2022年06月14日

水無月の句


夕虹や厨仕事の手を止めて
客船の初入港や虹の下
大寄せの茶会の列の色日傘
見覚えの染みある母の古日傘
雨上がり掃き集めたる花蜜柑
掃き集めたる花蜜柑

IMG_7883
見覚えの染みある母の古日傘
雨上がり掃き集めたる花蜜柑

keihin1 at 21:56|PermalinkComments(0)

2022年05月13日

皐月の句

夏隣 西の国より友来たる
夏めきて欲すメヒコの辛味かな
夏めくや信号待ちの間 手庇す(てびさしす)
鳴りさふで鳴らぬ草笛 都会の子
嫁ぐ子の荷物と共に巣立鳥

IMG_7784


keihin1 at 15:55|PermalinkComments(0)

2022年04月15日

卯の花月の句

桜貝母に駆け寄る稚児の手に
隧道の先木蓮の道となる
春愁や眼鏡に小さき足の棘
桜漬け求めて茶舗を訪ねけり
つくしんぼ都会の空き地の片隅に
皐月波切り出航す飛鳥

IMG_7723


桜貝母に駆け寄る稚児の手に
隧道の先木蓮の道となる
春愁や眼鏡に小さき足の棘 
桜漬求めて茶舗を訪ねけり
つくしんぼ都会の空き地の片隅に 
皐月波切り出航す飛鳥                



keihin1 at 22:19|PermalinkComments(0)

2022年03月15日

弥生の回覧句会より

声変わりの子僅かにをりぬ卒業式
若担任の袴姿や卒業式  
黒板に遺すことづて卒業の日
色褪せた卒業証書見つけ出す
三月や街に溢るゝ桜色
弥生尽念願の古書落札す
春炬燵酒で言葉を醸しけり


IMG_7586

keihin1 at 20:23|PermalinkComments(0)

2021年12月16日

師走の回覧句会より


短日の進まぬ普請現場かな
「喫茶去」とふ茶杓賜ひし開炉の日
スノードーム飽かず見入りて冬来る
炊事の手拭き手歳暮を受け取りぬ
取りやめの旅の荷札や年暮るゝ


IMG_7236


keihin1 at 22:19|PermalinkComments(0)

2021年11月14日

霜月の回覧句会より

京都への空想旅や文化の日
叙勲欄に恩師の名あり文化の日
畳紙(たとうし)から取り出す着物文化の日
浜風に銀杏落葉の抗はず
火傷痕ひとつ増えたり林檎パイ


IMG_7105



keihin1 at 14:31|PermalinkComments(0)

2021年10月09日

神無月の回覧句会より

「夕やけこやけ」の防災無線よ秋深し
糠床の締まり加減よ秋深し
鉦叩夜の湿気を纏ひ鳴く
露天湯の溢るる先の虫の声
釜底のおこげ嬉しき今年米


IMG_6967


keihin1 at 15:52|PermalinkComments(0)

2021年09月12日

長月の回覧句会より

コスモスや熊鈴提げし山ガール
野点て籠 開く川原の秋桜
先学の隠居の報せ秋時雨
秋の潮退屈しのぎの堤防釣
秋の潮伊根の舟屋に戻る舟

(以上9月の回覧句会より)

今月の兼題「秋の潮」。
発想が全く同じの、このような類似句が出されていて、驚きました。
揚舟の伊根の舟屋に秋の潮  秀.
秋の潮伊根の舟屋に戻る舟  紀.

IMG_6847


keihin1 at 11:41|PermalinkComments(0)

2021年08月15日

葉月の句

新涼や東京五輪閉幕す
新涼を首筋に得て読書かな
登山電車の急勾配や涼新た
天の川デッキチェアーを甲板に
台に乗りもぐ隠元の曲がりかな
登山道我を鼓舞する崖の百合


IMG_6730






keihin1 at 15:32|PermalinkComments(0)

2021年07月09日

文月の回覧句会より

端居せりコーラの炭酸抜けてなほ
義姉の愚痴さらり躱して端居かな
黒揚羽母忌日には現はるゝ
夏蝶のいざなふまゝに迷ひ道
早起きの褒美 木苺熟れてをり


IMG_6645


keihin1 at 15:19|PermalinkComments(0)
Archives
RSS