2009年05月

2009年05月26日

秘密兵器2

063dd683.jpgそのような作品を仕上げるのに必須な秘密兵器と云えばこれ!
自動墨擦り機です。

1度に70cc程度の墨を擦り上げるのに、30分以上掛かり、音も大きいのが難ですが、
何より作品を仕上げる段に、利き腕が筋肉痛でブルブルしなくて済むのが何より助かります。

墨は擦り溜めて、
広口瓶に入れて冷蔵保管です。
これで数日もちます。

誰ですか?「ずる」なんて言っているのは!!
墨汁ばかり使っている小学校の書道の授業よりはずっとましですよお〜。
子どもたち墨をする事で心を落ち着かせることはもとより
実は墨にアロマ効果が有ることだって知らないし、
書道セットに墨が無いという嘆かわしい事例も増えているのですから。


keihin1 at 22:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

秘密兵器1

2a622f92.jpg数ヶ月前に書いた大作の書額が仕上がって参りました。
90x240cmなので、宅配便のドライバーさんも一苦労の様子でした。

題して「鳳凰」です。

keihin1 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月24日

安心おやつ はらドーナツ

88528d9f.jpg元町の入口にいつも列をなしているお店がある。
ここのところ気になってたまらなかった。
「はらドーナツ」だって・・・・
なんて素朴な看板。

たまたま、そこのドーナツを差し入れとして頂いた。
おからと豆乳のドーナツらしい。

甘味を控えた本当に朴とつと形容すべき味。
クリスピークリームドーナッツと対極にあるタイプだなー。

ドーナツなんて1個食べれば十分と思っていたのに、
軽く3個はいける。

粉砕したほうじ茶を溶かしたアイス焙じ茶ミルクを作ったら
相性抜群!!

なんだか病みつきになりそう。
余り宣伝してないところも、買う気をそそる。
是非お試しを。


keihin1 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月19日

アメニモマケズ

08e797a5.jpg子供の能力って無限ですね。
我が萼葉(がくよう)書道教室の小学3年生のお弟子さんに
「覚えられるぅー?」なんて、軽ーい気持で宮沢賢治を暗唱させたところ
予想以上の出来!

それじゃあとこちらも奮起。
しっかりお手本(写真)を書いて大作に臨ませることにしました。

数か月かけて2行ずつ半紙に練習し、
その後、4回ほど小出し(ブロック)に分けての清書となります。
その後は横長の額ものにするか、軸ものにするか・・・。
詩が長いので、かなりの大作になるのは必須。

大人になっても覚えていてよね〜。

アメニモマケズ
カゼニモマケズ
ユキニモナツノアツサニモマケヌ
ジョウブナカラダヲモチ
ケッシテイカラズ
イツモシズカニワラッテヰル・・・・・


萼葉書道教室はこちらから
http://www.kotoji.jp/gakuyoh/index.html



keihin1 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月16日

お洒落なデザート

6c71139f.jpg子供の東京進出を機に
私もこのほど二子玉デビューを果たしました。

京野菜を使ったイタリアンのお店でランチをしたところ、
デザートだって超おしゃれ!!

「ストロベリー・セミフレッド」
イチゴの果肉入のシャーベットにスパークリングワインをかけて食するもの。
シャーベットの甘味と、ドライなワインがもう!絶妙。

昔、映画「プリティ・ウーマン」で
リチャード・ギアがシャンパンとフレッシュな苺をホテルのルームサービスでオーダーしたよね〜なんて話しながら、このデザートを女性同士で食べました。

う〜ん、さすがセレブの街、世田谷!二子玉!!


keihin1 at 00:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年05月10日

郷愁を誘うもの・・・

025d686a.jpg母の日のついでに・・・

私にとって郷愁を誘うもの
それは、母がテイクアウトしてくれた「リキシャ・ルーム」の四角いピザ。
薄皮で、ソフト。
チーズの塩加減。
翌朝温め直しても美味しいんだよね。

大人になって「リキシャ・ルーム」の扉を開けると
ビロードのカーテンの奥の薄暗さとウェイターのなよなよ言葉が気味悪くて、それでいて何故か懐かしい思い出。

ホフ・ブロウの看板婆ちゃんの「そんなに頼んだら食べきれないよ」って声とスパ・ピザの香ばしい匂い。
ポテサラの甘酸っぱさ。
あれは今風にはビネガーの効いたジャーマンポテトと言うべきだよね。
あのお婆ちゃんが自転車通勤していたことを知るのはジモピーのみでしょうね。

オリジナル・ジョーのおじさまたち。
やっぱり横浜のピザは絶対に四角だよね。

扇町のイタリアン何とかのステーキタコス。
頑固じいさんオリジナルのソフトなトルティーヤがたまらない。
野菜たっぷり、ステーキにひき肉、ベーコンと3拍子、それに塩とタバスコをかけたパンチのある味。
何を隠そう、私たち夫婦の思い出の味でも有りんす。
(それ故、最近我が家ではその味が恋しくて、無印良品のトルティーヤミックスで自作し類似の味を楽しんでいます。)

VHFの入口のブザーの音。
会員制でもないのに、昔の将校バーの名残だったのかね〜。
慣れれば、独りで飲みに行けたし、
よく野球のナイター観戦もした。

母は胃癌を発症してからも
当時の味を懐かしがっていた。
今じゃ、同じ屋号で復活しても、味は大違い!なんだ・・・。
それを分かる人、是非じっくり語り合おうよ。



keihin1 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Mother's day

cd6da44d.jpg今日は母の日 カーネーションを贈る日と思っていましたら、いつの間にか自分が娘から貰う立場になっておりました
しみじみ…


keihin1 at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月08日

落語娘

41e7858c.jpg私は落語が好きだ。
漫才ブームのその昔から、漫才には見向きもせず落語に魅力を感じていた。
もちろん、「タイガー&ザ・ドラゴン」にもハマった。
昨年来からのディアゴスティーニの古典落語シリーズもすでに15巻を猶超えた。
(写真)

ミムラと津川雅彦主演の映画「落語娘」をレンタルして観た。
サイコーに面白かった。
やはり名人の「間」には魅せられる。
落語家の活舌は、アナウンサーのそれ以上だろう。
弟子の仕草の隅々にさえ、和の奥行きが感じられる。

漫才の笑いは一時的だが、
落語の笑いは奥深く後を引く。
何で面白かったのか、あとで何度も反芻してしまう。
こんな私、変ってる?

それでもやっぱり・・・古典落語万歳!


keihin1 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月04日

これな〜んだ?

1ac282d9.jpgゴルフコースの脇を見たら、へんなもの発見!
写真中央、茶色くて細長いものなーんだ?

巨大たけのこ?
若竹になる前の竹。
この色は驚きですよねえ。
脱皮して青竹になるのかしら?

目下、天皇皇后両陛下と秋篠宮様ご一家も葉山御用邸でご静養中とのこと。
よく山を散策されたりもなさると聞きます。
こんなのご存知でしょうか?

keihin1 at 20:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

GW合宿三昧!?

18ce96dc.jpgGWに突入しましたが
娘は部活の合宿に出かけて留守。

残された私たちも・・・というので
葉山の家にこもって、連日ゴルフです。
早朝に起きるし、かなり体育会系なので、まさにゴルフ合宿。
ま〜違いと云えば、夜晩酌付きってあたりかなあ。

グリーンから相模湾を臨むと
ヨット・レースが催されている様子でしたよ。



keihin1 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
RSS