先日、姫路城に行ったあとそのまま兵庫県立美術館で行われている「超・大河原邦男展」に行ってきました。

 
超・大河原邦男展


兵庫県立美術館


「レジェンド・オブ・メカデザイン」という副題がついています。大河原邦男さんという方はアニメなどの「メカデザイン」を専門に絵を描く「日本最初のメカニックデザイナー」です。

「機動戦士ガンダム」
「ヤッターマン」などの「タイムボカンシリーズ」
「科学忍者隊ガッチャマン」
「戦闘メカ ザブングル」
「太陽の牙 ダグラム」
「装甲騎兵 ボトムズ」
などなど・・・・誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。僕も特に詳しいわけではありませんが、興味があったので見に行ってきました。
(2013年春の『革命機ヴァルヴレイヴ』もそうだったんだ。wikipediaを見て知りました。)


神戸空港にもこんなに大きなポスターを設置するほどでしょうから、かなり力の入ったイベントなんでしょう。
神戸空港にて



入り口にはまず壁一面シャアザクの絵が!

大河原邦男展入り口


これどうやって描いたんでしょうか・・。

このあとは美術館の中に入ります。館内は撮影禁止でしたので写真はありません。
ガンダムの初期案(ボツ案)とか、ガンキャノンの初期案とか、ガンダムが好きなだけで十分楽しめます。


実際は大河原邦男さんの仕事を網羅的に紹介してあり、 日本のロボットアニメを「メカニックデザイン」という側面から感じることができました。「全然詳しくない」人でも分かりやすく解説されていて非常に親切です。


そして!なんとなんと、いまなら午後4時以降に入場すれば通常撮影禁止の「スコープドッグ」を撮影することができます。(このことってあんまり知られてないんじゃないでしょうか。あんまり参加者がいませんでした。)

スコープドッグ

(原作はあまり知りませんがとにかくカッコイイです。)

とにかくロボット・メカづくしのイベントです。子どもの頃からロボット好きの僕としては大興奮のひと時でした・・・。


それと、勉強になったのは大河原さんの仕事ぶりです。
「メカニックデザイナー」という仕事を創り上げたわけですよね。先駆者。
その道を切り開くというのは本当に本当に大変なことです。
そういう方の生き方は僕にとってとても勇気づけられます。音楽にも通じることがたくさんありますね。

力強い生き方です。尊敬。



さてさて、この「超・大河原邦男展」ですが5月19日(2013年)までです。 まだの方はお急ぎくださいね!!!

「超・大河原邦男展」エントランス付近


(ガンダムネタ多いですね・・。女性層を完全に置き去りにしています。今後は女性も読める内容も書きます。いえ、本当は書きたいんですよ。)