ブログネタ
健康・美容・生活 に参加中!

 戦後の食生活の変化は、あまりにも欧米化したことと、あまりにも食品添加物のような化学物質が増えたことだ。

 昔に比べ、食品添加物のような化学物質は、現在のほうが総量は多いものの危険度においては昔のほうが高かった。

 昔の日本人はご飯中心の食生活で、地方によってはご飯がイモであったり麦であったりしたが、こういう食生活は長い間続けてきたものだった。

 そこで今、一番問題なのは、化学物質が増えたことよりも、「ご飯を食べなくなったこと」である。「ご飯は残してもいいからおかずを食べなさい」という現在の食生活が問題だ。








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ