております。


それでは行ってきます。
keihannshinn at 23:26|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記