ブログネタ
食べ物で病気予防 に参加中!
 緑茶を飲むほど進行性前立ガンの抑制効果があるとのこと(厚労省調査)

 緑茶を多く飲む人ほど、進行性の前立腺がんに効果があることが、厚生労働省の研究班の調査で分かった。 国立がんセンター予防研究部らのグループがまとめた。

 緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べリスクが50%下がるという。緑茶の進行性前立腺がんの抑制効果を示す研究は初めて。

 緑茶には渋み成分で、タンニンの一種の抗酸化物の化合物であるカテキンという物質が多く含まれる。カテキンは前立腺がんの危険因子の働きを抑制する作用が予想されていた。








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ