2019年08月16日

キータッチ

久しぶりに旅行記以外のことを投稿する。

以前から、ブログの編集にひらがな入力と、パソコンのキーボードよろしくローマ字入力のどちらが速いのか比べていた。先日の極限乗り継ぎの旅は、旅行をしながらスマホのメモ帳にひらがな入力で綴ったものを編集して、完成させたものである。

今日は両手を使ってローマ字入力をしているが、気分次第で早い方が決まるような気がしてきた。

私はタッチタイプができない。パソコンいやワープロ時代からキーボードを使い、キーの配列はかなり分かっている方であるが、キーを見ずに入力するのは苦手である。

また、会社でタブレット端末が支給されたとき、文字入力に便利だと思い、Bluetoothで接続できるモバイルキーボードを購入した。ここのところ使っていなかったのだが、いざ仕事で使ってみると、キータッチがうまく行かず、結局一度紙に書くという二度手間をしてしまった。こうした二度手間が仕事の効率が上がらない一因となっていることを自覚して、モバイルキーボードをもっと使う場所を増やしたいと考えるようになった。

ちょうど良いのがこのブログの更新であると思ったが長距離通勤の帰りに更新することが効率的なので、休日の更新くらいでないとモバイルキーボードの活躍の場が少ない。

休日の更新にはモバイルキーボードを活用したいと考えるのである。

20190816_222950
出番が少ないモバイルキーボード。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

keiji_abe at 22:38|PermalinkComments(0)日々のこと 

2019年08月13日

うつくしまふくしま

夏休みをとって、福島へ出かけた。

これまで、休みといえども、綿密な計画を立てて、出かけることが多かったが、今回は福島市の郊外にある高湯温泉に宿泊し、宿でのんびり過ごすことにして、福島市内で軽くドライブをすることにした。

福島までの移動は新幹線で一気に行くものではなく、極限乗り継ぎ旅行よろしく普通列車。大宮から宇都宮、黒磯、新白河、郡山と乗り継いで、昼頃に福島駅に到着した。福島駅周辺で、美味しいものを食べようと思ったのだが、雨が降り出したため断念し、駅ビルの洋食店でオムライスを食べ、車を借りて高湯温泉を目指した。

20190808_121930
おいしかったオムライス

宿では、体の芯から暖まる温泉とともに、非常に美味しい食事でゆっくり過ごすことができた。
翌日、車で福島市内に戻り、実は前日高湯温泉に行く前に寄った果樹園併設のカフェで桃のパフェを食した。使用されている桃は、この時期が最盛期の「あかつき」。非常に美味しく、前日はあまりの混雑に訪問したが、食べるのを断念し、開店前に並んで食す甲斐のあるものであった。

20190809_103403
「あかつき」1個半を使用した桃パフェ

ほかにも、市内では至る所で桃が直売されており、特にJAの直売所では、開店からすぐに飛ぶように桃が売れていった。この直売所では、地元テレビ局が取材に訪れており、開店直後に品薄状態になっていく様子を報じていた。
車を返すまでには時間があったため、さらに車を走らせ、昼食にそばを食べることにした。宿でお勧めされていたそば屋から選んだのが「西友」というそば屋さん。
非常に透き通ってみずみずしい麺は非常にのどごしが良く、美味しいものであった。

20190809_111203
いただいた天もりそば。

震災から8年、どうしても福島というと…という風評被害が続いているように思えるが、訪ねて味わうことで、私のかつての勤務先を応援したい。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

keiji_abe at 17:06|PermalinkComments(0)旅行・鉄道 

2019年08月07日

極限乗り継ぎ旅行(エピローグ)

函館で泊まった宿は「カプセルホテル函館」というカプセルホテル。カプセルホテルと言ってもアコーディオンカーテンで仕切られある程度の空間が出来ていた。おまけにアメニティは室内着を含めてバッチリ揃っており、快適な一夜を過ごした。

目覚めても疲れが残っており、何もする気が起きない。朝食はせっかくなので函館朝市とも考えたが、前日に村上で美味しい海産物をいただいており、近くのコンビニで済ませた。

宿をチェックアウトし、函館観光に出かける。朝から気温がぐんぐん上がり、蒸し暑い中、歩くのも段々しんどくなってきた。当初から行きたいと思っていた「青函連絡船・摩周丸」に行った。この摩周丸、私が一度だけ乗った青函連絡船がこの摩周丸で、思い出深い。
もう連絡船が廃止になって30年、船自体は50年以上前の物なので古さは否めないが、トンネル工事を決定的にした洞爺丸の台風による沈没など、連絡船の歴史に触れることが出来、大変満足した。

摩周丸をあとにどこへ行こうか考えた。出来ることなら帰りたいくらいであったが、もう一踏ん張り、路面電車に乗って終点の谷地頭へ。
立待岬と谷地頭温泉への入浴をする事にした。
電停から歩くこと約20分、立待岬へ到着した。天気が良かったこともあり、風景を楽しむことが出来た。

20190728_111933
立待岬の碑

20190728_112053
立待岬から、西の方角を望む。

歩いて汗だくのところと、前日からの疲れの中、温泉入浴を果たす。からだから疲れが温泉に溶けていく感じがしたと同時に体の動きが一気に鈍くなった。
お腹も減ったし帰りの電車もあるので谷地頭温泉を去りまた路面電車で函館駅へ戻る。函館の路面電車は九州の西鉄のICカードを採用したため、Suicaで乗ることが出来た。

函館駅に戻り、昼ご飯に「ラッキーピエロ」を考えたのだが、夏休み期間の日曜日とあって、店の前には行列が出来ており、断念。
替わりに駅近くにあった塩ラーメン屋でお昼とした。

20190728_131629
塩ラーメン、あっさりしていて疲れた体にしみた。

お昼を食べたらもう帰りの時間。帰りは新函館北斗から素直に新幹線に乗って4時間で大宮に帰った。

むちゃくちゃな土日だったが、楽しく過ごす事が出来た。

ポチッとしていただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

keiji_abe at 20:28|PermalinkComments(0)旅行・鉄道