昨日で発表が終わったので今日は自由行動の時間がありました。
というわけでソウル市を観光して来ました。
色々な場所に行きましたが、まず最初に世界遺産に登録されている昌徳宮という王宮を紹介します。
昌徳宮


この場所を見てコラボレーションの難しさと、しかし成功した時の完成度の高さを考えました。

写真を撮ってきたのでそちらも是非見てください。(写真の腕前はまだまだですが)




昌徳宮①


昌徳宮②


昌徳宮③


昌徳宮④


昌徳宮⑤


昌徳宮⑥


昌徳宮⑦


昌徳宮⑧


韓国の建物は独特な色使いですよね。日本の建物と形が似てても色合いが全然違います。
今日は昌徳宮を見ながら「二つの要素を混ぜる・コレボレーションとは」という事考えていました。
いつかのブログに書いたかもしれませんが、コラボとか二つ以上の要素を混ぜるというのはとても難しいことです。最悪の場合はどちらの良さも消えてしまう結果に。
今日見た昌徳宮は何故か二つの要素が上手く噛み合って独特な風合いを出しているように見えました。

コラボレーションというと思い出す言葉があります。それは亀田誠治さんがTwitterでつぶやいてた
『音楽を作るときに「これでいいね」ではなく「これがいいね」になるまで粘る』
という言葉です。
多分、コラボレーションというのは相当うまくやらないと両方の良さがでません。
「これがいいね」に持っていくにはかなりの腕前が必要です。



新しい発想のヒントになるといいな。



「日本100名城巡り」を初めてから名所を見学することが楽しくなりました。
カメラの技術も少しずつ上げていきたいです。
今回の花の写真は少し自信あります。