国際学会の最終日です。
今日はクロージングセレモニーがありました。
今回考えたのは「1位になるには」という事。
世界各国からその国のトップクラスの耳鼻咽喉科の先生が集まっている会議です。
「トップクラス」の先生達から放たれるオーラみたいなものを感じてきました。
僕もあんなオーラを出してみたい。
自分だったらどうすれば「1位」のオーラが出せるのか考えてみました。


クロージングセレモニーでの表彰


学会全体を通して良い演題が発表され、そのスピーカー(口演者)は舞台上に上がって表彰されていました。
僕は全ての演題を見たわけではありませんし、見たところで英語で分からないので内容的なことは書けませんが、
今日、セレモニーを見て考えたことは

「舞台上に上がって話をする人はみんな堂々としていて自信に満ち溢れている」 

という点です。
セレモニーの司会者や大会長、もちろん表彰を受けている人も含めてです。

「こうゆう人間になりたい」と心の底から思いました。
こうゆう人達は

「舞台にあがったから自信を持っている」

のではなく 

「自信を持っているからこの舞台に上がっている」

のだと思います。
自信を持って日々を過ごしているから小さな仕事も大きな仕事も丁寧にこなして成功にもっていけるからです。

自信がある人は他人を妬んだりしません。人に負けた時は素直に「自分が悪かった。」と思ってすぐに修正します。その積み重ねで自信も積み重ねてると思います。



「1位のオーラ」への第1歩は「自信」。