ブログネタ
おうちでごはん に参加中!

 昔は3月3日のひな祭りや、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕祭りのような節句料理を「おせち」とよんでいた。今は、正月料理だけが「おせち」といわれている。豊作になるように、健康が守られるようにと願いがこめられている。

 数の子・・・ニシンのタマゴ。つぶ多さに子だくさんを願う

 黒豆・・・まめに働くなど、「まめ」という言葉に健康の意味がこめられる

 こぶまき・・・喜ぶの言葉にかけて健康を願う

 栗きんとん・・・黄金色を宝物に例え、豊かな年なるよう願う

 イワシのごまめ・・・干した小イワシにタレをからめる。五万米の字をあて、豊作を祈る

 エビ・・・長いヒゲをはやし、腰が曲がるまで長生きできると好まれる








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ