2007年04月

2007年04月30日

ご近所散策

c856b83e.jpgGWも半ば、R134の渋滞を尻目に今日は近所を散策しました。

まずは弊社の眼下、久留和の海岸から一色まで海沿いに歩きました。
久留和の海岸はローカルでお散歩にはうってつけです。
海岸沿いにはお洒落な別荘がならんでいます。
まさに米国ドラマ「OC」の世界。

久留和には漁協が運営している駐車場も有り、知る人ぞ知る海水浴場の穴場でもあります。
混んで欲しくないので、ホントは教えたく無いけれどね。

晴天の下、人々はBBQ、釣り、シー・カヤック、ディンギーなど皆思い思いの時間を過ごしていました。
中には泳いでいる子供も・・・!!



keihin1 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

豪邸その1 (外観)

c63c08a4.jpg海辺の豪邸、文句無し本日のナンバーワン!
南西側は一面ガラスの張り。
海が一望、天気が良ければ正面に富士山も見えるはず。
ガーデンからはお洒落なBGMが流れていました。
まいるな〜。

keihin1 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

豪邸その2 (室内)

ba3e64cc.jpg実はこれ、知人宅です
壁はすべて白、家具は黒を基調としたモノトーン。
夢のようなお宅です。

keihin1 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月28日

湘南国際村のツツジ

9cda25fd.jpgGWに突入しました。
琴路の在る秋谷近辺のこの時期お勧めスポットと云えば、湘南国際村のツツジです。

4月中旬の冷え込みのせいか、まだ写真の程度。
満開まであと数日。
暖かい日が続けば、おそらくGW後半にはツツジの絨毯のようになるでしょう。
楽しみです。
そうすると例年通り花見渋滞も・・・!!

keihin1 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月26日

鎌倉のジュエリーデザイナー

daf2b65c.jpg事務所から横浜の自宅へ向かう折、今日は天気も良く爽快なので海沿いの134号線を窓全開でドライブしました。
途中、鎌倉に工房を開きジュエリーデザイナーとして活躍している友人を訪ねました。
鎌倉の奥座敷、二階堂は瑞泉寺の参道入口にその工房はあります。
新緑に包まれ閑静でとても気持ちの落ち着く素敵なところでした。
あんな環境に居れば、良い作品も出来る訳だな〜と妙に納得。

開業の記念に、リングとピアスをお揃いでオーダーすることにしました。
本当はバングルがとても気に入ったのですが予算の関係もあり、それは今度仕事が儲かった時に自分へのご褒美にするためにお預けとしました。

どんなデザインか・・・って。
出来上がるまで秘密です。
お楽しみに!

彼の作品はネットでも購入できるのです。
マネークリップなどメンズのグッズも超クールなので、正直なところ誰にも教えたくないのだけれどURL教えちゃいましょう。
http://www.eiri.jp/index.html

早く出来上がらないかな。
とっても楽しみ!!!!!




keihin1 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

工房

d563fcf5.jpgこちらが工房
歯医者さんみたいな道具がずらり!
歯科技工士さんと同じものもあるんだって。
どうりで・・・と納得。

keihin1 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月25日

萌え〜

d8c9d1c5.jpg書道の話が出たついでに・・・

もう十数年前にこんな作品を作ったことを思い出しました。
草萌えるという意味を込めて、草色の着物の帯に「萌」の一文字。
青墨で濃淡のグラデーションをつけて書きました。
帯を締めるとおなかのところと、背中のお太鼓のところに文字が出るデザイン。

ところが時は移り「萌え〜」といえばオタクの決まり台詞。
しばらくほとぼりが冷める間、この帯を締めて歩く訳にはいかないなあ。
それとも着物にこの帯締めてアキバへ行くか?!!!
オタクの教祖様みたいに思われちゃうよね、あんまりだ〜(笑)

keihin1 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月23日

書は気合!

af9688df.gif(・・・つづき)
気合といって思い浮かぶ現代の書家は、柿沼康二氏ではないでしょうか。

ロックを聴きながら書くという異端児。
書家の家に生まれながらも父親の殻を破って進化し続ける30代。
最近はNHK大河ドラマ「風林火山」の題字を書いて話題となり、一躍脚光を浴びています。
普段の修行は、臨書(古い書を忠実に移し書きする)などを夜通しするなど地味ですし、前述の風林火山も相当自分を追い詰めて仕上げた様子。
ところがプレゼンとなると、アメリカに渡りプリンストン大だったと思いますが、校庭一杯の作品をライブで仕上げるなど破天荒。
しびれますぅー。

私もせめて車庫一杯のサイズを竹箒か何かで書いてみたいなあ〜
けれど、仕上がったらどこ飾る???


keihin1 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

いつまでも色褪せない魅力

ee5a36b5.gif今日は「女のロマン」についての話題でしたね。

男性にとってのロマンとは「凝る対象」というか何かに執着して熱中する美学だと思います。
女性にとってのロマンは「憧れて惚れ込むこと」でしょうか。

私がうっとりするもの・・・
挙げればきりがありませんが、
これは、というと 故 野田蘭洞先生の書でしょうか。
我が師、吉野蘭葉先生のさらにその上の大先生です。
大胆で伸び伸びしていて、なおかつ品があり、見飽きません。
何十年前の作品も色褪せない魅力に溢れています。

写真は私が一等好きな蘭洞先生の書、王義士(おうぎし)作「蘭亭叙(らんていじょ)」の一部です。

 天朗らかにして気清らかなり
 恵風は和暢す
 仰ぎて宇宙の大なるを観
 府して品類(ものごと)の盛なるを察す

王義士という人は、蘭亭に集い酒宴の席でほろ酔いでこの書を書いたと言います。
時の王様が彼を招き再度書かせたものの、蘭亭で書いた時以上の佳作にはならなかったという言い伝えがあります。
ほろ酔いの書こそ、後世に残る行書の傑作とされています。
そういえば・・・若干酔いが感じられる部分もありますが、勢いや気合が充実していたに違い有りませんね。

書は気合!(つづく・・・)


keihin1 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月22日

男のロマン

0f7a8eab.jpgこの写真の品、何だかわかりますか?
釣りの「電動リール」です。
それもン十万もする代物。
なんと娘(公立中学)の学費4年分に相当します。
これこそが「男のロマン」だそうです。
大海原でこれでカジキマグロでも釣り上げたら爽快でしょうな〜。
究極のストレス解消法だわ。

それじゃあ「女のロマン」って何でしょう?

keihin1 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ホーム・パーティ

9201853d.jpg我が家は人寄りが好きです。
ある時は子供の友達、私達の仕事仲間、親戚やご近所さんと・・・。
BBQだったり、お鍋、卓上串揚げなどなど。

昨夜は再来月の釣り旅行の打合せに総勢8名お集まり頂き、食べて飲んで深夜までおしゃべりしました。
とても楽しかったです。
メニューは、生もの、サラダ、お鍋、飲んだ後の締めはラーメン!
我が家のこのモツ煮込みラーメンは好評で、スープお持ち帰りの方も居るほど。
商売悪くなったら、この屋台やろうかね〜。

写真は皆さんご到着前の「嵐の前の静けさ」うふふ・・・。

keihin1 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月20日

ひとりランチ

ba4dbbb5.jpgひとりでランチするならこんなところ・・・

まず第1にオバサンの集団が居ないところ。
うるさくてかないませんし、折角の昼食が消化不良おこしそう。
第2に料理はもとより食後の珈琲やお茶が美味しいところ。
これだけで得した・・・って気分になります。
それから欲を言うなら開放感が有って眺望の良いところ。

3つ揃うところは希少だけれど、
近頃お気に入りといえば・・・
葉山ならば「もうひとつの風景」「まりん」、
横浜ならば「パネエヴィーノ」「銅鑼(どら)」。

写真は琴路の事務所近く、子安の里にある「まりん」です。



keihin1 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月19日

マイブーム

9567eb51.jpg近頃私のお気に入りと云えば・・・

西伊豆の海水を運んでいるという海水プール「テルムマラン・ヨコハマベイ」。
タラソテラピーを目的とした施設で利用料はちとお高め。
けれどこれからの季節アセモに悩まされる私には救世主。
海水のプールで泳ぐのって、普通の温水プールと違って浮力が付くからとっても不思議。
潜水しようったって沈まないんだから・・・。

「EDIZIONE」(エディツィーオーネ)というイタリアワイン。
F1レーサー、ミハエル・シューマッハが惚れ込み、毎年1パレットずつ買い占めるという幻の赤ワイン。
フルボディだけれど、渋さ・甘み・酸味のバランスがとても良いワイン。
昨年冬に味を知って以来、ネットで探し当てては買い漁っています。
と云っても、入手困難の一品!手に入っても6−8本。
価格は3800円程度ですが、超重厚ボトルなのが特徴。

新海外ドラマ「OC」。
オレンジ・カウンティというティーンエイジャーもの。
けれどストーリー以上にドラマの舞台になっている街の美しさ、お屋敷の豪華さ、登場人物たちのファッションセンスには目を見張るものがあります。
例によって得意のdmm.comの宅配でレンタルして見ています。

「ひとりランチ」。
会社勤めを辞めて起業してからは、気ままなランチができるようになりました。
おなかが空いた時(とはいえ、大抵は仕事のスケジュールの合間になりますが)自分の好きな場所でランチ。
どんな場所か・・・についてはまた次回にしましょう。

                    のん




keihin1 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月18日

サービス・オフィス

faf32d23.jpg今日は古くからの友人が開いたオフィスを拝見して来ました。
それは「サービス・オフィス」という形式をとった合理的なものでした。
皆さんご存知ですか?

調べたところによりますと・・・
サービスオフィスとは、机、イス、キャビネットなどの備品が備わったオフィスと、その他の機能を持つ共用スペースを数社でシェアする形態です。
電話秘書サービスやコピーサービスなどを付加する物件も中にはあるようです。

空室が増えてきたオフィスビルなどは、OAフロアーにリニューアルし光ケーブルを引いて、このように区割りしてサービス・オフィスとして提供すれば満室間違い無し!(但し交通便は必須要件。)
賃料の坪単価もアップして有効活用できそう。
共用スペースに掛かる光熱費等も、一律設定で少し高めに設定すれば良いし。
今後オーナーさんたちにご提案して行きたいと思います。

彼のところはワンフロアーに10社分のオフィス、その他に共用応接スペースが有るシンプルなものでした。
彼のオフィスは9坪ですが程よい広さ、採光も良く快適な空間でした。
ちょっぴり羨ましい気持ちで帰って来たのんでした。

keihin1 at 18:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年04月16日

Day off

b7cac2fa.jpg今日はふつーの休日を過ごしました。
我が家のふつーというのは・・・
1.朝寝坊をして
2.行きつけのゴルフ練習場に出かけ
3.コストコで買いだめをして
4.早風呂に入り
5.晩酌する

これって結構おやじっぽい・・・!?

keihin1 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月14日

4月半ばに夏日・・・!?

b87f9760.jpg今日は思いがけず夏日となりました。
25度くらいはありそう。
部屋着のフリースを脱ぎ捨て、自宅の花壇の手入れとなりました。

本当は先行上映のロッキーザファイナルを観にららぽーとへ出かけたかったのですが、陽を浴びてこんな健康的な休日もま、いいか・・・。



keihin1 at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月11日

ひとつ利口になりました

すべて1から手探りスタートをした琴路ですが、今日勉強になったことがあります。

業者向け不動産検索サイトREINSなどで使用する「市区町村コード」というものがあります。
都道府県コード2桁、市区町村コード3桁、町字等6桁の全11桁で構成されています。
これまで何気無ーくコードブックを見て利用していた11桁なのですが、
これは財団法人「国土地理協会」が制定したもの。
おまけに前半の5桁はHPでも他媒体上でも公表されています。
ところが後半6桁はライセンス登録か何かされていて未公表です。

知りたい人はコードブックを購入しろ、という趣旨です。
全日本不動産協会で販売されているものは、1100円。
たかが数字、郵便番号と変わらない国民の利便性を高めるために作られたものなのに銭を取るなんて、時代遅れも甚だしい。
ならば利用者サイドで一日も早く郵便番号で代用できるようにしてしまえ!

とはいえ無知の罪深さ。
体験したお陰で今日はひとつ利口になりました。

のん

keihin1 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月10日

母校の帰りに寄り道

5310f5c1.jpg今日は母校の青山学院へ行ってきました。
新入生のオリエンテーションで卒業後の体験談などのスピーチのご依頼を受けたためです。
航空会社から転身しての現職。
初々しい学生さんの目に私は、さぞ珍しい経歴に写ったことでしょう。
スピーチ後に質問に来てくださった学生さんたち、どうもありがとう。
皆さんの方がピカピカしていて眩しかったですよ。

さて折角(はるばる多摩川を越えて)都内まで出かけたのですから
帰りに寄り道をすることにしました。
目的地は六本木の新国立美術館。
モネなど印象派の展覧会が話題だそうです。

ところが門前まで行って「休館日」の札。
えーーーーーーっ!!という心境でした。

仕方が無いので日比谷線の駅まで行く途中に新スポットを発見。
「東京ミッドタウン」
ここ私の学生時代には確か防衛庁だったところ・・・!?
ま、いいか。
3月末にオープンした出来たてホヤホヤ。
みんな同じくお登りさんだ、とうきうきして入りました。
水や青竹などを駆使し、和と洋を融合させて贅沢な空間。
少し歩いた印象は、表参道ヒルズと同じような雰囲気だなということ。
残念ながらこれといって購買欲をそそるものはありませんでした。

また多摩川を渡って(みなとみらい線に乗ってですが)帰宅しました。
ちょっぴり疲れました・・・。 フウ〜。

のん


keihin1 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月09日

フラガール

98327603.jpg映画「フラガール」のDVDがレリースされましたね。
もうご覧になりましたか。
先日宅配レンタルで観て、すっかりハマリました。
蒼井優ちゃんのフラダンス最高ですね。

そんな影響もあって、目下フラダンス教室が大人気らしいです。
私のお客様もフラダンスのスタジオを増設されました。
ここひと月に入会希望者が10名も見えたとか・・・。
関内の交通便の良いところに有りますのでご興味のある方は是非。
HPは下記の通りです。
フラ オ プアオレナ
http://www.geocities.jp/hulaopuaolena/index.htm

フラダンスもハワイアンミュージックも良いですが、あたいは何と言ってもハワイの景色や空気や風が好き!!
サイコーのリフレッシュでやんす。

のん

keihin1 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
RSS