2019年12月11日

師走の句

短日の井戸端会議いち抜けて
短日や仕事を抱え子を迎ふ
短日や普請現場の投光器
日短し早めに灯す赤提灯
疲れ目に当てるおしぼり十二月



5005



keihin1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2019年11月09日

霜月の句

文化の日君が代寺のさざれ石
樟脳臭き叙勲の着物文化の日
志ん生の名人芸や文化の日
居残りの子ら 凩(こがらし)の家路かな
凩を見てをり 宿の二重窓


 5005




keihin1 at 14:41|PermalinkComments(0)

2019年10月14日

神無月の句

ページから桜紅葉のこぼれたる
ミサの声桜紅葉の降る教会
居間の窓桜紅葉といふ借景
天高くノーサイドの笛響きけり
海に死せり伯父の墓前や秋の風
秋霖や足取り重く瞽女(ごぜ)の行く

(写真は誕生日に頂いた「ヤマモミジ」
 私にとっては初盆栽です。)

IMG_4371



keihin1 at 13:21|PermalinkComments(0)

2019年09月06日

長月の句

澄む水に紙飛行機の着水す
誇らしき膝の擦り傷運動会
運動会一糸乱れぬマスゲーム
無礼講許せよ社内運動会
カップ麺啜る帰り子 夜半の秋


IMG_4383





keihin1 at 14:31|PermalinkComments(0)

2019年08月10日

葉月の句

鍵盤の黄ばみ懐かし帰省かな
早起きがたのしみになり花オクラ
流星を待つ天窓を開けしまゝ
星流る赤道直下の甲板に
立禅の静かな呼吸今朝の秋


IMG_4168



keihin1 at 12:47|PermalinkComments(0)

2019年07月13日

文月の句

高々と髪結ひ上ぐも溽暑かな
見習ふて切子に盛りぬ鱧の皮
大の字のふて寝 夏野のど真ん中
大夏野疲れ知らずの子らの声
バラ線の向こう夏野や根岸基地
半夏生 夫(つま)いそいそと釣り支度



IMG_8475


keihin1 at 21:45|PermalinkComments(0)

2019年06月06日

水無月の句

薫風の窓辺に猫の昼寝かな
薫風のベンチ一人の昼休み
尺取の落ちそで落ちぬ棒の先
丁重に師より賜ひし書を曝す(虫干しすること)
古希の夫青梅採りの掛け梯子

IMG_8209

keihin1 at 11:14|PermalinkComments(0)

2019年05月18日

皐月の句

花疲れ戻りし居間の渋茶かな
麦笛を鳴らし待ちをり紙芝居
放り出す麦笛 母の迎えかな
鯵を干す潮風通る物干し場

IMG_7946

keihin1 at 14:35|PermalinkComments(0)

2019年05月16日

「安居帖」

久々に、90x240の大きな作品を仕上げました。
部屋に籠って6時間、それが集中力の限界でしたね。
歳かな・・・。

中国、明の時代(15世紀)の詩書画に長けた文人「沈周(シン  シュウ)」の「安居帖(歌)」を書いてみました。
詩の内容が、現代にも通ずるところが多く、心に響いたからです。

(出来立てホヤホヤで皺くちゃですが、落款印が乾いた後に表装すれば見映えが良くなります。
   詩が24行あるので、このサイズの写真には入りきりませんでした。あしからず・・・。) IMG_8148-2

keihin1 at 16:52|PermalinkComments(0)

2019年04月10日

卯月の句

三月尽家業を継ぎて三十年

清明や来たる「令和」とふ時代

放し飼ひのニワトリ三羽 花大根(はなだいこ)

学帽の襟足青し新入生

花ミモザ買ふともなしに立ち止まる


IMG_3943





keihin1 at 10:50|PermalinkComments(0)
Archives
RSS