ブログネタ
おうちでごはん に参加中!

 血液をサラサラにして動脈硬化や心筋梗塞を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)は、魚の脂肪に含まれる成分なので、あっさりした白身魚より、いわし、サンマ、さば、のような脂肪の多い魚に多く含まれる。
 まぐろの刺身なら赤身よりとろ、中とろを選ぶとよい。

 調理法では、脂肪を外に逃がさないという理由で刺身が最良。煮魚、グラタンなども悪くない。高温で加熱して脂肪分を溶け出させてしまう揚げ物はあまり好ましくない。








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ