ブログネタ
健康・美容・生活 に参加中!

 モノ忘れや記憶力の低下を防いで、脳の若々しさが保たれるには脳の神経細胞のネットワークがスムースに働いてくれることが大事だ。

 サツマイモには、ガングリオシドという物質が豊富に含まれていて、食事で摂ったガングリオシドが神経細胞に補充されると、脳の神経細胞のネットワークをスムースに繋ぐことに作用して脳が若々しく働きやすくなるとのことだ。

 このガングリオシドという物質は母乳にも含まれていて、脳の成長に深くかかわっているとのこと。成長期までは体内で自然につくられるが加齢によって合成量が減少しやすく、その結果、記憶力の低下が引き起こされることがあるのだとのこと。

健康豆知識

「風があたるだけでも痛い」といわれる痛風・・・。どんなタイプの人が罹りやすいかというと、闘争心が強く攻撃的で活動性が高く上昇志向の人に多い。と、云うよりは・・・、そのようなエネルギッシュにさせる原因をつくっている物質を体内に多く持っている人と云ったほうがよい・・・。その物質(尿酸)こそが、痛風に罹りやすくさせている・・・。痛風の治療では、食事の内容よりも、カロリーをとりすぎないことと、体重管理が大切。太り気味の人で、体重を落とすだけで尿酸値が減ることもあるそうだ・・・。

 

風邪にあたると痛い ・・・ネギ、ショウガのスープ

梅雨時に痛い ・・・アズキやハト麦の煮汁

冬場に悪化 ・・・黒豆








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ